ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年4月27日 ]
2005-07-27(Wed) 22:26:55
01/01「ウィ・アー・ザ・ワールド」U.S.A.フォー・アフリカ
02/02「クレイジー・フォー・ユー」マドンナ
03/05「リズム・オブ・ザ・ナイト」デバージ
04/03「ナイトシフト」コモドアーズ
05/08「ドント・ユー」シンプル・マインズ
06/09「ワン・ナイト・イン・バンコック」マレー・ヘッド
07/07「オブセッション」アニモーション
08/12「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション
09/06「アイム・オン・ファイア」ブルース・スプリングスティーン
10/11「オール・シー・ウォンツ・トゥドゥ・イズ・ダンス」ドン・ヘンリー

11/04「ワン・モア・ナイト」フィル・コリンズ
12/16「スムース・オペレイター」シャーデー
13/10「ミッシング・ユー」ダイアナ・ロス
14/14「いかした彼女」シカゴ
15/17「イエスタディ」フォリナー
16/19「恋のかけひき」ワム
17/20「ドント・カム・アラウンド」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
18/26「ルール・ザ・ワールド」ティアーズ・フォー・フィアーズ
19/21「言わずにおいて」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
20/22「ロック&ロール・ガールズ」ジョン・フォガティ

21/24「ニュー・アティチュード」パティ・ラベル
22/30「アクセル・フォリーのテーマ」ハロルド・フォルターメイヤー
23/13「マテリアル・ガール」マドンナ
24/29「サドゥンリー」ビリー・オーシャン
25/15「ラヴァー・ガール」ティナ・マリー
26/27「フォーエヴァー・マン」エリック・クラプトン
27/34「フレッシュ」クール&ザ・ギャング
28/37「オンリー・ゲット・ベター」ハワード・ジョーンズ
29/35「ジャスト・ア・ジゴロ~ノーバディ」デヴィッド・リー・ロス
30/33「ヒューマン・ヴォイス」ケニー・ロギンス

31/42「イン・マイ・ハウス」メリー・ジェーン・ガールズ
32/38「ワン・ロンリー・ナイト」REOスピードワゴン
33/39「セレブレイト・ユース」リック・スプリングフィールド
34/40「ウォーキング・オン・サンシャイン」カトリーナ&ザ・ウェイヴス
35/52「ヘヴン」ブライアン・アダムス
36/23「涙のフィーリング」REOスピードワゴン
37/18「サムバディ」ブライアン・アダムス
38/45「君のシルエット」ルーサー・ヴァンドロス
39/46「ロスト・イン・ラヴ」ニュー・エディション
40/54「偽りの愛」ジュリアン・レノン


【ニューエントリーこめんと】

☆「イン・マイ・ハウス」メリー・ジェーン・ガールズ
(In My House / Mary Jane Girls)

>79年カリフォルニアで結成された女性4人組。
リック・ジェイムスの全面バックアップを受け、プリンス軍団に
負けじとファンクっぽさを感じさせないミディアム・ナンバーで
トップ40初見参。
最高位7位をマーク。
アルバム「オンリー・フォー・ユー」(Only Four You)からのカット。
残念ながら、コレ一発のヒットで終焉を迎える。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005LMK6001007/

☆「ヘヴン」ブライアン・アダムス
(Heaven / Bryan Adams)

>元々は83年の映画「ナイト・イン・ヘヴン」の主題歌で、今回
「レックレス」(Reckless)からの3rdシングルとしてリリースされ、
彼にとって初の全米制覇(2週)作品となる記念すべき作品!
甘くもの悲しげなバラードだが、ワタシの記憶がたしかならこの曲
84年(だったか?)何かのアメリカン・チャートで下位(90位代
だったかな?)にランクインしていたと思うのだが・・・。
「レックレス」が発表される前に“クロス・オーバー・イレヴン”
でも流れた(エアチェックした!)し、その頃にシングルとして
発売されていたのかな?
そうなると今回は再発となるのだが、ワタシには分かりかねます。
(スミマセン)

○追記(脱走一号さんからの情報)○

85年の「ヘヴン」は再発らしいですね。
最初は「ナイト・イン・ヘヴン」公開直後にシングル化されました。
このときはBillboardHOT100にはエントリーできませんでしたが、
84/1/28付けのTop Tracks Chartにエントリーし9位まで上昇して
おります。
その後、「レックレス」の第3弾シングルとしてカットされ
同チャートで再び27位にランクされました。

○情報ありがとうございました!○

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002GGU001004/

☆「君のシルエット」ルーサー・ヴァンドロス
('Til My Baby Comes Home / Luther Vandross)

>うーん、全く記憶にないですなぁ。ジェフリー・オズボーン同様、
彼もトップ40ヒットはそれなりにあるのだが印象に残らない・・・。
最高位29位なのにねぇ。
アルバム「マンハッタン・ナイト・ラヴ」(The Night I Fell In Love)
からのヒット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002631001001/

☆「ロスト・イン・ラヴ」ニュー・エディション
(Lost In Love / New Edition)

>アルバム「クール・イット・ナウ」(New Edition)からの
3rdシングルだが、シングル発表ごとにジリ貧になりつつあります。
最高位35位。
なかなかのスロー・バラードだが、エア・サプライの同名異曲の
足元にも及ばないか。(失敬)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002PB1001008/

☆「偽りの涙」ジュリアン・レノン
(Say You're Wrong / Julian Lennon)

>PVの完成の方が、シングル・カットより早かったのでは
なかろうか?(^^)
アルバム「ジュリアン・レノン」(Valotte)からの3rdシングルだが、
単調で軽いノリだけの作品で(失礼)、前2作のシングルと比較すると
かなり劣るなぁと思っていたら、やっぱ21位で止まっちゃいました。
次作に期待したいところだが・・・。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005N83A001003/

★圏外85位★

☆「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」フレディ・マーキュリー
(I Was Born To Love You / Freddie Mercury)

>もちろんクィーンのリード・ヴォーカリストのソロである。
アメリカでは最高位76位と低迷しようとも、Hot100滞在たったの
4週間であろうとも、日本ではすっかりお馴染みの人気作品だ!
青空に抜けていくような爽やかさを持ったこの作品、91年11月24日、
エイズのため45歳という若さで亡くなった彼の元までこれから先も
ずっと響きわたるであろう。
アルバム「ミスター・バッド・ガイ」(Mr. Bad Guy)からの一品。

★圏外90位★

☆「旅人は星を数える」アラン・パーソンズ・プロジェクト
(Days Are Number(The Traveller) / Alan Parsons Project)

>静かなるメロディ・ラインに、やや押さえ気味なボーカルが
実に見事に組み合わさった逸品である。
最高位71位であろうと、ワタシは“名曲”の太鼓判を自信満々で
押してくれるわい♪
アルバム「ヴァルチャー・カルチャー」(Vultur Culture)からの
2ndシングル。
スポンサーサイト
1985年4月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1985年4月20日付 ]
2005-07-20(Wed) 22:18:39
01/01「ウィ・アー・ザ・ワールド」U.S.A.フォー・アフリカ
02/03「クレイジー・フォー・ユー」マドンナ
03/04「ナイトシフト」コモドアーズ
04/02「ワン・モア・ナイト」フィル・コリンズ
05/07「リズム・オブ・ザ・ナイト」デバージ
06/06「アイム・オン・ファイア」ブルース・スプリングスティーン
07/09「オブセッション」アニモーション
08/11「ドント・ユー」シンプル・マインズ
09/12「ワン・ナイト・イン・バンコック」マレー・ヘッド
10/10「ミッシング・ユー」ダイアナ・ロス

11/15「オール・シー・ウォンツ・トゥドゥ・イズ・ダンス」ドン・ヘンリー
12/17「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション
13/05「マテリアル・ガール」マドンナ
14/18「いかした彼女」シカゴ
15/08「ラヴァー・ガール」ティナ・マリー
16/22「スムース・オペレイター」シャーデー
17/21「イエスタディ」フォリナー
18/14「サムバディ」ブライアン・アダムス
19/30「恋のかけひき」ワム
20/25「ドント・カム・アラウンド」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

21/26「言わずにおいて」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
22/27「ロック&ロール・ガールズ」ジョン・フォガティ
23/13「涙のフィーリング」REOスピードワゴン
24/29「ニュー・アティチュード」パティ・ラベル
25/16「ジャスト・アナザー・ナイト」ミック・ジャガー
26/34「ルール・ザ・ワールド」ティアーズ・フォー・フィアーズ
27/31「フォーエヴァー・マン」エリック・クラプトン
28/28「レイディオアクティヴ」ファーム
29/38「サドゥンリー」ビリー・オーシャン
30/39「アクセル・フォリーのテーマ」ハロルド・フォルターメイヤー

31/19「ハイ・オン・ユー」サヴァイヴァー
32/20「トゥー・レイト・フォー・グッドバイ」ジュリアン・レノン
33/37「ヒューマン・ヴォイス」ケニー・ロギンス
34/41「フレッシュ」クール&ザ・ギャング
35/43「ジャスト・ア・ジゴロ~ノーバディ」デヴィッド・リー・ロス
36/36「ザ・バード」タイム
37/44「オンリー・ゲット・ベター」ハワード・ジョーンズ
38/47「ワン・ロンリー・ナイト」REOスピードワゴン
39/48「セレブレイト・ユース」リック・スプリングフィールド
40/50「ウォーキング・オン・サンシャイン」カトリーナ&ザ・ウェイヴス


【ニューエントリーこめんと】

☆「フレッシュ」クール&ザ・ギャング
(Fresh / Kool & The Gang)

>タイトル通り、フレッシュな爽やかさを感じさせる80'sなファンク。(?)
とことんクセ(アク?)を排除したらこうなっちゃった、てな
感じかな。
やや地味っぽくもあるが、最高位9位をマーク。
アルバム「クール・エマージェンシー」(Emergency)からの
2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001FA7001002/

☆「ジャスト・ア・ジゴロ~ノーバディ」デヴィッド・リー・ロス
(Just A Gigolo/I Ain't Got Nobody / David Lee Roth)

>能天気ソングの第二弾!(^^)
1931年のクラシックス・ジャズ、テッド・ルイスのNo.1ヒットを
メドレーとして80代風にアレンジしてカヴァー。
どうりでレトロ風味がプンプンしているワケだ。
PVの当時を代表するミュージシャンのそっくりさん達は必見。
最高位12位。
アルバム「クレイジー・フロム・ザ・ヒート」(Crazy From The Heat)
からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002L7D001002/

☆「オンリー・ゲット・ベター」ハワード・ジョーンズ
(Things Can Only Get Better / Howard Jones)

>暖か味を感じさせる音を奏でるシンセサイザー奏者の2ndアルバム、
「ドリーム・イントゥ・アクション」(Dream Into Action)からの
先行シングル。
ポップなリズムが80年代と上手く調和した感じで、最高位5位を記録。
アルバムの完成度も高し!

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002H2F001001/

☆「ワン・ロンリー・ナイト」REOスピードワゴン
(One Lonely Night / REO Speedwagon)

>大ヒットを記録した前シングルに続く、アルバム「ホイールズ・
アー・ターニン」(Wheels Are Turning)からの3枚目のシングル。
ミディアム・テンポの上手くまとめた彼ららしいソフトなロック。
最高位19位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000066405001012/

☆「セレブレイト・ユース」リック・スプリングフィールド
(Celebrate Youth / Rick Springfield)

>アイドル・ロックシンガーから、本格的なアーティストへと
路線変更を計ろうとした感じを受ける作品。
以前よりはやや落ち付きというか大人っぽさを感じさせるロック
なのだが、う~んイメージ・チェンジとはいかないかなぁ。
最高位26位、どうも上手くいかないようだ。
アルバム「TAO(道)」(Tao)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002W8C001002/

☆「ウォーキング・オン・サンシャイン」カトリーナ&ザ・ウェイヴス
(Walking On Sunshine / Katrina & The Waves)

>キャッチ・フレーズに“底抜けの明るさ”“はじける青春”なんて
書かれそうなほど前向きに明るい作品。
81年、イギリスのケンブリッジで結成された4人組の初トップ40ヒット。
最高位9位。
アルバム「ウォーキング・オン・サンシャイン」(Katrina & The Waves)
からの一品。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000024R45001001/
1985年4月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1985年4月13日付 ]
2005-07-13(Wed) 22:14:39
01/02「ウィ・アー・ザ・ワールド」U.S.A.フォー・アフリカ
02/01「ワン・モア・ナイト」フィル・コリンズ
03/04「クレイジー・フォー・ユー」マドンナ
04/07「ナイトシフト」コモドアーズ
05/03「マテリアル・ガール」マドンナ
06/08「アイム・オン・ファイア」ブルース・スプリングスティーン
07/09「リズム・オブ・ザ・ナイト」デバージ
08/05「ラヴァー・ガール」ティナ・マリー
09/14「オブセッション」アニモーション
10/13「ミッシング・ユー」ダイアナ・ロス

11/18「ドント・ユー」シンプル・マインズ
12/19「ワン・ナイト・イン・バンコック」マレー・ヘッド
13/06「涙のフィーリング」REOスピードワゴン
14/11「サムバディ」ブライアン・アダムス
15/20「オール・シー・ウォンツ・トゥドゥ・イズ・ダンス」ドン・ヘンリー
16/12「ジャスト・アナザー・ナイト」ミック・ジャガー
17/24「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション
18/21「いかした彼女」シカゴ
19/15「ハイ・オン・ユー」サヴァイヴァー
20/10「トゥー・レイト・フォー・グッドバイ」ジュリアン・レノン

21/25「イエスタディ」フォリナー
22/28「スムース・オペレイター」シャーデー
23/17「ヒート・イズ・オン」グレン・フライ
24/16「プライヴェート・ダンサー」ティナ・ターナー
25/36「ドント・カム・アラウンド」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
26/32「言わずにおいて」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
27/34「ロック&ロール・ガールズ」ジョン・フォガティ
28/29「レイディオアクティヴ」ファーム
29/35「ニュー・アティチュード」パティ・ラベル
30/38「恋のかけひき」ワム

31/37「フォーエヴァー・マン」エリック・クラプトン
32/22「キーピン・ザ・フェイス」ビリー・ジョエル
33/30「ラッキー」グレッグ・キーン
34/43「ルール・ザ・ワールド」ティアーズ・フォー・フィアーズ
35/27「ケアレス・ウィスパー」ワム・フューチャリング・ジョージ・マイケル
36/42「ザ・バード」タイム
37/41「ヒューマン・ヴォイス」ケニー・ロギンス
38/44「サドゥンリー」ビリー・オーシャン
39/52「アクセル・フォリーのテーマ」ハロルド・フォルターメイヤー
40/23「オンリー・ザ・ヤング」ジャーニー


【ニューエントリーこめんと】

☆「ルール・ザ・ワールド」ティアーズ・フォー・フィアーズ
(Everybody Wants To Rule The World / Tears For Fears)

>本国イギリスより約3年、日本より数ヶ月遅れでアメリカでも
ブレイク。
ローランド・オーザバルとカート・スミスのコンビによる
ファルセット・ヴォイスなエレ・ポップ。
オープニングからのとうとうと流れ出るようなエレクトリックな
メロディ・ラインにあの裏声。
戦闘力高し!?
2ndアルバム「シャウト」(Songs From The Big Chair)からの
第一弾ヒットは、2週間トップに君臨。
日本でもCMに使用され、その人気に拍車をかける。
しかし彼らの親父さん(どちらのかは不明)は、ムスコが発するあの
裏声が気に食わず、彼らのCDを叩き壊す一件もあったようだ。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000JR29001003/

☆「ザ・バード」タイム
(The Bird / The Time)

>アルバム「アイスクリーム・キャッスル」(Ice Cream Cactle)からの
2ndシングル。
プリンスっぽいファンク・サウンドは前作同様健在だが、やや単調
だったか?
最高位36位。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F149%2F151149%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv41227

☆「ヒューマン・ヴォイス」ケニー・ロギンス
(Vox Humana / Kenny loggins)

>3年ぶりのニューアルバム「ヒューマン・ヴォイス」(Vox Humana)
からのファースト・シングル。
こちらも時代に合わせたエレ・ポップ調のロックだが、いまいち
狙いが浅かったか最高位29位と不振。
サントラでしか大ヒットが約束出来なくなったのであろうか!?
2ndシングルに期待しようとしたのだが・・・。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000025YD001001/

☆「サドゥンリー」ビリー・オーシャン
(Suddenly / Billy Ocean)

>最高位4位を記録したスロー・バラードなのだが、うーむ、
コメントに困る。
淡白なこの作品がこの高順位とは、チト納得が・・・。(スミマセン)アルバム「カリビアン・クィーン」(Suddenly)からの3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0002DD6AQ001006/

☆「アクセル・フォリーのテーマ」ハロルド・フォルターメイヤー
(Axel F / Harold Saltermeyer)

>サントラ「ビバリー・ヒルズ・コップ」(Beverly Hills Cop)からの
カットなのだが、なぜこのような味も素っ気もないドイツの
作曲家によるシンセサイザー・インストゥルメンタル・ナンバーが
最高位3位をマークしたのであろうか?
この週の最大の謎である??
まぁ、それだけ当時映画が大ヒットしたっていう事なのでしょう。
(でも納得いかんなぁ・・・)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002O1V001010/
1985年4月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1985年4月6日付 ]
2005-07-06(Wed) 22:11:02
01/01「ワン・モア・ナイト」フィル・コリンズ
02/05「ウィ・アー・ザ・ワールド」U.S.A.フォー・アフリカ
03/02「マテリアル・ガール」マドンナ
04/09「クレイジー・フォー・ユー」マドンナ
05/04「ラヴァー・ガール」ティナ・マリー
06/03「涙のフィーリング」REOスピードワゴン
07/10「ナイトシフト」コモドアーズ
08/14「アイム・オン・ファイア」ブルース・スプリングスティーン
09/18「リズム・オブ・ザ・ナイト」デバージ
10/06「トゥー・レイト・フォー・グッドバイ」ジュリアン・レノン

11/13「サムバディ」ブライアン・アダムス
12/12「ジャスト・アナザー・ナイト」ミック・ジャガー
13/15「ミッシング・ユー」ダイアナ・ロス
14/19「オブセッション」アニモーション
15/08「ハイ・オン・ユー」サヴァイヴァー
16/07「プライヴェート・ダンサー」ティナ・ターナー
17/11「ヒート・イズ・オン」グレン・フライ
18/28「ドント・ユー」シンプル・マインズ
19/27「ワン・ナイト・イン・バンコック」マレー・ヘッド
20/24「オール・シー・ウォンツ・トゥドゥ・イズ・ダンス」ドン・ヘンリー

21/26「いかした彼女」シカゴ
22/21「キーピン・ザ・フェイス」ビリー・ジョエル
23/16「オンリー・ザ・ヤング」ジャーニー
24/30「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション
25/29「イエスタディ」フォリナー
26/20「リラックス」フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
27/17「ケアレス・ウィスパー」ワム・フューチャリング・ジョージ・マイケル
28/38「スムース・オペレイター」シャーデー
29/31「レイディオアクティヴ」ファーム
30/34「ラッキー」グレッグ・キーン

31/25「テイク・ミー・ウィズ・ユー」プリンス&ザ・レヴォリューション
32/37「言わずにおいて」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
33/22「セイヴ・ア・プレイヤー」デュラン・デュラン
34/43「ロック&ロール・ガールズ」ジョン・フォガティ
35/45「ニュー・アティチュード」パティ・ラベル
36/44「ドント・カム・アラウンド」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
37/40「フォーエヴァー・マン」エリック・クラプトン
38/46「恋のかけひき」ワム
39/23「カリフォルニア・ガール」デイヴ・リー・ロス
40/33「ホワイ・キャント・アイ・ハヴ・ユー」カーズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ロック&ロール・ガールズ」ジョン・フォガティ
(Rock And Roll Girls / John Fogerty)

>No.1アルバム「センターフィールド」(Centerfield)からの
2ndシングル。
相変わらずの泥臭さは健在。
最高位20位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005B7FF001002/

☆「ニュー・アティチュード」パティ・ラベル
(New Attitude / Patti Labelle)

>1944年フィラデルフィア出身。
その音学歴は非常に長く、パティ・ラベル&ザ・ブルーベルズ、
ラベルを経て77年にソロとなりて以来初のトップ40ヒットがこれ。
サントラ「ビバリー・ヒルズ・コップ」(Beverly Hills Cop)からの
シングル・カット。
ソウルぽっさを含んだ軽快なダンス・ナンバー。
最高位17位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002P53001008/

☆「ドント・カム・アラウンド」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
(Don't Come Around Here No More / Tom Petty & The Heartbreakers)

>イメージ・チェンジを計ったのか?と、思うほどの気だるい
雰囲気をかもし出すロック。
PVもおとぎ話風味の内容。
久しぶりに彼のアルバム「サザン・アクセンツ」(Southern Accents)
を購入したのだが、うーん、イマイチ・・・。
この曲は面白かったけどねぇ。
最高位13位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002OO0001011/

☆「恋のかけひき」ワム
(Everything She Wants / Wham)

>アルバム「メイク・イット・ビッグ」(Make It Big)からの
3枚目のシングルになるのだが、2週もトップに立つのには納得が
いかないなぁ。
たしかに出来は悪くはないのだが、自己主張に乏しく淡々とした
この作品にNo.1になる資質があったのか、ホント疑問である。
この先、この曲を耳にするたび首を傾げるのがワタシの日課(?)に
なりそうだ。(^^)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000261P001002/
1985年4月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。