ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年2月28日(ソロでも好調!ルー・グラム) ]
2007-02-24(Sat) 10:07:18
01/01「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」ボン・ジョヴィ
02/04「ジェイコブズ・ラダー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
03/02「キープ・ユア・ハンズ」ジョージア・サテライツ
04/03「スティル・ラヴ・ミー」シカゴ
05/06「ユー・ガット・イット・オール」ジェッツ
06/11「サムホエア・アウト・ゼア」リンダ・ロンシュタット&ジェームス・イングラム
07/12「リスペクト・ユアセルフ」ブルース・ウイリス
08/14「ファイト・フォー・ユア・ライト」ビースティ・ボーイズ
09/13「ビッグ・タイム」ピーター・ガブリエル
10/07「バレリーナ・ガール」ライオネル・リッチー

11/05「タッチ・ミー」サマンサ・フォックス
12/19「マンドリン・レイン」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
13/09「ラヴ・ユー・ダウン」レディ・フォー・ザ・ワールド
14/18「アイル・ビー・オールライト」ジャーニー
15/22「急がせないで」ジャネット・ジャクソン
16/15「ノーバディズ・フール」シンデレラ
17/23「ワナ・ゴー・バック」エディ・マネー
18/17「ストップ・トゥ・ラヴ」ルーサー・ヴァンドロス
19/08「オープン・ユア・ハート」マドンナ
20/25「ブランド・ニュー・ラヴァー」デッド・オア・アライヴ

21/26「愛は止まらない」スターシップ
22/37「リーン・オン・ミー」クラブ・ヌーヴォー
23/28「カム・ゴー・ウィズ・ミー」エクスポゼ
24/16「アット・ディス・モーメント」ビリー・ヴェラ&ザ・ビーターズ
25/10「チェンジ・オブ・ハート」シンディ・ローパー
26/21「トーク・トゥ・ミー」チコ・デバージ
27/36「トゥナイト・トゥナイト・トゥナイト」ジェネシス
28/31「キャンディ」カメオ
29/24「好きにならずにいられない」コリー・ハート
30/34「ファイナル・カウントダウン」ヨーロッパ

31/27「ファクツ・オブ・ラヴ」ジェフ・ローバー・フューチャリング・カリン・ホワイト
32/35「レッツ・ゴー」ワン・チャン
33/20「ウィア・レディ」ボストン
34/38「ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」クラウデッド・ハウス
35/40「ウィ・コネクト」ステイシーQ
36/42「アズ・ウイ・レイ」シャーリー・マードック
37/48「ミッドナイト・ブルー」ルー・グラム
38/29「セ・ラ・ヴィ」ロビー・ネヴィル
39/43「闇の彼方」ビリー・アイドル
40/45「偽りの愛」REOスピードワゴン


【ニューエントリーこめんと】

☆「アズ・ウイ・レイ」シャーリー・マードック
(As We Lay / Shirley Murdock)

>オハイオ州トレド出身の女性シンガー。
元々はファンク・バンド、ザップやロジャーのバック・ボーカルとして
参加していた身だったのだが、今回ソロとして晴れてデビュー。
実は今回初めて試聴して聞いたクチなのだが、しっとりとした大人の
ソウル・バラードでありました。
最高位23位。

アルバム「シャーリー・マードック」(Shirley Murdock)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F188%2F413188%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv10601

☆「ミッドナイト・ブルー」ルー・グラム
(Midnight Blue / Lou Gramm)

>1950年ニューヨーク州ロチェスター出身。
もちろんロック・バンド、フォリナーな中心的人物によるソロ名義ヒット。
メロディ・ラインは、やはりもうフォリナーのそれそのもののようなロック・ナンバー。
最高位は5位だが、フォリナー名義だとトップ3入りを果たしていたかも?

アルバム「レディ・オア・ノット」(Ready Or Not)より。

ところでこのアルバム、昨年になんとなく全曲試聴したところ、
かなり出来が良かったので購入。
しかしそのまま未聴CDの山に埋もれていたのを思い出し、
今回ようやく掘り出し聴いてみました♪
感想はまた別の場にて☆

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F447%2F106447%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「闇の彼方」ビリー・アイドル
(Don't Need A Gun / Billy Idol)

>いかにも彼らしいノリのロック・ナンバー。
最高位37位には、ちょい不満が付きまとうか。

アルバム「ウイップラッシュ・スマイル」(Whiplash Smile)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F835%2F403835%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv10315

☆「偽りの愛」REOスピードワゴン
(That Ain't Love / REO Speedwagon)

>新アルバムからの第1弾シングルは、キャッチーで軽快なポップ・ロック。
最高位16位とまずまずの結果を残し、いよいよお次は自信満々のバラードで
チャートを席巻するかと思ったのだが・・・。

アルバム「人生はロックン・ロール」(Life As We Know It)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F684%2F137684%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv60123
スポンサーサイト
音楽チャート1987年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1987年2月21日付(魅惑の一曲!クラウデッド・ハウス) ]
2007-02-17(Sat) 18:49:19
01/01「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」ボン・ジョヴィ
02/05「キープ・ユア・ハンズ」ジョージア・サテライツ
03/06「スティル・ラヴ・ミー」シカゴ
04/08「ジェイコブズ・ラダー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
05/04「タッチ・ミー」サマンサ・フォックス
06/11「ユー・ガット・イット・オール」ジェッツ
07/10「バレリーナ・ガール」ライオネル・リッチー
08/02「オープン・ユア・ハート」マドンナ
09/12「ラヴ・ユー・ダウン」レディ・フォー・ザ・ワールド
10/03「チェンジ・オブ・ハート」シンディ・ローパー

11/14「サムホエア・アウト・ゼア」リンダ・ロンシュタット&ジェームス・イングラム
12/18「リスペクト・ユアセルフ」ブルース・ウイリス
13/16「ビッグ・タイム」ピーター・ガブリエル
14/17「ファイト・フォー・ユア・ライト」ビースティ・ボーイズ
15/13「ノーバディズ・フール」シンデレラ
16/07「アット・ディス・モーメント」ビリー・ヴェラ&ザ・ビーターズ
17/15「ストップ・トゥ・ラヴ」ルーサー・ヴァンドロス
18/21「アイル・ビー・オールライト」ジャーニー
19/27「マンドリン・レイン」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
20/09「ウィア・レディ」ボストン

21/22「トーク・トゥ・ミー」チコ・デバージ
22/30「急がせないで」ジャネット・ジャクソン
23/28「ワナ・ゴー・バック」エディ・マネー
24/25「好きにならずにいられない」コリー・ハート
25/29「ブランド・ニュー・ラヴァー」デッド・オア・アライヴ
26/35「愛は止まらない」スターシップ
27/33「ファクツ・オブ・ラヴ」ジェフ・ローバー・フューチャリング・カリン・ホワイト
28/36「カム・ゴー・ウィズ・ミー」エクスポゼ
29/23「セ・ラ・ヴィ」ロビー・ネヴィル
30/19「サムディ」グラス・タイガー

31/34「キャンディ」カメオ
32/20「ランド・オブ・コンフュージョン」ジェネシス
33/24「ステイ・ザ・ナイト」ベンジャミン・オール
34/42「ファイナル・カウントダウン」ヨーロッパ
35/39「レッツ・ゴー」ワン・チャン
36/45「トゥナイト・トゥナイト・トゥナイト」ジェネシス
37/47「リーン・オン・ミー」クラブ・ヌーヴォー
38/44「ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」クラウデッド・ハウス
39/26「シェイク・ユー・ダウン」グレゴリー・アボット
40/43「ウィ・コネクト」ステイシーQ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ファイナル・カウントダウン」ヨーロッパ
(The Final Countdown / Europe)

>1983年スウェーデンにて結成されたハード・ロック・バンド。
日本人向けに製作されたような取っ付きやすいドラマチックなメロディ・ラインだが、
全米でも見事に受け入れられ最高位8位まで上昇するヒット曲に成長。
この後も数曲トップ40ヒットを放つ事となるのだが、どうもワタシとの相性が合わなかったのか
アルバムを購入する気にはまるでならなかったなぁ。
なお92年に解散状態に陥るが、04年には活動を再開しているようだ。

アルバム「ファイナル・カウントダウン」(The Final Countdown)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F555%2F100555%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv31014

☆「トゥナイト・トゥナイト・トゥナイト」ジェネシス
(Tonight , Tonight , Tonight / Genesis)

>フィル・コリンズの初期ソロ作品的なサウンドだが、最高位3位はちと高すぎまいか?
またアルバム・バージョンは、長過ぎ(約9分)ないかい!?

アルバム「インヴィジブル・タッチ」(Invisible Touch)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F982%2F104982%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv70124

☆「リーン・オン・ミー」クラブ・ヌーヴォー
(Lean On Me / Club Nouveau)

>1986年カリフォルニア州サクラメントにて、タイメックス・ソーシャル・クラブを
立ち上げたジェイ・キングによって結成。
以降こちらに力を注ぎ込み、タイメックス~の方は立ち消え状態に・・・。
ビル・ウィザースが72年に大ヒットさせたソウル・ナンバーを、“現代風”に
ポップ色で染め上げ見事こちらも全米を制覇!(2週)
ミリオン・セラーまでマークしている。

アルバム「ライフ・ラヴ&ペイン」(Life , Love And Pain)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F379%2F91379%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」クラウデッド・ハウス
(Don't Dream It's Over / Crowded House)

>1986年オーストラリア・シドニーにて結成。
全体的にまったりとしたリズムに包まれたやや幻想的なミディアム・スローなロック。
ヒーリング効果を秘めているのであろうか、聴いていると非常にリラックスさせてくれる作品で、
当時は残業のお供に休息時間にウォークマンで聞いていたものである。
最高位2位。
96年に解散したものの、07年には再結成を果たす。

さて、アルバムの完成度も非常に高かった彼らだったのだが、そのアルバムをテープにいれた
ア○ワ製ウォークマン(?)ごと当時の職場にて何者かにかっぱらわれたのだが、
即純正(?)ソ○ー製ウォークマンを購入。
もちろん、テープも新しく作成。
やっぱ、ソ○ー製の方が音が良いッス♪(なんのこっちゃ)

アルバム「クラウデッド・ハウス~ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」(Crowded House)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F998%2F498998%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv60609

☆「ウィ・コネクト」ステイシーQ
(We Connect / Stacey Q)

>大ヒットを記録した前作とほぼ同じ流れを汲むエレ・ポップ・ナンバー。
正直、もう勘弁してください・・・★(ゴメン)
最高位35位。

アルバム「ベター・ザン・ヘヴン」(Better Than Heaven)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F435%2F146435%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv40525
音楽チャート1987年2月チャートTB : 1CM : 10
  [ 1987年2月14日付(バングルズに続け!?エクスポゼ登場) ]
2007-02-10(Sat) 19:16:55
01/03「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」ボン・ジョヴィ
02/01「オープン・ユア・ハート」マドンナ
03/04「チェンジ・オブ・ハート」シンディ・ローパー
04/05「タッチ・ミー」サマンサ・フォックス
05/07「キープ・ユア・ハンズ」ジョージア・サテライツ
06/09「スティル・ラヴ・ミー」シカゴ
07/02「アット・ディス・モーメント」ビリー・ヴェラ&ザ・ビーターズ
08/15「ジェイコブズ・ラダー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
09/10「ウィア・レディ」ボストン
10/12「バレリーナ・ガール」ライオネル・リッチー

11/17「ユー・ガット・イット・オール」ジェッツ
12/14「ラヴ・ユー・ダウン」レディ・フォー・ザ・ワールド
13/18「ノーバディズ・フール」シンデレラ
14/21「サムホエア・アウト・ゼア」リンダ・ロンシュタット&ジェームス・イングラム
15/19「ストップ・トゥ・ラヴ」ルーサー・ヴァンドロス
16/22「ビッグ・タイム」ピーター・ガブリエル
17/24「ファイト・フォー・ユア・ライト」ビースティ・ボーイズ
18/26「リスペクト・ユアセルフ」ブルース・ウイリス
19/08「サムディ」グラス・タイガー
20/06「ランド・オブ・コンフュージョン」ジェネシス

21/27「アイル・ビー・オールライト」ジャーニー
22/23「トーク・トゥ・ミー」チコ・デバージ
23/11「セ・ラ・ヴィ」ロビー・ネヴィル
24/25「ステイ・ザ・ナイト」ベンジャミン・オール
25/31「好きにならずにいられない」コリー・ハート
26/13「シェイク・ユー・ダウン」グレゴリー・アボット
27/35「マンドリン・レイン」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
28/32「ワナ・ゴー・バック」エディ・マネー
29/33「ブランド・ニュー・ラヴァー」デッド・オア・アライヴ
30/36「急がせないで」ジャネット・ジャクソン

31/16「コントロール」ジャネット・ジャクソン
32/20「ディス・イズ・ザ・タイム」ビリー・ジョエル
33/37「ファクツ・オブ・ラヴ」ジェフ・ローバー・フューチャリング・カリン・ホワイト
34/41「キャンディ」カメオ
35/42「愛は止まらない」スターシップ
36/44「カム・ゴー・ウィズ・ミー」エクスポゼ
37/39「ザ・ラプチャー」アニタ・ベイカー
38/40「ウィズアウト・ユア・ラヴ」トト
39/43「レッツ・ゴー」ワン・チャン
40/28「ジミー・リー」アレサ・フランクリン


【ニューエントリーこめんと】

☆「キャンディ」カメオ
(Candy / Cameo)

>2曲目のトップ40ヒットの本作は、ややソフトなファンク・ナンバー。
最高位21位と、うまくまとめた感じか。

アルバム「ワード・アップ」(Word Up)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F925%2F285925%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「愛は止まらない」スターシップ
(Nothing's Gonna Stop Us Now / Starship)

>ダイアン・ウォーレンとアルバート・ハモンドによる合作が、
スターシップにとって3曲目となる全米No.1ヒット(2週)として記録される。
映画「マネキン」(Mannequin)の挿入歌として発表された本作だが、
そのパフォーマンスは映画を上回る出来ばえであろうポップ・ロックであろうかな。
当時はテレビ・ラジオを通して、聞きに聴きまくったお気に入りでございました♪

アルバム「ノー・プロテクション」(No Protection)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F161%2F524161%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40714

☆「カム・ゴー・ウィズ・ミー」エクスポゼ
(Come Go With Me / Expose)

>1984年フロリダ州マイアミにて結成された、アン、ジーネット、ジオイアによる
女性3人組みグループ。
当時の流行であるダンス・ポップなナンバーだが、最高位5位まで上昇したとはいえ
取り立てて特出した魅力は感じなかったものである。
しかし、この後トップ10シングルを量産してくるグループに成長するとは、
夢にも思わなかったッス。(ゴメンナサイ)

アルバム「エクスポージャー」(Exposure)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F254%2F198254%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv40927

☆「レッツ・ゴー」ワン・チャン
(Let's Go! / Wang Chung)

>トップ40にデビューした作品が渋めのロック「ドント・レット・ゴー」(Don't Let Go)だったのだが、
ポップ・ロックに転向してからは能天気風ロック「レッツ・ゴー!」ですか!?(苦笑)
世渡り上手な彼らには、最高位9位という報酬が与えられました☆

アルバム「モザイク」(Mosaic)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F694%2F463694%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv20930

★圏外84位★

☆「オーバー・ザ・トップ」サミー・ヘイガー
(Winner Takes It All / Sammy Hagar)

>全米では最高位54位と低迷したものの、日本では意外とお耳に届いた楽曲ではなかろうか。
シルヴェスター・スタローン主演の映画「オーバー・ザ・トップ」の主題歌ともあれば、
ナルホドとうなづける元気なロック・ナンバーかな。
Hot100にも意外と14週チャート・インしており、映画の興行に貢献していたようだ。
なお、アバの「ザ・ウィナー」とは全くの同名異曲なり。

サントラ「オーバー・ザ・トップ」(Over The Top)より。
ちなみにこのアルバムには、かのロビン・ザンダーの
「イン・ディス・カントリー」(In This Country)も収録されている。
音楽チャート1987年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1987年2月7日付(異色のコンビ?ジェフ・ローバー&キャリン・ホワイト) ]
2007-02-03(Sat) 10:59:43
01/02「オープン・ユア・ハート」マドンナ
02/01「アット・ディス・モーメント」ビリー・ヴェラ&ザ・ビーターズ
03/09「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」ボン・ジョヴィ
04/05「チェンジ・オブ・ハート」シンディ・ローパー
05/10「タッチ・ミー」サマンサ・フォックス
06/04「ランド・オブ・コンフュージョン」ジェネシス
07/11「キープ・ユア・ハンズ」ジョージア・サテライツ
08/07「サムディ」グラス・タイガー
09/13「スティル・ラヴ・ミー」シカゴ
10/12「ウィア・レディ」ボストン

11/03「セ・ラ・ヴィ」ロビー・ネヴィル
12/14「バレリーナ・ガール」ライオネル・リッチー
13/08「シェイク・ユー・ダウン」グレゴリー・アボット
14/17「ラヴ・ユー・ダウン」レディ・フォー・ザ・ワールド
15/23「ジェイコブズ・ラダー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
16/06「コントロール」ジャネット・ジャクソン
17/20「ユー・ガット・イット・オール」ジェッツ
18/22「ノーバディズ・フール」シンデレラ
19/21「ストップ・トゥ・ラヴ」ルーサー・ヴァンドロス
20/18「ディス・イズ・ザ・タイム」ビリー・ジョエル

21/29「サムホエア・アウト・ゼア」リンダ・ロンシュタット&ジェームス・イングラム
22/26「ビッグ・タイム」ピーター・ガブリエル
23/25「トーク・トゥ・ミー」チコ・デバージ
24/32「ファイト・フォー・ユア・ライト」ビースティ・ボーイズ
25/27「ステイ・ザ・ナイト」ベンジャミン・オール
26/33「リスペクト・ユアセルフ」ブルース・ウイリス
27/31「アイル・ビー・オールライト」ジャーニー
28/30「ジミー・リー」アレサ・フランクリン
29/15「ヴィクトリー」クール&ザ・ギャング
30/19「エジプシャン」バングルズ

31/36「好きにならずにいられない」コリー・ハート
32/35「ワナ・ゴー・バック」エディ・マネー
33/37「ブランド・ニュー・ラヴァー」デッド・オア・アライヴ
34/16「イズ・ディス・ラヴ」サヴァイヴァー
35/40「マンドリン・レイン」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
36/46「急がせないで」ジャネット・ジャクソン
37/41「ファクツ・オブ・ラヴ」ジェフ・ローバー・フューチャリング・カリン・ホワイト
38/24「ノトーリアス」デュラン・デュラン
39/43「ザ・ラプチャー」アニタ・ベイカー
40/45「ウィズアウト・ユア・ラヴ」トト


【ニューエントリーこめんと】

☆「急がせないで」ジャネット・ジャクソン
(Let's Wait Awhile / Janet Jackson)

>ここまでダンス・ナンバーを売りとしてきた彼女だが、ここにきて
チーク・ダンス風のバラードをシングルに持ってきた。
その戦略は大当たりし、一気に2曲目のNo.1ヒットを狙ったのだが、
惜しくも後一歩とどかず・・・。

アルバム「コントロール」(Control)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F237%2F197237%5F1%5F15%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ファクツ・オブ・ラヴ」ジェフ・ローバー・フューチャリング・カリン・ホワイト
(Facts Of Love / Jeff Lorber featuring Karyn White)

>1952年ペンシルバニア州フィラデルフィア出身のジャズ・フュージョン・アーティストと、
65年ロサンゼルス出身の当時はまだセッション・シンガーだった
キャリン・ホワイトによるコラボ。
両者にとって初トップ40シングルとなったR&B風ダンス・ナンバーが、
最高位27位を記録。
なお、キャリン・ホワイトがソロにてデビューを果たすのは、この翌年からである。

アルバム「プライベート・パッション」(private Passion)より。

ttp://www.lorber.com/discography/JL_10/01.ram

☆「ザ・ラプチャー」アニタ・ベイカー
(Caught Up In The Rapture / Anita Baker)

>最高位こそ37位と低迷したものの、作品自体のクォリティはその順位では
図り切れない出来ばえのソウルフル・バラードであろう。

アルバム「ラプチャー」(Rapture)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F220%2F80220%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv30821

☆「ウィズアウト・ユア・ラヴ」トト
(Without Your Love / Toto)

>こちらも最高位38位と伸び悩んだものの、良質のA.O.R.風ロックを提供してくれている。
いまさらながら、アルバムを購入しちゃいましたよ☆

アルバム「ファーレンハイト」(Fahrenheit)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F613%2F151613%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv31202
音楽チャート1987年2月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。