ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年11月23日付 ]
2005-11-19(Sat) 16:55:28
01/01「シスコはロック・シティ」スターシップ
02/02「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」グレン・フライ
03/06「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
04/07「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
05/08「ネヴァー」ハート
06/10「レイ・ユア・ハンズ」トンプソン・ツインズ
07/04「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」ティアーズ・フォー・フィアーズ
08/03「マイアミ・ヴァイスのテーマ」ヤン・ハマー
09/11「フーズ・ズーミン・フー」アレサ・フランクリン
10/05「パート・タイム・ラヴァー」スティーヴィ・ワンダー

11/09「ビー・ニア・ミー」ABC
12/12「ユー・アー・マイ・レイディ」フレディ・ジャクソン
13/18「エレクション・ディ」アーケイディア
14/19「スリーピング・バッグ」ZZトップ
15/17「ワン・オブ・ザ・リヴィング」ティナ・ターナー
16/15「セント・エルモス・ファイア~愛のテーマ」デヴィッド・フォスター
17/24「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
18/22「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
19/23「アイ・ミス・ユー」クライマックス
20/21「ソウル・キッス」オリヴィア・ニュートン・ジョン

21/25「パーフェクト・ウェイ」スクリッティ・ポリッティ
22/32「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
23/13「テイク・オン・ミー」アーハ
24/14「すべてをあなたに」ホイットニー・ヒューストン
25/36「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
26/31「シスターズ・アー・ドゥーイン・イット」ユーリズミックス&アレサ・フランクリン
27/26「ソゥ・イン・ラヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
28/33「ラップ・ハー・アップ」エルトン・ジョン
29/16「ワン・ナイト・ラヴ・アフェア」ブライアン・アダムス
30/38「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ

31/35「神秘の丘」ケイト・ブッシュ
32/37「オブジェクト・オブ・マイ・デザイアー」スターポイント
33/40「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ
34/20「ラヴィング・エヴリ・ミニット」ラヴァーボーイ
35/44「エマージェンシー」クール&ザ・ギャング
36/46「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
37/51「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
38/48「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
39/57「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
40/47「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング


【ニューエントリーこめんと】

☆「エマージェンシー」クール&ザ・ギャング
(Emergency / Kool & The Gang)

>アルバム「クール・エマージェンシー」(Emergency)から4枚目のシングルともなれば、
もう出涸らしの感が強いか?
シングルとしては、そろそろパワー不足。
最高位18位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001FA7001001/

☆「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
(Burning Heart / Survivor)

>3年前、「アイ・オブ・ザ・タイガー」(Eye Of The Tiger)で6週もの長期間
チャンピオンの座に居座ったあの栄光の日々よ、いま一度!とばかりに
またもや映画「ロッキー」のテーマ曲でチャンピオンへの返り咲きを狙ったのだが、
おしくも最高位2位止まり。
楽曲が前作より劣ったからか?ボーカリストが変わったからか!?
・・・いいえ、そんな事はございません。(^^)
“闘志”を微塵も無く前面に表現したポップなロックの完成度は高し!
トップの座を防衛していた作品が、強過ぎたのでありましょう。
ここは、新作アルバムに期待したいトコロだったのだが・・・。
サントラ「ロッキー4」(Rocky Ⅳ)からのカット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0002DD69W001006/

☆「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
(Conga / Miami Sound Machine)

>エミリオ・エステファンJr.と、グロリア・エステファン夫妻を中心とし
1975年(この当時はまだ夫婦ではない)“マイアミ・ラテン・ボーイズ”名義で
フロリダ州マイアミにて結成。
バリバリのラテンのリズムに乗って、トップ40に初お目見え。
ワタシは当時、非常に苦手にしていた作品だったのだが、現在はそうでもないかな。(^^;
最高位10位。
アルバム「プリミティヴ・ラヴ」(Primitive Love)からの1stシングル。
ところで、エミリオ&グロリア夫妻の新婚旅行先が“熱海”てホントなの!?

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002650001006/

☆「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
(You're A Friend Of Mine / Clarence Clemons & Jackson Brown)

>1942年バージニア州ノーフォーク出身のサックス・プレイヤー。
E・ストリート・バンドのメンバーとしても有名か。
今回どのような経緯があったのかは知らないが、政治色の濃い歌一辺倒に陥る前の
ジャクソン・ブラウンとのコラボが完成。
ソウルっぽいクラレンスとポップなジャクソンのボーカルが上手く絡み合い、
軽快なリズムにシンクロして奏でられるサックスの音色が記憶に残る一品。
最高位18位。
アルバム「ヒーロー」(Hero)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005N8SX001009/

☆「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
(That's What Friends Are For / Dionne & Friends)

>スティーヴィ・ワンダーのハーモニカが、優しく語りかけて参ります♪
小春日和を感じさせてくれるようなまったりとしたメロディ・ラインに歌声。
4週に渡り首位を固め、「バーニング・ハート」の挑戦を退けたのがこの曲。
翌年の成人の日に神戸までドライブに出掛けた時、カーラジオから流れて来たのを
思い出すなぁ・・・。(^^)
ちなみに“フレンズ”とはスティーヴィ・ワンダー、グラディス・ナイト、
エルトン・ジョンの事なり。
アルバム「フレンズ」(Friends)からのカット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0006UEVJK001007/

☆「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング
(Love Is The Sevens Wave / Sting)

>陽気と言うか、おちゃめって表現していいのか、とにかく彼の作品にしては
珍しく浮ついた感触を受けるメロディである。
最高位17位。
アルバム「ブルー・タートルの夢」(Dream Of The Blue Turtles)からの3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002GFA001002/
音楽チャート1985年11月チャートTB : 0CM : 7
ヒューイ・ルイスHOME1985年11月16日付

COMMENT

ども。 あったなぁ~。
クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン。
おっ、渋い組み合わせじゃん。
悩めるアメリカのメッセージソングでも、と思いきや、
友達の歌でしたね。

b y たか兄 | 2005.11.19(19:07) | URL | [EDIT] |
>☆「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
今度おいらの今日オスでやろぅと思ぅとったんにぃ…(″ ̄д ̄*)ケッ!
違う選曲にしとっからえぇもぉ~んだっ…ゞ( ̄∇ ゙̄;)コレコレッ…
「コンモシェキバリバリチュガッコンガッ」って訳わからんよぅ聞こえまっ
…おいらの耳が悪いだけなんやろなぁ…やっぱ…Σ(; ̄□ ゙̄)ハッ
おいらは「RHYTHM IS GONNA GET YOU」にネタ仕込んで紹介しよかなっ…
…ただマイナーな上…オチがなぃっていぅ…最悪なパターンやな…
b y chibaggio | 2005.11.19(21:01) | URL | [EDIT] |
・・・って映画の挿入曲かなんかじゃなかったでしたっけ・・・?
82年頃のアメリカ映画で、クォーターフラッシュの「The Nightsift」が主題曲の映画・・・。
(でも年が違うなあ??)
b y NANA | 2005.11.19(22:38) | URL | [EDIT] |
>たか兄さん

この作品以降、ジャクソン・ブラウンはヒット・チャートの世界から没落していくのですよね。
残念だったなぁ・・・。

クラレンス・クレモンスに至っては、アルバム「ヒーロー」を1枚だけを発表し、またE・ストリート・バンドに戻ったようですね。
b y ぶるじん | 2005.11.19(23:36) | URL | [EDIT] |
>chibaggioさん

マイアミ・サウンド・マシーンをご自身のブログでも取り上げてやっておくんなさいまし。
喜ぶでー、グロリア嬢がぁ!(^^)

>RHYTHM IS GONNA GET YOU
♪りずごなげちゅ~ ウ~ウッ!ですにゃ。
b y ぶるじん | 2005.11.19(23:45) | URL | [EDIT] |
>NANAさん

>映画の挿入曲かなんかじゃなかったでしたっけ

調べてみたところ、たしかに82年に劇場公開された「ラヴInニューヨーク」って映画のサントラに、ロッド・スチュワートの歌で収録されているのがオリジナルのようです。
これは、知らなかった・・・!

“師匠”とやらの金看板が、あっという間に陥落しちゃいましたね・・・。(^^;
ちなみに、ディオンヌ・バージョンのは、エイズ・チャリティ・ソングとしての肩書きもありましたとさ。
b y ぶるじん | 2005.11.19(23:55) | URL | [EDIT] |
そうです!たしかそんなタイトルでした!
でもR.スチュアートの曲だったなんて・・・似たようなしゃがれた声なのでわかりませんでした~!
b y NANA | 2005.11.20(16:25) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/109-cdcc6314



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。