ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年7月4日付(爽やかに登場?スザンヌ・ヴェガ) ]
2007-06-30(Sat) 09:22:23
01/01「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
02/04「アローン」ハート
03/07「シェイクダウン」ボブ・シーガー
04/02「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
05/06「ソングバード」ケニーG
06/03「イン・トゥー・ディープ」ジェネシス
07/11「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
08/09「ジャスト・トゥ・シー・ハー」スモーキー・ロビンソン
09/14「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
10/16「ファンキータウン」スード・エコー

11/15「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス
12/05「オールウェイズ」アトランティック・スター
13/08「ダイアモンズ」ハーブ・アルパート
14/12「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
15/18「エヴリ・リトル・キッス」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
16/19「ガールズ・ガールズ・ガールズ」モトリー・クルー
17/25「終わりなき旅」U2
18/10「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ
19/23「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ
20/24「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン

21/28「アイ・ウォント・ユア・セックス」ジョージ・マイケル
22/21「エンドレス・ナイツ」エディ・マネー
23/20「スウィート・シックスティーン」ビリー・アイドル
24/26「キス・ヒム・グッドバイ」ナイロンズ
25/13「心の夜明け」ケニー・ロギンス
26/30「愛の法則」ジャネット・ジャクソン
27/29「セイ・イエス」クライマックス
28/31「ハッピー」サーフィス
29/34「クロス・マイ・ブロークン・ハート」ジェッツ
30/17「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド

31/27「ソウル・シティ」パートランド・ブラザーズ
32/36「ウォッツ・イット・トゥ・ヤ」ロビー・ネヴィル
33/42「ムーンライティング」アル・ジャロウ
34/39「オンリー・イン・マイ・ドリームス」デビー・ギブソン
35/22「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
36/43「バック・イン・ザ・ハイ・ライフ・アゲイン」スティーヴ・ウインウッド
37/47「ルカ」スザンヌ・ヴェガ
38/41「フレイムス・オブ・パラダイス」ジェニファー・ラッシュ
39/44「ハーツ・オン・ファイア」ブライアン・アダムス
40/45「セヴン・ワンダーズ」フリートウッド・マック


【ニューエントリーこめんと】

☆「ムーンライティング」アル・ジャロウ
(Moonlighting (Theme) / Al Jarreau)

>ブルース・ウィリス主演人気TVドラマ「こちらブルームーン探偵社」の主題歌。
個人的にそそられるタイトルだが、彼のトップ40ヒットとしては
なんかイマイチかなぁ・・・。
最高位23位。

サントラ「こちらブルームーン探偵社」(Moonlighting)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F993%2F126993%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv10806

☆「バック・イン・ザ・ハイ・ライフ・アゲイン」スティーヴ・ウインウッド
(Back In The High Life Again / Steve Winwood)

>アコースティックを主体とした、ややまったり系ソング。
なかなかいい感じである。
最高位13位。

アルバム「バック・イン・ザ・ハイライフ」(Back In The Highlife)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F614%2F157614%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv30917

☆「ルカ」スザンヌ・ヴェガ
(Luka / Suzanne Vega)

>1959年カリフォルニア州サンタモニカ出身のシンガー・ソング・ライター。
一見さわやかな朝をイメージさせるそのポップなサウンドの内には、
児童虐待というえげつなく重いテーマが綴られているので注意が必要だ。(?)
それでも楽曲の良さに、最高位3位まで上昇。
コレ一発のヒットにて終了かと思いきや、90年に本アルバムに収録されている
アカペラ・ソング「トムズ・ダイナー」(Tom's Diner)がアレンジされ、
トップ5ヒットを記録している。

アルバム「孤独(ひとり)」(Solitude Standing)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F997%2F153997%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv40412

☆「フレイムス・オブ・パラダイス」ジェニファー・ラッシュ
(Flames Of Paradise / Jennifer Rush (Duet with Elton John)

>ニューヨーク州クィーンズ出身。
今回試聴によって初めて耳にした作品なのだが、アップ・テンポなポップ・ナンバーで、
エルトンとの息の合ったデュエットもなかなかなもので、最高位36位とは
思えぬような完成度か。
なお、アメリカではこの作品が唯一のトップ40ヒットとなっているが、
ヨーロッパ方面では絶大な人気をほこっているようだ。
また、彼女が製作に関わった名バラード「パワー・オブ・ラヴ」(The Power Of Love)は、
エア・サプライ、御本人、ローラ・ブラニガン、そしてセリーヌ・ディオンと
歌い継がれヒットを記録している。

アルバム「ハート・オーヴァー・マインド」(Heart Of Mind)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Feuwm2%2F864%2F1040864%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv30218

☆「ハーツ・オン・ファイア」ブライアン・アダムス
(Hearts On Fire / Bryan Adams)

>う~ん・・・それなりにロックしているものの、シングルとしてはやっぱ
弱さを感じ受けてしまう。
最高位26位。

アルバム「イントゥ・ザ・ファイア」(Into The Fire)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000026GYX001009/1/
ref=mu_sam_ra001_009/503-4037081-7526358

☆「セヴン・ワンダーズ」フリートウッド・マック
(Seven Wonders / Fleetwood Mac)

>スティーヴィ・ニックスの妖艶なボーカルが堪能できるミディアム・テンポな一品だが、
最高位19位と以外に伸びず。

アルバム「タンゴ・イン・ザ・ナイト」(Tango In The Night)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F507%2F102507%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv10207
スポンサーサイト
音楽チャート1987年7月チャートTB : 0CM : 4
  [ 1987年6月27日付(天才美少女デビュー!デビー・ギブソン) ]
2007-06-23(Sat) 08:41:27
01/03「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
02/01「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
03/04「イン・トゥー・ディープ」ジェネシス
04/06「アローン」ハート
05/02「オールウェイズ」アトランティック・スター
06/09「ソングバード」ケニーG
07/12「シェイクダウン」ボブ・シーガー
08/05「ダイアモンズ」ハーブ・アルパート
09/10「ジャスト・トゥ・シー・ハー」スモーキー・ロビンソン
10/07「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ

11/14「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
12/13「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
13/11「心の夜明け」ケニー・ロギンス
14/16「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
15/17「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス
16/19「ファンキータウン」スード・エコー
17/08「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド
18/21「エヴリ・リトル・キッス」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
19/26「ガールズ・ガールズ・ガールズ」モトリー・クルー
20/23「スウィート・シックスティーン」ビリー・アイドル

21/25「エンドレス・ナイツ」エディ・マネー
22/15「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
23/27「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ
24/28「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
25/38「終わりなき旅」U2
26/32「キス・ヒム・グッドバイ」ナイロンズ
27/29「ソウル・シティ」パートランド・ブラザーズ
28/36「アイ・ウォント・ユア・セックス」ジョージ・マイケル
29/34「セイ・イエス」クライマックス
30/35「愛の法則」ジャネット・ジャクソン

31/39「ハッピー」サーフィス
32/18「ジャミン・ミー」トム・ペティ&ハートブレイカーズ
33/30「ロック・ザ・ナイト」ヨーロッパ
34/45「クロス・マイ・ブロークン・ハート」ジェッツ
35/24「変わらぬ想い」グレン・メディロス
36/43「ウォッツ・イット・トゥ・ヤ」ロビー・ネヴィル
37/33「スティル・ビー・ラヴィング・ユー」レストレス・ハート
38/20「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2
39/46「オンリー・イン・マイ・ドリームス」デビー・ギブソン
40/22「ファッシネイテッド」カンパニーB


【ニューエントリーこめんと】

☆「クロス・マイ・ブロークン・ハート」ジェッツ
(Cross My Broken Heart (From "Beverly Hills Cop Ⅱ") / The Jets)

>特に特出した箇所が存在するでもない一般的なR&B。
最高位7位も、個々の好み次第である。

サントラ「ビバリー・ヒルズ・コップ2」(Beverly Hills Cop Ⅱ)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F377%2F433377%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv30225

☆「ウォッツ・イット・トゥ・ヤ」ロビー・ネヴィル
(Wot's It To Ya / Robbie Nevil)

>少々荒っぽく仕上げられたロック・ナンバーだが、そのインパクトはなかなかなモノで
最高位10位と、トップ10ヒットにまで成長。
ところで、当時ラジオ番組にて"Wot's It To Ya"を正確な英語になおすと?ってな
クイズがあったのだが、肝心の答えを聞かず終いで今日にまで至ってしまったけれど、
"What Is It To You"でいいのかな?

アルバム「ロビー・ネヴィル」(Robbie Nevil)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B00000I0OW001003/1/
ref=mu_sam_ra001_003/503-4037081-7526358

☆「オンリー・イン・マイ・ドリームス」デビー・ギブソン
(Only In My Dreams / Debbie Gibson)

>1970年ニューヨーク州ブルックリン出身の天才美少女シンガー・ソング・ライター。
当時若干17歳というその若さが、まぶしいほどのキラメキをほとばしるらせるような
ポップ・ナンバー。
最高位4位。
現在はデボラ・ギブソン名義で、女優としても活躍中である。

アルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」(Out Of The Blue)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F263%2F105263%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40525
音楽チャート1987年6月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1987年6月20日付(ソロ名義にて始動!ジョージ・マイケル) ]
2007-06-16(Sat) 10:27:45
01/03「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
02/01「オールウェイズ」アトランティック・スター
03/05「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
04/04「イン・トゥー・ディープ」ジェネシス
05/08「ダイアモンズ」ハーブ・アルパート
06/12「アローン」ハート
07/07「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ
08/02「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド
09/13「ソングバード」ケニーG
10/10「ジャスト・トゥ・シー・ハー」スモーキー・ロビンソン

11/11「心の夜明け」ケニー・ロギンス
12/19「シェイクダウン」ボブ・シーガー
13/14「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
14/16「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
15/06「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
16/22「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
17/23「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス
18/20「ジャミン・ミー」トム・ペティ&ハートブレイカーズ
19/28「ファンキータウン」スード・エコー
20/09「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2

21/26「エヴリ・リトル・キッス」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
22/21「ファッシネイテッド」カンパニーB
23/31「スウィート・シックスティーン」ビリー・アイドル
24/15「変わらぬ想い」グレン・メディロス
25/30「エンドレス・ナイツ」エディ・マネー
26/35「ガールズ・ガールズ・ガールズ」モトリー・クルー
27/34「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ
28/40「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
29/36「ソウル・シティ」パートランド・ブラザーズ
30/37「ロック・ザ・ナイト」ヨーロッパ

31/17「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
32/39「キス・ヒム・グッドバイ」ナイロンズ
33/33「スティル・ビー・ラヴィング・ユー」レストレス・ハート
34/41「セイ・イエス」クライマックス
35/43「愛の法則」ジャネット・ジャクソン
36/47「アイ・ウォント・ユア・セックス」ジョージ・マイケル
37/18「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
38/51「終わりなき旅」U2
39/44「ハッピー」サーフィス
40/27「ルッキング・フォー・ア・ニュー・ラヴ」ジョディ・ワトリー


【ニューエントリーこめんと】

☆「セイ・イエス」クライマックス
(I'll Still Say Yes / Klymaxx)

>美しいバラード・ソングなれど、「アイ・ミス・ユー」(I Miss You)のような
ナチュラルさが感じられないのが残念。
最高位18位。

アルバム「SEXY」(Klymaxx)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002P00001008/1/
ref=mu_sam_ra001_008/503-4037081-7526358

☆「愛の法則」ジャネット・ジャクソン
(The Pleasure Principle / Janet Jackson)

>アルバムから6曲目のトップ40ヒットともなれば、さすがにクォリティの低下は
免れないか。
ついにトップ10入りを逃したものの、最高位は14位をマーク。

アルバム「コントロール」(Control)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F237%2F197237%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「アイ・ウォント・ユア・セックス」ジョージ・マイケル
(I Want Your Sex (From "Beverly Hills Cop Ⅱ") / George Michael)

>1963年イギリス・ロンドン出身のシンガー・ソング・ライター。
81年に結成し大成功をおさめたデュオ・ユニット、ワム!を86年に店仕舞いさせ、
新たにソロとしてその個人名を音楽業界に刻んでいく事となる。
ポップで爽やかだったワム!のサウンド路線を払拭するご如き、ちょいワル路線に
走ったようなファンク風で大人びた楽曲を提供してまいりました。
最高位2位にまで上昇し、ソロとして、また新たな音への挑戦が
全米で受け入れられたのである。

サントラ「ビバリー・ヒルズ・コップ2」(Beverly Hills Cop Ⅱ)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F546%2F125546%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40322

☆「終わりなき旅」U2
(I Still Haven't Found What I'm Looking For / U2)

>84年の初トップ40ヒット、「プライド」(Pride (In The Name Of Love))以来の
衝撃を受けた作品。
思わずアルバムを即購入してしまったキラー・ソング。
2週に渡り全米の頂点を制したこの雄大で壮大なバラード調ロック、
何度聴いても飽きが来ません!
しかし、肝心のアルバムの方は序盤3曲は会心の出来ばえなのだが、
それ以降は退屈の一言だったのがなんとも・・・。

アルバム「ヨシュア・トゥリー」(The Joshua Tree)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F082%2F153082%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv40412

☆「ハッピー」サーフィス
(Happy / Surface)

>ニュー・ジャージー州で結成されたR&Bグループ。
当時は、水面をキラキラと光輝く陽光のようなイメージが浮かぶキーボードの調べに惹かれ、
近所の書店に売られていた彼らの輸入盤を購入しようかどうか非常に
迷ったものである。(結局、購入は見送った)
最高位20位。
彼らの本領が発揮されるのは、この2年後であった。
なお、J-Popにも同名のアーティストが存在するようだが、そちらの方はまるで知りません★

アルバム「ハッピー」(Surface)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F041%2F429041%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv31014
音楽チャート1987年6月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1987年6月13日付(夏到来!グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシン) ]
2007-06-09(Sat) 11:46:58
01/02「オールウェイズ」アトランティック・スター
02/01「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド
03/03「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
04/06「イン・トゥー・ディープ」ジェネシス
05/10「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
06/04「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
07/07「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ
08/09「ダイアモンズ」ハーブ・アルパート
09/05「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2
10/13「ジャスト・トゥ・シー・ハー」スモーキー・ロビンソン

11/15「心の夜明け」ケニー・ロギンス
12/20「アローン」ハート
13/17「ソングバード」ケニーG
14/21「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
15/12「変わらぬ想い」グレン・メディロス
16/23「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
17/11「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
18/08「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
19/31「シェイクダウン」ボブ・シーガー
20/26「ジャミン・ミー」トム・ペティ&ハートブレイカーズ

21/24「ファッシネイテッド」カンパニーB
22/29「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
23/30「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス
24/19「フェイスフル」シカゴ
25/14「アイ・ノゥ・ホワット・アイ・ライク」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
26/33「エヴリ・リトル・キッス」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
27/18「ルッキング・フォー・ア・ニュー・ラヴ」ジョディ・ワトリー
28/36「ファンキータウン」スード・エコー
29/16「ヒート・オブ・ザ・ナイト」ブライアン・アダムス
30/34「エンドレス・ナイツ」エディ・マネー

31/35「スウィート・シックスティーン」ビリー・アイドル
32/22「愛に抱かれた夜」カッティング・クルー
33/37「スティル・ビー・ラヴィング・ユー」レストレス・ハート
34/40「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ
35/46「ガールズ・ガールズ・ガールズ」モトリー・クルー
36/39「ソウル・シティ」パートランド・ブラザーズ
37/38「ロック・ザ・ナイト」ヨーロッパ
38/25「ラ・イスラ・ボニータ」マドンナ
39/45「キス・ヒム・グッドバイ」ナイロンズ
40/47「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ガールズ・ガールズ・ガールズ」モトリー・クルー
(Girls , Girls , Girls / Motley Crue)

>ヒット当時から疑問に感じていたのだが、最高位12位まで...いや、
トップ40入りするほどシングルとしての完成度かなぁ?
彼ららしいロックといえばロックなのだが。

アルバム「ガールズ・ガールズ・ガールズ」(Girls , Girls , Girls)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F526%2F127526%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv70130

☆「キス・ヒム・グッドバイ」ナイロンズ
(Kiss Him Goodbye / The Nylons)

>1979年カナダ・トロントにて結成されたアカペラをウリとしたグループ。
その実体は、敏腕プロデューサーであるポール・レカが作り上げた架空のバンドである。
69年スチームの大ヒット・ナンバーをアカペラ風にてカバーし、
最高位12位にまで浮上。
なお、正式な原題は"Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye"。

アルバム「ハッピー・トゥゲザー」(Happy Together)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F574%2F130574%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv30701

☆「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
(Rhythm Is Gonna Get You / Gloria Estefan And Miami Sound Machine)

>またもやムシ暑そうなトロピカルなリズムを、更に長尺となり暑苦しさを
増したバンド名とともに梅雨入りの日本にまで届けてくれるのか!?
とばかりにありがた迷惑っぽく受け取ったのだが、今回の新作は意外と
カラッとしていて非常に聴き易い出来ばえ。
最高位5位にも十分うなづける内容で、夏を前に夏バテする恐怖は
回避できたのであった。(スミマセン)

アルバム「レット・イット・ルース」(Let It Loose)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F443%2F100443%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv30520

★圏外90位★

☆「アイ・ウォント・アクション」ポイズン
(I Want Action / Poison)

>パンチの効いたドラムに、元気のいいボーカルとリズム♪
最高位50位止まりとはいえ、アルバム購入意欲が大いに増してきていたのは
たしかである。

アルバム「ポイズン・ダメージ」(Look What The Cat Dragged In)より。
音楽チャート1987年6月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1987年6月6日付(カバーで全米デビュー、スード・エコー) ]
2007-06-02(Sat) 12:55:05
01/02「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド
02/04「オールウェイズ」アトランティック・スター
03/06「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
04/03「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
05/01「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2
06/11「イン・トゥー・ディープ」ジェネシス
07/10「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ
08/05「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
09/14「ダイアモンズ」ハーブ・アルパート
10/18「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン

11/07「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
12/13「変わらぬ想い」グレン・メディロス
13/20「ジャスト・トゥ・シー・ハー」スモーキー・ロビンソン
14/09「アイ・ノゥ・ホワット・アイ・ライク」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
15/16「心の夜明け」ケニー・ロギンス
16/08「ヒート・オブ・ザ・ナイト」ブライアン・アダムス
17/22「ソングバード」ケニーG
18/12「ルッキング・フォー・ア・ニュー・ラヴ」ジョディ・ワトリー
19/17「フェイスフル」シカゴ
20/27「アローン」ハート

21/25「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
22/15「愛に抱かれた夜」カッティング・クルー
23/28「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
24/26「ファッシネイテッド」カンパニーB
25/19「ラ・イスラ・ボニータ」マドンナ
26/30「ジャミン・ミー」トム・ペティ&ハートブレイカーズ
27/24「トーク・ダーティ・トゥ・ミー」ポイズン
28/21「ディ・イン・ディ・アウト」デヴィッド・ボウイ
29/32「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
30/33「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス

31/35「シェイクダウン」ボブ・シーガー
32/23「ユー・キャン・コール・ミー・アル」ポール・サイモン
33/36「エヴリ・リトル・キッス」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
34/38「エンドレス・ナイツ」エディ・マネー
35/37「スウィート・シックスティーン」ビリー・アイドル
36/42「ファンキータウン」スード・エコー
37/40「スティル・ビー・ラヴィング・ユー」レストレス・ハート
38/43「ロック・ザ・ナイト」ヨーロッパ
39/45「ソウル・シティ」パートランド・ブラザーズ
40/48「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ファンキータウン」スード・エコー
(Funkytown / Pseudo Echo)

>1982年オーストラリアはメルボルンにて結成。
リップス・インクによる80年の全米大ヒット・テクノ・ポップを、
ロック調にアレンジしてカバー。
アメリカでの最高位は6位に留まったものの、母国ではオリジナル並の
ビッグ・ヒットをマーク。
ちょいと雑な作りだが、楽しんで演奏している姿がうかがえる。

アルバム「ラヴ・アン・アドヴェンチャー」(Love An Adventure)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F490%2F607490%5F1%5F14%2Easx%3Fobj%3Dv60110

☆「ロック・ザ・ナイト」ヨーロッパ
(Rock The Night / Europe)

>ヒットのツボを心得たようなロック・ナンバーだが、
前作ほどの伸びとはいかず30位に低迷。
それにしても、ナゼかワタシの心には響かない彼らのロック・・・。

アルバム「ファイナル・カウントダウン」(The Final Countdown)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F649%2F198649%5F1%5F09%2Easx%3Fobj%3Dv30827

☆「ソウル・シティ」パートランド・ブラザーズ
(Soul City / Partland Brothers)

>1979年カナダ・トロントで結成された、パートランド兄弟によるデュオ・ユニット。
今回初めて彼らの存在を知ったのだが(スマン)試聴がままならず、
ライヴ映像をなんとか発見したものの音声が悪すぎるため、
カナダ産A.O.R.という触れ込みのあるこの作品のコメントは控えさせて
いただきます★(ああ、スタジオ音声が聴きたい!)
最高位27位。

アルバム"Electric Honey"より。

ttp://www.canadajams.ca/video/2004_04_02_PartlandBrothers/
PartlandBrothers_SoulCity/001.html(ライヴ映像)

☆「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ
(Heart And Soul / T'Pau)

>1986年イギリス・シュロップシャにて結成。
女性ソロかと思いきや、グループ名義でありました。
幻想的な演奏に、ラップ風の女性ボーカルがみごとに絡み合わされた
美しきエレ・ポップ。
一発ヒットとはいえ、最高位4位まで上昇。
ちなみにグループ名の“トゥ・パオ”とは、SFテレビ番組「スター・トレック」に
登場するキャラクターから拝借したようだ。
あたしゃナゼか、かの“ステイシーQ”とごっちゃにしてしまうのが
なんとも・・・★

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Feuwm2%2F756%2F3104756%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv50520
音楽チャート1987年6月チャートTB : 0CM : 2

copyright © 2007 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。