ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年9月1日付(名曲誕生!スティーヴィー・ワンダー) ]
2014-08-29(Fri) 15:35:21
01/02「愛の魔力」ティナ・ターナー
02/05「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
03/03「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
04/01「ゴーストバスターズ」レイ・パーカーJr.
05/04「ビートに抱かれて」プリンス
06/09「シー・バップ」シンディ・ローパー
07/08「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
08/16「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
09/11「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
10/10「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン

11/13「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
12/12「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
13/15「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
14/18「ドライヴ」カーズ
15/06「あなたを夢見て」ダン・ハートマン
16/21「グラマラス・ライフ」シーラE
17/17「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
18/07「ステイト・オブ・ショック」ジャクソンズ
19/22「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
20/24「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン

21/26「ちぎれたハート」バナナラマ
22/29「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン
23/28「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
24/20「セクシー・ガール」グレン・フライ
25/14「サッド・ソングス」エルトン・ジョン
26/31「ノット・ゴナ・テイク・イット」トゥイステッド・シスター
27/27「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル
28/32「忘れ得ぬ君に」シカゴ
29/19「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
30/35「トーチャー」ジャクソンズ

31/33「ライト・バイ・ユア・サイド」ユーリズミックス
32/23「パナマ」ヴァン・ヘイレン
33/46「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
34/39「ラッキー・ワン」ローラ・ブラニガン
35/40「ゴー・インセイン」リンジー・バッキンガム
36/36「17」リック・ジェームス
37/42「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」ドナ・サマー
38/38「トゥー・サイド・オブ・ラヴ」サミー・ヘイガー
39/41「ふたりの絆」スパンダー・バレエ
40/49「ラッキー・スター」マドンナ


【ニューエントリーこめんと】

☆「心の愛」スティーヴィー・ワンダー
(I Just Called To Say I Love You / Stevie Wonder)

>数多い彼のヒット・ナンバーの中で、ひときわ輝きを増した存在感を持つラヴ・ソング。強豪ひしめくトップ40内をほぼ無人の野を突き進むが如く上昇し、3週に渡り頂点を極める。ミリオン・セラーをも記録したこの作品は、トップ40内から去った後も翌年2月までしぶとくHot100内に滞在し、全英で唯一No.1を獲得した一曲でもある。なお、元々は日本のフォーク・デュオ、ブレッド&バターに提供された作品だった事をTVで知った時には驚いたものである。

サントラ「ウーマン・イン・レッド」(The Woman In Red)に収録。
The Woman In Red
↑発売から約30年後に入手したのだが、完成度はとっても高し!
【試聴はコチラ】
「特別な気持ちで」ブレッド&バター

☆「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」ドナ・サマー
(There Goes My Baby / Donna Summer)

>59年ドリフターズによるヒットのカバー。アルバムからの1stヒットがカバーというのが彼女らしくない気もするのだが、チャート的にもそれが現れたかのように最高位21位と不調。以降、スランプ状態へと陥ってしまう。

アルバム「キャッツ・ウィズアウト・クロウズ」(Cats Without Claws)に収録。
【試聴はコチラ】
(ドリフターズ)

☆「ふたりの絆」スパンダー・バレエ
(Only When You Leave / Spandau Ballet)

>待望のニュー・アルバムからの1stシングルだったのだが、ちょっと肩透かしをくらったかのようなポップ・ナンバー。悪くはないのだが、最高位34位も致し方がないかも。(スンマセン)

アルバム「パレード」(Parade)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ラッキー・スター」マドンナ
(Lucky Star / Madonna)

>実質彼女がスーパースターへの階段を駆け上り始めたのが、このポップなダンス・ナンバー。当時のワタシにとってはあまりパッとしない作品だったため、チャートをあれよあれよという間に急上昇し、最高位4位にまで到達したのには正直ボーゼンとしてしまいましたとさ。(陳謝) なおこの曲のヒットにより、アルバムがトップ10内にまで食い込むというセールスに大貢献しているのはお見事。

アルバム「バーニング・アップ」(Madonna)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外85位★

☆「ナイチンゲールの翼」エヴァリー・ブラザース
(On The Wings Of A Nightingale / The Evely Brothers)

>1957年アメリカで結成されたカントリー系兄弟デュオ。
ポール・マッカートニーによって提供されたこのポップ・ナンバーで再起を図ったのだが、最高位50位と17年ぶりとなるトップ40ヒットとは成らず。
なお、弟のフィルは2014年1月、肺疾患のため逝去。享年74。

アルバム「ナイチンゲールの翼」(EB 84)に収録。
【試聴はコチラ】
スポンサーサイト
音楽チャート1984年9月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1984年8月25日付(ソロ名義で再びトップ40ヒット、リンジー・バッキンガム) ]
2014-08-22(Fri) 16:05:07
01/01「ゴーストバスターズ」レイ・パーカー Jr.
02/02「愛の魔力」ティナ・ターナー
03/05「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
04/04「ビートに抱かれて」プリンス
05/07「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
06/06「あなたを夢見て」ダン・ハートマン
07/03「ステイト・オブ・ショック」ジャクソンズ
08/09「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
09/15「シー・バップ」シンディ・ローパー
10/10「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン

11/16「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
12/14「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
13/17「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
14/08「サッド・ソングス」エルトン・ジョン
15/18「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
16/23「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
17/19「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
18/27「ドライヴ」カーズ
19/12「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
20/20「セクシー・ガール」グレン・フライ

21/26「グラマラス・ライフ」シーラE
22/25「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
23/13「パナマ」ヴァン・ヘイレン
24/28「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
25/11「おまえにヒート・アップ」ロッド・スチュワート
26/32「ちぎれたハート」バナナラマ
27/30「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル
28/31「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
29/40「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン
30/21「シーズ・マイン」スティーヴ・ペリー

31/39「ノット・ゴナ・テイク・イット」トゥイステッド・シスター
32/41「忘れ得ぬ君に」シカゴ
33/35「ライト・バイ・ユア・サイド」ユーリズミックス
34/22「ブレイクダンス」オリー&ジェリー
35/48「トーチャー」ジャクソンズ
36/36「17」リック・ジェームス
37/37「マイ・オー・マイ」スレイド
38/38「トゥー・サイド・オブ・ラヴ」サミー・ヘイガー
39/44「ラッキー・ワン」ローラ・ブラニガン
40/45「ゴー・インセイン」リンジー・バッキンガム


【ニューエントリーこめんと】

☆「忘れ得ぬ君に」シカゴ
(Hard Habit Break / Chicago)

>それなりのチャート・アクションを見せたとはいえ1stシングルではアルバムの売り上げ貢献がイマイチだったため、2ndシングルではとっておきの第一弾としてパワー・バラードをリリース。その作戦は見事に的中し、ピーター・セテラ&ビル・チャンプリンによるボーカルが映えるこの作品は最高位3位まで上昇、そして相乗効果としてアルバムもトップ10間近まで再浮上。グループにとってデヴィッド・フォスターのプロデュースによるロック・バラードは、欠かせない存在である事を再認識させられるのである。

アルバム「シカゴ17」(Chicago 17)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「トーチャー」ジャクソンズ
(Torture / Jacksons)

>ジャクソン一家の長男・ジャッキーによるプロデュース&製作のロック・ナンバー。PV同様造り込み過ぎたキライがあったためか、当時の彼らの人気からして最高位17位とちょっと不本意な結果かも。

アルバム「ヴィクトリー」(Victory)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ラッキー・ワン」ローラ・ブラニガン
(The Lucky One / Laura Branigan)

>彼女のヒット・シングルにしてはやや単調なポップ・ナンバーで、最高位20位止まりも仕方ナシってか。

アルバム「セルフ・コントロール」(Self Control)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ゴー・インセイン」リンジー・バッキンガム
(Go Insane / Lindsey Buckingham)

>ソロ名義では81年の「トラブル」(Trouble)以来2曲目となるトップ40ヒットだが、「トラブル」ほどのインパクトが感じられないロック・ナンバーだったためか、最高位23位と伸び悩み。

アルバム「ゴー・インセイン」(Go Insane)に収録。
Go Insane
↑まぁシングルに興味が湧かなければ、アルバムにも同様ですなぁ。
【試聴はコチラ】
「トラブル」


★圏外80位★

☆「ユー・テイク・ミー・アップ」トンプソン・ツインズ
(You Take Me Up / Thompson Twins)

>アルバムからの3rdシングルとしてリリースされた、まったりと聴かせるポップ・ロック。最高位44位とトップ40入りは逃したものの、作品としてはなかなか楽しめる一曲。

アルバム「ホールド・ミー・ナウ」(Into The Gap)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年8月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1984年8月18日付(唯一のトップ40ヒット、トゥイステッド・シスター) ]
2014-08-15(Fri) 15:53:45
01/01「ゴーストバスターズ」レイ・パーカー Jr.
02/04「愛の魔力」ティナ・ターナー
03/03「ステイト・オブ・ショック」ジャクソンズ
04/02「ビートに抱かれて」プリンス
05/06「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
06/08「あなたを夢見て」ダン・ハートマン
07/12「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
08/05「サッド・ソングス」エルトン・ジョン
09/10「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
10/13「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン

11/09「おまえにヒート・アップ」ロッド・スチュワート
12/07「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
13/15「パナマ」ヴァン・ヘイレン
14/17「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
15/20「シー・バップ」シンディ・ローパー
16/19「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
17/25「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
18/23「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
19/22「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
20/24「セクシー・ガール」グレン・フライ

21/21「シーズ・マイン」スティーヴ・ペリー
22/11「ブレイクダンス」オリー&ジェリー
23/35「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
24/14「レッグス」ZZ トップ
25/30「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
26/27「グラマラス・ライフ」シーラE
27/34「ドライヴ」カーズ
28/33「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
29/29「アリバイ」セルジオ・メンデス
30/31「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル

31/36「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
32/37「ちぎれたハート」バナナラマ
33/18「ジャンプ」ポインター・シスターズ
34/16「アイズ」ビリー・アイドル
35/40「ライト・バイ・ユア・サイド」ユーリズミックス
36/43「17」リック・ジェームス
37/39「マイ・オー・マイ」スレイド
38/42「トゥー・サイズ・オブ・ラヴ」サミー・ヘイガー
39/47「ノット・ゴナ・テイク・イット」トゥイステッド・シスター
40/52「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「17」リック・ジェイムス
(17 / Rick James)

>ラスト・トップ40ヒットとなってしまったファンクな自作&セルフ・プロデュース曲。B.B.誌お得意の原題同様の最高位というサービスは受けられず、最高位36位というのは楽曲の出来からすれば致し方ないかも。(ゴメン)

アルバム「リフレクションズ」(Reflections)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「トゥー・サイズ・オブ・ラヴ」サミー・ヘイガー
(Two Sides Of Love / Sammy Hagar)

>アメリカン・ロックらしい爽快感にあふれた自作ナンバーだが、チャート的には最高位38位と振るわず。ちょっとインパクト不足だったか?

アルバム「VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)」(VOA)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ノット・ゴナ・テイク・イット」トゥイステッド・シスター
(We're Not Gonna Take It / Twisted Sister)

>1972年ニューヨーク州で結成されたロック・バンド。
そのメロディアスなハード・ロックよりも、どうしても長尺でコミカルなPVのイメージが強いのだが、唯一のトップ40ヒットとして最高位21位まで上昇しているのも忘れてはいけません。

アルバム「ステイ・ハングリー」(Stay Hungry)に収録。
Stay Hungry
↑当時知り合いからアルバム借りて聴いたのだが、シングル曲以外は記憶に残らなかったっていうか…。
【試聴はコチラ】
(長尺コミカルPV)

☆「カヴァー・ミー」ブルース・スプリングスティーン
(Cover Me / Bruce Springsteen)

>超ベストセラー・アルバムからの2ndシングル。ワタシ的にはいまいちパッとしないロック・ナンバーなのだが、最高位7位とトップ10ヒットにまで成長しているのはさすが“ボス”ってか。

アルバム「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born In The U.S.A.)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外87位★

☆「恋するビデオ」ジェフ・リン
(Video / Jeff Lynne)

>1947年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー。本名ジェフリー・リン。
E.L.O.のフロントマンとしておなじみの彼による、ソロ名義でのシングルだったのだがHot100内滞在3週、最高位85位と大撃沈。まぁ、E.L.O.名義で発表していてもこの内容では結果は同じ?(スミマセン)

サントラ「エレクトリック・ドリーム」(Electric Dreams)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年8月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1984年8月11日付(好調な全米デビュー、バナナラマ) ]
2014-08-08(Fri) 15:58:23
01/02「ゴーストバスターズ」レイ・パーカー Jr.
02/01「ビートに抱かれて」プリンス
03/03「ステイト・オブ・ショック」ジャクソンズ
04/05「愛の魔力」ティナ・ターナー
05/07「サッド・ソングス」エルトン・ジョン
06/08「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
07/04「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
08/10「あなたを夢見て」ダン・ハートマン
09/06「おまえにヒート・アップ」ロッド・スチュワート
10/17「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート

11/09「ブレイクダンス」オリー&ジェリー
12/23「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
13/15「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン
14/12「レッグス」ZZ トップ
15/16「パナマ」ヴァン・ヘイレン
16/11「アイズ」ビリー・アイドル
17/19「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
18/13「ジャンプ」ポインター・シスターズ
19/29「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
20/34「シー・バップ」シンディ・ローパー

21/24「シーズ・マイン」スティーヴ・ペリー
22/26「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
23/28「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
24/25「セクシー・ガール」グレン・フライ
25/33「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
26/22「アイム・フリー」ケニー・ロギンス
27/31「グラマラス・ライフ」シーラE
28/21「セルフ・コントロール」ローラ・ブラニガン
29/30「アリバイ」セルジオ・メンデス
30/36「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス

31/39「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル
32/32「ターン・トゥ・ユー」ゴーゴーズ
33/37「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
34/51「ドライヴ」カーズ
35/45「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
36/40「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
37/43「ちぎれたハート」バナナラマ
38/18「パラダイス~愛のテーマ」マイク・レノ&アン・ウィルソン
39/42「マイ・オー・マイ」スレイド
40/44「ライト・バイ・ユア・サイド」ユーリズミックス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ドライヴ」カーズ
(Drive / The Cars)

>最高位3位と、彼らにとって最大のヒットとなったソフト・ロック。かつてのサウンドからはまるでかけ離れたかのようなその洗練されたバラード調には驚かされるのだが、じっくりと聴かせる名曲のひとつであろう。なお、リード・ボーカルを担当したベーシストのベンジャミン・オールは、00年10月にすい臓癌のため53歳の若さで逝去している。

アルバム「ハートビート・シティ」(Heartbeat City)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「レッツ・ゴー・クレイジー」プリンス&ザ・レヴォリューション
(Let's Go Crazy / Prince & The Revolution)

>まさに絶頂期を迎えた彼を象徴するかのような疾走風ロック・ナンバー。チャートを一気に駆け上り、2週に渡り全米を制覇。ミリオン・セラーをも記録している。

アルバム「パープル・レイン」(Purple Rain)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ちぎれたハート」バナナラマ
(Cruel Summer / Bananarama)

>1981年イギリスで結成された女性3人組ポップ・グループ。
母国では既に成功を収めていた彼女らによる、初となるトップ40ヒット。日本受けしそうなポップ・ナンバーでもあり、全米では9位というトップ10ヒットにまで成長しているのだが、ワタシにはいまいちピンと来ない作品でもある。(スミマセン) なお、89年には同曲のセルフ・カバーも発表しているようだが、正直そちらの方もちょっと…。

アルバム「愛しのロバート・デ・ニーロ」(Bananarama)に収録。
【試聴はコチラ】
(Cruel Summer '89)

☆「マイ・オー・マイ」スレイド
(My, Oh My / Slade)

>いわゆるハードロック・バンドによるパワー・バラード。最高位37位止まりとはいえそのインパクトは絶大であり、当時ワタシにアルバム購入へと至らせた傑作でもある。ちなみに英国での最高位は2位。

アルバム「神風シンドローム」(The Amazing Kamikaze Syndrome)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ライト・バイ・ユア・サイド」ユーリズミックス
(Right By Your Side / Eurythmics)

>カリプソ調のカーニバル風ポップ・ナンバー。っていうか、このような楽しげなサウンドも用意出来るなら、もっと早めにお知らせして欲しかったものであるが、最高位29位と全米での評価はあまりよろしくないようで…。(とほほ)

アルバム「タッチ」(Touch)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外93位★

☆「星空の恋」フロック・オブ・シーガルス
(The More You Live, The More You Love / A Flock Of Seagulls)

>スペーシーなサウンドを提供してくれていた彼らによる、最後となった全米チャート・イン曲。最高位56位とトップ40入りは叶わなかったものの、1stアルバムよりも良く聴いた3rdアルバムでございましたとさ。

アルバム「ストーリー・オブ・ア・ヤング・ハート」(The Story Of A Young Heart)に収録。
The Story Of A Young Heart
↑コンセプト風になっているようで、アルバム全体の完成度が高し。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年8月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1984年8月4日付(弟に負けじとばかりに登場!ジャーメイン・ジャクソン) ]
2014-08-01(Fri) 15:16:15
01/01「ビートに抱かれて」プリンス
02/02「ゴーストバスターズ」レイ・パーカー Jr.
03/04「ステイト・オブ・ショック」ジャクソンズ
04/03「ダンシング・イン・ザ・ダーク」ブルース・スプリングスティーン
05/09「愛の魔力」ティナ・ターナー
06/06「おまえにヒート・アップ」ロッド・スチュワート
07/07「サッド・ソングス」エルトン・ジョン
08/15「スタック・オン・ユー」ライオネル・リッチー
09/11「ブレイクダンス」オリー&ジェリー
10/13「あなたを夢見て」ダン・ハートマン

11/05「アイズ」ビリー・アイドル
12/08「レッグス」ZZ トップ
13/10「ジャンプ」ポインター・シスターズ
14/14「ドクター・ドクター」トンプソン・ツインズ
15/18「愛をもう一度」ピーボ・ブライソン
16/20「パナマ」ヴァン・ヘイレン
17/19「サングラス・アット・ナイト」コリー・ハート
18/12「パラダイス~愛のテーマ」マイク・レノ&アン・ウィルソン
19/23「ラウンド・アンド・ラウンド」ラット
20/16「マジック」カーズ

21/17「セルフ・コントロール」ローラ・ブラニガン
22/22「アイム・フリー」ケニー・ロギンス
23/29「ミッシング・ユー」ジョン・ウェイト
24/25「シーズ・マイン」スティーヴ・ペリー
25/30「セクシー・ガール」グレン・フライ
26/32「ロック・ミー・トゥナイト」ビリー・スクワイア
27/26「カリビアン・ロマンス」エディ・グラント
28/34「ライツ・アウト」ピーター・ウルフ
29/35「いつも夢見て」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
30/31「アリバイ」セルジオ・メンデス

31/36「グラマラス・ライフ」シーラE
32/33「ターン・トゥ・ユー」ゴーゴーズ
33/37「ザ・ウォリアー」スキャンダル・フューチャリング・パティ・スマイス
34/39「シー・バップ」シンディ・ローパー
35/21「リフレックス」デュラン・デュラン
36/42「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
37/44「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
38/38「恋のカウントダウン」フェイス・トゥ・フェイス
39/41「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル
40/45「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー


【ニューエントリーこめんと】

☆「オール・オブ・ユー」フリオ・イグレシアス&ダイアナ・ロス
(All Of You / Julio Iglesias & Diana Ross)

>カントリー界の大御所とのデュエットに続いては、ブラック・ミュージック界を代表する女性シンガーとのデュエットで全米を席巻。ドラマチックにあふれたポップ・ナンバーだが、意外と伸びず最高位19位に甘んじている。しかし秋口には、トップ40ヒット2曲を含んだアルバムがトップ5に食い込む売り上げを見せるのはお見事。

アルバム「ベル・エアー1100」(1100 Bel Air Place)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ダイナマイト」ジャーメイン・ジャクソン
(Dynamite / Jermaine Jackson)

>古巣のモータウンを離れ、新たなる移籍先から発表されたアルバムからの1stヒット。かつての持ち味だったファンクっぽさが失われ、ポップさが増したR&Bナンバーが最高位15位を記録している。

アルバム「ダイナマイト」(Dynamite)に収録。
Dynamite.jpg
↑どちらかと言えば、ファンク調時代の方が好みかも?(アルバム未購入ですが)
【試聴はコチラ】

☆「夜空のモーメント」ビリー・ジョエル
(Leave A Tender Moment Alone / Billy Joel)

>ベストセラー・アルバムから5曲目となるトップ40ヒット。ハーモニカおじさんことトゥーツ・シールマンスの奏でるその音色が印象深いソフト・ナンバー。最高位27位。

アルバム「イノセント・マン」(An Innocent Man)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「クローズ・ユア・アイズ」ナイト・レンジャー
(When You Close Your Eyes / Night Ranger)

>ロック・バラードにてその存在感を示した彼らによる、ポップ系のロック・ナンバー。最高位14位と好結果を示し、当時のワタシにアルバム購入に至らせた作品でもある。

アルバム「ミッドナイト・マッドネス」(Midnight Madness)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年8月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2014 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。