ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『Winds Of Change』Jefferson Starship ]
2012-02-27(Mon) 19:41:54
Winds of ChangeWinds of Change
(1991/11/18)
Jefferson Starship

商品詳細を見る


01. Winds Of Change
02. Keep On Dreamin
03. Be My Lady
04. I Will Stay
05. Out Of Control

06. Can't Find Love
07. Black Widow
08. I Came Back From The Jaws Of The Dragon
09. Quit Wasting Time


1982年作。

1965年ジェファーソン・エアプレインとしてカリフォルニア州で結成され、74年に現バンド名へと名義変更されたロック・バンド。

女性ボーカリストであるグレース・スリックがメンバー復帰したとはいえ、(01),(03)というトップ40ヒットが誕生しているとはいえ、80's風ソフトなエレ・ポップ調へと変化してしまったため、彼らのファンだったワタシも当時戸惑ってしまったこのアルバムでしたが、ベスト盤にも収録されないトップ40ヒット2曲をサルベージしておく意味もあり、安価だったのもあり入手に至る。

発売から約30年が経過しているとはいえ、ソフト路線というお耳に優しいサウンド作りだったためか、全体的に悪くはありませんよ。(ナニを今さら…)

そして、「"Be My Lady"と"Winds Of Change"はベスト盤に収録されない!そんなふうに思っていた時期がオレにもありました」ってな時が、既に訪れていたとは…。(つづく)



↑"Be My Lady"「ビー・マイ・レイディ」
スポンサーサイト
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 2
  [ 1982年2月27日付(好調を継続!オリヴィア・ニュートン・ジョン) ]
2012-02-24(Fri) 15:57:42
01/01「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
02/04「オープン・アームズ」ジャーニー
03/02「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
04/05「シェイク・イット・アップ」カーズ
05/06「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
06/08「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
07/03「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
08/07「甘い出来事」ジュース・ニュートン
09/18「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
10/10「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ

11/12「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
12/14「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
13/19「マテリアル・ワールド」ポリス
14/16「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
15/15「遠いさよなら」シーナ・イーストン
16/17「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ
17/09「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
18/22「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
19/24「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
20/23「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ

21/21「きっと、どこかで」バリー・マニロウ
22/25「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
23/11「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
24/27「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
25/31「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
26/26「アバカブ」ジェネシス
27/30「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード
28/28「オール・アワー・トゥモロウズ」エディ・シュワルツ
29/33「コール・ミー」スカイ
30/34「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス

31/32「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
32/35「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
33/38「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
34/40「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー
35/13「友を待つ」ローリング・ストーンズ
36/20「ラヴ・イズ・オールライト・トゥナイト」リック・スプリングフィールド
37/41「アイ・ビリーヴ」チリワック
38/29「それ行け!ウィークエンド」ラヴァーボーイ
39/49「ムーヴ・オン・ミー」オリヴィア・ニュートン・ジョン
40/46「テル・ミー・トゥモロウ」スモーキー・ロビンソン


【ニューエントリーこめんと】

☆「アイ・ビリーヴ」チリワック
(I Believe / Chilliwack)

>2曲目のトップ40ヒットとなったソフトなロック・ナンバー。当時はようやく日本でもシングル化されたのだが、前ヒット曲同様まるで話題にもならず。最高位33位まで押し上げた全米チャートはお見事!

アルバム「ワナ・ビー・ア・スター」(Wanna Be A Star)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ムーヴ・オン・ミー」オリヴィア・ニュートン・ジョン
(Make A Move On Me / Olivia Newton-John)

>トップ40入り後39位→19位→17位→7位という急上昇を披露し、大ヒットを記録した前作にも劣らないポップな楽曲からして2曲連続No.1かと思ったのだが、結果的には最高位5位で落ち着いてしまう。しかし、立派なトップ5ヒットなれど、数あるベスト盤から弾かれてしまうのは一体…?という気がしていたのだが、別にそんなことはなかったぜ!(ちょい訂正☆)

アルバム「虹色の扉」(Physical)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「テル・ミー・トゥモロウ」スモーキー・ロビンソン
(Tell Me Tomorrow / Smokey Robinson)

>最高位33位と、御大のヒット・ナンバーとしてはチャート的には振るわなかったものの、独特の温か味を含んだソウル・ナンバーとして楽しめる一曲。

アルバム「イエス・イッツ・ユー・レイディ」(Yes It's You Lady)に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外87位★

☆「夢飛行」ラリー・カールトン
(Sleepwalk / Larry Carlton)

>1948年カリフォルニア州出身のジャズ・フュージョン系のギタリスト兼ソングライター。本名ラリー・ユージン・カールトン。
1950年サント&ジョニーによる大ヒット曲をカバーし、まったりとしたギター・サウンドを提供してくれるインストゥルメンタル・ナンバー。最高位74位と不発に終わっているのだが、87位→77位→74位→89位→89位→88位→86位→圏外と、粘りのチャート・アクションを残している。
2010年には日本のロック・バンドであるB'zのギタリスト・松本孝弘と共作アルバムを発表し、翌年のグラミー賞にて栄誉ある賞をゲットしたのは記憶に新しい。

アルバム「夢飛行」(Sleepwalk)に収録。

Sleepwalk.jpg
↑リー・リトナーの「RIT」の如く楽しめるかと、当時は購入したのだが…。

【試聴はコチラ】
(サント&ジョニー・バージョン)
音楽チャート1982年2月チャートTB : 0CM : 2
  [ 『Wanna Be A Star』Chilliwack ]
2012-02-20(Mon) 21:22:58
Wanna Be a StarWanna Be a Star
(2009/02/10)
Chilliwack

商品詳細を見る


01. Sign Here
02. So You Wanna Be A Star
03. Tell It To The Telephone
04. Too Many Enemies
05. Living In Stereo

06. Mr. Rock
07. My Girl
08. (Don't Wanna) Live For A Living
09. Walk On
10. I Believe


1964年にザ・クラシックスとしてカナダで結成され、その後ザ・コレクターズを経て70年に現バンド名に名義変更したロック・バンド。

81年に初のトップ40ヒットとなった(07)を耳にして以来、アルバム入手を企んでいたワタシですが、発売から約30年後にようやく入手したという。(長かったぁ)
もう一曲のトップ40ヒットである(10)も捨て難いソフト・ロックで、ベスト盤を入手するくらいならオリアルであるこの作品をゲットしているだけでいいかも?
お経のようなオープニングでスタートする(02)は、当時「全米トップ40」でもお笑いのネタにされていましたなぁ…。(遠い目)
まっ、なんにしろ当時通販の輸入盤店からも入手出来なかったアルバムが、簡単にしかも安価で入手出来るなんて、ホントいい時代になったなぁ♪(すっかり板に付いたこのフレーズ(^^;)


↑"My Girl"
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 0
  [ 1982年2月20日付(正統派アメリカン・ロック、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース) ]
2012-02-17(Fri) 16:11:01
01/01「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
02/02「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/03「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
04/04「オープン・アームズ」ジャーニー
05/06「シェイク・イット・アップ」カーズ
06/22「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
07/07「甘い出来事」ジュース・ニュートン
08/10「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
09/08「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
10/12「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ

11/05「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
12/14「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
13/13「友を待つ」ローリング・ストーンズ
14/19「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
15/17「遠いさよなら」シーナ・イーストン
16/18「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
17/21「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ
18/39「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
19/25「マテリアル・ワールド」ポリス
20/20「ラヴ・イズ・オールライト・トゥナイト」リック・スプリングフィールド

21/23「きっと、どこかで」バリー・マニロウ
22/24「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
23/26「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
24/31「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
25/36「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
26/28「アバカブ」ジェネシス
27/34「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
28/30「オール・アワー・トゥモロウズ」エディ・シュワルツ
29/29「それ行け!ウィークエンド」ラヴァーボーイ
30/32「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード

31/37「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
32/35「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
33/42「コール・ミー」スカイ
34/44「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
35/40「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
36/09「ガール・ライク・ユー」フォリナー
37/38「ラヴ・イズ・ライク・ア・ロック」ドニー・アイリス
38/49「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
39/11「クール・ナイト」ポール・デイヴィス
40/54「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー


【ニューエントリーこめんと】

☆「コール・ミー」スカイ
(Call Me / Skyy)

>1973年ニューヨーク州で結成されたR&B/ファンク・バンド。
彼らにとって唯一のトップ40ヒットとなったファンク調ダンス・ナンバー。最高位26位。

アルバム「スカイ・ライン」(Skyy Line)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
(Chariots Of Fire / Vangelis)

>1943年ギリシャ出身のマルチ音楽家。本名エヴァンゲロス・オディセアス・パパサナスィウ。
映画「炎のランナー」のテーマ曲を、自作自演にて仕上げた壮大で感動的なインストゥルメンタル・ナンバー。Hot100チャート・イン後、22週間もの時間をかけて全米の頂点へ(1週)。しかしこの後の...12位→53位という大きなチャート・ダウンは、No.1ソングにしてはあまりにも扱いがヒドイのでは…。
ちなみに、アルバムはチャートイン27週目でNo.1に輝いている。

サントラ「炎のランナー」(Chariots Of Fire)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(Do You Believe In Love / Huey Lewis & The News)

>1979年カリフォルニア州で結成されたロック・バンド。
ヒット作の請負人である敏腕プロデューサー、ロバート・ジョン・"マット"・ランジ作による爽快なアメリカン・ポップ・ロック。私のお気に入りバンドのひとつとなる彼らの、記念すべき初トップ40ヒットが最高位7位まで上昇。
余談だが、映画「ダイハード」に出演していた強盗グループの1人は、なんであんなにヒューイ・ルイスに似ているのでしょうか?

アルバム「ベイエリアの風」(Picture This)に収録。

Picture This
↑当時はよく聴いたッス♪しかし、この内容でトップ10入りしていないとは…。

【試聴はコチラ】

☆「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー
(Take Off / Bob & Doug McKenzie)

>カナダ生まれのコメディアン、“ボブ”ことリック・モラニスと“ダグ”ことデイヴ・トーマスによる“マッケンジー兄弟”の音楽界デビュー作。ゲストとしてラッシュのリード・ボーカリストであるゲディ・リーも参加したポップ・ナンバーが、最高位16位まで上昇。大きなお世話ですが、ゲディのボーカルはラッシュのハードなプログレ・ロックより、この作品のようなポップ曲の方が映えるような気がしますよ。
当時は日本発売されないこの曲がとても気に入り、通販で輸入盤を注文しても在庫切れという返答のありさまだったのだが、現在ではネット・ショッピングにて簡単に入手出来るのは、ホント素晴らしいこってす☆(いや、このアルバムは買ってませんが…)

アルバム"Great White North"に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 『The Best Of Stephen Bishop』Stephen Bishop ]
2012-02-13(Mon) 21:34:45
Millennium Collection-20th Century MastersMillennium Collection-20th Century Masters
(2002/11/12)
Stephen Bishop

商品詳細を見る


01. On And On
02. Never Letting Go
03. Save It For A Rainy Day
04. Madge
05. One More Night

06. Little Italy
07. Looking For The Right One
08. Only The Heart Within You
09. Everybody Needs Love
10. Animal House (Theme From The Movie Animal House)

11. It Might Be You (Theme From The Movie Tootsie)
12. Separate Lives


1951年カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター兼ギタリスト。

リアルタイムで耳にした77年のヒット(01)のぽわぽわした雰囲気が好きでよく聴いていたのだが、同様の雰囲気を持ったA.O.R.ナンバーである(11)も同時に聴きたいという願望が発生し、吟味しながらもこのベストを入手。

仕事帰り後の深夜によく聴いたのですが、いやぁ癒される一枚であります♪

ぽわぽわした作品だけではなく、(09)のようなアップテンポ調のナンバーも収録されてはいるのだが、フィル・コリンズのカバーである(12)までを聴き終える頃には、体と心がぽわぽわした感じで睡眠に移行できたのは実に健康的ッス☆


↑"On And On"「オン・アンド・オン」
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 0
  [ 1982年2月13日付(人気爆発!ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ) ]
2012-02-10(Fri) 21:40:17
01/01「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
02/02「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/04「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
04/15「オープン・アームズ」ジャーニー
05/05「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
06/09「シェイク・イット・アップ」カーズ
07/08「甘い出来事」ジュース・ニュートン
08/07「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
09/03「ガール・ライク・ユー」フォリナー
10/12「スウィート・ドリームス」エア・サプライ

11/11「クール・ナイト」ポール・デイヴィス
12/14「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ
13/13「友を待つ」ローリング・ストーンズ
14/16「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
15/10「クラシックス・オン45」ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ
16/06「レザー・アンド・レース」ステーヴィー・ニックス&ドン・ヘンリー
17/19「遠いさよなら」シーナ・イーストン
18/21「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
19/23「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
20/22「ラヴ・イズ・オールライト・トゥナイト」リック・スプリングフィールド

21/25「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ
22/26「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
23/27「きっと、どこかで」バリー・マニロウ
24/35「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
25/29「マテリアル・ワールド」ポリス
26/28「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
27/17「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
28/30「アバカブ」ジェネシス
29/31「それ行け!ウィークエンド」ラヴァーボーイ
30/32「オール・アワー・トゥモロウズ」エディ・シュワルツ

31/64「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
32/36「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード
33/33「シー・オブ・ラヴ」デル・シャノン
34/43「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
35/39「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
36/46「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
37/44「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
38/42「ラヴ・イズ・ライク・ア・ロック」ドニー・アイリス
39/63「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
40/45「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム


【ニューエントリーこめんと】

☆「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
(We Got The Beat / Go-Go's)

>女性バンドである彼女たちの全米人気を一気に頂点へと押し上げた、ポップでちょっとノスタルジック風なロック・ナンバー。最高位2位と、惜しくも全米制覇を逃している。

アルバム「ビューティ・アンド・ザ・ビート」(Beauty And The Beat)に収録。

【試聴はコチラ】
(ライヴ・バージョン)

☆「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
(Tonight I'm Yours / Rod Stewart)

>アルバムからの2ndシングルである本作も、前作同様アップ・テンポでキャッチーなナンバーだったのだが、最高位20位と意外と伸びずで残念無念。

アルバム「トゥナイト・アイム・ユアーズ」(Tonight I'm Yours)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
(Bobbie Sue / Oak Ridge Boys)

>ミリオン・セラーを獲得した1stトップ40ヒット同様、ポップな作りが評価を得たのか最高位12位まで上昇。しかし日本ではカントリー系アーティストに対する不遇に変化は無く、前ヒット同様話題にも上がらず仕舞い。でも、今作もアルバムとシングルが発売されているだけマシってか?それにしても、活動期間の長いグループだけあって、メンバーに物故者が多いようで…。(合掌)

アルバム「愛しのボビー・スー」(Bobbie Sue)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
(Should I Do It / The Pointer Sisters)

>最高位13位まで上昇しているポップ・ナンバーだが、トップ40ヒットの多い彼女たちの作品中では目立たない存在として埋もれてしまっている感があるかも。

アルバム「ブラック&ホワイト」(Black & White)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ラヴ・イズ・ライク・ア・ロック」ドニー・アイリス
(Love Is Like A Rock / Donnie Iris)

>ポップで軽快なワタシ好みのロック・ナンバーだったのだが、最高位37位と全米ではほとんど相手にされず。日本においてはアルバムもシングルも発売されずという、さらにヒドイ扱いを…。(涙)

アルバム"King Cool"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
(I Love Rock N' Roll / Joan Jett & The Blackhearts)

>1958年ペンシルバニア州出身のシンガー・ソングライター兼ギタリストであるジョーン・ジェット(本名ジョーン・マリー・ラーキン)を中心に結成されたロック・バンド。70年代に日本でブレイクした女性ロック・バンド“ランナウェイズ”の元ギタリスト。
75年アローズによるヒットのカバーにてトップ40デビューを果たしたのだが、39位→18位→9位→3位→3位→1位という派手なチャート・アクションを披露し、7週連続首位を快走という大記録を達成。もちろんミリオン・セラーをもマーク。個人的な感想ですが、正直ちょっと耳障りなロックだったかな。(スミマセン)
なお、日本では99年にドラゴン・アッシュがサンプリング曲として「I Love Hip Hop」をヒットさせている。

アルバム「アイ・ラヴ・ロックンロール」(I Love Rock 'n Roll)に収録。

I Love Rock  Roll
↑なんか“耳障り”とか言ってますが、ジャケット・デザインに惹かれLP購入したあの当時…。

【試聴はコチラ】
(アロ-ズ・バージョン)
(「I Love Hip Hop」ドラゴン・アッシュ)
「I Love Rocky Road」アル・ヤンコヴィック)
(「チェリー・ボンブ」ランナウェイズ)

☆「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
(One Hundred Ways / Quincy Jones featuring James Ingram)

>前ヒット同様、ボーカルにジェームス・イングラムを迎えてのソウルフルなバラード。最高位14位と、本作も安定した人気をを維持。

アルバム「愛のコリーダ」(The Dude)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年2月チャートTB : 0CM : 4
  [ 『Love Come Down - The Best Of Evelyn "Champagne" King』Evelyn "Champagne" King ]
2012-02-06(Mon) 21:57:30
Love Come Down - Best ofLove Come Down - Best of
(1993/03/23)
Evelyn Champagne King

商品詳細を見る


01. Shame
02. I Don't Know If It's Right
03. Music Box
04. I'm In Love
05. Don't Hide Our Love

06. Love Come Down
07. Betcha She Don't Love You
08. Get Loose
09. Action
10. Shake Down

11. Teenager
12. Just For The Night
13. Give Me One Reason
14. High Horse
15. Your Personal Touch

1960年ニューヨーク州出身のダンス系R&B女性シンガー。

ダンサブルな(01)のトップ40ヒットで注目を浴びた彼女ですが、その後も間髪を置かず(02)をヒットさせ、新たなるディスコ・クィーンの誕生かと思われたのだがその後ちょっと低迷。

80年代に突入後も(04),(06)のトップ40ヒットがあるものの、やはり70'sヒットである(01),(02)が甲乙付け難い魅力に満ちあふれておりますよ♪



↑"Shame"「シェイム」
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 0
  [ 1982年2月6日付(欧州大御所二組によるラスト・トップ40ヒット) ]
2012-02-03(Fri) 12:59:07
01/03「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
02/01「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/02「ガール・ライク・ユー」フォリナー
04/05「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
05/07「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
06/06「レザー・アンド・レース」ステーヴィー・ニックス&ドン・ヘンリー
07/04「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
08/09「甘い出来事」ジュース・ニュートン
09/13「シェイク・イット・アップ」カーズ
10/10「クラシックス・オン45」ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ

11/12「クール・ナイト」ポール・デイヴィス
12/19「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
13/14「友を待つ」ローリング・ストーンズ
14/16「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ
15/21「オープン・アームズ」ジャーニー
16/17「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
17/08「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
18/18「カム・ゴー・ウィズ・ミー」ビーチ・ボーイズ
19/20「遠いさよなら」シーナ・イーストン
20/11「愛のラスト・シーン」バーブラ・ストライサンド

21/25「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
22/24「ラヴ・イズ・オールライト・トゥナイト」リック・スプリングフィールド
23/29「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
24/22「トラブル」リンジー・バッキンガム
25/30「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ
26/37「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
27/32「きっと、どこかで」バリー・マニロウ
28/31「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
29/39「マテリアル・ワールド」ポリス
30/36「アバカブ」ジェネシス

31/33「それ行け!ウィークエンド」ラヴァーボーイ
32/34「オール・アワー・トゥモロウズ」エディ・シュワルツ
33/35「シー・オブ・ラヴ」デル・シャノン
34/15「今宵の君へ」エディ・ラビット
35/38「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
36/53「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード
37/26「燃えろ青春」ロッド・スチュワート
38/23「シーズ・ガット・ア・ウェイ」ビリー・ジョエル
39/49「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
40/27「アイ・ウドゥント・ハヴ・ ミスト・イット」ロニー・ミルサップ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード
(Daddy's Home / Cliff Richard)

>61年シェプ&ライムライツによるヒット曲をカバー。暖炉の火のような暖かさを持ったミディアム・スローなナンバーが最高位23位まで上昇。本国ではスーパースターという冠を持つ彼も全米ではアルバム・セールスでは苦戦し、シングルもこのカバーが最後のトップ40ヒットとなってしまった。
余談ですが、松田聖子の「SWEET MEMORIES」はこの作品がヒントになっている?

アルバム「ワイヤード・フォー・サウンド」(Wired For Sound)に収録。

【試聴はコチラ】
(シェプ&ライムライツ・バージョン)
(ジャーメイン・ジャクソン・バージョン)
(「Sweet Memories」松田聖子)

☆「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
(When All Is Said And Done / Abba)

>男性メンバーであるビヨルン&ベニーによるプロデュース&製作曲。アルバムからの1stシングルにしてはかつてのようなチャート・アクションが見られなかったのは、ちょっと重めな作りだったためであろうか。最高位27位とセールス的にも芳しくなく、この意味深な原題曲がラスト・トップ40ヒットとなってしまった。しかも翌年には活動停止という、実にあわただしい幕引きは一体…?

アルバム「ビジターズ」(The Visitors)に収録。

The Visitors
↑そして、ラスト・アルバムでもあるのが残念。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年2月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2012 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。