ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年2月23日付(爽やかポップ・ソング、トミー・ジェームス) ]
2010-02-20(Sat) 10:09:49
01/02「愛という名の欲望」クィーン
02/01「愛の証し」キャプテン&テニール
03/06「イエス・アイム・レディ」テリ・デ・サリオwithK.C.
04/04「クルージン」スモーキー・ロビンソン
05/05「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
06/08「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
07/09「オン・ザ・レイディオ」ドナ・サマー
08/10「ディザイア」アンディ・ギブ
09/03「弱虫トミー」ケニー・ロジャース
10/07「セーラ」フリートウッド・マック

11/14「ロミオの歌」スティーヴ・フォーバート
12/13「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー
13/17「ワーキング」スピナーズ
14/16「アメリカン・ドリーム」ダート・バンド
15/18「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
16/11「明日に向かって」ケニー・ロギンス
17/20「セカンド・タイム・アラウンド」シャラマー
18/19「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
19/22「トゥー・ホット」クール&ザ・ギャング
20/23「お願いだから」リンダ・ロンシュタット

21/21「フール・イン・ザ・レイン」レッド・ツェッペリン
22/25「心の絆」バリー・マニロウ
23/26「逃亡者」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
24/28「ヒム」ルパート・ホルムス
25/27「ワンダーランド」コモドアーズ
26/12「危険な噂」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
27/15「ロング・ラン」イーグルス
28/24「エスケイプ」ルパート・ホルムス
29/34「ハートブレイカー」パット・ベネター
30/33「99」トト

31/37「栄光をめざして」チャック・マンジョーネ
32/38「スペシャル・レイディ」レイ、グッドマン&ブラウン
33/30「ドント・レット・ゴー」アイザック・ヘイズ
34/29「恋にめぐり逢い」ディオンヌ・ワーウィック
35/39「愛にさよならを」ニコレット・ラーソン
36/31「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」プリンス
37/53「オフ・ザ・ウォール」マイケル・ジャクソン
38/54「3つの恋のメロディ」トミー・ジェームス
39/42「キス・ミー・イン・ザ・レイン」バーブラ・ストライサンド
40/40「アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ」ボニー・ポインター


【ニューエントリーこめんと】

☆「オフ・ザ・ウォール」マイケル・ジャクソン
(Off The Wall / Michael Jackson)

>独特の不思議空間に包まれたかのようなイメージを持ったポップ・ナンバー。最高位10位と3曲連続No.1とはいかなかったものの、良質な作品に変わりはあるまいて。
さて余談だが、オープニングに登場する不気味な笑い声ですが、ワタシが小学生だった大昔、テレビにて流れてきた公共広告機構(現AC)のCMに登場し、トラウマになりかけた魔女(死神?)のイラストの笑い声に酷似しており、この曲を耳にするたびにそれを思い出してしまうのがなんともかんとも…。おかげ様でACのCMは今でも怖いわ!!

アルバム「オフ・ザ・ウォール」(Off The Wall)に収録。

【動画はコチラ】

☆「3つの恋のメロディ」トミー・ジェームス
(Three Times In Love / Tommy James)

>1947年オハイオ州出身のシンガー・ソングライター兼ギタリスト。本名トーマス・グレゴリー・ジャクソン。
60年代から活動していたロック・バンド、トミー・ジェームス&ションデルズを経て70年にソロへと転身し、今回ソロとして8年半ぶり3曲目となるセルフ・プロデュース&自作によるトップ40ヒット。80'sの冒頭を飾るにふさわしい爽やかなA.O.R.系ポップ・ナンバー。最高位19位以上の魅力にあふれておりますよ。

アルバム"Three Times In Love"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「キス・ミー・イン・ザ・レイン」バーブラ・ストライサンド
(Kiss Me In The Rain / Barbra Streisand)

>しっとりと歌い上げられたバラード・ナンバーなれど、その地味さゆえか最高位37位とチャート的には失敗している。

アルバム「ウェット」(Wet)に収録。

【動画はコチラ】


★圏外88位★

☆「ザ・スピリット・オブ・レイディオ」ラッシュ
(The Spirit Of Radio / Rush)

>1968年カナダで結成されたプログレ系ハードロック・バンド。
当時、「全米トップ40」での“アルバムトップ10”コーナーにて、いきなり聞いた事もないバンド名のアルバムがトップ10に飛び込んできたのには驚いたのだが、その後あまり詳しい情報が得られなかったため、このシングル曲がトップ40入りするのを待っていたところ51位で停止。その後も気になり続け、FM雑誌の売買コーナーにてアルバムを入手。どれどれと聴いてみたれば、当時のワタシには不可解ともいえるような長尺プログレ・ロックに降参という始末…。
さて、そういえばたしかベスト盤買ってたなぁとばかりに今回未聴CDの山から発掘し、久々に彼らのサウンドを耳にしてみたのだが、ボーカリストであるゲディ・リーのハイトーン・ボイスがサウンドにちょいとマッチしないなぁという感想が、終盤に差しかかる頃にはしっかりと馴染んできた自分に感心。(なんじゃ、そりゃ)
なお、81年カナダのコメディアン・コンビ、ボブ・&ダグ・マッケンジーによるポップなトップ40ヒット、「テイク・オフ」(Take Off)にゲスト・ボーカルとして参加した彼の歌声は当時からとてもマッチしており、コチラは今でも大絶賛☆

アルバム「パーマネント・ウェイヴス」(Parmanent Waves)に収録。

Permanent Waves
↑当時のキャッチ・フレーズは「日本一無名なバンド」☆

【動画はコチラ】
スポンサーサイト
音楽チャート1980年2月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1980年2月16日付(五輪のテーマ曲はまかせろ!チャック・マンジョーネ) ]
2010-02-13(Sat) 10:25:35
01/02「愛の証し」キャプテン&テニール
02/05「愛という名の欲望」クィーン
03/03「弱虫トミー」ケニー・ロジャース
04/04「クルージン」スモーキー・ロビンソン
05/01「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
06/06「イエス・アイム・レディ」テリ・デ・サリオwithK.C.
07/07「セーラ」フリートウッド・マック
08/09「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
09/14「オン・ザ・レイディオ」ドナ・サマー
10/13「ディザイア」アンディ・ギブ

11/11「明日に向かって」ケニー・ロギンス
12/10「危険な噂」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
13/17「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー
14/16「ロミオの歌」スティーヴ・フォーバート
15/08「ロング・ラン」イーグルス
16/19「アメリカン・ドリーム」ダート・バンド
17/25「ワーキング」スピナーズ
18/32「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
19/21「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
20/33「セカンド・タイム・アラウンド」シャラマー

21/22「フール・イン・ザ・レイン」レッド・ツェッペリン
22/27「トゥー・ホット」クール&ザ・ギャング
23/35「お願いだから」リンダ・ロンシュタット
24/12「エスケイプ」ルパート・ホルムス
25/28「心の絆」バリー・マニロウ
26/31「逃亡者」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
27/29「ワンダーランド」コモドアーズ
28/36「ヒム」ルパート・ホルムス
29/15「恋にめぐり逢い」ディオンヌ・ワーウィック
30/18「ドント・レット・ゴー」アイザック・ヘイズ

31/20「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」プリンス
32/23「恋はこれっきり」クリフ・リチャード
33/39「99」トト
34/40「ハートブレイカー」パット・ベネター
35/26「ホワイ・ミー」スティクス
36/34「太陽に消えた娘」ジョン・スチュワート
37/49「栄光をめざして」チャック・マンジョーネ
38/42「スペシャル・レイディ」レイ、グッドマン&ブラウン
39/43「愛にさよならを」ニコレット・ラーソン
40/44「アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ」ボニー・ポインター


【ニューエントリーこめんと】

☆「栄光をめざして」チャック・マンジョーネ
(Give It All You Got / Chuck Mangione)

>1980年冬季オリンピックのテーマ曲として、彼の自作自演によるインストゥルメンタル・ナンバー。当時、閉会式にて彼の生演奏が堪能出来たのを今でも覚えておりますよ。最高位18位。

アルバム「ファン・アンド・ゲームス」(Fun And Games)に収録。

【動画はコチラ】

☆「スペシャル・レイディ」レイ、グッドマン&ブラウン
(Special Lady / Ray, Goodman & Brown)

>1965年ニュー・ジャージー州でザ・モーメンツとして結成され、78年に現グループ名義に変更したR&B系の3人組。
アカペラからスタートし、アカペラにてエンディングを迎えるという斬新な曲作りの美しきソウル・ナンバー。一発ヒットだったとはいえ、大きく記憶に刻まれるミリオン・セラー曲である。
なお、メンバーの“レイ”ことハリー・レイは、92年10月に45歳の若さでこの世を去っている。

アルバム「スペシャル・レイディ」(Ray, Goodman & Brown)に収録。

【動画はコチラ】

☆「愛にさよならを」ニコレット・ラーソン
(Let Me Go, Love / Nicolette Larson)

>この作品のライターでもあるマイケル・マクドナルドとのデュエットとなったA.O.R.ナンバー。彼女にとって2曲目となるトップ40ヒットだったのだが、あまりにも地味すぎて記憶に残りづらいのがネックだ。最高位35位。
97年12月、脳浮腫のため逝去。享年45。

アルバム「愛の季節」(In The Nick Of Time)に収録。

【動画はコチラ】

☆「アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ」ボニー・ポインター
(I Can't Help Myself / Bonnie Pointer)

>ソロへと転向後、2曲目となるトップ40ヒットは、65年フォー・トップスによる大ヒットのカバー。時代に合わせディスコ風味にアレンジされているものの、ちょっと大胆さに欠けたためか最高位40位と振るわず。

アルバム"Bonnie Pointer"に収録。

【動画はコチラ】
(フォー・トップス・バージョン)

★圏外77位★

☆「女たち」フォリナー
(Woman / Foreigner)

>3rdアルバムからは、どうにも物足りないシングルが2作続けてリリースされ、当時若干ストレスが溜まり気味なワタシのお耳に届いた3rdシングルがコレ。もうストレス充填120%ってな状態に置かれてしまったワケだが、もう彼らは完全の終ってしまったのか…?ってな気分に包まれ、逆に意気消沈したロックな一曲。最高位41位で、ある意味良かったのかも?

アルバム「ヘッド・ゲームス」(Head Games)に収録。

Head Games
↑ワゴンセールでもオラ買わねぇど!…たぶん。

【動画はコチラ】
音楽チャート1980年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1980年2月9日付(これまた驚きのピンク・フロイド!) ]
2010-02-06(Sat) 11:25:46
01/01「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
02/02「愛の証し」キャプテン&テニール
03/03「弱虫トミー」ケニー・ロジャース
04/04「クルージン」スモーキー・ロビンソン
05/05「愛という名の欲望」クィーン
06/09「イエス・アイム・レディ」テリ・デ・サリオwithK.C.
07/07「セーラ」フリートウッド・マック
08/08「ロング・ラン」イーグルス
09/17「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
10/10「危険な噂」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

11/12「明日に向かって」ケニー・ロギンス
12/06「エスケイプ」ルパート・ホルムス
13/22「ディザイア」アンディ・ギブ
14/16「オン・ザ・レイディオ」ドナ・サマー
15/15「恋にめぐり逢い」ディオンヌ・ワーウィック
16/19「ロミオの歌」スティーヴ・フォーバート
17/20「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー
18/18「ドント・レット・ゴー」アイザック・ヘイズ
19/21「アメリカン・ドリーム」ダート・バンド
20/11「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」プリンス

21/25「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
22/24「フール・イン・ザ・レイン」レッド・ツェッペリン
23/13「恋はこれっきり」クリフ・リチャード
24/23「サード・タイム・ラッキー」フォガット
25/29「ワーキング」スピナーズ
26/27「ホワイ・ミー」スティクス
27/49「トゥー・ホット」クール&ザ・ギャング
28/38「心の絆」バリー・マニロウ
29/34「ワンダーランド」コモドアーズ
30/30「愛のてごたえ」ルーファス&チャカ・カーン

31/50「逃亡者」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
32/51「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
33/40「セカンド・タイム・アラウンド」シャラマー
34/36「太陽に消えた娘」ジョン・スチュワート
35/68「お願いだから」リンダ・ロンシュタット
36/47「ヒム」ルパート・ホルムス
37/37「レイディーズ・ナイト」クール&ザ・ギャング
38/14「愛を贈れば」スティーヴィー・ワンダー
39/45「99」トト
40/44「ハートブレイカー」パット・ベネター


【ニューエントリーこめんと】

☆「トゥー・ホット」クール&ザ・ギャング
(Too Hot / Kool & The Gang)

>クールなファンク・ナンバーだけではなく、ソフトなソウルもご用意出来るのを証明したような一曲。最高位5位。80年代はコチラ方向へと音楽性をよりポップに仕立て上げ、さらなる成功を収める事となる。

アルバム「レイディーズ・ナイト」(Ladies Night)に収録。

【動画はコチラ】

☆「逃亡者」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
(Refugee / Tom Petty & The Heartbreakers)

>前ヒットより楽曲的にはやや劣るかと思っていたミディアム・ロックだが、最高位15位まで上昇したのはそれはそれで嬉しいものである。…ってか、シングル・リリースが早過ぎるからワタシの大好きな「危険な噂」(Don't Do Me Like That)の上昇に待ったをかけちゃったのには大いに不満が残りますよ。(ぷんぷん!)

アルバム「破壊」(Dame The Torpedoes)に収録。

【動画はコチラ】

☆「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
(Another Brick In The Wall / Pink Floyd)

>1965年イギリスで結成された伝説的ロック・バンド。
あの変てこりんなヒット曲「マネー」(Money)以来、約6年半ぶりとなるトップ40ヒット。やはりツェッペリン同様彼らもアルバム・アーティストとしてのイメージが大きかっただけに、今回の独特の緊張感に満ちたロック・ナンバーが、4週全米No.1&ミリオン・セラーという大ヒットに当時は驚いたものである。それにしても、ツェッペリンとフロイドの二大巨頭バンドのシングルが同時期にトップ40入りするという奇跡にリアル・タイムで巡り合えたのには、まさにラッキーだったとしか表現法はあるまいて。
なお、今回の対決(?)は、アルバム&シングルともセールス的にはフロイドの圧勝となりましたとさ。

アルバム「ザ・ウォール」(The Wall)に収録。

【動画はコチラ】
(フル・バージョン)

☆「お願いだから」リンダ・ロンシュタット
(How Do I Make You / Linda Ronstadt)

>オープニングからエンディングまで、一気に駆け抜けていくかのような超スピーディーなロック・ナンバー。このまま一気に頂点にまで駆け上ろうとしたのだが、最高位10位にて渋滞に捕まり(?)あえなく失速。

アルバム「激愛」(Mad Love)に収録。

【動画はコチラ】

☆「ヒム」ルパート・ホルムス
(Him / Rupert Holmes)

>一曲だけのヒットではないのに一発屋扱いされるアーティストは多々あれど、彼がそのような無粋な扱いを受けないのは、この最高位6位まで上昇したA.O.R.ヒットの存在が大きいのではなかろうか。前作の大ヒットがウケ狙いだとすれば、こちらは正統派なポップ・ボーカル・ナンバーになるのかな。隠れた名曲なのだ。

アルバム「パートナーズ・イン・クライム」(Partners In Crime)に収録。

【動画はコチラ】

☆「99」トト
(99 / Toto)

>とても期待していた2ndアルバムからの1stヒットが、この軟弱そうなバラードだったのにはガッカリしてしまったあの当時。最高位27位。日本ではロック・ナンバーである「St.ジョージ&ザ・ドラゴン」(St. Geoge And The Dragon)がそれなりにヒットしたとはいえ、前作からのヒット・チューンと比較するとどうしても劣化したとしか思えず。衝撃的なデビューを飾った彼らも、早くもこれまでなのかなぁと思っていたら、3rdアルバムはさらに(以下自粛)…★(涙)

アルバム「ハイドラ」(Hydra)に収録。

余談だが、当時の「全米トップ40」では、『はい、ドラ』『それ、ロンガー』ってなギャグが読まれていましたなぁ。(遠い目)

Hydra.jpg
↑ジャケットは、かっちょいいのだけどねぇ…。

【動画はコチラ】

☆「ハートブレイカー」パット・ベネター
(Heartbreaker / Pat Benatar)

>当初は、ハートのロック・ナンバーをソロで披露したようなイメージを受けた、彼女の記念すべき初トップ40ヒット。当時はただのリキミ過ぎたハードな一発ヒットかなと思いきや、40位→34位→29位→28位→24位→23位→24位→26位→29位→40位と、最高位23位ながらも実に骨のあるトップ40内滞在力と存在力を見せ付け、その後大量のヒット曲をトップ40へと送り込む女性アーティストとして成長していくのでありました。(スミマセン)

アルバム「真夜中の恋人たち」(In The Heat Of The Night)に収録。

【動画はコチラ】
音楽チャート1980年2月チャートTB : 0CM : 4
  [ 1980年2月2日付(チャートに復帰、アンディ・ギブ) ]
2010-01-30(Sat) 10:26:03
01/01「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
02/02「愛の証し」キャプテン&テニール
03/03「弱虫トミー」ケニー・ロジャース
04/05「クルージン」スモーキー・ロビンソン
05/08「愛という名の欲望」クィーン
06/04「エスケイプ」ルパート・ホルムス
07/10「セーラ」フリートウッド・マック
08/09「ロング・ラン」イーグルス
09/16「イエス・アイム・レディ」テリ・デ・サリオwithK.C.
10/14「危険な噂」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

11/11「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」プリンス
12/15「明日に向かって」ケニー・ロギンス
13/07「恋はこれっきり」クリフ・リチャード
14/06「愛を贈れば」スティーヴィー・ワンダー
15/17「恋にめぐり逢い」ディオンヌ・ワーウィック
16/35「オン・ザ・レイディオ」ドナ・サマー
17/25「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
18/19「ドント・レット・ゴー」アイザック・ヘイズ
19/21「ロミオの歌」スティーヴ・フォーバート
20/22「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー

21/24「アメリカン・ドリーム」ダート・バンド
22/44「ディザイア」アンディ・ギブ
23/23「サード・タイム・ラッキー」フォガット
24/26「フール・イン・ザ・レイン」レッド・ツェッペリン
25/31「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
26/18「ウェイト・フォー・ミー」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
27/27「ホワイ・ミー」スティクス
28/29「フォーエヴァー・マイン」オージェイズ
29/37「ワーキング」スピナーズ
30/34「愛のてごたえ」ルーファス&チャカ・カーン

31/12「愛がいっぱい」ドクター・フック
32/33「ヴォイシズ」チープ・トリック
33/32「クールな変革」リトル・リバー・バンド
34/38「ワンダーランド」コモドアーズ
35/36「ユー・ノゥ・ザット・アイ・ラヴ・ユー」サンタナ
36/39「太陽に消えた娘」ジョン・スチュワート
37/13「レイディーズ・ナイト」クール&ザ・ギャング
38/46「心の絆」バリー・マニロウ
39/40「ロンドン行き最終列車」エレクトリック・ライト・オーケストラ
40/45「セカンド・タイム・アラウンド」シャラマー


【ニューエントリーこめんと】

☆「ディザイア」アンディ・ギブ
(Desire / Andy Gibb)

>1年半ぶりとなる今回のトップ40ヒットも、兄者たちギブ3兄弟がばっちりとバックアップという万全の体制で挑んだポップ・ナンバー。とはいえ、やはり70年代のNo.1ヒット連発だった頃と比較すると、どうしても物足りなさを感じてしまうのは、ビー・ジーズ系サウンドに飽きが来たという証しだったのであろうか。最高位こそ4位と気を吐いたのだが、う~ん…。

アルバム「アフター・ダーク」(After Dark)に収録。

【動画はコチラ】

☆「心の絆」バリー・マニロウ
(When I Wanted You / Barry Manilow)

>お得意の熱唱型壮大バラード。最高位20位な割にはベスト盤からも漏れがちな作品だが、やや食傷気味とはいえ好みなナンバーである。

アルバム「ワン・ヴォイス」(One Voice)に収録。

【動画はコチラ】(ライヴ)
【試聴はコチラ】
(エンゲルベルト・フンパーディンク版)

☆「セカンド・タイム・アラウンド」シャラマー
(The Second Time Around / Shalamar)

>1975年アメリカで結成されたポップなソウル・グループ。
2年半ぶりとなったトップ40ヒットは、電子音がやや耳障りなところがあるとはいえ、作品の完成度は高いディスコ調ソウル・ナンバー。最高位8位とはいえ、ミリオン・セラーをマークしている。

アルバム「ビッグ・ファン」(Big Fun)に収録。

Big Fun
↑なんか調子こいたジャケットだが、手前がジョディ・ワトリー姉さん。

【動画はコチラ】

★圏外91位★

☆「哀愁のマンディ」ブームタウン・ラッツ
(I Don't Like Mondays / Boomtown Rats)

>1975年アイルランドで結成されたニュー・ウェイヴ系ロック・バンド。
79年カリフォルニア州で発生した16歳の少女による銃乱射事件をもとに生まれたのは有名であろうこの作品だが、全英では大ヒットを記録したものの全米では自粛のためか最高位73位という結果に終始。重苦しいテーマを取り上げただけに、楽曲自体もそれに準じるような雰囲気に包まれているのだが彼ら唯一の全米ヒット曲で、全英では94年に再ヒットを記録している。
なお、バンドのリーダーであるボブ・ゲルドフは、この数年後に音楽をベースとしたチャリティ・プロジェクトを立ち上げ、大きな成功を収める事となる。

アルバム「哀愁のマンディ」(The Fine Art Of Surfacing)に収録。

【動画はコチラ】

★圏外92位★

☆「コンピューター・ゲーム」イエロー・マジック・オーケストラ
(Computer Game / Yellow Magic Orchestra)

>1978年日本で結成されたテクノポップ・バンド。
全米チャートにランク・インした日本人アーティストとしては、79年のピンク・レディー(最高位37位)以来となるのだが、コチラは最高位60位と残念ながらトップ40までは届かず。当時から数年前にドイツのテクノ・バンド、クラフトワークのアルバム「ヨーロッパ特急」(Trans-Europe Express)を飽きるまでしこたま聴きたおしたワタシには正直彼らのサウンドはピンと来なかったのだが、今回改めて耳にしてみるとこの中華風なインスト・サウンドは、日本を勘違いした外国人をさらに深く勘違い状態に陥れるかのようなパロディ風な楽曲はなかなか面白いですなぁ。
B.B.誌にH.Hosono、Y.Takahashi、R.Sakamotoとクレジットされているのは、なんかやっぱスゴイよね。また、プロデューサー名がHarry Hosonoと細野氏の愛称で明記されているのも、実に彼ららしいってか?

アルバム「イエロー・マジック・オーケストラ」(Yellow Magic Orchestra)に収録。

【動画はコチラ】
音楽チャート1980年2月チャートTB : 0CM : 4

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。