ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年2月27日付(自身も認める天賦の才?テレンス・トレント・ダービー) ]
2008-02-23(Sat) 09:30:27
01/04「Father Figure」ジョージ・マイケル
02/02「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
03/07「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ
04/08「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
05/05「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン
06/01「シーズンズ・チェンジ」エクスポゼ
07/06「セイ・ユー・ウィル」フォリナー
08/12「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
09/09「涙に別れを」ポール・キャラック
10/11「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン

11/03「思い出に抱かれて」ティファニー
12/18「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
13/13「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S
14/16「アイ・ファウンド・サムワン」シェール
15/20「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
16/10「ウォナ・ビー・ユア・マン」ロジャー
17/27「マン・イン・ザ・ミラー」マイケル・ジャクソン
18/24「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
19/22「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
20/26「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット

21/14「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
22/25「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
23/19「プッシュ・イット」ソルト&ペッパ
24/28「ヒステリア」デフ・レパード
25/31「ドック・オブ・ザ・ベイ」マイケル・ボルトン
26/15「冬の散歩道」バングルズ
27/29「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ
28/32「ロック・イット・トゥ・ユー」ジェッツ
29/35「明日へのハイウェイ」ビリー・オーシャン
30/17「エヴリホエア」フリートウッド・マック

31/34「トワイライト・ワールド」スウィング・アウト・シスター
32/23「アイ・リヴ・フォー・ユア・ラヴ」ナタリー・コール
33/42「ガールフレンド」ペブルス
34/44「FAB」ジョージ・ハリスン
35/45「チェック・イット・アウト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
36/47「サム・カインド・オブ・ラヴァー」ジョディ・ワトリー
37/21「トンネル・オブ・ラヴ」ブルース・スプリングスティーン
38/50「デヴィル・インサイド」インエクセス
39/48「エンジェル」エアロスミス
40/46「ウィッシング・ウェル」テレンス・トレント・ダービー


【ニューエントリーこめんと】

☆「ガールフレンド」ペブルス
(Girlfriend / Pebbles)

>1966年カリフォルニア州オークランド出身の女性シンガー・ソングライター。本名ペリー・アレッテ・マッキサック。
てっきりグループ名かと思いきや、ソロ・アーティストでした。ポップでダンサブルなR&Bナンバーと明記したいのだが、正直やや単調気味過ぎて聞き終えるまでには飽きてしまいそうなのがなんとも・・・。それでも最高位5位と、快調な滑り出しをみせる。

アルバム「PEBBLES」(Pebbles)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F936%2F366936%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv10402

☆「FAB」ジョージ・ハリスン
(When We Was Fab / George Harrison)

>当時CDを購入していながら、「セット・オン・ユー」(Got My Mind Set On You)に集中しすぎてまるでノーマーク状態だった作品。PVのユニークさに目を惹かれ、続いて楽曲にようやく耳が追い着いたというか・・・(スミマセン)。最高位23位。

アルバム「クラウド・ナイン」(Cloud Nine)より。

ttp://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B00014TJ7K001006/ref=mu_sam_wma_001_006

☆「チェック・イット・アウト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
(Check It Out / John Couger Mellencamp)

>いわゆる“チェケラッチョ”ってなタイトルだが、残念ながら楽曲自体は特筆すべき事はないかなぁ。最高位14位は立派なのだが・・・。

アルバム「ロンサム・ジュビリー」(The Lonesome Jubilee)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F989%2F533989%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv41014

☆「サム・カインド・オブ・ラヴァー」ジョディ・ワトリー
(Some Kind Of Lover / Jody Watley)

>それなりにパンチの効いたダンス・ナンバーなれど、やっぱワタシには合わないのか3作連続のトップ10ヒットとはいえスルー気味である。最高位10位。

アルバム「ジョディ・ワトリー」(Jody Watley)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F932%2F397932%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「デヴィル・インサイド」インエクセス
(Devil Inside / Inxs)

>当時は全米でブレイク状態だった彼らだったので、2曲連続のNo.1ヒットの誕生となっちゃうのか!?とドキドキ物だったのだが、惜しくもあと一歩届かず・・・。スピード感あふれるクールなロックは、閉店寸前だったカーズの後釜的存在だったのかもしれない。

アルバム「キック」(Kick)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F289%2F112289%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40507

☆「エンジェル」エアロスミス
(Angel / Aerosmith)

>76年の「ドリーム・オン」(Dream On)の最高位6位を上回る3位をマークした、ハードロック・バンドによるパワフルなバラード。ベテランの彼らを代表する楽曲が、ここにまたひとつ誕生したわけである。

アルバム「パーマネント・ヴァケーション」(Permanent Vacation)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F624%2F170624%5F1%5F14%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ウィッシング・ウェル」テレンス・トレント・ダービー
(Wishing Well / Terence Trent D'arby)

>1962年ニューヨーク州マンハッタン出身のシンガー・ソングライター兼マルチ・プレイヤー。本名テレンス・トレント・ハワード。
87年イギリスにて華々しいデビューを飾っていた彼だが、逆輸入という形で本国でもチャート・デビュー。「行かないで、ステイ」(If You Let Me Stay)はイギリスほどのヒットには恵まれなかったものの、2ndシングルである本作にて頭角を現すようになる。当時はプリンスの対抗馬的なアーティストの誕生かと、それなりに世間から話題を集めたのだが、御本人が自らのポテンシャルの高さをアピールしたのが災いしたのかどうかは分からないのだが、殿下ほどのブレイクは果たせず仕舞い。とはいえ、この独創的な世界観を表現したサウンドを無視するわけにはいかないのだが、残念ながら当時はCD購入にまでは至らず。しかし20年後の今、ようやく彼のデビュー・アルバムを入手。遅ればせながらも既成のカテゴリーに捕らわれない彼の芸術作品を楽しませていただきましょう。なお、このミディアム・スローなダービー・サウンドは、イギリスでのチャート・アクションを上回り、全米No.1(1週)に輝いている。
また現在彼は、サナンダ・マイトルーヤという名義で活躍中ナリ。(長文ゴメン!)

アルバム「TTD」(Introducing Hardline According To Terence Trent D'arby)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F658%2F94658%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv30701
スポンサーサイト
音楽チャート1988年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1988年2月20日付(ソロにて参上、でもねぇ・・・ボーイ・ジョージ) ]
2008-02-16(Sat) 19:43:56
01/02「シーズンズ・チェンジ」エクスポゼ
02/05「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
03/01「思い出に抱かれて」ティファニー
04/12「Father Figure」ジョージ・マイケル
05/04「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン
06/08「セイ・ユー・ウィル」フォリナー
07/10「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ
08/11「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
09/09「涙に別れを」ポール・キャラック
10/03「ウォナ・ビー・ユア・マン」ロジャー

11/16「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
12/18「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
13/17「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S
14/06「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
15/07「冬の散歩道」バングルズ
16/19「アイ・ファウンド・サムワン」シェール
17/14「エヴリホエア」フリートウッド・マック
18/23「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
19/21「プッシュ・イット」ソルト&ペッパ
20/26「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス

21/13「トンネル・オブ・ラヴ」ブルース・スプリングスティーン
22/27「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
23/15「アイ・リヴ・フォー・ユア・ラヴ」ナタリー・コール
24/33「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
25/31「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
26/34「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
27/36「マン・イン・ザ・ミラー」マイケル・ジャクソン
28/35「ヒステリア」デフ・レパード
29/30「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ
30/20「ポップ・ゴーズ・ザ・ワールド」メン・ウィズアウト・ハッツ

31/37「ドック・オブ・ザ・ベイ」マイケル・ボルトン
32/40「ロック・イット・トゥ・ユー」ジェッツ
33/32「恋の留守番電話853-5937」スクィーズ
34/42「トワイライト・ワールド」スウィング・アウト・シスター
35/49「明日へのハイウェイ」ビリー・オーシャン
36/25「セット・オン・ユー」ジョージ・ハリスン
37/24「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」マイケル・ジャクソン
38/22「プレイス・オブ・ユア・マン」プリンス
39/28「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」テイラー・デイン
40/41「リヴ・マイ・ライフ」ボーイ・ジョージ


【ニューエントリーこめんと】

☆「トワイライト・ワールド」スウィング・アウト・シスター
(Twilight World / Swing Out Sister)

>「ブレイクアウト」(Breakeout)の一発屋かと思いきや、もう一曲トップ40ヒットがあったのね・・・。(失敬!)アダルト・コンテンポラリーな、いわゆるスムースジャズがなかなか心地良し。最高位31位。

アルバム「ベター・トゥ・トラベル」(It's Better Travel)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F461%2F434461%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40823

☆「明日へのハイウェイ」ビリー・オーシャン
(Get Outta My Dreams , Get Into My Car / Billy Ocean)

>86年のNo.2ヒット、「ゲット・タフ」(When The Going Gets Tough , The Tough Get Going)と同系列な曲調&原題に惑わされ、よくごちゃ混ぜにしてしまうのだが、コチラの方は見事No.1(2週)に輝いている。

アルバム「ティアー・ダウン・ジーズ・ウォールズ」(Tear Down These Walls)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Feuwm2%2F520%2F6554520%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv40611

☆「リヴ・マイ・ライフ」ボーイ・ジョージ
(Live My Life (From The Film "Hiding Out") / Boy Jeorge)

>1961年イギリス・ロンドン出身のシンガー・ソングライター。
ってか、言わずとも知れた元カルチャー・クラブのボーカリストのソロである。86年にグループ解散後、この中途半端なダンス・ナンバーでめでたくソロでの初トップ40ヒットを記録したのだが、息も絶え絶えな1週のみの最高位40位とは手放しでは喜べまいて。このままアメリカン・チャートとは無縁になるかと思いきや、93年にトップ20ヒットを放つとは・・・。リチャード・マークスに匹敵するほどのデカイ頭は、伊達ではない事を証明(以下自粛)。

サントラ「ウォンテッド・ハイスクール/あぶない転校生」(Hiding Out)より。

ttp://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B00006JOCJ001001/ref=mu_sam_wma_001_001
音楽チャート1988年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1988年2月13日付(変な邦題?ジェッツ) ]
2008-02-09(Sat) 09:25:04
01/01「思い出に抱かれて」ティファニー
02/04「シーズンズ・チェンジ」エクスポゼ
03/05「ウォナ・ビー・ユア・マン」ロジャー
04/06「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン
05/07「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
06/03「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
07/02「冬の散歩道」バングルズ
08/08「セイ・ユー・ウィル」フォリナー
09/11「涙に別れを」ポール・キャラック
10/15「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ

11/16「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
12/19「Father Figure」ジョージ・マイケル
13/09「トンネル・オブ・ラヴ」ブルース・スプリングスティーン
14/14「エヴリホエア」フリートウッド・マック
15/13「アイ・リヴ・フォー・ユア・ラヴ」ナタリー・コール
16/23「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
17/20「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S
18/27「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
19/26「アイ・ファウンド・サムワン」シェール
20/21「ポップ・ゴーズ・ザ・ワールド」メン・ウィズアウト・ハッツ

21/25「プッシュ・イット」ソルト&ペッパ
22/10「プレイス・オブ・ユア・マン」プリンス
23/29「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
24/12「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」マイケル・ジャクソン
25/18「セット・オン・ユー」ジョージ・ハリスン
26/32「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
27/31「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
28/17「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」テイラー・デイン
29/22「キャンドル・イン・ザ・ウインド」エルトン・ジョン
30/35「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ

31/34「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
32/33「恋の留守番電話853-5937」スクィーズ
33/39「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
34/38「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
35/41「ヒステリア」デフ・レパード
36/48「マン・イン・ザ・ミラー」マイケル・ジャクソン
37/44「ドック・オブ・ザ・ベイ」マイケル・ボルトン
38/28「オネストリー」ストライパー
39/24「クレイジー」アイスハウス
40/50「ロック・イット・トゥ・ユー」ジェッツ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ヒステリア」デフ・レパード
(Hysteria / Def Leppard)

>期待と不安に満ちたアルバムからの3rdシングルなのだが、当時TVの音楽番組「夜のヒット・スタジオ」にて彼らがライヴ演奏にて披露してくれたのが、このソフトな耳あたりのミディアム・スローなロック・ナンバー。最高位も10位と彼らにとって初のトップ10ヒットとして記録された楽曲なのだが、アルバム購入のための評価曲として判断するにはとても微妙で、もう今回のアルバムはもうスルーかなぁという思いも巡り始めていたこの当時・・・。だが、“らしさ”が発揮されるのは、次のシングルからだったのである。(オイオイ)

アルバム「ヒステリア」(Hysteria)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F652%2F939652%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv61018

☆「マン・イン・ザ・ミラー」マイケル・ジャクソン
(The Man In The Mirror / Michael Jackson)

>アルバム収録中、一番ドラマチックだったナンバー。マイコーが全く登場しない記録フィルム的な作りだったPVには非難的な声もあったのだが、「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」(I Just Can't Stop Loving You)でデュエットしたサイーダ・ギャレットも製作に関わった完成度の高いこの楽曲は、アルバムからのシングル4曲連続全米No.1(2週)に輝く事実を残す結果となる。さらに、今回のアルバムはスルーだなと思っていたワタシにとってはキラー・ソングとなり、前作に続き今作も入手してしまったあの当時。

アルバム「BAD」(Bad)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F506%2F597506%5F2%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv50801

☆「ドック・オブ・ザ・ベイ」マイケル・ボルトン
((Sittin' On) The Dock Of The Bay / Michael Bolton)

>もちろん1968年、オーティス・レディングによる大ヒット・ナンバーのカバー。このご時世にこの作品はちと地味すぎかと思いきや、あわやトップ10入りか?と思わせる最高位11位まで上昇。じわじわと実力をその身に付け始めていた彼の本格的ブレイクは、次のアルバムからとなる。

アルバム「いざないの夜」(The Hunger)より。

http://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F603%2F198603%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv40322

☆「ロック・イット・トゥ・ユー」ジェッツ
(Rocket 2 U / The Jets)

>今は無きFM雑誌“FMfan”に掲載されていたHot100では、邦題が「ロケット・トゥ・ユー」が途中から「ロック・イット~」に変化し、Hot100から消えるまで誤植のままですか?と今回まで思っていたのだが、コレが正当な邦題だったとは・・・。最高位6位。それにしても、これだけコンスタントにトップ10ヒットを世に送り込んでいたにも関わらず、ワタシには彼らのサウンドは反応が小さかった。このダンサブルなナンバーに注目したのは、前述の“邦題”の件だったとはねぇ・・・。(スミマセン)

アルバム「魔法~マジック」(Magic)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F377%2F433377%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv30225
音楽チャート1988年2月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1988年2月6日付(これがニュー・ジャック・スウィングだ!キース・スウェット) ]
2008-02-02(Sat) 09:40:27
01/02「思い出に抱かれて」ティファニー
02/03「冬の散歩道」バングルズ
03/01「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
04/05「シーズンズ・チェンジ」エクスポゼ
05/06「ウォナ・ビー・ユア・マン」ロジャー
06/08「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン
07/12「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
08/13「セイ・ユー・ウィル」フォリナー
09/14「トンネル・オブ・ラヴ」ブルース・スプリングスティーン
10/11「プレイス・オブ・ユア・マン」プリンス

11/15「涙に別れを」ポール・キャラック
12/04「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」マイケル・ジャクソン
13/17「アイ・リヴ・フォー・ユア・ラヴ」ナタリー・コール
14/18「エヴリホエア」フリートウッド・マック
15/21「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ
16/24「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
17/10「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」テイラー・デイン
18/07「セット・オン・ユー」ジョージ・ハリスン
19/30「Father Figure」ジョージ・マイケル
20/25「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S

21/22「ポップ・ゴーズ・ザ・ワールド」メン・ウィズアウト・ハッツ
22/09「キャンドル・イン・ザ・ウインド」エルトン・ジョン
23/27「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
24/16「クレイジー」アイスハウス
25/26「プッシュ・イット」ソルト&ペッパ
26/29「アイ・ファウンド・サムワン」シェール
27/33「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
28/23「オネストリー」ストライパー
29/37「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
30/20「やさしくエモーション」ホイットニー・ヒューストン

31/39「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
32/40「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
33/35「恋の留守番電話853-5937」スクィーズ
34/42「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
35/36「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ
36/19「あなたのスウィート・ガール」ハート
37/28「フェイス」ジョージ・マイケル
38/48「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
39/57「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
40/44「リズム・オブ・ラヴ」イエス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
(Be Still My Beast Heart / Sting)

>試聴した限りでは、シングルとしてはやや地味過ぎるようなイメージがあるが、最高位15位まで引き上げたナニかが存在していたのであろう。

アルバム「ナッシング・ライク・ザ・サン」(Nothing Like The Sun)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F455%2F147455%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv30715

☆「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
(I Want Her / Keith Sweat)

>1961年ニューヨーク州ハーレム出身のR&Bシンガー・ソングライター兼プロデューサー。本名キース・クライアー。
アーティスト兼プロデューサーであるテディ・ライリーが発案した、ニュー・ジャック・スウィングという新たなR&Bサウンドを元に開発された楽曲。見事世界に布教する事に成功し、全米でも最高位5位をマーク。以降、多数のアーティストによってこのニュー・サウンドが取り上げられる事となる。

アルバム「メイク・イット・ラスト・フォーエヴァー」(Make It Last Forever)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F121%2F508121%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv60308

☆「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
(Out Of The Blue / Debbie Gibson)

>彼女のデビュー・アルバムのタイトルが、大のお気に入りであるE.L.O.の2枚組みアルバムと同名なのにちとイラついていた当時のワタシだったのだが、ついにアルバム・タイトル曲をシングル(最高位3位)に持ってきやがったか、この小娘が!なんて思ったのも束の間で、耳にした瞬間キラー・ソングに早変わり。現在も我がCDライブラリーには、同名異内容の「アウト・オブ・ザ・ブルー」が2枚存在する次第である。

アルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」(Out Of The Blue)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F263%2F105263%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「リズム・オブ・ラヴ」イエス
(Rhythm Of Love / Yes)

>80年代に突如としてトップ40ヒットを連発したプログレの雄の一角を担った新生イエスだが、この作品を最後(最高位40位)にトップ40とは無縁の世界へと回帰する事となる。

アルバム「ビッグ・ジェネレーター」(Big Generator)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F716%2F158716%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv30624
音楽チャート1988年2月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。