ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年10月31日付(変なバンド名で一発ヒット、ワ・ワ・ニー) ]
2007-10-27(Sat) 08:28:53
01/01「バッド」マイケル・ジャクソン
02/02「コモーション」マドンナ
03/05「ふたりの世界」ティファニー
04/07「モニー・モニー」ビリー・アイドル
05/06「カサノヴァ」レヴァート
06/09「リトル・ライズ」フリートウッド・マック
07/08「レット・ミー・ビー・ザ・ワン」エクスポゼ
08/03「ユー・ガット・ザ・ルック」プリンス
09/13「ブレイクアウト」スウィング・アウト・シスター
10/16「ブリリアント・ディスガイズ」ブルース・スプリングスティーン

11/15「哀しみの天使」ペット・ショップ・ボーイズ
12/20「タイム・オブ・マイ・ライフ」ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
13/04「ロスト・イン・エモーション」リサ・リサ&カルト・ジャム
14/18「約束の地」U2
15/23「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」ベリンダ・カーライル
16/22「ウェイト・フォー・ラヴ」ケニーG
17/26「シュッドヴ・ノウン・ベター」リチャード・マークス
18/17「ユー・アー・ザ・ガール」カーズ
19/11「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」ホワイトスネイク
20/10「キャリー」ヨーロッパ

21/25「夢のうつろひ」カッティング・クルー
22/19「涙のドリーム」REOスピードワゴン
23/12「フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ」ハート
24/28「ワン・アイ・ラヴ」R.E.M.
25/29「アイ・ウォント・フォアゲット・ユー」ポイズン
26/14「ペーパー・イン・ファイア」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
27/30「カモン・レッツ・ゴー」ロス・ロボス
28/34「ウィル・ビー・トゥゲザー」スティング
29/33「アワーグラス」スクィーズ
30/21「アイ・ハード・ア・ルーマー」バナナラマ

31/35「ボーイズ・ナイト・アウト」ティモシー・B・シュミット
32/31「ホリディ」アザー・ワンズ
33/37「シェイク・ユア・ラヴ」デビー・ギブソン
34/40「ドント・ユー・ウォント・ミー」ジョディ・ワトリー
35/24「恋のアドバイス」ホイットニー・ヒューストン
36/36「恋はセンシティヴ」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
37/54「フェイス」ジョージ・マイケル
38/43「キャッチ・ミー」プリティ・ポイズン
39/41「シュガー・フリー」ワ・ワ・ニー
40/42「ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ」イエス


【ニューエントリーこめんと】

☆「フェイス」ジョージ・マイケル
(Faith / George Michael)

>今更なんの説明もいらないと思うが、ソロとしてその圧倒的な存在感を
示しつけた作品がコレであろう。
アコースティックを主体とした、そのシンプルながらも余裕を感じさせる
ポップ・ナンバーが全米の頂点へ昇りつめた(4週)のは、もう当然の結果か?
まさに絶頂期ってヤツであろうかな。

アルバム「Faith」(Faith)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F546%2F125546%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv40322

☆「キャッチ・ミー」プリティ・ポイズン
(Catch Me (I'm Falling)(From The Film "Hiding Out") / Pretty Poison)

>1984年ペンシルバニア州フィラデルフィアで結成。
84年のリアル・ライフのヒットをカバーしたのかと思いきや、
全くの同名異曲なダンス・ポップ・ナンバー。
最高位8位。

アルバム「キャッチ・ミー」(Catch Me I'm Falling)より。

ttp://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B000005I2W001004/ref=mu_sam_wma_001_004/103-5428314-4946239

☆「シュガー・フリー」ワ・ワ・ニー
(Suger Free / Wa Wa Nee)

>1985年オーストラリアで結成。
当時、この奇怪なバンド名に惹かれ、どのような楽曲を奏でているのか
興味を持ったのだが、残念ながらそのチャンスに恵まれず今日に至る。
今回ようやく映像付で試聴する事ができ、ああ、アイドル・バンドだったんだなぁと確認。
最高位35位。
作品を耳にできたのはいいが、今度はこのバンド名の“意味”は
一体何なンだという疑問が・・・!

アルバム「君を夢見て」(Wa Wa Nee)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F966%2F683966%5F1%5F12%2Easx%3Fobj%3Dv60301

☆「ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ」イエス
(Love Will Find A Way / Yes)

>商業的に大成功を収めた前アルバム、「90125」(90125)からの流れを
そのまま継いだようなポップなプログレ・ナンバー。
しかし、約4年のブランクが長すぎたのか、最高位30位とやや低調な結果に・・・。
でも、大ヒットの後に間髪を入れず新作発表という行動に移さなかったのは、
彼らのポリシーみたいなものだったかも?
ある意味で、大物の“貫禄”というヤツですかな☆

アルバム「ビッグ・ジェネレーター」(Big Generator)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F716%2F158716%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv30624
スポンサーサイト
音楽チャート1987年10月チャートTB : 0CM : 7
  [ 1987年10月24日付(ソロでもなんとか成功?ティモシー・B・シュミット) ]
2007-10-20(Sat) 09:35:05
01/04「バッド」マイケル・ジャクソン
02/05「コモーション」マドンナ
03/02「ユー・ガット・ザ・ルック」プリンス
04/01「ロスト・イン・エモーション」リサ・リサ&カルト・ジャム
05/11「ふたりの世界」ティファニー
06/08「カサノヴァ」レヴァート
07/14「モニー・モニー」ビリー・アイドル
08/12「レット・ミー・ビー・ザ・ワン」エクスポゼ
09/13「リトル・ライズ」フリートウッド・マック
10/03「キャリー」ヨーロッパ

11/06「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」ホワイトスネイク
12/07「フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ」ハート
13/16「ブレイクアウト」スウィング・アウト・シスター
14/09「ペーパー・イン・ファイア」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
15/19「哀しみの天使」ペット・ショップ・ボーイズ
16/20「ブリリアント・ディスガイズ」ブルース・スプリングスティーン
17/18「ユー・アー・ザ・ガール」カーズ
18/21「約束の地」U2
19/22「涙のドリーム」REOスピードワゴン
20/25「タイム・オブ・マイ・ライフ」ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ

21/10「アイ・ハード・ア・ルーマー」バナナラマ
22/24「ウェイト・フォー・ラヴ」ケニーG
23/27「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」ベリンダ・カーライル
24/15「恋のアドバイス」ホイットニー・ヒューストン
25/26「夢のうつろひ」カッティング・クルー
26/28「シュッドヴ・ノウン・ベター」リチャード・マークス
27/17「ジャンプ・スタート」ナタリー・コール
28/30「ワン・アイ・ラヴ」R.E.M.
29/31「アイ・ウォント・フォアゲット・ユー」ポイズン
30/34「カモン・レッツ・ゴー」ロス・ロボス

31/29「ホリディ」アザー・ワンズ
32/23「ワン・ハートビート」スモーキー・ロビンソン
33/40「アワーグラス」スクィーズ
34/43「ウィル・ビー・トゥゲザー」スティング
35/42「ボーイズ・ナイト・アウト」ティモシー・B・シュミット
36/44「恋はセンシティヴ」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
37/51「シェイク・ユア・ラヴ」デビー・ギブソン
38/38「ノトーリアス」ラヴァーボーイ
39/41「レッツ・ワーク」ミック・ジャガー
40/56「ドント・ユー・ウォント・ミー」ジョディ・ワトリー


【ニューエントリーこめんと】

☆「ウィル・ビー・トゥゲザー」スティング
(We'll Be Together / Sting)

>う~む、ジャズっぽい仕上がりになっており、なかなかイカしておりますよ。
ソロになりて、さまざまなジャンルの音楽に挑戦している彼の精神は素晴らしいのだが、
やっぱひとつの音楽をある程度開拓していかないとファンが混乱してしまうので
注意が必要である。
最高位7位。

アルバム「ナッシング・ライク・ザ・サン」(Nothing Like The Sun)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F455%2F147455%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv30715

☆「ボーイズ・ナイト・アウト」ティモシー・B・シュミット
(Boys Night Out / Timothy B. Schmit)

>1947年カリフォルニア州オークランド出身。
70年にポコのメンバーとして、また77年にはかのイーグルスのベーシストとして参入、
「言いだせなくて」(I Can't Tell You Why)のヒット曲を生み出す。
イーグルスが解散後、ソロとして82年にタイムズのカバー曲「ソゥ・マッチ・イン・ラヴ」
(So Much In Love)を最高位59位まで上昇させ、今回ようやくソロとして
初のトップ40ヒットを放つ事に成功。
で、初試聴の感想としましては、ミディアム・スローなイーグルス風ロックってトコか?
最高位25位。
それにしても在籍したバンドの先々で、彼に追い立てられるようにして
去っていったランディ・マイズナーは一体・・・。
でもソロとしてのトップ40での活躍は、ランディの方が格が上であろうかな。

アルバム「ティモシーB」(Timothy B)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1810643

☆「恋はセンシティヴ」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
(Betcha Say That / Gloria Estefan & Miami Sound Machine)

>名曲テンコ盛りなアルバムから、なぜにかような作品を2ndシングルに
持ってくるのか全く意味不明である。
最高位36位となんとかトップ40入りは果たしたものの、アルバムのセールスには
つながらず最悪の結果に・・・。
まさに始末書ものの愚行というべきシングル選択であろうかな。

アルバム「レット・イット・ルース」(Let It Loose)より。

http://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F394%2F281394%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「シェイク・ユア・ラヴ」デビー・ギブソン
(Shake Your Love / Debbie Gibson)

>今回も若さはじけるポップなダンス・ナンバーで攻めてまいりました。
最高位4位と見事な成績を収めたものの、まだまだ物足りなさを感じるかなぁ。

アルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」(Out Of The Blue)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F263%2F105263%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「レッツ・ワーク」ミック・ジャガー
(Let's Work / Mick Jagger)

>この作品も悪くはないのだが、やっぱ物足りなささを感じずにはいられません。
ポップな作りだが、アルバム購入に至るほどのパワーはないってこってす。
(まぁ、エラそうに)
最高位は、トップ40滞在1週のみとなる39位。

アルバム「プリミティヴ・クール」(Primitive Cool)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F155%2F113155%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ドント・ユー・ウォント・ミー」ジョディ・ワトリー
(Don't You Want Me / Jody Watley)

>キャッチーなダンス・ナンバーなのだが、これまたワタシには物足りなさ(以下略)。
最高位6位。
今回は辛らつなコメントが多く、ほんと申し訳ないッス★(陳謝)

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F294%2F492294%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv31006

★圏外96位★

☆「行かないで、ステイ」テレンス・トレント・ダービー
(If You Let Me Stay / Terence Trent D'arby)

>1962年ニューヨーク出身。
邦題がちとアレな上に、最高位も68位と低迷したものの、当時はそれなりに
あるインパクトを受けた作品。
今回は"顔見せ”という感じでのHot100エントリーだったが、次作で本領を発揮。
暫しその時を待ちましょう。
・・・で、どうでもいい事なのだが、彼はワタシと生年月日が非常に近いのよね☆

アルバム「TTD」(Introducing Hardline According To Terence Trent D'arby)より。
音楽チャート1987年10月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1987年10月17日付(表舞台へ颯爽とデビュー!R.E.M.) ]
2007-10-13(Sat) 20:01:06
01/02「ロスト・イン・エモーション」リサ・リサ&カルト・ジャム
02/05「ユー・ガット・ザ・ルック」プリンス
03/03「キャリー」ヨーロッパ
04/08「バッド」マイケル・ジャクソン
05/11「コモーション」マドンナ
06/01「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」ホワイトスネイク
07/07「フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ」ハート
08/10「カサノヴァ」レヴァート
09/09「ペーパー・イン・ファイア」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
10/04「アイ・ハード・ア・ルーマー」バナナラマ

11/15「ふたりの世界」ティファニー
12/12「レット・ミー・ビー・ザ・ワン」エクスポゼ
13/16「リトル・ライズ」フリートウッド・マック
14/17「モニー・モニー」ビリー・アイドル
15/06「恋のアドバイス」ホイットニー・ヒューストン
16/18「ブレイクアウト」スウィング・アウト・シスター
17/13「ジャンプ・スタート」ナタリー・コール
18/19「ユー・アー・ザ・ガール」カーズ
19/21「哀しみの天使」ペット・ショップ・ボーイズ
20/30「ブリリアント・ディスガイズ」ブルース・スプリングスティーン

21/24「約束の地」U2
22/22「涙のドリーム」REOスピードワゴン
23/14「ワン・ハートビート」スモーキー・ロビンソン
24/28「ウェイト・フォー・ラヴ」ケニーG
25/35「タイム・オブ・マイ・ライフ」ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
26/34「夢のうつろひ」カッティング・クルー
27/40「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」ベリンダ・カーライル
28/41「シュッドヴ・ノウン・ベター」リチャード・マークス
29/36「ホリディ」アザー・ワンズ
30/43「ワン・アイ・ラヴ」R.E.M.

31/42「アイ・ウォント・フォアゲット・ユー」ポイズン
32/29「サムシング・リアル」Mr.ミスター
33/20「ホェン・スモーキー・シングス」ABC
34/48「カモン・レッツ・ゴー」ロス・ロボス
35/25「ラ・バンバ」ロス・ロボス
36/31「とまどい」ダン・ヒル
37/26「ワイプアウト」ファット・ボーイズ&ビーチ・ボーイズ
38/39「ノトーリアス」ラヴァーボーイ
39/23「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」マイケル・ジャクソンwithサイーダ・ギャレット
40/51「アワーグラス」スクィーズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「シュッドヴ・ノウン・ベター」リチャード・マークス
(Should've Known Better / Richard Marx)

>なんか煮え切らないというか、いまいちノリ切れないポップ・ロックなのだが、
最高位が破格の3位!
前作同様、その巨大なアタマ分を差し引いても高すぎると思うのだが・・・。
(ゴメン!)

アルバム「リチャード・マークス」(Richard Marx)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F038%2F265038%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ワン・アイ・ラヴ」R.E.M.
(The One I Love / R.E.M.)

>1980年ジョージア州アセンズで結成されたロック・バンド。
マイナー時代の下積み生活で蓄え続け、今回一気にメジャー・シーンへと
踏み出す事に成功!
一見冴えない感じをも受けるそのオルタナティヴなロック・サウンドは、
ツボにハマるとこれがなかなかどうしてイケてるサウンドに早変わりする
この不思議さよ!
最高位9位と、カレッジ・チャートからビルボード・チャートへの転身も大成功である。
なお有名であろうが、R.E.M.とは"Rapid Eye Movement"(急速眼球運動)の
略との説があるが、まだ定かではないようだ。

アルバム「ドキュメント」(Document)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F995%2F135995%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv51104

☆「アイ・ウォント・フォアゲット・ユー」ポイズン
(I Won't forget You / Poison)

>能天気ロック・バンドによるバラードだが、実はキラー・ソング。
最高位は13位。
とにかく彼らのデビュー・アルバムは、理屈なく楽しめたし、実際それが
正しい聴き方なのであろう。

アルバム「ポイズン・ダメージ」(Look What The Cat Dragged In)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F684%2F239684%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv50926

☆「カモン・レッツ・ゴー」ロス・ロボス
(Come On , Let's Go / Los Lobos)

>大ヒットを記録した「ラ・バンバ」(La Bamba)に続く第二弾は、
やはり今回もリッチー・ヴァレンスによる1958年のヒット曲をカバー。
最高位21位と二匹目のどじょうとはいかなかったが、一発屋という汚名からは
逃れられる事には成功している。(スミマセン)

サントラ「ラ・バンバ」(La Bamba)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F436%2F682436%5F1%5F11%2Easx%3Fobj%3Dv60209

☆「アワーグラス」スクィーズ
(Hourglass / Squeeze)

>1974年イギリス・ロンドンで結成されたポップ・バンド。
82年に一度解散したものの、85年に再結成し初のトップ40ヒット誕生という
良き日を迎える。
今回初めて彼らのサウンドを試聴したのだが、実はワタシ、そのバンド名から
ハードなロックを演じているのかと思っておりました・・・。
とても爽やかなポップ・ロックが、最高位15位をマーク。

アルバム「バビロン・アンド・オン」(Babylon And On)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F471%2F315471%5F1%5F16%2Easx%3Fobj%3Dv10910
音楽チャート1987年10月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1987年10月10日付(羽ばたきの時来たれり!ベリンダ・カーライル) ]
2007-10-06(Sat) 08:46:47
01/02「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」ホワイトスネイク
02/03「ロスト・イン・エモーション」リサ・リサ&カルト・ジャム
03/05「キャリー」ヨーロッパ
04/04「アイ・ハード・ア・ルーマー」バナナラマ
05/06「ユー・ガット・ザ・ルック」プリンス
06/01「恋のアドバイス」ホイットニー・ヒューストン
07/07「フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ」ハート
08/16「バッド」マイケル・ジャクソン
09/09「ペーパー・イン・ファイア」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
10/11「カサノヴァ」レヴァート

11/14「コモーション」マドンナ
12/15「レット・ミー・ビー・ザ・ワン」エクスポゼ
13/13「ジャンプ・スタート」ナタリー・コール
14/10「ワン・ハートビート」スモーキー・ロビンソン
15/21「ふたりの世界」ティファニー
16/19「リトル・ライズ」フリートウッド・マック
17/24「モニー・モニー」ビリー・アイドル
18/26「ブレイクアウト」スウィング・アウト・シスター
19/23「ユー・アー・ザ・ガール」カーズ
20/08「ホェン・スモーキー・シングス」ABC

21/30「哀しみの天使」ペット・ショップ・ボーイズ
22/29「涙のドリーム」REOスピードワゴン
23/12「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」マイケル・ジャクソンwithサイーダ・ギャレット
24/35「約束の地」U2
25/20「ラ・バンバ」ロス・ロボス
26/18「ワイプアウト」ファット・ボーイズ&ビーチ・ボーイズ
27/17「タッチ・オブ・グレイ」グレイトフル・デッド
28/36「ウェイト・フォー・ラヴ」ケニーG
29/34「サムシング・リアル」Mr.ミスター
30/40「ブリリアント・ディスガイズ」ブルース・スプリングスティーン

31/22「とまどい」ダン・ヒル
32/27「フェイク」アレキサンダー・オニール
33/32「ヴィクティム・オブ・ラヴ」ブライアン・アダムス
34/38「夢のうつろひ」カッティング・クルー
35/54「タイム・オブ・マイ・ライフ」ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
36/42「ホリディ」アザー・ワンズ
37/31「オンリー・イン・マイ・ドリームス」デビー・ギブソン
38/25「すべてを君に」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
39/43「ノトーリアス」ラヴァーボーイ
40/56「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」ベリンダ・カーライル


【ニューエントリーこめんと】

☆「タイム・オブ・マイ・ライフ」ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
((I've Had) The Time Of My Life / Bill Medley & Jennifer Warnes)

>1940年カリフォルニア州ロサンゼルス出身の、元ライチャス・ブラザーズの
メンバーでありシンガー・ソングライターであるビル・メドレーと、
男性シンガーとのデュエットにおいてその存在感を120%発揮する
女性シンガー・ソングライター、ジェニファー・ウォーンズとのコラボ。
ポップな男女デュエット・ソングが、82年の「愛と青春の旅立ち」(Up Where We Belong)
以来、ジェニファーにとって2曲目の栄冠に輝くこととなる(1週)。
それにしても、この曲を収録したサントラ盤の異常とも呼べるような売り上げと
チャート・イン週数は、いったいナンなんだ!?

サントラ「ダーティ・ダンシング」(Dirty Dancing)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F336%2F97336%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv31020

☆「ホリディ」アザー・ワンズ
(Holiday / The Other Ones)

>発祥の地や年は不明なのだが、オーストラリア人とドイツ人とによる混成バンド。
活動拠点はベルリンらしいからドイツのバンドと言っていいのであろうか?(困った)
俗に言う“一発屋”なのだが、その風変わりなバンド・メンバー同様、
この作品も風変わりなレトロチック風ポップ・ナンバーで、その存在感を
大きくアピール。
最高位29位とはいえ、CMでも使用されたため日本でも認知度は高いであろうかな。

アルバム「ホリディ」(The Other Ones)より。

ttp://mysound.jp/music/detail/tA5RD/

☆「ノトーリアス」ラヴァーボーイ
(Notorious / Loverboy)

>80年代初期からあれほどカッコいいロック・ナンバーを、多数提供してくれた
彼らによるラスト・トップ40ヒットがコレとは・・・。
当時は多少なりともショックを受けたものである。
最高位38位。
なお、デュラン・デュランの作品とは同名異曲。
正直、作品としてはどっちもどっちだが、デュランの方は最高位2位を
記録しているのでまだ威張れるか?(ゴメン)

アルバム「ワイルドサイド」(Wildside)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F217%2F167217%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv31014

☆「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」ベリンダ・カーライル
(Heaven Is A Place On Earth / Belinda Carlisle)

>元ゴー・ゴーズのボーカリストというレッテルから完全に脱却し、
一人の女性ボーカリストとして羽ばたいた瞬間でありましょう。
美しいその楽曲の完成度も非常に高く、長年のリスニングにも
十分耐えられるあろう傑作である。
最高位はもちろんNo.1(1週)だ!

アルバム「ヘヴン・オン・アース」(Heaven On Earth)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Feuwm2%2F991%2F1075991%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv20918
音楽チャート1987年10月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1987年10月3日付(クール・ダウンに成功?ブルース・スプリングスティーン) ]
2007-09-29(Sat) 20:31:44
01/01「恋のアドバイス」ホイットニー・ヒューストン
02/02「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」ホワイトスネイク
03/05「ロスト・イン・エモーション」リサ・リサ&カルト・ジャム
04/04「アイ・ハード・ア・ルーマー」バナナラマ
05/07「キャリー」ヨーロッパ
06/10「ユー・ガット・ザ・ルック」プリンス
07/13「フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ」ハート
08/06「ホェン・スモーキー・シングス」ABC
09/14「ペーパー・イン・ファイア」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
10/16「ワン・ハートビート」スモーキー・ロビンソン

11/17「カサノヴァ」レヴァート
12/03「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」マイケル・ジャクソンwithサイーダ・ギャレット
13/19「ジャンプ・スタート」ナタリー・コール
14/23「コモーション」マドンナ
15/22「レット・ミー・ビー・ザ・ワン」エクスポゼ
16/29「バッド」マイケル・ジャクソン
17/09「タッチ・オブ・グレイ」グレイトフル・デッド
18/12「ワイプアウト」ファット・ボーイズ&ビーチ・ボーイズ
19/24「リトル・ライズ」フリートウッド・マック
20/08「ラ・バンバ」ロス・ロボス

21/28「ふたりの世界」ティファニー
22/15「とまどい」ダン・ヒル
23/26「ユー・アー・ザ・ガール」カーズ
24/32「モニー・モニー」ビリー・アイドル
25/11「すべてを君に」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
26/30「ブレイクアウト」スウィング・アウト・シスター
27/25「フェイク」アレキサンダー・オニール
28/27「ネヴァー・レット・ミー・ダウン」デヴィッド・ボウイ
29/31「涙のドリーム」REOスピードワゴン
30/37「哀しみの天使」ペット・ショップ・ボーイズ

31/21「オンリー・イン・マイ・ドリームス」デビー・ギブソン
32/33「ヴィクティム・オブ・ラヴ」ブライアン・アダムス
33/18「アイ・ニード・ラヴ」L.L.クール
34/36「サムシング・リアル」Mr.ミスター
35/43「約束の地」U2
36/39「ウェイト・フォー・ラヴ」ケニーG
37/20「フー・ファウンド・フー」ジェリービーン・フィーチャリング・エリサ・フィオリロ
38/45「夢のうつろひ」カッティング・クルー
39/40「ドント・ルック・ダウン」ゴー・ウェスト
40/─「ブリリアント・ディスガイズ」ブルース・スプリングスティーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「約束の地」U2
(Where The Streets Have No Name / U2)

>全米で大ブレイクのきっかけとなったベストセラー・アルバムのOPを務めた、
ギターの音色が冴え渡るアップ・テンポなロック・ナンバー。
しかしシングルとしてはどうかな?と思っていたが、最高位13位と
トップ10入り目前で急停止させる全米のお耳は、伊達ではないようだ。

アルバム「ヨシュア・トゥリー」(The Joshua Tree)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F435%2F947435%5F1%5F09%2Easx%3Fobj%3Dv61117

☆「夢のうつろひ」カッティング・クルー
(I've Been In Love Before / Cutting Crew)

>キラー・ソング。
全米No.1に輝いた「愛に抱かれた夜」((I Just) Died In Your Arms)に、
十分匹敵するであろう名バラード。
出し惜しみなどせずに、とっとと「愛に~」に続くシングルとしてカットしていれば、
完成度の高かったデビュー・アルバムはトップ10入りしていたであろうに、
惜しいなぁ・・・。
また、この名曲の最高位が9位ってのもなぁ・・・。(ぶちぶち)

アルバム「愛に抱かれた夜」(Broadcast)より。

ttp://mysound.jp/music/detail/tA4KA/

☆「ブリリアント・ディスガイズ」ブルース・スプリングスティーン
(Brilliant Disguise / Bruce Springsteen)

>84年に超ド級ヒットを記録したアルバム「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」
(Born In The U.S.A.)以来、オリジナル・アルバムとしては約3年ぶりの
新作からの1stシングル。
汗臭さ120%ライヴ・アルバム、「LIVE 1975-85」(Live 1975-85)を間に挟み、
このあたりでちょっとタバコを一服といった清涼感に満ちた逸品。
最高位5位。

アルバム「トンネル・オブ・ラヴ」(Tunnel Of Love)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F260%2F146260%5F1%5F09%2Easx%3Fobj%3Dv40524
音楽チャート1987年10月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。