ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年6月28日付(カントリー系アーティストが大豊作!) ]
2010-06-26(Sat) 10:07:18
01/02「カミング・アップ」ポール・マッカートニー
02/01「ファンキー・タウン」リップス
03/04「ローズ」ベット・ミドラー
04/06「ロックンロールが最高さ」ビリー・ジョエル
05/05「アゲインスト・ザ・ウィンド」ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド
06/07「リトル・ジニー」エルトン・ジョン
07/08「ふたりだけの夜」ロビー・デュプリー
08/03「ビゲスト・パート・オブ・ミー」アンブロージア
09/11「キューピッド」スピナーズ
10/10「あの娘が消えた」マイケル・ジャクソン

11/13「レッツ・ゲット・シリアス」ジャーメイン・ジャクソン
12/15「恋のスターライト」ピュア・プレイリー・リーグ
13/16「夢のシャイニング・スター」マンハッタンズ
14/09「カーズ」ゲイリー・ニューマン
15/12「コール・ミー」ブロンディ
16/24「マジック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
17/22「ワン・ファイン・ディ」キャロル・キング
18/20「愛は風にのせて」ロッキー・バーネット
19/21「面影は永遠に」ニール・セダカ&ダラ・セダカ
20/14「荒野に消えた愛」ケニー・ロジャースwithキム・カーンズ

21/28「アイム・アライヴ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
22/17「恋のブラス・イン・ポケット」プリテンダーズ
23/29「モア・ラヴ」キム・カーンズ
24/18「ストンプ」ブラザーズ・ジョンソン
25/45「イン・アメリカ」チャーリー・ダニエルズ・バンド
26/19「涙がいっぱい」リンダ・ロンシュタット
27/25「勇者よ永遠に」ブルース・コバーン
28/26「ロスト・イン・ラヴ」エア・サプライ
29/35「ギミ・サム・ラヴィン」ブルース・ブラザーズ
30/31「誓いのセイム・タイム」レイ・パーカーJr.&レイディオ

31/34「オール・ナイト・ロング」ジョー・ウォルシュ
32/33「アンサリング・マシーン」ルパート・ホルムス
33/32「ニューヨーク、ニューヨーク」フランク・シナトラ
34/44「ラヴ・ザ・ワールド・アウェイ」ケニー・ロジャース
35/39「誤解」ジェネシス
36/55「テイク・ユア・タイム」S.O.S.バンド
37/42「スタンド・バイ・ミー」ミッキー・ギリー
38/38「エンジェル・セイ・ノー」トミー・ツートーン
39/43「心の旅路」ロドニー・クロウェル
40/40「銀河のアトミック」ブロンディ


【ニューエントリーこめんと】

☆「イン・アメリカ」チャーリー・ダニエルズ・バンド
(In America / The Charlie Daniels Band)

>大きくジャンプ・アップしてトップ40内へと飛び込んできた、スピーディなカントリー風サザン・ロック。その勢いの良さと楽曲の良さからトップ10ヒットは間違いないと思いきや、まさかまさかの最高位11位止まり。メロディ・ラインが単調すぎて、飽きるのも早かった?

アルバム「フル・ムーン トミーに捧ぐ」(Full Moon)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ラヴ・ザ・ワールド・アウェイ」ケニー・ロジャース
(Love The World Away / Kenny Rogers)

>カントリー・シンガーとしてのヒット・メイカーとしてだけではなく、すっかりバリー・マニロウの立ち位置を奪いつつあるような壮大なバラード。最高位14位。

サントラ「アーバン・カウボーイ」(Urban Cowboy)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「テイク・ユア・タイム」S.O.S.バンド
(Take Your Time / S.O.S. Band)

>1977年ジョージア州で結成されたファンク系R&Bグループ。
トップ40入り2週目にしてミリオン・セラーをマークし、結果的にはダブル・ミリオンにまでセールスを引き上げた、独特のとぼけたようなフレーズがとてもキャッチーなファンク・ナンバー。サビでの気合が入ったボーカルには、今耳にしても思わず力が入りますよ。最高位3位。なお"S.O.S.とは、"Sound Of Success"の略称である。
余談だが、ワタシはニュー・シューズとよくごっちゃにするクセあり。

アルバム「テイク・ユア・タイム」(S.O.S.)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「スタンド・バイ・ミー」ミッキー・ギリー
(Stand By Me / Mickey Gilley)

>1936年ミシシッピー州出身のカントリー・シンガー。
61年ベン・E・キングによる大ヒット・スタンダード曲をカントリー風味にアレンジし、最高位22位にまで上昇。ちなみに、あたしゃオリジナル曲やジョン・レノンのカバーより、このバージョンが一番好きかも。

サントラ「アーバン・カウボーイ」(Urban Cowboy)に収録。

Urban Cowboy
↑映画はアレだが、サントラ盤は名曲でてんこもり♪

【試聴はコチラ】
(ベン・E・キング・バージョン)

☆「心の旅路」ロドニー・クロウェル
(Ashes By Now / Rodney Crowell)

>1950年テキサス州出身のカントリー系シンガー・ソングライター。
元々記憶に残りづらい超地味なカントリー・ソングだったのだが、試聴すらままならない状態ではもうお手上げでゴザル。邦題は「心の旅路」だったと思うのだが、それを確かめる術もナシ。(とほほ)

【追記】
iwashita氏からアルバム&シングルの邦題情報をいただきました。
ちゃっかりと訂正させていただきます。
貴重な情報ありがとうございました☆(あ~スッキリ♪)

アルバム「アメリカン・ヒーロー」(But What Will The Neighbors Think)に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外67位★

☆「プレイ・ザ・ゲーム」クィーン
(Play The Game / Queen)

>フレディ・マーキュリー作による、実に彼ららしいサウンドが楽しめるロック・ナンバー。高位置でのHot100初登場だったのだが、トップ40入り目前の42位にて急停止。キビシイなぁ、B.B.誌!

アルバム「ザ・ゲーム」(The Game)に収録。

【試聴はコチラ】
スポンサーサイト
音楽チャート1980年6月チャートTB : 0CM : 6
  [ 1980年6月21日付(ヒット・メーカーへの道一直線!ジェネシス) ]
2010-06-19(Sat) 11:47:59
01/01「ファンキー・タウン」リップス
02/02「カミング・アップ」ポール・マッカートニー
03/03「ビゲスト・パート・オブ・ミー」アンブロージア
04/04「ローズ」ベット・ミドラー
05/05「アゲインスト・ザ・ウィンド」ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド
06/07「ロックンロールが最高さ」ビリー・ジョエル
07/08「リトル・ジニー」エルトン・ジョン
08/10「ふたりだけの夜」ロビー・デュプリー
09/09「カーズ」ゲイリー・ニューマン
10/11「あの娘が消えた」マイケル・ジャクソン

11/13「キューピッド」スピナーズ
12/06「コール・ミー」ブロンディ
13/14「レッツ・ゲット・シリアス」ジャーメイン・ジャクソン
14/12「荒野に消えた愛」ケニー・ロジャースwithキム・カーンズ
15/18「恋のスターライト」ピュア・プレイリー・リーグ
16/22「夢のシャイニング・スター」マンハッタンズ
17/16「恋のブラス・イン・ポケット」プリテンダーズ
18/17「ストンプ」ブラザーズ・ジョンソン
19/15「涙がいっぱい」リンダ・ロンシュタット
20/26「愛は風にのせて」ロッキー・バーネット

21/23「面影は永遠に」ニール・セダカ&ダラ・セダカ
22/29「ワン・ファイン・ディ」キャロル・キング
23/19「セクシー・アイズ」ドクター・フック
24/36「マジック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
25/21「勇者よ永遠に」ブルース・コバーン
26/20「ロスト・イン・ラヴ」エア・サプライ
27/27「愛にまかせて」パット・ベネター
28/40「アイム・アライヴ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
29/37「モア・ラヴ」キム・カーンズ
30/30「トワイライト・ゾーン~トワイライト・トーン」マンハッタン・トランスファー

31/34「誓いのセイム・タイム」レイ・パーカーJr.&レイディオ
32/32「ニューヨーク、ニューヨーク」フランク・シナトラ
33/35「アンサリング・マシーン」ルパート・ホルムス
34/38「オール・ナイト・ロング」ジョー・ウォルシュ
35/47「ギミ・サム・ラヴィン」ブルース・ブラザーズ
36/24「風立ちぬ」クリストファー・クロス
37/31「愛のシルエット」フォトグロ
38/41「エンジェル・セイ・ノー」トミー・ツートーン
39/49「誤解」ジェネシス
40/44「銀河のアトミック」ブロンディ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ギミ・サム・ラヴィン」ブルース・ブラザーズ
(Gimme Some Lovin' / Blues Brothers)

>バンドのメンバーだったスティーヴ・ウィンウッドも製作に関わった、スペンサー・デイヴィス・グループによる67年のヒットをカバー。ちょっとコミカルっぽく聞こえるロックだが、軽快なリズムに乗せて最高位18位まで上昇。

サントラ「ザ・ブルース・ブラザーズ」(The Blues Brothers)に収録。

【試聴はコチラ】
(スペンサー・デイヴィス・グループ・バージョン)

☆「エンジェル・セイ・ノー」トミー・ツートーン
(Angel Say No / Tommy Tutone)

>1978年カリフォルニア州で結成されたロック・バンド。
B級色が色濃く出たようなポップ・ロックが、最高位38位をマーク。まぁこの作品よりも、2曲目となるトップ40ヒットだけを記憶に留めている洋楽ファンの方がはるかに多いでしょうなぁ。(スミマセン)

アルバム"Tommy Tutone"に収録。

【試聴はコチラ】
(ライヴ)

☆「誤解」ジェネシス
(Misunderstanding / Genesis)

>1967年イギリスで結成されたロック・バンド。
バンドのフロントマンに収まりつつあるフィル・コリンズ作による、通算2曲目となるトップ40ヒット。独特の重さを含んだようなロック・ナンバーだが、最高位14位まで上昇している。

アルバム「デューク」(Duke)に収録。

Duke.jpg
↑ジャケット・デザインを、当時描いていたマンガのトビラ絵の参考にした記憶アリ。

【試聴はコチラ】

☆「銀河のアトミック」ブロンディ
(Atomic / Blondie)

>日本人受けしそうなポップ・ロックながらもちょいとライト過ぎたのか、全米では最高位39位となんとかトップ40入り。ビッグ・ヒットの後に、このようなぎりぎりヒットを放つ彼らのアンバランスさがたまらないってか?ちなみに本国ではNo.1に輝いており、94年には再ヒットすら記録している。

アルバム「恋のハート・ビート」(Eat To The Beat)に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外88位★

☆「シャンディ」キッス
(Shandi / Kiss)

>こう言っちゃあアレなのだが、上記のトミー・ツートーンやブロンディの作品がトップ40入り出来るのならば、このポール・スタンレー作によるこの良質なポップ・バラードは、トップ20入りしてもおかしくないと思うのだがいかがなものか?最高位47位止まりには、当時から納得がいきませんよ。(ぷんぷん!)

アルバム「仮面の正体」(Unmasked)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1980年6月チャートTB : 0CM : 4
  [ 1980年6月14日付(サントラから発進!オリヴィア&E.L.O.) ]
2010-06-12(Sat) 13:27:15
01/01「ファンキー・タウン」リップス
02/02「カミング・アップ」ポール・マッカートニー
03/03「ビゲスト・パート・オブ・ミー」アンブロージア
04/06「ローズ」ベット・ミドラー
05/07「アゲインスト・ザ・ウィンド」ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド
06/05「コール・ミー」ブロンディ
07/11「ロックンロールが最高さ」ビリー・ジョエル
08/10「リトル・ジニー」エルトン・ジョン
09/09「カーズ」ゲイリー・ニューマン
10/13「ふたりだけの夜」ロビー・デュプリー

11/12「あの娘が消えた」マイケル・ジャクソン
12/04「荒野に消えた愛」ケニー・ロジャースwithキム・カーンズ
13/15「キューピッド」スピナーズ
14/18「レッツ・ゲット・シリアス」ジャーメイン・ジャクソン
15/08「涙がいっぱい」リンダ・ロンシュタット
16/14「恋のブラス・イン・ポケット」プリテンダーズ
17/17「ストンプ」ブラザーズ・ジョンソン
18/20「恋のスターライト」ピュア・プレイリー・リーグ
19/16「セクシー・アイズ」ドクター・フック
20/19「ロスト・イン・ラヴ」エア・サプライ

21/21「勇者よ永遠に」ブルース・コバーン
22/27「夢のシャイニング・スター」マンハッタンズ
23/25「面影は永遠に」ニール・セダカ&ダラ・セダカ
24/23「風立ちぬ」クリストファー・クロス
25/22「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」ボズ・スキャッグス
26/34「愛は風にのせて」ロッキー・バーネット
27/30「愛にまかせて」パット・ベネター
28/28「レイディ」ウィスパーズ
29/45「ワン・ファイン・ディ」キャロル・キング
30/33「トワイライト・ゾーン~トワイライト・トーン」マンハッタン・トランスファー

31/32「愛のシルエット」フォトグロ
32/35「ニューヨーク、ニューヨーク」フランク・シナトラ
33/29「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
34/37「誓いのセイム・タイム」レイ・パーカーJr.&レイディオ
35/41「アンサリング・マシーン」ルパート・ホルムス
36/50「マジック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
37/65「モア・ラヴ」キム・カーンズ
38/42「オール・ナイト・ロング」ジョー・ウォルシュ
39/39「ニュー・ロマンス」スパイダー
40/49「アイム・アライヴ」エレクトリック・ライト・オーケストラ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ワン・ファイン・ディ」キャロル・キング
(One Fine Day / Carole King)

>1942年ニューヨーク州出身の女性シンガー・ソングライター。本名キャロル・クライン。
ジェリー・ゴフィンとの元夫婦コンビによって誕生した、スピーディーなポップ・ナンバー。オリジナルは63年のシフォンズによるトップ5ヒットで、今回セルフ・カバーにて最高位12位を記録。残念ながら彼女にとって、ラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム「パールズ」(Pearls: Songs Of Goffin And King)に収録。

【試聴はコチラ】
(シフォンズ・バージョン)

☆「アンサリング・マシーン」ルパート・ホルムス
(Answering Machine / Rupert Holmes)

>自作&セルフ・プロデュースによる連続3曲トップ40ヒットのラストを締めくくったのは、電話のプッシュ音を効果的に取り入れたA.O.R.ナンバー。最高位こそ32位と振るわなかったが、前2作の大ヒット同様印象深く記憶に残る一曲。しかし、この勢いが次のアルバムに生かされなかったのが残念…。

アルバム「パートナーズ・イン・クライム」(Partners In Crime)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「マジック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
(Majic / Olivia Newton-John)

>ミュージカル・ファンタジー映画にて主役を演じたサントラからのシングルは、彼女自身通算4曲目となる全米No.1ヒット(4週)に輝いたおしゃれなポップ・ナンバー。良作とはいえ、まさか同アルバムからカットされたE.L.O.を尻目に頂点にまで立つとは想像していなかっただけに、その栄光の日を迎えた当日には驚いたものである。ミリオン・セラーをもマーク。

アルバム「ザナドゥ」(Xanadu)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「モア・ラヴ」キム・カーンズ
(More Love / Kim Carnes)

>1945年カリフォルニア州出身の女性シンガー・ソングライター。
78年にジーン・コットン、80年にケニー・ロジャースとのデュエットにてトップ40ヒットを重ねた後、今回ソロ名義にて67年スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズによるスマッシュ・ヒットをカバーし、最高位10位という好成績を残す事に成功。翌年の超ビッグ・ヒットへの足掛かりをゲットするのである。

アルバム"Romance Dance"に収録。

【試聴はコチラ】
(スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ・バージョン)

☆「オール・ナイト・ロング」ジョー・ウォルシュ
(All Night Long / Joe Walsh)

>1947年カンザス州出身のシンガー・ソングライター兼ギタリスト兼イーグルスのメンバー。
ソロ名義としては、2年ぶりとなる自作&セルフ・プロデュースのトップ40ヒット。ギターのリフが思いっきり印象に残るカントリー風ブルース・ロック。最高位19位。同名異曲が多い原題だが、個人的にはレインボーのナンバーが一番脳裏に浮かぶかなぁ。(ライオネル氏も含め、みなさんゴメン)

サントラ「アーバン・カウボーイ」(Urban Cowboy)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「アイム・アライヴ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
(I'm Alive / Electric Light Orchestra)

>もちろん奇才ジェフ・リンによって企画・製作されたエレポップ・ナンバー。アニメ「宇宙戦艦ヤ○ト」に登場した“白○彗星”の登場を思わせるオープニングからわくわくさせられた作品で、トップ10入り後どこまで伸びるかなんて勝手に期待していたのだが、結果はあえなく16位止まり。まぁ、いつものE.L.O.らしいチャート・アクションといっちゃあそれまでなのだが、今回同胞(?)であるオリヴィアがぐんぐん上昇を続けているのに、なんでやねん!?というジレンマに陥れてくれたあの当時。ミリオン・セラーを記録したのがわずかな救いってか?(涙)

サントラ「ザナドゥ」(Xanadu)に収録。

Xanadu.jpg
↑まぁ、なんだかんだで良く聴いたッス♪

【試聴はコチラ】
音楽チャート1980年6月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1980年6月7日付(まさに80'sポップ!ロッキー・バーネット) ]
2010-06-05(Sat) 10:07:13
01/01「ファンキー・タウン」リップス
02/03「カミング・アップ」ポール・マッカートニー
03/06「ビゲスト・パート・オブ・ミー」アンブロージア
04/04「荒野に消えた愛」ケニー・ロジャースwithキム・カーンズ
05/02「コール・ミー」ブロンディ
06/11「ローズ」ベット・ミドラー
07/09「アゲインスト・ザ・ウィンド」ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド
08/08「涙がいっぱい」リンダ・ロンシュタット
09/10「カーズ」ゲイリー・ニューマン
10/13「リトル・ジニー」エルトン・ジョン

11/21「ロックンロールが最高さ」ビリー・ジョエル
12/17「あの娘が消えた」マイケル・ジャクソン
13/16「ふたりだけの夜」ロビー・デュプリー
14/14「恋のブラス・イン・ポケット」プリテンダーズ
15/19「キューピッド」スピナーズ
16/05「セクシー・アイズ」ドクター・フック
17/07「ストンプ」ブラザーズ・ジョンソン
18/20「レッツ・ゲット・シリアス」ジャーメイン・ジャクソン
19/18「ロスト・イン・ラヴ」エア・サプライ
20/24「恋のスターライト」ピュア・プレイリー・リーグ

21/25「勇者よ永遠に」ブルース・コバーン
22/15「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」ボズ・スキャッグス
23/22「風立ちぬ」クリストファー・クロス
24/12「アイ・キャント・ヘルプ・イット」アンディ・ギブ&オリヴィア・ニュートン・ジョン
25/27「面影は永遠に」ニール・セダカ&ダラ・セダカ
26/23「トレイン・イン・ヴェイン」クラッシュ
27/34「夢のシャイニング・スター」マンハッタンズ
28/30「レイディ」ウィスパーズ
29/26「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
30/32「愛にまかせて」パット・ベネター

31/31「ジー・ウィズ」バーナデット・ピーターズ
32/37「愛のシルエット」フォトグロ
33/35「トワイライト・ゾーン~トワイライト・トーン」マンハッタン・トランスファー
34/43「愛は風にのせて」ロッキー・バーネット
35/40「ニューヨーク、ニューヨーク」フランク・シナトラ
36/36「愛なき日々」バリー・マニロウ
37/42「誓いのセイム・タイム」レイ・パーカーJr.&レイディオ
38/38「ラヴ・スティンクス」J.ガイルズ・バンド
39/41「ニュー・ロマンス」スパイダー
40/29「アイム・ボーン・アゲイン」ビリー・プレストン&シリータ


【ニューエントリーこめんと】

☆「愛は風にのせて」ロッキー・バーネット
(Tired Of The Toein' The Line / Rocky Burnette)

>1953年テネシー州出身のシンガー・ソングライター。本名ジョナサン・バーネット。父は、ロカビリー・シンガーだったジョニー・バーネット。
山々にこだましそうなボーカルが、とても印象深いポップ・ナンバー。初ヒットが最高位8位と大成功を収めたものの、この後が続かなかった。
なお、従兄弟のビリー・バーネットが、同年に最高位68位まで上昇させるヒットを放ち、後に落ち目状態に陥ったフリートウッド・マックのメンバーとしても活動している。

アルバム「ロックン・ロール・ハリケーン」(Son Of Rock 'n' Roll)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「誓いのセイム・タイム」レイ・パーカーJr.&レイディオ
(Two Places At The Same Time / Ray Parker Jr. & Raydio)

>レイディオから、グループの中心人物であるレイ・パーカーJr.の名をクレジットされてから初のトップ40ヒット。基本的には変化のない独特の温もりを感じさせてくれるポップな作品だが、レイディオ時代の勢いを受け継げなかったようで、最高位30位に低迷。

アルバム「誓いのセイム・タイム」(Two Places At The Same Time)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ニュー・ロマンス」スパイダー
(New Romance / Spider)

>1977年ニューヨーク州で結成されたロック・バンド。
当時はなぜかエアチェックが出来なかった作品だが、現在はネットを通していつでも試聴出来る時代なのがありがたいですなぁ。さて久しぶりに耳にしたこのハード・ポップ・ナンバーだったのだが、なんとか部分的に記憶はしていたものの、全体的にはちょっと微妙かな?最高位39位にも思わず頷いてしまいそうに…。(スミマセン)
なお、メンバーだったホリー・ナイトは、86年にロック・バンドのディヴァイスを立ち上げ、トップ40ヒットを放つ事となる。

アルバム「ニュー・ロマンス」(Spider)に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外82位★

☆「イッツ・フォー・ユー」プレイヤー
(It's For You / Player)

>1977年カリフォルニア州で結成されたロック・バンド。
77年に「ベイビー・カム・バック」(Baby Come Back)の大ヒット曲以降、じりじりと人気が下降線をたどっていた彼らによる3rdアルバムからの1stヒット。「ベイビー~」以降の楽曲も大好き人間だった当時のワタシも、この頃には彼らの活躍を陰ながら応援するという状態だったのだが、地味とはいえこのソフトなA.O.R.ナンバーが最高位46位にまで上昇したのを密かに喜んだものである。レコードは買いませんでしたが…。(おいおい)

アルバム「ルーム・ウィズ・ア・ヴュー」(Room With A View)に収録。

Room with a View
↑コレはスルーだったが、95年に突如発売されたヤツは買った☆

【試聴はコチラ】
音楽チャート1980年6月チャートTB : 0CM : 2

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。