ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年7月26日付(ソロとして再び!デヴィッド・リー・ロス) ]
2006-07-22(Sat) 18:11:14
01/02「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
02/04「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
03/01「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
04/03「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
05/07「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
06/12「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
07/10「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
08/11「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
09/05「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
10/15「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル

11/13「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
12/17「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
13/09「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
14/06「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
15/18「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
16/08「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
17/14「ハート・マインド」GTR
18/27「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
19/21「シークレット・セパレイション」フィクス
20/28「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ

21/25「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
22/31「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
23/34「ヴィーナス」バナナラマ
24/32「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
25/19「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
26/29「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
27/30「スザンヌ」ジャーニー
28/16「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
29/20「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ
30/35「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド

31/36「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
32/38「愛は吐息のように」ベルリン
33/40「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
34/39「ベイビー・ラヴ」レジーナ
35/33「ハイパーアクティヴ」ロバート・パーマー
36/24「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
37/42「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン
38/22「ドリームス」ヴァン・ヘイレン
39/23「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
40/47「ヤンキー・ローズ」デヴィッド・リー・ロス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン
(Words Get In The Way / Miami Sound Machine)

>暑い夏の最中、一陣のさわやかな風が吹き抜けるといった感じの
ミディアム・スローなバラード。
ムシ暑さ炸裂だった前2作に夏バテ寸前だったワタシが、この曲によって
救われた気分でありました。
最高位5位は当然だ!(なんちて)
アルバム「プリミティヴ・ラヴ」(Primitive Love)からの3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002650001003/1/ref=mu_sam_ra001_003/

☆「ヤンキー・ローズ」デヴィッド・リー・ロス
(Yankee Rose / David Lee Roth)

>85年にヴァン・ヘイレンを脱退し、完全なフリーとなりてのソロ名義作。
バックにそうそうたる連中を引き連れ、デイヴによる問答無用のハード・ロックな
世界が展開される!
最高位16位。
ヴァン・ヘイレンのメンバー達を挑発するようなアルバム・タイトル、
「イート・エム・アンド・スマイル」(Eat 'Em And Smile)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002L9W001001/1/ref=mu_sam_ra001_001/
スポンサーサイト
音楽チャート1986年7月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1986年7月19日付(最後の打ち上げ花火?ベルリン) ]
2006-07-15(Sat) 20:17:36
01/02「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
02/06「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
03/04「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
04/07「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
05/01「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
06/05「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
07/11「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
08/03「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
09/09「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
10/17「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート

11/18「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
12/24「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
13/16「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
14/14「ハート・マインド」GTR
15/19「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
16/12「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
17/22「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
18/21「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
19/08「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
20/10「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ

21/26「シークレット・セパレイション」フィクス
22/23「ドリームス」ヴァン・ヘイレン
23/13「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
24/15「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
25/30「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
26/20「愛に誓いを」38スペシャル
27/34「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
28/33「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
29/35「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
30/37「スザンヌ」ジャーニー

31/41「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
32/39「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
33/36「ハイパーアクティヴ」ロバート・パーマー
34/43「ヴィーナス」バナナラマ
35/40「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド
36/38「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
37/25「マウンテンズ」プリンス&ザ・レヴォリューション
38/48「愛は吐息のように」ベルリン
39/47「ベイビー・ラヴ」レジーナ
40/ー「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー


【ニューエントリーこめんと】

☆「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
(The Edge Of Heaven / Wham!)

>短期間ながらも全米を席巻した“ワム”としてのラスト・トップ40ヒット。
明るいポップな路線は健在なれども、あきらかに投げやりっぽい作りに感じるのは、
ユニットが終焉を迎えている証しなのか?
最高位10位。
アルバム「エッジ・オブ・ヘヴン」(Music From The Edge Of Heaven)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000266C001001/

☆「ヴィーナス」バナナラマ
(Venus / Bananarama)

>1970年にショッキング・ブルーが放った全米No.1ヒットをカバー。
ストック/エイトケン/ウォーターマンの手により、80年代風のダンス・ミュージックに
味付けされ、オリジナル同様全米の頂点を極める(1週)。
ワタシにはちとノリが軽過ぎて、いまいち受け入れられなかったかなぁ。
アルバム「ヴィーナス/バナナラマ3」(True Confession)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00006831N001006/

☆「愛は吐息のように」ベルリン
(Take My Breath Away (Love Theme From "Top Gun") / Berlin)

>約2年ぶり2曲目のトップ40ヒットは、まさに“愛のテーマ”ってな雰囲気を漂わせまくる
ミディアム・スローなバラード。
こちらも見事トップの座に立つ(1週)!
まさかベルリンがこのような作品を提供してくるとはと当時は驚いたものだが、
これがラスト・トップ40ヒットとなってしまった。
サントラ「トップ・ガン」(Top Gun)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000K2UX001005/

☆「ベイビー・ラヴ」レジーナ
(Baby Love / Regina)

>ニューヨーク州ブルックリン出身。
本名レジーナ・リチャーズ。
80年代前半にレジーナ・リチャーズ&レッド・ホットというバンド名義でデビューしたものの、
鳴かず飛ばずで終了。
で、今回はソロとしてマドンナに提供されていた作品を取り上げ、
最高位10位をマークする成功を収める。
マドンナのヒット曲“ホリディ”を彷彿とさせるメロディ・ラインは、
まさにマドンナ向けの曲だったというのがよく判りますなぁ。
一発ヒットで終了してしまったのだが、この作品自体は90年代前半に、
カイリー・ミノーグの妹ダニー・ミノーグによってカバーされ、
イギリスでヒットしたようだ。
アルバム「キュリオシティ」(Curiosity)より。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002IKV001002/

☆「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
(Dancing On The Ceiling / Lionel Richie)

>御大の作品にしてはOPがライト過ぎて心配したのだが、
それ以降の音作りは納得いった一品。
ポップなダンス・ナンバーが最高位2位を記録。
しかし、この作品以降じわじわとジリ貧への道を歩む事になろうとは、
ダレが予想出来たでありましょうか?
アルバム「セイ・ユー・セイ・ミー」(Dancing On The Ceiling)からのカット。
アルバム原題が"Dancing On The Ceiling"なのに、邦題が・・・ねぇ。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00007KQ70001015/
音楽チャート1986年7月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1986年7月12日付(ワン・ヒット・ワンダーが御二組様) ]
2006-07-08(Sat) 16:53:06
01/02「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
02/06「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
03/01「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
04/05「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
05/03「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
06/09「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
07/10「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
08/04「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
09/12「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
10/11「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ

11/19「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
12/13「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
13/08「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
14/15「ハート・マインド」GTR
15/07「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
16/18「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
17/21「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
18/22「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
19/25「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
20/14「愛に誓いを」38スペシャル

21/27「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
22/29「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
23/24「ドリームス」ヴァン・ヘイレン
24/35「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
25/23「マウンテンズ」プリンス&ザ・レヴォリューション
26/31「シークレット・セパレイション」フィクス
27/17「ウォナ・ビー・ア・カウボーイ」ボーイズ・ドント・クライ
28/16「ディファレント・コーナー」ジョージ・マイケル
29/32「ホワット・シー・ウォンツ」バングルズ
30/36「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン

31/20「リヴ・トゥ・テル」マドンナ
32/26「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
33/43「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
34/40「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
35/38「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
36/39「ハイパーアクティヴ」ロバート・パーマー
37/41「スザンヌ」ジャーニー
38/44「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
39/46「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
40/42「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド


【ニューエントリーこめんと】

☆「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
(Rumors / Timex Social Club)

>1982年にプロデューサーであるジェイ・キングが立ち上げたユニット。
トップ10入りしてから10位→8位(最高位)→9位→8位(再び最高位)→12位という
奇妙なチャート・アクションにはナニかあったのでしょうか?
トップ10ヒットにしてはまるで記憶が無く、試聴した限りではリズミカルな
ファンク系ナンバーか。
一発ヒットとはいえ、ここまで順位を伸ばすほどの曲かなぁ?
87年に他の同業者とクラブ・ヌーボーを新設するため、解散に追い込まれる。
アルバム"Vicious Rumors"より。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000068ZVP007008/

☆「スザンヌ」ジャーニー
(Suzanne / Journey)

>たしかにジャーニーのニュー・シングルなのだが、これまた前作同様悪くはないのだが、
強烈な引きというかカリスマ性をまるで感じません。
やはりPVは制作されなかったようで、時代に反逆したのはいいがその行為が
世間にアピール出来なかったのが敗因なのか?
最高位17位。
美しいハーモニーに、スピード感のある良質なロックなんだけれどなぁ。
アルバム「レイズド・オン・レイディオ~時を駆けて」(Raised On Radio)からの2ndシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F110%2F115110%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv30909

☆「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
(One Step Closer To You / Gavin Christopher)

>イリノイ州シカゴ出身のシンガー・ソングライター。
ミディアム・テンポのA.O.R.風な作品が、最高位22位をマーク。
70年代には、ルーファス&チャカ・カーンと共同作業をしていたこともある彼だが、
いまいち目立たなかった一発ヒット。
アルバム「ワン・ステップ・クローサー」(One Step Closer)からのナンバー。
下記の人物が在籍していたバンドのアルバムとは、同名異作なのはいうまでもなし。

☆「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
(Sweet Freedom (Theme From "Running Scared") / Michael McDonald)

>ややアップ・テンポなR&B調の作品。くぐもったというか、ハッキリとしないボーカルは
相変わらず健在。(スミマセン)
最高位7位。
ついでに上記の作品のリード・ボーカルを彼が担当していたら、
トップ10ヒットになっていたかも・・・?
結構、違和感がないと思うのだが♪(^^;
サントラ「ランニング・スケアード」(Running Scared)からのカット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00004YLIV001010/

☆「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド
(All The Love In The World / The Outfield)

>トップ10ヒットとなった前作の流れを汲むような、ちょいとドラマチック的要素を含んだ
サザン・ロック風な作品とでもいいましょうか?
やっぱ、イギリスのバンドとしてのイメージからはかけ離れたアメリカンなサウンドだ。
ボーカルはスティングっぽいのにねぇ。
最高位19位。
デビュー・アルバムの完成度にも非常に満足し、ニュー・アルバムにも
大きな期待を寄せたのだが・・・。
アルバム「プレイ・ディープ」(Play Deep)より。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002645001007/
音楽チャート1986年7月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1986年7月5日付(チャートにカムバック!スティーヴ・ウィンウッド) ]
2006-07-01(Sat) 22:06:18
01/02「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
02/04「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
03/06「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
04/05「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
05/09「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
06/08「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
07/03「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
08/01「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
09/10「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
10/14「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス

11/15「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ
12/18「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
13/17「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
14/19「愛に誓いを」38スペシャル
15/21「ハート・マインド」GTR
16/07「ディファレント・コーナー」ジョージ・マイケル
17/13「ウォナ・ビー・ア・カウボーイ」ボーイズ・ドント・クライ
18/23「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
19/32「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
20/11「リヴ・トゥ・テル」マドンナ

21/27「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
22/25「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
23/24「マウンテンズ」プリンス&ザ・レヴォリューション
24/26「ドリームス」ヴァン・ヘイレン
25/30「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
26/12「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
27/31「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
28/16「ナッシン・アット・オール」ハート
29/35「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
30/20「ウィーン・コーリング」ファルコ

31/36「シークレット・セパレイション」フィクス
32/33「ホワット・シー・ウォンツ」バングルズ
33/28「ワン・ヒット」ローリング・ストーンズ
34/29「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42
35/42「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
36/39「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
37/22「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
38/43「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
39/40「ハイパーアクティヴ」ロバート・パーマー
40/47「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド


【ニューエントリーこめんと】

☆「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
(Papa Don't Preach / Madonna)

>作品も歌詞内容もそれなりに有名なNo.1ヒット(2週)であろうが、
ワタシにとってはなにか物足りなさを感じてしまうかなぁ。
ここ一連のヒット曲に飽きてきた頃かもしれません。
アルバム「トゥルー・ブルー」(True Blue)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005J6T0001001/

☆「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
(Take It Easy / Andy Taylor)

>1961年イギリスはニューカッスル出身。
おなじみデュラン・デュランのギタリストによるソロ名義作。
T-レックスの“ゲット・イット・オン”を連想してしまうような骨太ロック。
ギター・カッティングがイカしております♪
最高位24位。
しかしこの後、程無くして彼はデュラン~を脱退してしまう。
サントラ「アメリカン・アンセム」(American Anthem)からのカット。

ttp://www.youtube.com/watch?v=1ioDymMPYXo (PV)

☆「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
(Higher Love / Steve Winwood)

>およそ5年ぶりのトップ40カムバック!
肩の力を上手く抜いたポップなサウンドが、アメリカン・チャートの頂点に立つ(1週)!
そしてこの後、ヒット街道をまい進して行く事となるのであーる☆(^^)
アルバム「バック・イン・ザ・ハイライフ」(Back In The Highlife)からの先行シングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001FKA001001/

★圏外96位★

☆「ビフォア・アイ・ゴー」スターシップ
(Before I Go / Starship)

>アルバム「フープラ」(Knee Deep In The Hoopla)を頻繁に聴いていた時から、
「ちょいと弱いけれど、シングル向きかな?」と思っていた
単調ながらもポップなナンバー。
アルバムから4枚目のシングルに抜擢されたものの、最高位は68位。
妥当なトコロでありましょう。(^^;
音楽チャート1986年7月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。