ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年7月6日付 ]
2005-07-06(Wed) 15:11:50
01/02「ススーディオ」フィル・コリンズ
02/03「007/美しき獲物たち」デュランデュラン
03/04「ラズベリー・ベレー」プリンス&ザ・レヴォリューション
04/01「ヘヴン」ブライアン・アダムス
05/06「ザ・サーチ・イズ・オーヴァー」サヴァイヴァー
06/08「ビリーヴ・ミー」ユーリズミックス
07/13「そよ風の贈り物」ホイットニー・ヒューストン
08/14「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」ポール・ヤング
09/12「愛のVoises」ティル・チューズディ
10/05「エンジェル」マドンナ

11/17「グローリー・ディズ」ブルース・スプリングスティーン
12/15「グーニーズはグッド・イナフ」シンディ・ローパー
13/19「セット・ゼム・フリー」スティング
14/07「ルール・ザ・ワールド」ティアーズ・フォー・フィアーズ
15/20「センチメンタル・ストリート」ナイト・レンジャー
16/09「オンリー・ゲット・ベター」ハワード・ジョーンズ
17/22「クレイジー・イン・ザ・ナイト」キム・カーンズ
18/16「スマグラーズ・ブルース」グレン・フライ
19/11「ウォーキング・オン・サンシャイン」カトリーナ&ザ・ウェイヴス
20/10「イン・マイ・ハウス」メリー・ジェーン・ガールズ

21/27「19(ナインティーン)」ポール・ハードキャッスル
22/23「傷だらけのヒーロー」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
23/35「シャウト」ティアーズ・フォー・フィアーズ
24/28「潮風のラヴ・コール」エア・サプライ
25/30「ゲット・イット・オン」パワー・ステイション
26/26「ゲッチャ・バック」ビーチ・ボーイズ
27/32「ピープル・アー・ピープル」ディペッシュ・モード
28/29「キャノンボール」スーパートランプ
29/34「ネヴァー・サレンダー」コリー・ハート
30/31「ポゼッション・オブセッション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

31/34「ドナは今」デバージ
32/38「ユー・スピン・ミー・アラウンド」デッド・オア・アライヴ
33/39「ホワット・アバウト・ラヴ」ハート
34/43「フリーウェイ・オブ・ラヴ」アレサ・フランクリン
35/46「パワー・オブ・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
36/37「リトル・バイ・リトル」ロバート・プラント
37/18「サドゥンリー」ビリー・オーシャン
38/41「ファインド・ア・ウェイ」エイミー・グラント
39/21「恋のかけひき」ワム
40/45「至上の愛」ドン・ヘンリー


【ニューエントリーこめんと】

☆「フリーウェイ・オブ・ラヴ」アレサ・フランクリン
(Freeway Of Love / Aretha Franklin)

>1942年テネシー州メンフィス出身のゴスペル、いやソウルシンガーって
呼んだ方がいいかな。
3年ぶりのトップ40ヒットは、実にポップなナンバーで遅れ馳せながら
80's“らしい”作品に挑戦したってトコロか?(^^;
当然の如く大衆に受け入れられ、最高位3位をマーク。
アルバム「フリーウェイ~」(Who's Zoomin' Who)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005BC9B001003/

☆「パワー・オブ・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(Power Of Love / Huey Lewis & The News)

>パワフルなヴォーカルに陽気なロックをいつも我々に提供してくれていた
彼らが、ついにシングル最高位6位の壁を打ち破る時が来た!
ヒューイ本人もチョイ役で出演した映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
のサントラ(Back To The Future)の挿入歌であるこの作品が2週にわたり
チャートの頂点に立つのである!(^^)
数ある“パワー・オブ・ラヴ”というタイトル・ヒットの中では、
本作が一番陽気で“パワフル”・オブ・ラヴでございましょう♪
なお、86年に発表された「フォア!」(Fore!)の日本盤にはこの作品が
収録されていたのは嬉しかったッス♪♪

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000071L0001001/

☆「ファインド・ア・ウェイ」エイミー・グラント
(Find A Way / Amy Grant)

>1960年ジョージア州オーガスタ出身の女性シンガー。
アメリカではクリスチャン・ミュージックのファースト・レディと
呼ばれるほどの人気があり、ただの美人ゴスペル・シンガーではない
のである!(力説)
今回、ポップスに挑戦したようなのだが、作品自体がやや地味で彼女の
実力を大きくアピールする事は出来なかったようだ。
最高位29位。
彼女がソロとして弾けるのは90年代の入ってからなので、しばしの辛抱だ。
アルバム「初めての誘惑」(Unguarded)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002WOH001003/

☆「至上の愛」ドン・ヘンリー
(Not Enough Love In The World / Don Henley)

>アルバム「ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト」
(Building The Perfect Beast)からの3rdシングルは、まったりとした
リズムの実に“イーグルスっぽい”作品。
最高位34位。
邦題もイーグルスっぽくていいぞ!(^^)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000000OPC001005/
1985年7月チャートTB : 0CM : 0
1985年4月6日付HOME1979年1月6日付

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/1-10e7179b



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。