ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 2008年末のご挨拶☆ ]
2008-12-31(Wed) 17:04:56
本年もいつもの如く少数精鋭のお客様にご愛顧いただきまして、
誠にありがとうございました☆(^^;
来る2009年は、80'sのラストを飾る1989年のトップ40をもそもそと
語っていきたいと思います。

さて、1988年度の年間チャートなのですが、データはあるものの
掲載してもあまり意味がないと判断し、割愛させていただきました。
ご了承のほどを…。

'09年もどうか宜しくお願いいたします☆


                    FROM ぶるじん
スポンサーサイト
音楽チャート雑記帳TB : 0CM : 4
  [ 1988年12月24日付(聴かせるヒップホップ、トーン・ロック) ]
2008-12-20(Sat) 19:48:44
01/02「エヴリー・ローズ」ポイズン
02/04「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
03/01「ルック・アウェイ」シカゴ
04/03「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
05/05「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
06/12「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
07/09「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
08/13「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
09/10「Walk On Water」エディ・マネー
10/15「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン

11/06「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
12/21「アルマゲドン」デフ・レパード
13/20「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン
14/17「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
15/07「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
16/18「シルエット」ケニーG
17/08「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
18/11「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
19/23「3人のゴーストのテーマ~恋をあなたに」アン・レノックス&アル・グリーン
20/14「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン

21/16「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
22/24「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
23/19「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー
24/25「オール・ディス・タイム」ティファニー
25/31「ホェン・ザ・チルドレン・クライ」ホワイト・ライオン
26/34「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」ボン・ジョヴィ
27/38「ホェン・アイム・ウィズ・ユー」シェリフ
28/30「リトル・ライヤー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
29/35「ホールディング・オン」スティーヴ・ウィンウッド
30/32「ワイルド・ワールド」マキシ・プリースト

31/40「赤い誘惑」サマンサ・フォックス
32/36「サンクス・フォー・マイ・チャイルド」シェリル・ペプシ・ライリー
33/39「ゴースト・タウン」チープ・トリック
34/41「ラヴァー・イン・ミー」シーナ・イーストン
35/47「ストレイト・アップ」ポーラ・アブドゥル
36/22「ディザイアー」U2
37/52「ワイルド・シング」トーン・ロック
38/29「ココモ」ビーチ・ボーイズ
39/28「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
40/49「キッス」アート・オブ・ノイズ・フィーチャリング・トム・ジョーンズ



【ニューエントリーこめんと】

☆「ラヴァー・イン・ミー」シーナ・イーストン
(The Lover In Me / Sheena Easton)

>ナイル・ロジャースのプロデュースを受けた前ヒットから3年、今回はベイビーフェイス&L.A.リードらをプロデューサーに迎え、新たなるサウンドでトップ40へカムバック。ダンサブルなR&Bナンバーが最高位2位と、7年ぶりのトップ5ヒットを記録。しかし、ワタシとしましては彼女らしさがまるで消え失せたようなこの復活劇には、正直喜べたものではなかったあの当時。(スミマセン)

アルバム「ラヴァー・イン・ミー」(The Lover In Me)に収録。

http://www.lastfm.jp/music/Sheena+Easton/_/The+Lover+in+Me

☆「ストレイト・アップ」ポーラ・アブドゥル
(Straight Up / Paula Abdul)

>1962年カリフォルニア州サンフランシスコ出身の女性シンガー兼ダンサー。
初のチャート・イン曲だった「あいつにノック・アウト」(Knocked Out)が惜しくも41位止まりだったのだが、今回の作品はヤワじゃあない。躍動感に満ちあふれ、さらにズッシリとしたダンス・ナンバーがぐんぐんチャートを駆け上り、3週に渡り全米の頂点を制覇。当時としては珍しく、ミリオン・セラーを記録。なお翌年89年からは、No.1ヒットの大行進が始まるのである。
そういえば数ヶ月前に入手した彼女のベスト盤も、そろそろ聴いてみないとイケませんなぁ。

アルバム「フォーエヴァー・ユア・ガール」(Forever Your Girl)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/73206

☆「ワイルド・シング」トーン・ロック
(Wild Thing / Tone Loc)

>1966年カリフォルニア州ロサンゼルス出身のラッパー兼俳優。本名アンソニー・テレル・スミス。
これまたファンキーでダンサブルなヒップホップ・ナンバーで、聴いてよし、踊ってよしの完成度。最高位2位まで上昇し、なんとダブル・ミリオンのお土産まで追加される大ヒットに成長している。

アルバム「ワイルド・シング」(Loc-ed After Dark)に収録。

Loc-ed After Dark
↑音楽も気になるが、ジャケットのジャガーEタイプも気になりますよ☆

http://jp.youtube.com/watch?v=387ZDGSKVSg (PV)

☆「キッス」アート・オブ・ノイズ・フィーチャリング・トム・ジョーンズ
(Kiss / The Art Of Noise featuring Tom Jones)

>86年プリンス&ザ・レヴォリューションのNo.1ヒットをアート・オブ・ノイズ調の電子アレンジ(?)を施し、1940年イギリス出身の大御所シンガー、トム・ジョーンズをボーカルに迎えてのカバー。最高位31位とはいえ、ワタシにとっては初のトム・ジョーンズ体験となったワケでございます。変則とはいえ、トム氏にとってはおよそ12年ぶりのトップ40ヒット。
ちなみに90年代に「恋はメキメキ」なんてアレな邦題のヒット・ナンバーを耳にしたと思うのだが、まるで記憶にありませんよ。(ゴメンナサイ)

アルバム「ベスト・オブ・アート・オブ・ノイズ」(The Best Of The Art Of Noise)に収録。

http://jp.youtube.com/watch?v=Iw3so6ClU9I (PV)
音楽チャート1988年12月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1988年12月17日付(再ヒットで全米No.1!シェリフ) ]
2008-12-13(Sat) 14:55:28
01/01「ルック・アウェイ」シカゴ
02/06「エヴリー・ローズ」ポイズン
03/05「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
04/08「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
05/07「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
06/02「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
07/04「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
08/03「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
09/09「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
10/10「Walk On Water」エディ・マネー

11/11「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
12/17「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
13/14「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
14/13「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
15/21「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
16/18「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
17/22「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
18/24「シルエット」ケニーG
19/20「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー
20/25「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン

21/28「アルマゲドン」デフ・レパード
22/12「ディザイアー」U2
23/29「3人のゴーストのテーマ~恋をあなたに」アン・レノックス&アル・グリーン
24/31「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
25/34「オール・ディス・タイム」ティファニー
26/15「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ
27/26「アナザー・ガールはゴメンさ」アイヴァン・ネヴィル
28/19「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
29/23「ココモ」ビーチ・ボーイズ
30/38「リトル・ライヤー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ

31/41「ホェン・ザ・チルドレン・クライ」ホワイト・ライオン
32/37「ワイルド・ワールド」マキシ・プリースト
33/32「イエー・イエー・イエー」ジャドソン・スペンス
34/44「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」ボン・ジョヴィ
35/40「ホールディング・オン」スティーヴ・ウィンウッド
36/39「サンクス・フォー・マイ・チャイルド」シェリル・ペプシ・ライリー
37/16「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
38/50「ホェン・アイム・ウィズ・ユー」シェリフ
39/42「ゴースト・タウン」チープ・トリック
40/46「赤い誘惑」サマンサ・フォックス



【ニューエントリーこめんと】

☆「ホェン・ザ・チルドレン・クライ」ホワイト・ライオン
(When The Children Cry / White Lion)

>ハードロック・バンドによるバラード・ナンバー。当時の流行のひとつかもしれないが楽曲の良さは紛れもない事実で、最高位3位というのも頷けるというものナリ。

アルバム「プライド」(Pride)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/86151

☆「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」ボン・ジョヴィ
(Born To Be My Baby / Bon Jovi)

>前作同様ノリの良いロック・ナンバーで連続No.1決定かと思いきや、その自身満々とも取れるようなタイトルが鼻に付いたのか(?)最高位3位止まりとなる。
なお、ワタシが所持している彼らのベスト盤(中古)にはナゼかこの曲が収録されておらず、オリジナル・アルバムを2枚処分してしまったバチが当たったような感じがいと悲し…。

アルバム「ニュージャージー」(New Jersey)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1258944

☆「ホェン・アイム・ウィズ・ユー」シェリフ
(When I'm With You / Sheriff)

>1979年カナダ・トロントで結成されたロック・バンド。
83年にHot100滞在7週で最高位61位と、凡庸な記録しか残せなかったこのバラードが、地方のラジオ局DJが頻繁にエアプレイし続けた甲斐が実り、この年になってHot100にリエントリー。今回はトップ40入りどころか全米no.1シングルという称号を得られるヒットにまで大成長を遂げる(1週)。85年に既に解散していたバンドもこの突然の復活ヒットにより再結成された後、メンバーの一部により新バンド“エアリス”が新結成。90年に「君が欲しい」(More Than Words Can Say)の大ヒットを放つ事となる。
なお当時のAmerican Top40では、エア・サプライの「オール・アウト・オブ・ラヴ」(All Out Of Love)と楽曲の終盤における各ボーカリストによる肺活量勝負(?)が行なわれ、ちゃんと秒カウントまでされていたのだが、どちらに軍配が上がったのかは不明ナリ…。(無念)

【追記】

「オール・アウト・オブ・ラヴ」16.1秒 、「ホェン・アイム・ウィズ・ユー」25.5秒でシェリフの圧勝!!でありました。

というご指摘をいただきました。Leepyさん、情報ありがとうございました☆

アルバム「ホェン・アイム・ウィズ・ユー」(Sheriff)に収録。

Sheriff.jpg
↑当時はこのバラードに惹かれアルバムを購入。ポップ・ロックかと思いきや、ハードな内容に驚愕★

http://jp.youtube.com/watch?v=0Ls7cH3elBc

☆「ゴースト・タウン」チープ・トリック
(Ghost Town / Cheap Trick)

>2曲の大ヒットを連発後、勢いでコレもいっとけ!ってな感じでシングル化されたようなバラード風ロックだが、決して完成度は低くありません。最高位33位。

アルバム「永遠の愛の炎」(Lap Of Luxury)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1972374

☆「赤い誘惑」サマンサ・フォックス
(I Wanna Have Some Fun / Samantha Fox)

>最高位8位を記録した妖艶なお姉さんによる3曲目となる悩殺トップ10ヒット。正直ワタシはこの頃にはもう飽き(呆れ?)まくりで、貴重なトップ40枠をこのような(以下自粛)。

アルバム「赤い誘惑」(I Wanna Have Some Fun)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/6809
音楽チャート1988年12月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1988年12月10日付(味わい深し!シェリル・ペプシ・ライリー) ]
2008-12-06(Sat) 10:27:35
01/02「ルック・アウェイ」シカゴ
02/01「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
03/03「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
04/04「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
05/06「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
06/10「エヴリー・ローズ」ポイズン
07/07「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
08/13「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
09/11「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
10/12「Walk On Water」エディ・マネー

11/14「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
12/05「ディザイアー」U2
13/17「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
14/20「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
15/08「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ
16/09「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
17/24「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
18/22「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
19/15「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
20/23「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー

21/26「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
22/27「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
23/16「ココモ」ビーチ・ボーイズ
24/28「シルエット」ケニーG
25/32「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン
26/29「アナザー・ガールはゴメンさ」アイヴァン・ネヴィル
27/18「ドミノ・ダンシング」ペット・ショップ・ボーイズ
28/37「アルマゲドン」デフ・レパード
29/34「3人のゴーストのテーマ~恋をあなたに」アン・レノックス&アル・グリーン
30/19「ロコモーション」カイリー・ミノーグ

31/36「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
32/33「イエー・イエー・イエー」ジャドソン・スペンス
33/21「ドント・ノゥ・ホワット・ユー・ガット」シンデレラ
34/40「オール・ディス・タイム」ティファニー
35/25「ティル・アイ・ラヴド・ユー」バーブラ・ストライサンド&ドン・ジョンソン
36/30「恋はごきげん」フィル・コリンズ
37/42「ワイルド・ワールド」マキシ・プリースト
38/41「リトル・ライヤー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
39/43「サンクス・フォー・マイ・チャイルド」シェリル・ペプシ・ライリー
40/48「ホールディング・オン」スティーヴ・ウィンウッド



【ニューエントリーこめんと】

☆「ワイルド・ワールド」マキシ・プリースト
(Wild World / Maxi Priest)

>1960年ロンドン出身のレゲエ系シンガー・ソングライター。本名マックス・アルフレッド・エリオット。(本名の方がカッコ良くないか?)
オリジナルは1971年にヒットしたキャット・スティーヴンスによるバラード・ロックだが、今回はレゲエ風味に味付けされたカバーで最高位25位まで上昇。日本でも有名な作品だが、特に93年のMr.ビッグによるカバーが一番メジャーかな。
なおマキシ・プリーストだが、90年に全米No.1ヒットを放つに至り、現在はUB40のリード・ボーカリストとして活躍しているようだ。

アルバム「MAXI」(Maxi Priest)に収録。

Maxi Priest
↑ワタシとしましては、91年のロバータ・フラックとのデュエット・ナンバーが一番好き!…っていったら怒られるか?

http://www.hmv.co.jp/product/detail/67936

☆「リトル・ライヤー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
(Little Liar / Joan Jett & The Blackhearts)

>コーラス・ラインが美しいバラード風のロック・ナンバー。この頃あたりから、彼女らのサウンドもかなり洗練されてきて聴き易くなってきた感じ。最高位も19位と好調ナリ。

アルバム「アップ・ユア・アレイ」(Up Your Alley)に収録。

http://www.amazon.com/Your-Alley-Joan-Jett-Blackhearts/dp/B0000026IJ/ref=sr_1_9?ie=UTF8&s=music&qid=1227961475&sr=1-9

☆「サンクス・フォー・マイ・チャイルド」シェリル・ペプシ・ライリー
(Thanks For My Child / Cheryl "Pepsii" Riley)

>1968年ニューヨーク州ブルックリン出身の女性シンガー。
当時は歌手と障害児病棟の看護士の二束わらじだったようで、子供の笑い声や泣き声まで組み込まれた愛情があふれまくるようなバラード・ソング。当時はまだまだ幼かった息子とシンクロさせてくれ、職場の休息時にエアチェックしたTop40をウォークマンにてこの作品をしみじみとかみ締めながら聴いたものである。最高位32位とはいえ、ある意味思い出深い1曲である。

アルバム「ミー・マイセルフ・アンド・アイ」(Me, Myself And I)に収録。

http://www.imeem.com/j-birdy200/music/JjCP1bsi/cheryl_pepsi_riley_thanks_for_my_child/

☆「ホールディング・オン」スティーヴ・ウィンウッド
(Holding On / Steve Winwood)

>大ヒットを記録した「ロール・ウィズ・イット」(Roll With It)の流れを汲むような軽快なポップ・ナンバー。最高位11位。

アルバム「ロール・ウィズ・イット」(Roll With It)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/168517
音楽チャート1988年12月チャートTB : 0CM : 2

copyright © 2008 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。