ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年8月30日付(なんと、ビートルズですよ!) ]
2006-08-26(Sat) 10:44:50
01/02「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
02/03「ヴィーナス」バナナラマ
03/01「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
04/07「愛は吐息のように」ベルリン
05/06「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
06/12「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
07/11「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
08/09「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
09/15「スタック・ウィズ・ユー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
10/04「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル

11/08「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
12/05「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
13/16「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン
14/14「ベイビー・ラヴ」レジーナ
15/20「ウォーク・ディス・ウェイ」ランD.M.C.
16/18「ヤンキー・ローズ」デヴィッド・リー・ロス
17/10「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
18/23「ドント・フォアゲット・ミー」グラス・タイガー
19/22「マン・サイズ・ラヴ」クライマックス
20/21「君がいて僕がいる」モンキーズ

21/13「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
22/24「ラヴ・ゾーン」ビリー・オーシャン
23/28「ドリームタイム」ダリル・ホール
24/27「キャプテン・オブ・ハー・ハート」ドゥーブル
25/31「トゥー・オブ・ハーツ」ステイシーQ
26/36「あなたを想うとき」ジャネット・ジャクソン
27/38「スローイング・イット・オール・アウェイ」ジェネシス
28/39「プレス」ポール・マッカートニー
29/19「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
30/17「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート

31/37「オー・ピープル」パティ・ラベル
32/32「テイクン・イン」マイク&ザ・メカニックス
33/40「ヘヴン・イン・ユア・アイズ」ラヴァーボーイ
34/45「ミッショナリー・マン」ユーリズミックス
35/41「ヴェルクロ・フライ」ZZトップ
36/44「ラヴ・ウォークス・イン」ヴァン・ヘイレン
37/43「オール・クライド・アウト」リサ・リサ&カルト・ジャムwithフル・フォース
38/26「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
39/55「ツイスト・アンド・シャウト」ビートルズ
40/48「マネーズ・トゥー・タイト」シンプリー・レッド


【ニューエントリーこめんと】

☆「ミッショナリー・マン」ユーリズミックス
(Missionary Man / Eurythmics)

>らしくないほどパワフルなロックが展開される。
しかし、なんとなく「ビリーヴ・ミー」(Would I Lie To You?)の影が
チラつくような作品で、最高位も14位と不完全燃焼か。
いよいよ彼らの創作力にもかげりが見えはじめた・か・も?
アルバム「リベンジ」(Revenge)からの1stシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F515%2F607515%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv60124

☆「ヴェルクロ・フライ」ZZトップ
(Velcro Fly / ZZ Top)

>アルバムから4枚目のシングルで、ようやく彼ららしいサザン・ロックが
登場したような気が・・・。
しかしそのような作品が最高位35位に低迷では、ポップ路線に走るのも仕方がないか。
アルバム「アフターバーナー」(Afterburner)から。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F589%2F159589%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ラヴ・ウォークス・イン」ヴァン・ヘイレン
(Love Walks In / Van Halen)

>サミー・ヘイガーの力強いボーカルによるバラード・ソング。
雰囲気的にZZトップの「ラフ・ボーイ」(Rough Boy)をどうしても思い浮かべて
しまいますよ。
最高位22位。
アルバム「5150」(5150)からの3rdシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F718%2F153718%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv31208

☆「オール・クライド・アウト」リサ・リサ&カルト・ジャムwithフル・フォース
(All Cried Out / Lisa Lisa & Cult Jam with Full Force)

>淡々としたリサ・リサの歌声が印象に残る、ミディアム・スローなバラード。
最高位は8位だが、Hot100に26週チャート・インするロング・ヒットとなった。
アルバム「リサ・リサ&カルト・ジャム・ウィズ・フル・フォース」
(Lisa Lisa & Cult Jam with Full Force)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F073%2F120073%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv31218

☆「ツイスト・アンド・シャウト」ビートルズ
(Twist And Shout / The Beatles)

>1960年イギリスはリバプールで結成された、奇跡のようなスーパー・バンド。
70年の解散後もメンバー達は、それぞれソロにて大活躍。
アイズレー・ブラザーズのナンバーをカバーし、全米では64年に大ヒットを記録したのだが、
今回ある映画内で演奏されたのをきっかけに20数年ぶりにトップ40へカムバックする事となる。
再ヒットの最高位は23位。
しかしモンキーズにビートルズと、この86年は60年代のアイドル・バンドが
同時にチャート・インするという風変わりな年であったワケだ。
当時この曲を聴いたワタシは、思わずアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」(Please Please Me)を
購入しちゃいました♪
う~ん、やっぱ偉大なバンドですなぁ。
モンキーズは無視だったが・・・。(スミマセン)

☆「マネーズ・トゥー・タイト」シンプリー・レッド
(Money$ Too Tight (To Mention) / Simple Red)

>No.1を記録したデビュー・シングルに続く第二弾は、打って変わってアップ・テンポ調の
ソウルフルな作品。
しかし最高位は28位と、ちょいとアピール不足に終わる。
アルバム「ピクチャー・ブック」(Picture Book)から。

【追記】
シンプリィ・レッドのアメリカでの初ヒットは「ホールディング・バック・ザ・イヤーズ」
なのですが、「マネーズ・トゥー・タイト」の方が先にシングル・リリースされています。
当初は不発で、「ホールディング・バック・ザ・イヤーズ」のヒットで人気が出たので、
再カットし、ヒットに至ったようです。

以上、iwashitaさんからの情報を追記します。
情報ありがとうございました☆(^^)

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F537%2F143537%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv40525
スポンサーサイト
音楽チャート1986年8月チャートTB : 0CM : 4
  [ 1986年8月23日付(人気沸騰!ジャネット・ジャクソン) ]
2006-08-19(Sat) 14:20:56
01/01「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
02/04「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
03/06「ヴィーナス」バナナラマ
04/03「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
05/02「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
06/07「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
07/09「愛は吐息のように」ベルリン
08/05「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
09/08「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
10/10「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム

11/12「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
12/15「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
13/14「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
14/18「ベイビー・ラヴ」レジーナ
15/24「スタック・ウィズ・ユー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
16/20「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン
17/11「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
18/23「ヤンキー・ローズ」デヴィッド・リー・ロス
19/13「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
20/30「ウォーク・ディス・ウェイ」ランD.M.C.

21/25「君がいて僕がいる」モンキーズ
22/27「マン・サイズ・ラヴ」クライマックス
23/31「ドント・フォアゲット・ミー」グラス・タイガー
24/33「ラヴ・ゾーン」ビリー・オーシャン
25/19「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド
26/16「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
27/34「キャプテン・オブ・ハー・ハート」ドゥーブル
28/39「ドリームタイム」ダリル・ホール
29/28「ランブルシート」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
30/17「スザンヌ」ジャーニー

31/40「トゥー・オブ・ハーツ」ステイシーQ
32/32「テイクン・イン」マイク&ザ・メカニックス
33/21「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
34/22「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
35/35「ハート・アタック」ディヴァイス
36/46「あなたを想うとき」ジャネット・ジャクソン
37/42「オー・ピープル」パティ・ラベル
38/54「スローイング・イット・オール・アウェイ」ジェネシス
39/47「プレス」ポール・マッカートニー
40/44「ヘヴン・イン・ユア・アイズ」ラヴァーボーイ


【ニューエントリーこめんと】

☆「あなたを想うとき」ジャネット・ジャクソン
(When I Think Of You / Janet Jackson)

>全編にわたってスピーディでとてもダンサブルなナンバー。
アルバムから3枚目のシングルが、彼女にとって初の全米No.1ヒット(2週)として
その名を残す事となる。
アルバム「コントロール」(Control)から。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F791%2F112791%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「オー・ピープル」パティ・ラベル
(Oh,People / Patti Labelle)

>マイケル・マクドナルドとのコラボで、大ヒットを記録した前作の流れを
引継ぐようなイメージを持った作品。
しかしシングルとしてはちょいと物足りなさを感づかれたか、最高位は29位に低迷。
アルバム「ウィナー・イン・ユー」(Winner In You)から2ndシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F101%2F118101%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv40218

☆「スローイング・イット・オール・アウェイ」ジェネシス
(Throwing It All Away / Genesis)

>ミディアム・スローで、ちょいと哀愁を帯びたフィル・コリンズ・パワー炸裂な曲。
最高位4位。
独特のしっとり感がいい感じ。
アルバム「インヴィジブル・タッチ」(Invisible Touch)からの2ndシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F982%2F104982%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv60501

☆「プレス」ポール・マッカートニー
(Press / Paul McCartney)

>陽気な作品なのだが、ポールのソロ・ヒットとしては“う~ん・・・?”ってな
イメージが付きまとうかなぁ。
彼の持ち味がイマイチいかされていないためか、最高位も21位と中途半端。
アルバム「プレス・トゥ・プレイ」(Press To Play)から。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000005RPV001006/1/
ref=mu_sam_ra001_006/

☆「ヘヴン・イン・ユア・アイズ」ラヴァーボーイ
(Heaven In Your Eyes / Loverboy)

>マイク・レノのボーカルは、ロックでもバラードでもとても映えるのが素晴らしい。
今回のバラードにおいてもその力量が十二分に発揮され、とても感動的な作品に
仕上がっている。
最高位12位。
サントラ「トップ・ガン」(Top Gun)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F523%2F151523%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv31014
音楽チャート1986年8月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1986年8月16日付(ヒップ・ホップがロックを救う!?ランD.M.C.) ]
2006-08-12(Sat) 17:26:50
01/02「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
02/01「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
03/03「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
04/08「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
05/05「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
06/09「ヴィーナス」バナナラマ
07/13「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
08/10「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
09/18「愛は吐息のように」ベルリン
10/12「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム

11/06「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
12/15「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
13/04「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
14/16「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
15/23「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
16/07「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
17/20「スザンヌ」ジャーニー
18/26「ベイビー・ラヴ」レジーナ
19/22「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド
20/27「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン

21/11「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
22/24「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
23/28「ヤンキー・ローズ」デヴィッド・リー・ロス
24/33「スタック・ウィズ・ユー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
25/29「君がいて僕がいる」モンキーズ
26/14「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
27/31「マン・サイズ・ラヴ」クライマックス
28/30「ランブルシート」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
29/19「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
30/43「ウォーク・ディス・ウェイ」ランD.M.C.

31/36「ドント・フォアゲット・ミー」グラス・タイガー
32/32「テイクン・イン」マイク&ザ・メカニックス
33/40「ラヴ・ゾーン」ビリー・オーシャン
34/37「キャプテン・オブ・ハー・ハート」ドゥーブル
35/35「ハート・アタック」ディヴァイス
36/21「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
37/17「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
38/25「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
39/44「ドリームタイム」ダリル・ホール
40/46「トゥー・オブ・ハーツ」ステイシーQ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ウォーク・ディス・ウェイ」ランD.M.C.
(Walk This Way / Run-D.M.C.)

>1982年ニューヨーク州クィーンズで結成されたヒップ・ホップ・グループ。
エアロスミスによる77年のトップ10ヒットを当人たちと共演し、
オリジナルを上回る最高位4位を記録。
このヒットに低迷中だったエアロスミスの人気に火がともり、
この後大きな復活劇を目の当たりにさせてくれる。
個人的にランD.M.C.とは、“クロス・オーバー・イレブン”で流れた"King Of Rock"を
耳にしたのが彼らとの出会い(エアチェックした)だったのだが、
あまりクセを感じさせない取っ付きのいいラップ・ナンバーをそれなりに
繰り返し聴き続けたものである。
今回のシングルを購入するほど好きだったエアロの「お説教」を、
ヒップ・ホップ風味にアレンジされたのを耳にして、一瞬ムッ!っとしたものの、
PVでの共演する姿&原曲の良さをあまり損なわない姿勢に、怒りは長続きせず。
本格的にヒップ・ホップ・サウンドを、一気にメジャーへと押し上げた
彼らの貢献度は非常に高いであろう。
2002年メンバーの一人、ジャム・マスター・ジェイがスタジオ・セッション中に
暴漢に殺害される。
享年37。
グループも活動を停止においこまれたようだ。
アルバム「レイジング・ヘル」(Raising Hell)から。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F680%2F598680%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv50913

☆「ドリームタイム」ダリル・ホール
(Dreamtime / Daryl Hall)

>1946年ペンシルバニア州フィラデルフィア出身。
6年ぶりとなるソロ・アルバムからの先行シングルが、他の作品には“負けないで!”と
ばかりにグングンとチャートを上昇し、最高位5位をマーク。
ホール&オーツ並のヒット曲へと成長!
日本でも某女性アーティストによってパク・・・いや、上手くアレンジされ、
別物として日本で大ヒットしたのだが、当の御本人もそれを御存知のようで、
いやはやなんとも心の広いお方で良かった良かった・・・☆
(某女性アーティストの大ファンであるワタシには、あまり大きく突っ込めませぬ・・・(^^;)
アルバム「ドリームタイム」(Three Hearts And The Happy Ending Machine)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=361447

☆「トゥー・オブ・ハーツ」ステイシーQ
(Two Of Hearts / Stacey Q)

>1959年カリフォルニア州オレンジカウンティ出身の女性シンガー。
本名はステイシー・リン・スウェイン。
83年には"SSQ"というグループのリード・ボーカルを勤めていたようだが、
今回はソロ名義にて成功を収める。
お耳に残りやすいテクノ調ダンス・ポップ・ナンバー。
最高位3位まで上昇したものの、このテのナンバーは飽きが来るのも
早いッス・・・。(スマヌ)
アルバム「ベター・ザン・ヘヴン」(Better Than Heaven)からの先行シングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F435%2F146435%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv40525
音楽チャート1986年8月チャートTB : 0CM : 6
  [ 1986年8月09日付(カナダ発爽やかロック、グラス・タイガー) ]
2006-08-05(Sat) 17:37:14
01/01「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
02/04「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
03/06「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
04/02「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
05/09「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
06/07「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
07/03「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
08/12「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
09/15「ヴィーナス」バナナラマ
10/13「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ

11/05「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
12/16「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
13/19「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
14/08「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
15/18「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
16/17「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
17/11「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
18/23「愛は吐息のように」ベルリン
19/10「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
20/21「スザンヌ」ジャーニー

21/14「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
22/26「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド
23/31「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
24/28「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
25/24「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
26/30「ベイビー・ラヴ」レジーナ
27/33「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン
28/34「ヤンキー・ローズ」デヴィッド・リー・ロス
29/36「君がいて僕がいる」モンキーズ
30/35「ランブルシート」ジョン・クーガー・メレンキャンプ

31/40「マン・サイズ・ラヴ」クライマックス
32/38「テイクン・イン」マイク&ザ・メカニックス
33/42「スタック・ウィズ・ユー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
34/22「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
35/39「ハート・アタック」ディヴァイス
36/41「ドント・フォアゲット・ミー」グラス・タイガー
37/44「キャプテン・オブ・ハー・ハート」ドゥーブル
38/20「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
39/27「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
40/52「ラヴ・ゾーン」ビリー・オーシャン


【ニューエントリーこめんと】

☆「スタック・ウィズ・ユー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(Stuck With You / Huey Lewis & The News)

>洗練され、作品作りに余裕すら感じさせるミディアム・テンポのポップ・ロック。
アメリカン・チャートも余裕で駆け上り、3週トップの座に居座るこの貫禄よ!
いいバンドに育ったなぁと、つくづく噛み締めたものでありました♪
ただ、PVはちとワザとらしかったが・・・。
アルバム「Fore!」(Fore!)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000008HPE001002/1/ref=mu_sam_ra001_002/

☆「ドント・フォアゲット・ミー」グラス・タイガー
(Don't Forget Me (When I'm Gone) / Glass Tiger)

>1984年カナダはオンタリオ州で結成。
初期の頃は"Tokyo"というバンド名で活躍していたようだ。
バンド名がハード・ロックっぽいが、奏でるサウンドはカナダ版“ワム”の如く、
爽やかで透明感すら感じさせてくれるポップ・ロック。
同郷のブライアン・アダムスがバック・コーラスに参加している。
最高位2位(惜しい!)。
新たなお気に入りバンドとの出会いに、心が踊ったものでありました♪
91年に残念ながら解散。
アルバム「傷だらけの勲章」(Thin Red Line)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B0000070I7001002/1/ref=mu_sam_ra001_002/

☆「キャプテン・オブ・ハー・ハート」ドゥーブル
(The Captain Of Her Heart / Double)

>1981年スイスで結成された男性デュオ・ユニット。
ピアノの音色が印象的な作品なのだが、独特な暗さがテンションを下げてくれ、
ワタシにはイマイチ受けつけられない曲でありました。(スマヌ)
最高位16位。
なお、AT40では“ダブル”と発音されていたバンド名だが、日本では
彼らの母国語での発音で呼ばれている。
そういえば、J-Popの世界にも、同名の女性デュオ(後に片割れが死亡。
現在はソロで活動)が存在しておりますよ。
ちなみに、ドゥーブルは87年にコンビを解消したようだ。
アルバム「ブルー」(Blue)からの一発ヒット。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000000BYH001003/1/ref=mu_sam_ra001_003/

☆「ラヴ・ゾーン」ビリー・オーシャン
(Love Zone / Billy Ocean)

>もはや記憶に残りづらいというより、ワタシ自身が彼の作品自体、
完全に飽きてしまったのでしょうなぁ。
最高位10位とはいえ、スルーしてしまうほどである。(ほんとスミマセン!)
アルバム「ラヴ・ゾーン」(Love Zone)から。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B0000004VW001008/1/ref=mu_sam_ra001_008/

★圏外95位★

☆「ロンリー・イズ・ザ・ナイト」エア・サプライ
(Lonely Is The Night / Air Supply)

>鮮烈なトップ40デビュー以来、このペパーミント・サウンドを追いかけてきた
ワタシでしたが、いよいよお別れの時が来たのを肌で感じ、とてもショックを
受けたシングル作品。
あきらかに楽曲のクォリティがダウンしており、アルバムの完成度に
期待したのだが・・・。(無念!)
最高位76位。
彼らもアメリカン・チャートとお別れの時が来たのである。
アルバム「ロンリー・イズ・ザ・ナイト」(Hearts In Motion)より。
音楽チャート1986年8月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1986年8月02日付(復活!モンキーズ!!) ]
2006-07-29(Sat) 17:17:49
01/05「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
02/01「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
03/02「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
04/06「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
05/03「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
06/08「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
07/07「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
08/04「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
09/12「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
10/11「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ

11/10「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
12/18「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
13/20「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
14/15「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
15/23「ヴィーナス」バナナラマ
16/22「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
17/21「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
18/24「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
19/33「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
20/13「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース

21/27「スザンヌ」ジャーニー
22/09「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
23/32「愛は吐息のように」ベルリン
24/26「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
25/19「シークレット・セパレイション」フィクス
26/30「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド
27/14「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
28/31「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
29/16「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
30/34「ベイビー・ラヴ」レジーナ

31/41「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
32/17「ハート・マインド」GTR
33/37「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン
34/40「ヤンキー・ローズ」デヴィッド・リー・ロス
35/45「ランブルシート」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
36/46「君がいて僕がいる」モンキーズ
37/25「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
38/43「テイクン・イン」マイク&ザ・メカニックス
39/42「ハート・アタック」ディヴァイス
40/49「マン・サイズ・ラヴ」クライマックス


【ニューエントリーこめんと】

☆「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
(Friends And Lovers / Gloria Loring & Carl Anderson)

>1946年ニューヨーク出身のプロデューサー兼歌手のグロリア・ロリング、
1945年バージニア州リンチバーグ出身のR&B歌手、カール・アンダーソンの男女によるコラボ。
それはもう、とても美しきラヴ・バラードかな♪
ボーイ・ミーツ・ガールの88年のヒット、「スター・トゥ・フォール」
(Waitting For A Star To Fall)の上位バージョンか!?
最高位2位。
二人にとっては、最初で最後のトップ40ヒットである。
なお、カール・アンダーソンは04年2月に白血病で他界している。
享年58。
グロリア・ロリングのアルバム"Gloria Loring"、カール・アンダーソンのアルバム
「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」(Carl Anderson)にそれぞれ収録。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B00000267L001001/1/ref=mu_sam_ra001_001/

☆「ランブルシート」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
(Rumbleseat / John Cougar Mellencamp)

>軽快なロック・ナンバーだが、アルバムから5枚目のシングルともなれば、
息切れ感は否めませぬ。
最高位28位。
アルバム「スケアクロウ」(Scarecrow)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B0009IW9D4001009/1/ref=mu_sam_ra001_009/

☆「君がいて僕がいる」モンキーズ
(That Was Then,This Is Now / The Monkees)

>かのビートルズに匹敵するスターを生み出そうとオーディションを企画し、
選ばれし者たちによって1965年カリフォルニア州ロサンゼルスで結成。
TV番組「ザ・モンキーズ・ショウ」の影響もあり、その人気はアメリカ本土だけではなく
世界中に飛び火する事となる!
しかし盛者必衰、70年にはひっそりと活動を停止したのだが、
86年MTVで「ザ・モンキーズ~」が再放送されるとその人気が再沸騰。
再結成され作品も新たに発表、久々にトップ40にその名を示す!
流行りの80'sサウンドに反逆するような往年のモンキーズ・サウンドを継承し、
最高位20位をマーク。
アルバムも複数をトップ100に送り込むほどの再ブームを築く。
ちなみに日本でも80年にTVCMに使用され、ちょっとした人気を博したものであるが、
ワタシにはどうにもピンと来るサウンドではなく、残念ナリ・・・★
アルバム「ザ・ベスト/モンキーズ」(Then & Now / The Best Of Monkees)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B00000IQ10001019/1/ref=mu_sam_ra001_019/

☆「テイクン・イン」マイク&ザ・メカニックス
(Taken In / Mike & The Mechanics)

>アルバムのラストを締めくくっていた、消え入りそうなほど静寂なナンバー。
チャート的にもひっそりと32位に4週も粘り続け、圏外に去っているのがなんとも渋い。
アルバム「マイク&ザ・メカニックス」(Mike + The Mechanics)からの3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002IIG001009/1/ref=mu_sam_ra001_009/

☆「ハート・アタック」ディヴァイス
(Hanging On A Heart Attack / Device)

>ニューヨーク出身のミュージシャン兼ソング・ライターであるホリー・ナイトが
80年の“スパイダー”に引き続いて立ち上げたロック・バンド。
しかし、今回もスパイダー同様なんとかトップ40に1曲だけ食い込ませるヒットに
留まり(最高位35位)、大成功には至らず。
ロッド・スチュワートや、ハート等に提供した作品はグイグイと
トップ10内に突入していったのにねぇ。
しかもマズイ事に、ワタシはスパイダーにしろこのディヴァイスにしろ、
一発ヒットとなった作品に対してまるで記憶がナイのはどういうコトなんでしょうか?
しかも両バンド名すら記憶に薄いのはナゼ・・・!?
ホリー・ナイトという女性(美人!)とは、まるで縁がなかったのでありましょうか??
ホント“謎”である。(^^;
アルバム「22B3」(22B3)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000005NMV001001/1/ref=mu_sam_ra001_001/

☆「マン・サイズ・ラヴ」クライマックス
(Man Size Love (From "Running Scared") / Klymaxx)

>名バラード、「アイ・ミス・ユー」(I Miss You)の一発ヒットで
終了するのかと思いきや、気合の入ったややアップ・テンポなナンバーで、
2曲目のトップ40ヒットを記録。
最高位15位。
一発屋さんでも良かったのに・・・。(スミマセン)
サントラ「ランニング・スケアード」(Running Scared)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002P00001004/1/ref=mu_sam_ra001_004/
音楽チャート1986年8月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。