ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年9月24日付(22年ぶりの快挙!ビーチ・ボーイズ) ]
2008-09-20(Sat) 09:08:20
01/04「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」ボビー・マクファーリン
02/01「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」ガンズ・アンド・ローゼス
03/05「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン
04/02「この愛にすべてを」ロバート・パーマー
05/09「ラヴ・バイツ」デフ・レパード
06/03「パーフェクト・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
07/11「ワン・グッド・ウーマン」ピーター・セテラ
08/07「恋でなければ」ニュー・エディション
09/08「ノーバディズ・フール」ケニー・ロギンス
10/15「冷たくしないで」チープ・トリック

11/10「ストロング・ストロング・マン」リック・アストリー
12/14「いけないアナタ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
13/19「レッド・レッド・ワイン」UB40
14/18「プリーズ・ドント・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
15/17「ナワバリでの悪夢」D.J.ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス
16/06「ホェン・イッツ・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
17/22「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ
18/21「フォールン・エンジェル」ポイズン
19/20「ドント・ビー・クルエル」ボビー・ブラウン
20/27「ホワット・ザ・ナイト・キャン・ドゥ」スティーヴ・ウインウッド

21/31「恋はごきげん」フィル・コリンズ
22/26「ステイン・トゥゲザー」デビー・ギブソン
23/28「トゥルー・ラヴ」グレン・フライ
24/30「フォーエヴァー・ヤング」ロッド・スチュワート
25/13「モンキー」ジョージ・マイケル
26/29「ホワット・ユー・シー・ホワット・ユー・ゲット」ブレンダ・K・スター
27/32「チェインズ・オブ・ラヴ」イレイジャー
28/33「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス
29/16「ファスト・カー」トレイシー・チャップマン
30/12「アナザー・パート・オブ・ミー」マイケル・ジャクソン

31/36「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
32/40「ロコモーション」カイリー・ミノーグ
33/23「リヴ・ウィズアウト・ユー」シカゴ
34/24「アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン」エルトン・ジョン
35/42「ワン・モーメント・イン・タイム」ホイットニー・ヒューストン
36/25「ヒア・ウィズ・ミー」REOスピードワゴン
37/46「スーパースティシャス」ヨーロッパ
38/35「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ
39/44「タイム・アンド・タイド」バーシア
40/58「ココモ」ビーチ・ボーイズ



【ニューエントリーこめんと】

☆「ワン・モーメント・イン・タイム」ホイットニー・ヒューストン
(One Moment In Time / Whitney Houston)

>88年のソウルオリンピックに参加した、すべてのアスリート達を称えるような壮大なバラード。最高位5位と、こちらはメダル獲得までには至らなかったようである。

オムニバス「ワン・モーメント・イン・タイム」(1988 Summer olympic One Moment In Time)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/461260

☆「スーパースティシャス」ヨーロッパ
(Superstitious / Europe)

>美しいコーラスラインに支えられたバラード風ロック。最高位31位。ラスト・トップ40ヒットになってしまった。

アルバム「OUT OF THIS WORLD」(Out Of This World)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/16444

☆「タイム・アンド・タイド」バーシア
(Time And Tide / Basia)

>1954年ポーランド出身の女性シンガー・ソングライター。本名バーシア・チェチェレフスカ。
イギリスのポップ・グループ、マット・ビアンコに在籍していた時期もあり、今回ソロ名義にて初のアルバムを発表。めでたくシングルも最高位26位にまで上昇。アーティスト名はそれなりに知ってはいたものの、今回試聴にて楽曲を初体験かも?やや特徴のあるミディアム・スローなポップ・ナンバー。

アルバム「タイム・アンド・タイド」(Time And Tide)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/956

☆「ココモ」ビーチ・ボーイズ
(Kokomo (From The "Cocktail" Soundtarack) / The Beach Boys)

>初登場96位という低位置からグングン上昇を続け、66年の「グッド・ヴァイブレーション」(Good Vibrations)以来実に22年ぶりとなる全米No.1を獲得(1週)。秋の入り口に遅ればせながらもまったりとしたビーチ・サウンドを届けてくれたワケなのだが、その完成度は非常に高く、Hot100滞在28週ミリオン・セラーまで記録するという折り紙付きのポテンシャルだ!(←?)
余談だが、当時"Cocktail"を“コックテイル”と誤読していたワタシは、てっきり料理人が主役の映画かと思っていたのはナイショですよ…。

サントラ「カクテル」(Cocktail)に収録。
Cocktail.jpg
↑コックさんではなく、バーテンダーが主役☆

http://www.hmv.co.jp/product/detail/169669
スポンサーサイト
音楽チャート1988年9月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1988年9月17日付(イギリス生まれのアメリカン・ロック?エスケイプ・クラブ) ]
2008-09-13(Sat) 21:07:14
01/01「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」ガンズ・アンド・ローゼス
02/02「この愛にすべてを」ロバート・パーマー
03/03「パーフェクト・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
04/09「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」ボビー・マクファーリン
05/07「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン
06/05「ホェン・イッツ・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
07/08「恋でなければ」ニュー・エディション
08/10「ノーバディズ・フール」ケニー・ロギンス
09/16「ラヴ・バイツ」デフ・レパード
10/13「ストロング・ストロング・マン」リック・アストリー

11/14「ワン・グッド・ウーマン」ピーター・セテラ
12/11「アナザー・パート・オブ・ミー」マイケル・ジャクソン
13/04「モンキー」ジョージ・マイケル
14/17「いけないアナタ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
15/18「冷たくしないで」チープ・トリック
16/06「ファスト・カー」トレイシー・チャップマン
17/19「ナワバリでの悪夢」D.J.ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス
18/21「プリーズ・ドント・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
19/28「レッド・レッド・ワイン」UB40
20/23「ドント・ビー・クルエル」ボビー・ブラウン

21/25「フォールン・エンジェル」ポイズン
22/26「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ
23/15「リヴ・ウィズアウト・ユー」シカゴ
24/12「アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン」エルトン・ジョン
25/20「ヒア・ウィズ・ミー」REOスピードワゴン
26/30「ステイン・トゥゲザー」デビー・ギブソン
27/36「ホワット・ザ・ナイト・キャン・ドゥ」スティーヴ・ウインウッド
28/37「トゥルー・ラヴ」グレン・フライ
29/34「ホワット・ユー・シー・ホワット・ユー・ゲット」ブレンダ・K・スター
30/35「フォーエヴァー・ヤング」ロッド・スチュワート

31/42「恋はごきげん」フィル・コリンズ
32/38「チェインズ・オブ・ラヴ」イレイジャー
33/43「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス
34/22「オール・ファイアード・アップ」パット・ベネター
35/27「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ
36/45「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
37/31「1-2-3」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
38/24「愛がすべてを」ホイットニー・ヒューストン
39/29「ロール・ウィズ・イット」スティーヴ・ウィンウッド
40/50「ロコモーション」カイリー・ミノーグ



【ニューエントリーこめんと】

☆「恋はごきげん」フィル・コリンズ
(Groovy Kind Of Love / Phil Collins)

>フィル自身が主役を務めた映画の挿入歌。退屈なバラードもいくつか存在する彼の作品の中でも、このスロー・バラードはなかなかの味わい深さを持っており、聴き応えのある一品に仕上がっている。最高位はもちろん1位(2週)。意外なことに、サントラのセールスが宜しくないのはナゼ…!?

サントラ「バスター」(Buster)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/529742

☆「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス
(Never Tear Us Apart / Inxs)

>彼らの苦手とするであろうバラードがシングルに。お世辞にも上手とは呼べないかもしれないが最高位7位まで上昇し、アルバムをトップ10内に引き戻す役割も果たしているのは立派。当時ケーシーは、“ここまでのシングル最高位が1位、2位、3位と記録しているから、この曲の最高位は4位?”という親父ギャグ(?)を飛ばしていましたなぁ。

アルバム「キック」(Kick)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/212222

☆「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
(Wild, Wild West / The Escape Club)

>1983年イギリス・ロンドンにて結成されたロック・バンド。
ブリティッシュ・バンドにしてはアメリカ色の強いサザン・ロック風の音楽スタイルを持ち、初トップ40ヒットながらNo.1を記録(1週)するという快挙を達成。一発屋かと思いきや、以降しぶとく数曲トップ40に顔を見せている。

アルバム「ワイルド・ワイルド・ウェスト」(Wild, Wild West)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/83918

☆「ロコモーション」カイリー・ミノーグ
(The Loco-Motion / Kylie Minogue)

>1962年リトル・エヴァの大ヒット曲のカバー。74年のグランド・ファンクのカバーに続いて全米制覇かと思いきや、残念ながら3位にて足止め。ユーロビート調のダンス・ナンバーに色付けされた今回のカバーだが、No.1ヒットにまで成長しても決しておかしくない出来である。

アルバム「ラッキー・ラヴ」(Kylie)に収録。

Kylie.jpg
↑激安状態だったので、とりあえずゲットしておきました☆

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1785617
音楽チャート1988年9月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1988年9月10日付(エレ・ポップ・デュオ、イレイジャー登場) ]
2008-09-06(Sat) 09:20:55
01/02「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」ガンズ・アンド・ローゼス
02/03「この愛にすべてを」ロバート・パーマー
03/06「パーフェクト・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
04/01「モンキー」ジョージ・マイケル
05/08「ホェン・イッツ・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
06/07「ファスト・カー」トレイシー・チャップマン
07/10「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン
08/09「恋でなければ」ニュー・エディション
09/15「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」ボビー・マクファーリン
10/13「ノーバディズ・フール」ケニー・ロギンス

11/12「アナザー・パート・オブ・ミー」マイケル・ジャクソン
12/04「アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン」エルトン・ジョン
13/14「ストロング・ストロング・マン」リック・アストリー
14/17「ワン・グッド・ウーマン」ピーター・セテラ
15/05「リヴ・ウィズアウト・ユー」シカゴ
16/24「ラヴ・バイツ」デフ・レパード
17/21「いけないアナタ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
18/26「冷たくしないで」チープ・トリック
19/28「ナワバリでの悪夢」D.J.ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス
20/23「ヒア・ウィズ・ミー」REOスピードワゴン

21/27「プリーズ・ドント・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
22/19「オール・ファイアード・アップ」パット・ベネター
23/29「ドント・ビー・クルエル」ボビー・ブラウン
24/11「愛がすべてを」ホイットニー・ヒューストン
25/32「フォールン・エンジェル」ポイズン
26/33「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ
27/20「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ
28/36「レッド・レッド・ワイン」UB40
29/16「ロール・ウィズ・イット」スティーヴ・ウィンウッド
30/34「ステイン・トゥゲザー」デビー・ギブソン

31/18「1-2-3」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
32/31「反逆のヒーロー」ジョニー・ヘイツ・ジャズ
33/22「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」エリック・カルメン
34/40「ホワット・ユー・シー・ホワット・ユー・ゲット」ブレンダ・K・スター
35/41「フォーエヴァー・ヤング」ロッド・スチュワート
36/42「ホワット・ザ・ナイト・キャン・ドゥ」スティーヴ・ウインウッド
37/44「トゥルー・ラヴ」グレン・フライ
38/45「チェインズ・オブ・ラヴ」イレイジャー
39/25「サイン・ユア・ネーム」テレンス・トレント・ダービー
40/30「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイト」リチャード・マークス



【ニューエントリーこめんと】

☆「フォーエヴァー・ヤング」ロッド・スチュワート
(Forever Young / Rod Stewart)

>地味ながらも叙情的な作品で、"Long Distance Dedication"でも数回取り上げられた事も。最高位12位。でも、正直ワタシにはいまいちピンとこないかなぁ。

アルバム「アウト・オブ・オーダー」(Out Of Order)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/61488

☆「ホワット・ザ・ナイト・キャン・ドゥ」スティーヴ・ウインウッド
(Don't You Know What The Night Can Do? / Steve Winwood)

>大ヒットを記録した「ロール・ウィズ・イット」(Roll With It)に続くシングルとして発表され、最高位も6位と好記録をマークしたのだが、なぜかワタシの記憶に残らないトップ10ヒット。淡々とした一定のリズムが繰り返されるだけのような楽曲なのだが、その肝心のリズムがアルバムに収録された普通の1曲にしか聞こえないのがなんとも…。

アルバム「ロール・ウィズ・イット」(Roll With It)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/168517

☆「トゥルー・ラヴ」グレン・フライ
(True Love / Glenn Frey)

>3年ぶりとなるトップ40ヒットは、渋いグレン・フライ節が堪能できるミディアム・スローなナンバー。最高位13位。残念ながらラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム「ソウル・サーチン」(Soul Searching)に収録。

Solo Collection
↑ドンのベスト盤持っているなら、やっぱグレンのもとばかりに最近入手。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1810722

☆「チェインズ・オブ・ラヴ」イレイジャー
(Chains Of Love / Erasure)

>1985年イギリスで結成されたデュオ・グループ。
テクノ・エレ・ポップとしては暖か味を感じさせるサウンドで好感が持てる彼らだが、初のトップ40ヒットが最高位12位と好発進を見せる。個人的にやはり注目は、次なるシングル・ヒット作であろうかな。

アルバム「ジ・イノセンツ」(The Innocents)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/6455
音楽チャート1988年9月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1988年9月3日付(4年越しのリベンジ成る!?UB40) ]
2008-08-30(Sat) 09:23:18
01/01「モンキー」ジョージ・マイケル
02/04「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」ガンズ・アンド・ローゼス
03/05「この愛にすべてを」ロバート・パーマー
04/02「アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン」エルトン・ジョン
05/03「リヴ・ウィズアウト・ユー」シカゴ
06/08「パーフェクト・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
07/06「ファスト・カー」トレイシー・チャップマン
08/13「ホェン・イッツ・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
09/15「恋でなければ」ニュー・エディション
10/16「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン

11/09「愛がすべてを」ホイットニー・ヒューストン
12/17「アナザー・パート・オブ・ミー」マイケル・ジャクソン
13/18「ノーバディズ・フール」ケニー・ロギンス
14/20「ストロング・ストロング・マン」リック・アストリー
15/25「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」ボビー・マクファーリン
16/07「ロール・ウィズ・イット」スティーヴ・ウィンウッド
17/22「ワン・グッド・ウーマン」ピーター・セテラ
18/10「1-2-3」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
19/19「オール・ファイアード・アップ」パット・ベネター
20/12「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ

21/26「いけないアナタ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
22/11「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」エリック・カルメン
23/24「ヒア・ウィズ・ミー」REOスピードワゴン
24/30「ラヴ・バイツ」デフ・レパード
25/14「サイン・ユア・ネーム」テレンス・トレント・ダービー
26/32「冷たくしないで」チープ・トリック
27/28「プリーズ・ドント・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
28/34「ナワバリでの悪夢」D.J.ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス
29/36「ドント・ビー・クルエル」ボビー・ブラウン
30/21「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイト」リチャード・マークス

31/31「反逆のヒーロー」ジョニー・ヘイツ・ジャズ
32/38「フォールン・エンジェル」ポイズン
33/40「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ
34/42「ステイン・トゥゲザー」デビー・ギブソン
35/39「ルック・アウト・エニー・ウィンドウ」ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ
36/52「レッド・レッド・ワイン」UB40
37/29「ミスド・オポチュニティ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
38/33「セイン・ソーリー」デニス・ロペス
39/27「ジャスト・ガット・ペイド」ジョニー・ケンプ
40/47「ホワット・ユ・シー・ホワット・ユー・ゲット」ブレンダ・K・スター



【ニューエントリーこめんと】

☆「ステイン・トゥゲザー」デビー・ギブソン
(Staying Together / Debbie Gibson)

>さすがにアルバムから5曲目のシングルともなると、もう絞りカスのような作品しか残ってはいまいか。最高位22位。でも、コレも当時十代だった彼女の自作かと考えると、やっぱスゴイなぁ。

アルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」(Out Of The Blue)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/79012

☆「レッド・レッド・ワイン」UB40
(Red Red Wine / UB40)

>84年に最高位34位をマークした作品のリベンジ…いや、リメイク・バージョン。大幅な変更は特になく、途中"Red Red Wine Rap Section"というフレーズが新たに導入されており、そこのインパクトが功を奏したのか今回は見事全米No.1ソングの仲間入りを果たしている(1週)。チャート・イン週も84年の分も加算され、トータル40週Hot100にチャート・インという記録もゲット。
ついでにというか、今回オリジナルであるニール・ダイアモンドのバージョンも聴いてみたのだが、もう全然別曲ですよコレ!
なお、93年にはエルヴィス・プレスリーのラヴ・バラード「好きにならずにいられない」((I Can't Help) Falling IN Love With You)をレゲエ・バージョンにてカバーし、これまたNo.1に輝いている。

アルバム「レイバー・オブ・ラヴ」(Labour Of Love)に収録。

Labour of Love
↑とことん音楽スタイルを変えず、カバーとはいえヒット曲をコツコツと遺してきたのはお見事!

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/590643

☆「ホワット・ユ・シー・ホワット・ユー・ゲット」ブレンダ・K・スター
(What You See Is What You Get / Brenda K. Starr)

>すみません、てっきり名曲「アイ・スティル・ビリーヴ」(i Still Believe)の一発ヒットかと思いきや、もう一曲トップ40ヒットがあったのね。でも、当時流行の安っぽいダンス・ポップ・ナンバーだったのにはがっかり…。最高位24位。

アルバム「ブレンダ・K・スター」(Brenda K. Starr)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1429983
音楽チャート1988年9月チャートTB : 0CM : 2

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。