ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年11月30日付 ]
2005-11-26(Sat) 15:49:46
01/03「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
02/01「シスコはロック・シティ」スターシップ
03/04「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
04/02「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」グレン・フライ
05/05「ネヴァー」ハート
06/06「レイ・ユア・ハンズ」トンプソン・ツインズ
07/09「フーズ・ズーミン・フー」アレサ・フランクリン
08/13「エレクション・ディ」アーケイディア
09/17「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
10/14「スリーピング・バッグ」ZZトップ

11/18「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
12/22「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
13/11「ビー・ニア・ミー」ABC
14/08「マイアミ・ヴァイスのテーマ」ヤン・ハマー
15/15「ワン・オブ・ザ・リヴィング」ティナ・ターナー
16/19「アイ・ミス・ユー」クライマックス
17/07「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」ティアーズ・フォー・フィアーズ
18/10「パート・タイム・ラヴァー」スティーヴィ・ワンダー
19/21「パーフェクト・ウェイ」スクリッティ・ポリッティ
20/12「ユー・アー・マイ・レイディ」フレディ・ジャクソン

21/25「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
22/20「ソウル・キッス」オリヴィア・ニュートン・ジョン
23/16「セント・エルモス・ファイア~愛のテーマ」デヴィッド・フォスター
24/26「シスターズ・アー・ドゥーイン・イット」ユーリズミックス&アレサ・フランクリン
25/30「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ
26/28「ラップ・ハー・アップ」エルトン・ジョン
27/39「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
28/33「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ
29/32「オブジェクト・オブ・マイ・デザイアー」スターポイント
30/31「神秘の丘」ケイト・ブッシュ

31/35「エマージェンシー」クール&ザ・ギャング
32/23「テイク・オン・ミー」アーハ
33/47「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
34/36「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
35/40「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング
36/37「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
37/38「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
38/24「すべてをあなたに」ホイットニー・ヒューストン
39/42「愛にドゥ・イット」シーナ・イーストン
40/45「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
(Talk To Me / Stevie Nicks)

>フリート・ウッドマックに巣食う小悪魔が、またもやソロで
チャートの世界に舞い降りた。
あたかも魔女が呪文を唱えるが如くのハスキー・ボイスで、
今回も壮大で妖しい世界を展開してくれる。
最高位4位。
アルバム「ロック・ア・リトル」(Rock A Little)からの先行シングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002JO6001004/

☆「愛にドゥ・イット」シーナ・イーストン
(Do It For Love / Sheena Easton)

>淡々としたリズム故なのか、ほとんど記憶に残っておりません。
ここは“殿下”の力を借りたいトコロか?(^^;
最高位29位。
アルバム「ドゥ・ユー」(Do You)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002T0V001010/

☆「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン
(Everybody Dance / Ta Mara & The Seen)

>モロッコ出身のタ・マラを中心に結成。
80年代初めに“タイム”のギタリスト、ジェシー・ジョンソンに見出され
85年にめでたく1stアルバム"Ta Mara & The Seen"のリリースに至り、
シングルもチャート・イン。
タイトル通りのファンキーなダンス・ナンバー。
最高位24位。
89年に解散。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000047S3001009/
音楽チャート1985年11月チャートTB : 0CM : 4
『メリー・クリスマス』マライア・キャリー(中古)HOMEヒューイ・ルイス

COMMENT

スティーヴィーは、今でも大好きな女性ロッカーの一人。 シェリル・クロウとか、女性ロッカーに影響を与えた偉大なシンガーですな。
ソロ一枚目、その内レビューするかも・・。
ちなみに、この小悪魔の
代表曲“スタンド・バック”は、殿下との共作でしたな。(クレジットはされてないけど) 


b y たか兄 | 2005.11.26(20:25) | URL | [EDIT] |
現在のスティーヴィ・ニックスは、いかがなるお姿なのかと
オフィシャル・サイトを訪問してみました。↓

http://www.nicksfix.com/

・・・1948年生まれの彼女ですが、若干年を食ったように見えるものの、まだまだ“麗しのベラ・ドンナ”時代の美しさを保っているのがスゴイ!

これぞ“小悪魔”の成せる術なのでしょうか!?(^^;
b y ぶるじん | 2005.11.26(23:08) | URL | [EDIT] |
  + 殿下??
・・・って誰ですか??
プリンス??(そのまんまですが)
b y NANA | 2005.11.29(19:47) | URL | [EDIT] |
“プリンス=殿下”その通りでございます。

そういえば最近CMで、小野寺昭氏が「ボス!電化、電化だよ!」って“太陽にほえろ”ネタを放っておりますが、意味が解らない世代も増えている事でしょうなぁ・・・。(^^;
b y ぶるじん | 2005.11.29(22:10) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/112-5b6f4d7c



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。