ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年5月27日付(久しぶりのトップ40ヒット、エルヴィス・コステロ) ]
2009-05-23(Sat) 09:09:07
01/01「フォーエヴァー・ユア・ガール」ポーラ・アブドゥル
02/02「リアル・ラヴ」ジョディ・ワトリー
03/05「ロック・オン」マイケル・ダミアン
04/04「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド
05/06「ペイシェンス」ガンズ・アンド・ローゼズ
06/07「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
07/12「ラヴィング・ユー」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
08/09「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン
09/03「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」ボン・ジョヴィ
10/15「永遠の眠り」リタ・フォードwithオジー・オズボーン

11/11「エレクトリック・ユース」デビー・ギブソン
12/19「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
13/14「エヴァーラスティング・ラヴ」ハワード・ジョーンズ
14/22「サティスファイド」リチャード・マークス
15/20「ホエア・アー・ユー・ナウ」ジミー・ハーネンwithシンチ
16/21「愛の嵐」アレサ・フランクリン&エルトン・ジョン
17/08「アフター・オール」シェール&ピーター・セテラ
18/10「ライク・ア・プレイヤー」マドンナ
19/13「セカンド・チャンス」38スペシャル
20/24「クライ」ウォーターフロント

21/27「ポップ・シンガー」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
22/30「ドント・フォアゲット・マイ・ナンバー」ミリ・ヴァニリ
23/28「イッツ・フォー・リアル」ドナ・サマー
24/29「ミス・ユー・ライク・クレイジー」ナタリー・コール
25/26「ボイス・オブ・バビロン」アウトフィールド
26/17「アイコ・アイコ」ベル・スターズ
27/18「シンキング・オブ・ユー」サ・ファイア
28/35「グッド・シング」ファイン・ヤング・カニバルズ
29/32「リトル・ジャッキー」リサ・リサ・&カルト・ジャム
30/34「カミング・ホーム」シンデレラ

31/16「カルト・オブ・パーソナリティ」リヴィング・カラー
32/41「アイ・ウォント・バック・ダウン」トム・ペティ
33/40「涙のオールナイト・ドライヴ」シンディ・ローパー
34/23「ファンキー・コールド・メディーナ」トーン・ロック
35/25「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」ファイン・ヤング・カニバルズ
36/46「ヴェロニカ」エルヴィス・コステロ
37/44「カドリー・トーイ」ローチフォード
38/42「ギヴィング・アップ・オン・ラヴ」リック・アストリー
39/37「ダウンタウン」ワン・2・メニー
40/53「2人の絆」シンプリー・レッド



【ニューエントリーこめんと】

☆「アイ・ウォント・バック・ダウン」トム・ペティ
(I Won't Back Down / Tom Petty)

>ジェフ・リンのプロデュース&共作のためか、ちょいとトラヴェリング・ウィルベリー寄りのレトロ風ロックに聞こえてしまうのは気のせいか。ハートブレイカーズのクレジットが消えているのは、トム自身が挑戦してみたくなっていた音だったのかも。ワタシには正直物足らない音作りなのだが、最高位12位とチャート上では好成績を収めている。

アルバム「フル・ムーン・フィーヴァー」(Full Moon Fever)に収録。



☆「ヴェロニカ」エルヴィス・コステロ
(Veronica / Elvis Costello)

>アルバム・アーティスト色が濃く感じられる彼にとって、2曲目となるトップ40ヒット。この軽快でポップな楽曲は、朝のTV情報番組のOP曲として使用された事もあり、日本での知名度はピカ一であろうかな。全米でも最高位19位まで上昇している。

アルバム「スパイク」(Spike)に収録。



☆「カドリー・トーイ」ローチフォード
(Cuddly Toy (Feel For Me) / Roachford)

>1965年ロンドン出身のシンガー・ソングライターであるアンドリュー・ローチフォードにより、87年に結成されたバンド。
リヴィング・カラーの成功に追随するが如く登場した、黒人アーティストによるロック・ナンバー。最高位こそ25位と微妙な一発ヒットだったのだが、作品としてはリヴィング・カラーよりもイケてるかも?

アルバム「ローチフォード」(Roachford)に収録。



☆「ギヴィング・アップ・オン・ラヴ」リック・アストリー
(Giving Up On Love / Rick Astley)

>ポップなナンバーとはいえ、過去のヒット曲の絞りかす風な内容では最高位38位も仕方ないってか(スミマセン)。これがラスト・トップ40になるかと思いきや、91年に復活のトップ10ヒットを打ち上げるのに成功している。

アルバム「ホールド・ミー・イン・ユア・アームズ」(Hold Me In Your Arms)に収録。

http://www.amazon.com/gp/product/B0013DA6QG/ref=dm_mu_dp

☆「2人の絆」シンプリー・レッド
(If You Don't Know Me My Now / Simply Red)

>ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツによる1972年のバラード・ヒットのカバー。名曲をさらに一段階上の名曲へと磨き上げる事に成功し、オリジナルを上回る、また彼らにとって2曲目となる全米No.1ヒットの誕生(1週)はお見事なり!なお、この後彼らは91年にもう1曲トップ40ヒットを放っている。

アルバム「ニュー・フレイム」(A New Flam)に収録。

New Flame
↑表情はうかがえないが、なかなかカッチョいいジャケット・デザインですなぁ☆

スポンサーサイト
音楽チャート1989年5月チャートTB : 0CM : 5
  [ 1989年5月20日付(狂い咲き!?ドナ・サマー) ]
2009-05-16(Sat) 09:54:34
01/04「フォーエヴァー・ユア・ガール」ポーラ・アブドゥル
02/03「リアル・ラヴ」ジョディ・ワトリー
03/01「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」ボン・ジョヴィ
04/05「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド
05/08「ロック・オン」マイケル・ダミアン
06/09「ペイシェンス」ガンズ・アンド・ローゼズ
07/10「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
08/06「アフター・オール」シェール&ピーター・セテラ
09/15「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン
10/02「ライク・ア・プレイヤー」マドンナ

11/11「エレクトリック・ユース」デビー・ギブソン
12/16「ラヴィング・ユー」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
13/07「セカンド・チャンス」38スペシャル
14/18「エヴァーラスティング・ラヴ」ハワード・ジョーンズ
15/20「永遠の眠り」リタ・フォードwithオジー・オズボーン
16/13「カルト・オブ・パーソナリティ」リヴィング・カラー
17/14「アイコ・アイコ」ベル・スターズ
18/12「シンキング・オブ・ユー」サ・ファイア
19/23「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
20/24「ホエア・アー・ユー・ナウ」ジミー・ハーネンwithシンチ

21/25「愛の嵐」アレサ・フランクリン&エルトン・ジョン
22/32「サティスファイド」リチャード・マークス
23/17「ファンキー・コールド・メディーナ」トーン・ロック
24/29「クライ」ウォーターフロント
25/19「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」ファイン・ヤング・カニバルズ
26/30「ボイス・オブ・バビロン」アウトフィールド
27/36「ポップ・シンガー」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
28/41「イッツ・フォー・リアル」ドナ・サマー
29/37「ミス・ユー・ライク・クレイジー」ナタリー・コール
30/42「ドント・フォアゲット・マイ・ナンバー」ミリ・ヴァニリ

31/33「二人だけのデート」サマンサ・フォックス
32/38「リトル・ジャッキー」リサ・リサ・&カルト・ジャム
33/21「ルーム・トゥ・ムーヴ」アニモーション
34/43「カミング・ホーム」シンデレラ
35/50「グッド・シング」ファイン・ヤング・カニバルズ
36/22「ヘヴン・ヘルプ・ミー」ディオン・エスタス
37/39「ダウンタウン」ワン・2・メニー
38/28「ザ・ルック」ロクセット
39/31「肩に寄せる涙」トミー・ペイジ
40/47「涙のオールナイト・ドライヴ」シンディ・ローパー



【ニューエントリーこめんと】

☆「イッツ・フォー・リアル」ドナ・サマー
(This Time I Know It's For Real / Donna Summer)

>ストック/エイトケン/ウォーターマンのプロデュースにより、完全沈黙状態に陥っていた元ディスコ・クィーンが4年半ぶりにトップ40にカムバック!壮大なリズムに乗せて、久しぶりにパワフルな歌声が全米に響き渡り、最高位7位と6年ぶりのトップ10ヒットを記録。しかしこの後が続かず、無念のラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム「アナザー・プレイス・アンド・タイム」(Another Place And Time)に収録。



☆「ドント・フォアゲット・マイ・ナンバー」ミリ・ヴァニリ
(Baby Don't Forget My Number / Milli Vanilli)

>ラップとファンクを融合したような、不思議感覚に満ちながらもなかなか聴かせるナンバーで、見事全米を制覇(1週)。飽きのこないNo.1ヒットのひとつかも。

アルバム「オール・オア・ナッシング」(Girl You Know It's True)に収録。



☆「カミング・ホーム」シンデレラ
(Coming Home / Cinderella)

>ハードロック・バンドによる、緩やかなロック・ナンバー。でも、ボーカルはちゃんとベヴィメタしているのはさすが?最高位20位。

アルバム「ロング・コールド・ウィンター」(Long Cold Winter)に収録。



☆「グッド・シング」ファイン・ヤング・カニバルズ
(Good Thing / Fine Young Cannibals)

>OPのギターが勇ましい、やっぱ独特のスカ風味を持った超融合サウンド。一気にラストまで聴かせる勢いを持った作品で、2曲連続No.1に輝いた(1週)のも頷けますよ。この時点でも彼らの音作りの良さに気付かず、呆けていたのは当時のワタシなり…。

アルバム「ザ・ロウ・アンド・ザ・クックド」(The Raw & The Cooked)に収録。



☆「涙のオールナイト・ドライヴ」シンディ・ローパー
(I Drove All Night / Cyndi Lauper)

>2年ぶりのトップ40ヒットは、イメージ・チェンジを図ったのか彼女のヒット曲にしてはダークな作り。チャート的には最高位6位と成功を収めているように見えるものの、かつてのヒット・ナンバーと比較すると著しく魅力には欠けており、彼女への興味も急速に失われてきたのもたしかである。これがラスト・トップ40ヒットとなり、今となってはポップ・サウンド全盛だった80年代が終結に向かっているのがなんとなく解るなぁ…。

アルバム「ア・ナイト・トゥ・リメンバー」(A Night To Remember)に収録。

Twelve Deadly Cyns
↑ちょうど10日ほど前にベスト盤を入手☆(中古ッス)

音楽チャート1989年5月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1989年5月13日付(美しきバラード、ナタリー・コール) ]
2009-05-09(Sat) 19:39:15
01/02「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」ボン・ジョヴィ
02/01「ライク・ア・プレイヤー」マドンナ
03/03「リアル・ラヴ」ジョディ・ワトリー
04/05「フォーエヴァー・ユア・ガール」ポーラ・アブドゥル
05/08「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド
06/07「アフター・オール」シェール&ピーター・セテラ
07/06「セカンド・チャンス」38スペシャル
08/14「ロック・オン」マイケル・ダミアン
09/18「ペイシェンス」ガンズ・アンド・ローゼズ
10/19「愛は翼にのって」ベット・ミドラー

11/17「エレクトリック・ユース」デビー・ギブソン
12/12「シンキング・オブ・ユー」サ・ファイア
13/13「カルト・オブ・パーソナリティ」リヴィング・カラー
14/15「アイコ・アイコ」ベル・スターズ
15/20「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン
16/22「ラヴィング・ユー」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
17/04「ファンキー・コールド・メディーナ」トーン・ロック
18/24「エヴァーラスティング・ラヴ」ハワード・ジョーンズ
19/10「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」ファイン・ヤング・カニバルズ
20/25「永遠の眠り」リタ・フォードwithオジー・オズボーン

21/09「ルーム・トゥ・ムーヴ」アニモーション
22/11「ヘヴン・ヘルプ・ミー」ディオン・エスタス
23/32「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
24/27「ホエア・アー・ユー・ナウ」ジミー・ハーネンwithシンチ
25/30「愛の嵐」アレサ・フランクリン&エルトン・ジョン
26/16「シンシアリー・ユアーズ」スウィート・センセイション
27/26「セヴンティーン」ウィンガー
28/21「ザ・ルック」ロクセット
29/34「クライ」ウォーターフロント
30/33「ボイス・オブ・バビロン」アウトフィールド

31/29「肩に寄せる涙」トミー・ペイジ
32/39「サティスファイド」リチャード・マークス
33/36「二人だけのデート」サマンサ・フォックス
34/23「ロケット」デフ・レパード
35/28「ガール・ユー・ノゥ・イッツ・トゥルー」ミリ・ヴァニリ
36/42「ポップ・シンガー」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
37/43「ミス・ユー・ライク・クレイジー」ナタリー・コール
38/41「リトル・ジャッキー」リサ・リサ・&カルト・ジャム
39/40「ダウンタウン」ワン・2・メニー
40/31「胸いっぱいの愛」バングルス



【ニューエントリーこめんと】

☆「ポップ・シンガー」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
(Pop Singer / John Cougar Mellencamp)

>サビの箇所でなんかストーンズの「ブラウン・シュガー」を(以下自粛)。自作&セルフ・プロデュースのライトなポップ・ソング。最高位15位。90年代以降もコンスタントにトップ40を放つ彼だが、94年には8年半ぶりとなるトップ3ヒットを記録するのである。

アルバム「ビッグ・ダディ」(Big Daddy)に収録。



☆「ミス・ユー・ライク・クレイジー」ナタリー・コール
(Miss You Like Crazy / Natalie Cole)

>日本ではCMでも使用されたため、それなりに有名な作品ではなかろうか。A.O.R.風のR&Bバラードが、儚くも美しく最高位7位をマーク。91年には亡き父、ナット・キング・コールとデュエットという企画曲が話題となる。

アルバム「グッド・トゥ・ビー・バック」(Good To Be Back)に収録。



☆「リトル・ジャッキー」リサ・リサ・&カルト・ジャム
(Little Jackie Wants To Be A Star / Lisa Lisa & Cult Jam)

>"~To Be A Star"なんて原題からは、思わず76年のマリリン・マックー&ビリー・デイヴィスJr.のNo.1ヒットを想像してしまうのだが、コチラはおなじみのラテン風テイストを取り入れたポップなミディアム・ナンバー。しかし著しくキレに欠ける作品で、最高位も29位と低迷。なぜか名義にクレジットされていないが、いつものフル・フォース作&プロデュースである。91年になんとかもう1曲トップ40ヒットを放つのだが、この作品あたりから勢いが急降下状態に陥るのが残念。

アルバム「ストレイト・トゥ・ザ・スカイ」(Straight To The Sky)に収録。

Super Hits
↑極最近、ベスト盤を入手☆中古で…。(ゴメン)

http://us.dada.net/music/lisalisacultjam/little-jackie-wants-to-be-a-star_152305m.html
音楽チャート1989年5月チャートTB : 0CM : 6
  [ 1989年5月6日付(絶好調モード発動!リチャード・マークス) ]
2009-05-02(Sat) 09:17:42
01/01「ライク・ア・プレイヤー」マドンナ
02/02「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」ボン・ジョヴィ
03/08「リアル・ラヴ」ジョディ・ワトリー
04/03「ファンキー・コールド・メディーナ」トーン・ロック
05/10「フォーエヴァー・ユア・ガール」ポーラ・アブドゥル
06/07「セカンド・チャンス」38スペシャル
07/09「アフター・オール」シェール&ピーター・セテラ
08/15「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド
09/11「ルーム・トゥ・ムーヴ」アニモーション
10/04「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」ファイン・ヤング・カニバルズ

11/05「ヘヴン・ヘルプ・ミー」ディオン・エスタス
12/13「シンキング・オブ・ユー」サ・ファイア
13/17「カルト・オブ・パーソナリティ」リヴィング・カラー
14/18「ロック・オン」マイケル・ダミアン
15/16「アイコ・アイコ」ベル・スターズ
16/14「シンシアリー・ユアーズ」スウィート・センセイション
17/19「エレクトリック・ユース」デビー・ギブソン
18/22「ペイシェンス」ガンズ・アンド・ローゼズ
19/20「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
20/23「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン

21/06「ザ・ルック」ロクセット
22/28「ラヴィング・ユー」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
23/12「ロケット」デフ・レパード
24/26「エヴァーラスティング・ラヴ」ハワード・ジョーンズ
25/29「永遠の眠り」リタ・フォードwithオジー・オズボーン
26/27「セヴンティーン」ウィンガー
27/33「ホエア・アー・ユー・ナウ」ジミー・ハーネンwithシンチ
28/25「ガール・ユー・ノゥ・イッツ・トゥルー」ミリ・ヴァニリ
29/31「肩に寄せる涙」トミー・ペイジ
30/36「愛の嵐」アレサ・フランクリン&エルトン・ジョン

31/24「胸いっぱいの愛」バングルス
32/41「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
33/37「ボイス・オブ・バビロン」アウトフィールド
34/42「クライ」ウォーターフロント
35/21「スタンド」R.E.M.
36/39「二人だけのデート」サマンサ・フォックス
37/35「アイ・ワナ・ビー・ザ・ワン」スティーヴィー・B
38/30「ママはダンスを踊らない」ポイズン
39/─「サティスファイド」リチャード・マークス
40/47「ダウンタウン」ワン・2・メニー



【ニューエントリーこめんと】

☆「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
(Buffalo Stance / Neneh Cherry)

>1964年スウェーデンはストックホルム出身の女性シンガー・ソングライター兼ラッパー。本名ネネ・マリアン・カールソン。
ラップとはいえ、まだまだメロディアスなナンバーなのでそれほど耳障りではありません。最高位3位と、ある意味暗黒の90年代が刻一刻と近づいて来ているのを感じさせてくれるような作品。(スミマセン)

アルバム「ロウ・ライク・スシ」(Raw Like Sushi)に収録。



☆「クライ」ウォーターフロント
(Cry / Waterfront)

>イギリスで結成された男性ポップ・デュオ。
明らかにワム!路線を狙ったかのようなポップ・ナンバーだが、最高位10位と全米では本国を上回る成功を収めている。しかし、楽曲があまりにも地味すぎてアーティスト名も含め、ワタシの記憶にはまるで留まってはおりませんでした。(失礼)しかも、一発屋さん。(さらに失礼)

アルバム「ウォーターフロント」(Waterfront)に収録。



☆「サティスファイド」リチャード・マークス
(Satisfied / Richard Marx)

>楽曲やボーカルその他諸々を含めて、その完成度の高さはこの週のトップ40エントリーでは群を抜いてピカイチであろう軽快なアメリカン・ロック。Hot100初登場39位というド派手な演出を決めた後、駆け足で全米チャートの頂点へと到達(1週のみだが)!しかし、2ndシングルを早くカットし過ぎたためか、Hot100滞在はわずか15週だったのは彼にはナイショだ。

アルバム「リピート・オフェンダー」(Repeat Offender)に収録。

Repeat Offender
↑10年ほど前に、近所の輸入盤半額セールにてゲット!



☆「ダウンタウン」ワン・2・メニー
(Downtown / One 2 Many)

>ノルウェーで結成された3人組ポップ・グループ。
時代の流行を全く無視したように、爽やか路線を貫いたようなポップ・ロック。最高位37位と低迷したのは流行おくれのせいではなく、楽曲自体がいまいち弱かったためか?なんせ収録されているオムニバス盤を、何度聴いても記憶に残らないのだからどーにもこーにも…。(涙)

アルバム「ミラー」(Mirror)に収録。

音楽チャート1989年5月チャートTB : 0CM : 2

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。