ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年11月26日付(ソロとしても開花、キャリン・ホワイト) ]
2008-11-22(Sat) 20:50:39
01/01「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ
02/06「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
03/04「ディザイアー」U2
04/08「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
05/07「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
06/09「ルック・アウェイ」シカゴ
07/11「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
08/02「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
09/13「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
10/03「ロコモーション」カイリー・ミノーグ

11/05「ココモ」ビーチ・ボーイズ
12/15「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
13/12「ドント・ノゥ・ホワット・ユー・ガット」シンデレラ
14/18「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
15/17「Walk On Water」エディ・マネー
16/23「エヴリー・ローズ」ポイズン
17/19「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
18/22「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
19/14「アナザー・ラヴァー」ジャイアント・ステップス
20/10「ワン・モーメント・イン・タイム」ホイットニー・ヒューストン

21/24「ドミノ・ダンシング」ペット・ショップ・ボーイズ
22/25「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
23/16「恋はごきげん」フィル・コリンズ
24/29「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
25/27「スモール・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
26/31「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
27/26「ブロークン・ハート」ヴィクセン
28/32「ティル・アイ・ラヴド・ユー」バーブラ・ストライサンド&ドン・ジョンソン
29/34「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー
30/35「アナザー・ガールはゴメンさ」アイヴァン・ネヴィル

31/38「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
32/21「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス
33/42「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
34/39「シルエット」ケニーG
35/47「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
36/43「イエー・イエー・イエー」ジャドソン・スペンス
37/45「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
38/49「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン
39/40「シンプトンズ・オブ・トゥルー・ラヴ」トレイシー・スペンサー
40/28「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ



【ニューエントリーこめんと】

☆「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
(Don't Rush Me / Taylor Dayne)

>その骨太でダンサブルなロック・ナンバーが、アルバムから4曲目のヒットとはいえ最高位2位まで上昇。1stアルバムを1年以上トップ100内に留まらせる大きな役割を果たす事となる。

アルバム「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」(Tell It To My Heart)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/605436

☆「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
(Two Hearts / Phil Collins)

>バラードの後にアップ・テンポな作品をシングルに持ってくるのが彼の特徴のような当時だが、この楽曲も前作に引き続いて全米の頂点を極めている(2週)。チャート・アクションの良くなかったサントラだったが、この2曲は飽きの来ない良質なNo.1ヒットで御座いましょう。

サントラ「バスター」(Buster)に収録。

Buster.jpg
↑最高位こそ54位とアレだったのだが、根性でハーフミリオンを記録している。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/564033

☆「イエー・イエー・イエー」ジャドソン・スペンス
(Yeah, Yeah, Yeah / Judson Spence)

>1965年ミシシッピー州出身のシンガー・ソングライター。
タイトルが示す通り、めっちゃ陽気なブルー・アイド・ソウル。最高位32位はちと低すぎる評価かも。
余談だが、数年前に安価で入手していた彼のCDを今回ようやく封印を解いてみたのだがコレがなかなかの完成度で、唯一のトップ40ヒットがこの作品だったのが逆に足を引っ張る結果になったような気がしてなりません。

アルバム「ジャドソン・スペンス」(Judson Spence)に収録。

http://www.imeem.com/people/NIYXlU/music/QxtuyKq6/
judson_spence_yeah_yeah_yeah/

☆「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
(The Way You Love Me / Karyn White)

>1965年カリフォルニア州出身の女性シンガー・ソングライター。
86年にジャズ・ミュージシャンのジェフ・ローバーとのコンビでヒットした、「ファクツ・オブ・ラヴ」(Facts Of Love)以来のトップ40ヒット。今回は完全なソロ名義で、L.A.リード&ベイビーフェイスをプロデュースに迎えたダンサブルなR&Bナンバーが最高位7位をマーク。以降、ヒット曲を量産するに至る。

アルバム「キャリン・ホワイト」(Karyn White)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/11236

☆「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン
(Smooth Criminal / Michael Jackson)

>今回もアルバムから7曲目となるトップ40ヒットを誕生させた彼だが、その楽曲クォリティの面においても低下する気配はなく、最高位7位も当然の結果か。そして本アルバムも、やっぱ前作同様ベスト盤へと変化(進化?)を遂げたようだ。ついでに、マイコー自身も(以下自粛)。

アルバム「BAD」(Bad)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/19962
スポンサーサイト
音楽チャート1988年11月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1988年11月18日付(お主もワムよのぅ?ボーイズ・クラブ) ]
2008-11-15(Sat) 20:40:00
01/04「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ
02/01「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
03/03「ロコモーション」カイリー・ミノーグ
04/06「ディザイアー」U2
05/02「ココモ」ビーチ・ボーイズ
06/08「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
07/09「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
08/11「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
09/12「ルック・アウェイ」シカゴ
10/05「ワン・モーメント・イン・タイム」ホイットニー・ヒューストン

11/15「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
12/14「ドント・ノゥ・ホワット・ユー・ガット」シンデレラ
13/16「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
14/13「アナザー・ラヴァー」ジャイアント・ステップス
15/17「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
16/07「恋はごきげん」フィル・コリンズ
17/21「Walk On Water」エディ・マネー
18/24「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
19/22「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
20/19「ワード・イン・スパニッシュ」エルトン・ジョン

21/10「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス
22/33「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
23/32「エヴリー・ローズ」ポイズン
24/26「ドミノ・ダンシング」ペット・ショップ・ボーイズ
25/29「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
26/27「ブロークン・ハート」ヴィクセン
27/31「スモール・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
28/18「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ
29/35「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
30/20「レッド・レッド・ワイン」UB40

31/36「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
32/38「ティル・アイ・ラヴド・ユー」バーブラ・ストライサンド&ドン・ジョンソン
33/23「ホワット・ザ・ナイト・キャン・ドゥ」スティーヴ・ウインウッド
34/39「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー
35/40「アナザー・ガールはゴメンさ」アイヴァン・ネヴィル
36/30「ドント・ビー・クルエル」ボビー・ブラウン
37/25「チェインズ・オブ・ラヴ」イレイジャー
38/43「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
39/49「シルエット」ケニーG
40/42「シンプトンズ・オブ・トゥルー・ラヴ」トレイシー・スペンサー



【ニューエントリーこめんと】

☆「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
(I Remember Holding You / Boys Club)

>1988年ミネソタ州で結成された“ジーン・ハント”ことジェッツのユージン・ウルフグラムと、プロデュースも兼ねているジョー・パスカルによるデュオ・グループ。
ボーカルからメロディ・ラインに至るまで、まるでワムをコピーしたようなバラード・ナンバー。最高位8位と好記録を収めた後は、チャートとは無縁状態となる。(さては、逃げたか?)

アルバム「ボーイズ・クラブ」(Boys Club)に収録。

http://www.imeem.com/groups/NUR-QxMH,tuneage//music/RaEhZ7Eg/boys_club_i_remember_holding_you/

☆「シルエット」ケニーG
(Silhouette / Kenny G)

>おなじみの歌のないコンテンポラリー・ジャズ。最高位13位とトップ10には届かなかったが、当時はこの作品に釣られアルバムを購入。しかし、この曲以外はいまいちピンと来ず(以下例のパターンを歩む)。
また、当時のライヴにてこの曲のイントロで、サックスの演奏導入にあまりにも間を持たせすぎた彼に対し、観客からブーイングが起きる件があったそうな。

アルバム「シルエット」(Silhouette)に収録。

Greatest Hits
↑昨年末に彼のクリスマス・アルバムと同時入手したベスト盤は、非常にヨロシ♪

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1227904

☆「シンプトンズ・オブ・トゥルー・ラヴ」トレイシー・スペンサー
(Symptoms Of True Love / Tracie Spencer)

>1976年アイオワ州出身のシンガー・ソングライター兼女優。
これまた流行に便乗したのがミエミエのようなポップ・ダンス・ナンバーが、最高位38位とお情けのようにトップ40入りには成功している。91年には音楽活動も本格的に力を込めたのか、トップ3ヒットを放ち汚名(?)を返上している。
なお大きなお世話だが、俳優のスペンサー・トレイシーとは何の因果関係もないようだ。

アルバム「トレイシー・スペンサー」(Tracie Spencer)に収録。

http://www.amazon.com/Tracie-Spencer/dp/B00000DQWB/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=music&qid=1226722511&sr=1-3
音楽チャート1988年11月チャートTB : 0CM : 4
  [ 1988年11月12日付(全米を制覇、ポイズン&ボビー・ブラウン) ]
2008-11-08(Sat) 20:24:14
01/02「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
02/01「ココモ」ビーチ・ボーイズ
03/04「ロコモーション」カイリー・ミノーグ
04/05「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ
05/06「ワン・モーメント・イン・タイム」ホイットニー・ヒューストン
06/08「ディザイアー」U2
07/03「恋はごきげん」フィル・コリンズ
08/13「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
09/15「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
10/07「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス

11/12「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
12/17「ルック・アウェイ」シカゴ
13/16「アナザー・ラヴァー」ジャイアント・ステップス
14/18「ドント・ノゥ・ホワット・ユー・ガット」シンデレラ
15/20「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
16/22「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
17/23「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
18/10「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ
19/24「ワード・イン・スパニッシュ」エルトン・ジョン
20/09「レッド・レッド・ワイン」UB40

21/26「Walk On Water」エディ・マネー
22/27「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
23/11「ホワット・ザ・ナイト・キャン・ドゥ」スティーヴ・ウインウッド
24/33「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
25/14「チェインズ・オブ・ラヴ」イレイジャー
26/32「ドミノ・ダンシング」ペット・ショップ・ボーイズ
27/30「ブロークン・ハート」ヴィクセン
28/21「ラヴ・バイツ」デフ・レパード
29/35「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
30/19「ドント・ビー・クルエル」ボビー・ブラウン

31/37「スモール・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
32/42「エヴリー・ローズ」ポイズン
33/45「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
34/25「フォーエヴァー・ヤング」ロッド・スチュワート
35/40「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
36/41「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
37/31「ダウンタウン・ライフ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
38/43「ティル・アイ・ラヴド・ユー」バーブラ・ストライサンド&ドン・ジョンソン
39/48「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー
40/47「アナザー・ガールはゴメンさ」アイヴァン・ネヴィル



【ニューエントリーこめんと】

☆「エヴリー・ローズ」ポイズン
(Every Rose Has Its Thorn / Poison)

>ロック・バンドにありがちなバラードでの全米制覇(3週)という記録だが、それでも彼らの本業は能天気なB級ロッカーであるのには変わりはあるまいて。必殺のバラードという武器も兼ね備えているというコトなのだ。

アルバム「初めての***AHH」(Ope Up And Say...Ahh)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1271030

☆「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
(My Prerogative / Bobby Brown)

>ソロ・デビューを果たしたボビ男君が、古巣のニュー・エディションを差し置いて全米No.1を獲得(1週)!イカしたダンス・ナンバーはソロでもイケるのだという吉報を受け、他のニュー・エディションのメンバーたちもそれぞれの道を歩み始めるきっかけとなるのである。(多分)

アルバム「ドント・ビー・クルエル」(Don't Be Cruel)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/83739

☆「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
(In Your Room / Bangles)

>軽いタッチで綴られたようなポップ・ソングだが、最高位5位は高すぎるかなぁ。でも次のシングルが名作なので、ここは良しとしましょう。(まぁ、エラそうに)
当時、ボーカルのレコーディングが上手くいかないという理由だけで、ボーカリストのスザンナ・ホフスを素っ裸にひん剥いて歌ってもらい、ようやくOKが出たという話をどこかで見聞きしたという記憶があるのだが、まぁいいか。(オイオイ)

アルバム「EVRYTHING」(Everything)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1897215

☆「ティル・アイ・ラヴド・ユー」バーブラ・ストライサンド&ドン・ジョンソン
(Till I Loved You / Barbra Streisand & Don Johnson)

>プレイボーイとしても有名な俳優兼歌手のドン・ジョンソンとのデュエット。ハスキーなドンのボーカルと、伸びのあるバーブラのやさしい歌声が上手くシンクロしたハートフルなバラード。最高位25位と以外に伸び悩んだのは、当時の恋人だったドンに嫉妬したファンの怒りを買ったため?

アルバム「ティル・アイ・ラヴド・ユー」(Till I Loved You)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/78308
http://jp.youtube.com/watch?v=aQmTtmsz-eE(映像)

☆「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー
(Early In The Morning / Robert Palmer)

>82年ギャップ・バンドのヒット(24位)をカバー。まさかこのファンク・ナンバーを彼がカバーするとは想像もつかなかった当時だったのだが、以外に歌声がマッチするように仕上げられており、オリジナルを超える最高位19位をマークしている。

アルバム「HEAVY NOVA」(Heavy Nova)に収録。

Gap Gold
↑いつかは入手したいと思っていたギャップ・バンドのベストを、今回の件に触発され買っちゃいました☆

http://www.hmv.co.jp/product/detail/189188

☆「アナザー・ガールはゴメンさ」アイヴァン・ネヴィル
(Not Just Another Girl / Ivan Neville)

>1959年ルイジアナ州ニューオーリンズ出身。ネヴィル4兄弟によるR&Bグループ、ネヴィル・ブラザーズのメンバーでありR&Bシンガーのアーロン・ネヴィルの息子にあたる人物。
今回初めて耳にしたのだが、ハスキー・ボイスをアップ・テンポなロックに絡めたナンバーなれどなんか物足りなささを感じまくり、最高位26位も思わず納得してしまいそうな一曲。(ゴメン)また、映画「花嫁はエイリアン」の挿入歌でもある。
ちなみに翌年には父親であるアーロンが、リンダ・ロンシュタットとのデュエットで20数年ぶりにトップ40へカムバックしている。

アルバム「プリミティヴ・マン」(If My Ancestors Could See Me Now)に収録。

http://jp.youtube.com/watch?v=FetR9BmWaQ0
音楽チャート1988年11月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1988年11月5日付(架空の兄弟によるプロジェクト、WAS (NOT WAS)) ]
2008-11-01(Sat) 20:18:03
01/02「ココモ」ビーチ・ボーイズ
02/03「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
03/01「恋はごきげん」フィル・コリンズ
04/07「ロコモーション」カイリー・ミノーグ
05/10「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ
06/09「ワン・モーメント・イン・タイム」ホイットニー・ヒューストン
07/08「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス
08/14「ディザイアー」U2
09/04「レッド・レッド・ワイン」UB40
10/05「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ

11/06「ホワット・ザ・ナイト・キャン・ドゥ」スティーヴ・ウインウッド
12/17「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
13/21「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
14/12「チェインズ・オブ・ラヴ」イレイジャー
15/22「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
16/16「アナザー・ラヴァー」ジャイアント・ステップス
17/23「ルック・アウェイ」シカゴ
18/20「ドント・ノゥ・ホワット・ユー・ガット」シンデレラ
19/11「ドント・ビー・クルエル」ボビー・ブラウン
20/27「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン

21/13「ラヴ・バイツ」デフ・レパード
22/28「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
23/29「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
24/25「ワード・イン・スパニッシュ」エルトン・ジョン
25/15「フォーエヴァー・ヤング」ロッド・スチュワート
26/32「Walk On Water」エディ・マネー
27/33「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
28/19「冷たくしないで」チープ・トリック
29/24「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」ボビー・マクファーリン
30/39「ブロークン・ハート」ヴィクセン

31/38「ダウンタウン・ライフ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
32/41「ドミノ・ダンシング」ペット・ショップ・ボーイズ
33/44「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
34/30「ダンス・リトル・シスター」テレンス・トレント・ダービー
35/43「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
36/18「トゥルー・ラヴ」グレン・フライ
37/40「スモール・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
38/26「タイム・アンド・タイド」バーシア
39/31「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン
40/48「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)



【ニューエントリーこめんと】

☆「ドミノ・ダンシング」ペット・ショップ・ボーイズ
(Domino Dancing / Pet Shop Boys)

>いつものごとく、安心して耳にできる心地良いリズム感のテクノ・ポップ。最高位18位。残念ながらラスト・トップ40ヒットになってしまった。

アルバム「イントロスペクティヴ」(Introspective)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1210852

☆「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
(Welcome To The Jungle / Guns N' Roses)

>アルバム冒頭を飾る痛快なロック・ナンバー。映画「ダーティハリー5」の挿入歌としても使用され、メンバーもちょい役で出演しているようだが映画内容同様そちらの記憶はありません。最高位7位。

アルバム「アペタイト・フォー・ディストラクション」(Appetite ForDestruction)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/549808

☆「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
(Finish What Ya Started / Van Halen)

>最近アルバムを再入手し数回聴いてみたものの、当時同様やっぱ記憶に残らない“らしからぬ”ライトなロック。最高位13位とは破格すぎるし、なによりもこんなのはヴァン・ヘイレンじゃあない!(大興奮)

アルバム「OU812」(OU812)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/26189

☆「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
(Spy In The House Of Love / Was (Not Was))

>1980年ミシガン州デトロイトにて結成された、“ドン・ウォズ”ことドナルド・フェイグスンと“デヴィッド・ウォズ”ことデヴィッド・ウェイスによる架空の兄弟コンビ。
彼らのアルバムも最近入手したのだが、最高位16位と初のトップ40ヒットとなったこの当たり障りのなさそうなR&B風のナンバーよりも、やっぱ次のトップ40ヒットの存在感があまりにも強すぎ!
それにしても、80年代初頭ミュージックライフ誌の広告で“アート・オブ・ノイズ”とこの“Was (Not Was)”は、その奇妙なバンド名と変なアルバム邦題に色眼鏡でみていた時期もあったワタシですが、アート・オブ・ノイズに続いてよもや彼らのサウンドまでトップ40でお耳にする日が来るとは思いもしなかったこの当時でございましょう。(平謝り)

アルバム「ホワット・アップ・ドッグ?」(What Up, Dog?)に収録。

What Up, Dog?
↑内容はジャケットやタイトルのように、狂気(?)には満ちてはおりません☆

http://www.amazon.com/What-Up-Dog-Was-Not/dp/B000008M4L
音楽チャート1988年11月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。