ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年6月28日付(待望!フィクスの新曲なれど・・・) ]
2006-06-25(Sun) 11:28:15
01/01「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
02/02「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
03/03「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
04/08「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
05/06「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
06/09「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
07/07「ディファレント・コーナー」ジョージ・マイケル
08/17「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
09/14「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
10/15「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル

11/04「リヴ・トゥ・テル」マドンナ
12/05「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
13/12「ウォナ・ビー・ア・カウボーイ」ボーイズ・ドント・クライ
14/22「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
15/16「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ
16/10「ナッシン・アット・オール」ハート
17/20「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
18/21「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
19/23「愛に誓いを」38スペシャル
20/18「ウィーン・コーリング」ファルコ

21/25「ハート・マインド」GTR
22/11「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
23/33「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
24/27「マウンテンズ」プリンス&ザ・レヴォリューション
25/31「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
26/30「ドリームス」ヴァン・ヘイレン
27/32「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
28/29「ワン・ヒット」ローリング・ストーンズ
29/13「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42
30/38「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル

31/35「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
32/40「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
33/34「ホワット・シー・ウォンツ」バングルズ
34/19「ミラクル」マイク&ザ・メカニックス
35/42「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
36/41「シークレット・セパレイション」フィクス
37/24「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
38/37「アウト・オブ・マインド」モデルズ
39/50「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
40/51「ハイパーアクティヴ」ロバート・パーマー


【ニューエントリーこめんと】

☆「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
(We Don't Have To Take Our Clothes Off / Jermaine Stewart)

>1957年イリノイ州シカゴ出身。
十代の頃、かのTV番組“ソウル・トレイン”のバック・ダンサーを勤め、
80年代にはシャラマー、ダヴァレス、テンプテーションズ等のバック・コーラスを担当。
84年に念願のソロ・デビューを飾る。
リズミカルなダンス・ナンバーを歌い上げるボーカルは、
女性かと思いきや“男性”である。
メジャーなアーティストのヒット曲に紛れ込んで目立たない印象があったものの、
気が付けば最高位5位をマーク。
一発屋に終わるかと思いきや、2年後にもう一曲トップ40に食い込ませる。
アルバム「フランティック・ロマンティック」(Frantic Romantic)から。
97年3月、エイズによる肝臓ガンにて逝去。
享年39。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F133%2F393133%5F1%5F09%2Easx%3Fobj%3Dv30820

☆「シークレット・セパレイション」フィクス
(Secret Separation / The Fixx)

>重厚な作りで、とてもクールなロック・ナンバー。
かっこいいシングルの出来映えに、収録アルバム「ウォークアバウト」(Walkabout)にも
期待をしたのだが・・・。
と、とにかくシングルの最高位は19位と不満足!
アルバムの内容は、もっと(以下略)。
ここまで3作連続して彼らのアルバムを購入してきたのだが、
それもここまでが限界であった★

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00002MYYB001014/

☆「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
(You Should Be Mine (The Woo Woo Song) / Jeffrey Osborne)

>ソウルフルなバラードながらも、ワタシの心どころか記憶にも残りづらい作品。
なんでだろ、最高位も13位なのにねぇ?
アルバム「エモーショナル」(Emotional)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000068TNI001001/

☆「ハイパーアクティヴ」ロバート・パーマー
(Hyperactive / Robert Palmer)

>彼が放つトップ40ヒットの中でも、ワタシの記憶に刻まれにくいロック・ナンバー。
それはそれは、上記のジェフリー・オズボーンよりも重症ですよ!?
最高位33位ってコトは、全米もそうなのかな?(^^;
アルバム「リップタイド」(Riptide)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000065UNE002005/
スポンサーサイト
音楽チャート1986年6月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1986年6月21日付(ソロ転向のお二人さん!) ]
2006-06-17(Sat) 21:26:50
01/01「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
02/04「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
03/05「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
04/02「リヴ・トゥ・テル」マドンナ
05/03「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
06/08「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
07/07「ディファレント・コーナー」ジョージ・マイケル
08/11「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
09/14「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
10/12「ナッシン・アット・オール」ハート

11/06「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
12/15「ウォナ・ビー・ア・カウボーイ」ボーイズ・ドント・クライ
13/10「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42
14/24「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
15/22「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
16/20「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ
17/27「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
18/19「ウィーン・コーリング」ファルコ
19/09「ミラクル」マイク&ザ・メカニックス
20/23「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド

21/25「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
22/28「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
23/26「愛に誓いを」38スペシャル
24/13「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
25/29「ハート・マインド」GTR
26/21「スケアクロウ」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
27/33「マウンテンズ」プリンス&ザ・レヴォリューション
28/16「イズ・イット・ラヴ」Mr.ミスター
29/34「ワン・ヒット」ローリング・ストーンズ
30/35「ドリームス」ヴァン・ヘイレン

31/42「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
32/40「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
33/44「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
34/37「ホワット・シー・ウォンツ」バングルズ
35/39「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
36/17「トゥ・ユアセルフ」ジャーニー
37/38「アウト・オブ・マインド」モデルズ
38/46「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
39/18「ムーヴ・アウェイ」カルチャー・クラブ
40/49「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ


【ニューエントリーこめんと】

☆「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
(Mad About You / Belinda Carlisle)

>1958年カリフォルニア州ハリウッド出身。
85年に解散した女性ロック・バンド、ゴーゴーズ(The Go-Go's)の
リード・ボーカリストがソロとして新たなるスタートを切る!
ゴーゴーズ時代のやや荒削りなロックとは決別し、ポップなボーカル路線を選択。
最高位3位と、ソロ転向としては申し分のない結果を残したのだが、
ちょいと破格な順位ではなかろうか。
“美人”は特だ!?(^^;
アルバム「ベリンダ」(Belinda)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002OL1001008/

☆「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
(Opportunities(Let's Make Lots Of Money) / Pet Shop Boys)

>前シングルとは打って変わってややハードな作り。
スピード感も増したものの、そのサウンドはペット・ショップそのもので安心か。
最高位10位。
アルバム「ウエスト・エンド・ガールズ」(Please)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002UZ4001003/

☆「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
(Modern Woman(From "Ruthless People") / Billy Joel)

>約3年ぶりのオリジナル・アルバム「ザ・ブリッジ」(The Bridge)からの
1stシングルは、単調ともとれるようなストレートなロック・ナンバー。
久しぶりの新曲にしてはイマイチな気がしてならなかったのだが、
最高位も10位とチャート的にもなにかイマイチ感が・・・。
ベット・ミドラー主演のコメディ映画、「殺したい女」(なんちゅー邦題★)
(Ruthless People)の挿入歌でもある。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000DCHJ001004/

☆「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
(Glory Of Love(Theme From "The Karate Kid Part Ⅱ") / Peter Cetera)

>1944年イリノイ州シカゴ出身。
ロック・バンド、シカゴ(Chicago)の創世記からボーカリスト&ベーシストとして
活躍してきたのは、もう有名過ぎですか?
85年にシカゴを脱退し、ソロとしては2枚目にあたるアルバム「ソリチュード・ソリティア」
(Solitude / Solitaire)からの1stシングルが、アメリカン・チャートの
頂点を極める!(2週)
B級青春カラテ映画、「ベスト・キッド2」(Karate Kid Part Ⅱ)の
主題歌としての影響も大か?
いや、美しい楽曲作りが成功の秘訣でありましょう♪
シカゴで培ったバラード路線の研究に、抜かりはナシ!?

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002L9Z001003/

★圏外85位★

☆「カインド・オブ・マジック」クィーン
(A Kind Of Magic / Queen)

>ニュー・アルバム「カインド・オブ・マジック」(A Kind Of Magic)からの
1stシングルだったのだが、惜しくも最高位42位とトップ40入りならず・・・。
アメリカでの低迷は続くのだが、根強いファンはしっかりと存在して
おりますぞ!(^^)
音楽チャート1986年6月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1986年6月14日付(ブルー・アイド・ソウル?ブロウ・モンキーズ) ]
2006-06-10(Sat) 18:49:42
01/02「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
02/01「リヴ・トゥ・テル」マドンナ
03/04「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
04/09「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
05/08「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
06/03「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
07/10「ディファレント・コーナー」ジョージ・マイケル
08/14「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
09/05「ミラクル」マイク&ザ・メカニックス
10/07「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42

11/16「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
12/15「ナッシン・アット・オール」ハート
13/06「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
14/18「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
15/17「ウォナ・ビー・ア・カウボーイ」ボーイズ・ドント・クライ
16/13「イズ・イット・ラヴ」Mr.ミスター
17/11「トゥ・ユアセルフ」ジャーニー
18/12「ムーヴ・アウェイ」カルチャー・クラブ
19/23「ウィーン・コーリング」ファルコ
20/24「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ

21/22「スケアクロウ」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
22/32「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
23/28「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
24/33「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
25/27「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
26/30「愛に誓いを」38スペシャル
27/37「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
28/34「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
29/35「ハート・マインド」GTR
30/19「恋するティーン・エイジャー」ジャネット・ジャクソン

31/20「ウエスト・エンド・ガールズ」ペット・ショップ・ボーイズ
32/21「バッド・ボーイ」マイアミ・サウンド・マシーン
33/44「マウンテンズ」プリンス&ザ・レヴォリューション
34/41「ワン・ヒット」ローリング・ストーンズ
35/43「ドリームス」ヴァン・ヘイレン
36/36「ラヴ・パレード」ドリーム・アカデミー
37/42「ホワット・シー・ウォンツ」バングルズ
38/40「アウト・オブ・マインド」モデルズ
39/45「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
40/46「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート


【ニューエントリーこめんと】

☆「マウンテンズ」プリンス&ザ・レヴォリューション
(Mountains / Prince & The Revolution)

>アルバム「パレード」(Parade)からの2ndシングルなれど、
前シングルほどのインパクトはまるで感じられず、
最高位も23位とやや低迷。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F240%2F135240%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv11115

☆「ワン・ヒット」ローリング・ストーンズ
(One Hit(To The Body) / The Rolling Stones)

>彼らのアルバムからの2ndシングルは、たいていライヴ向きのストレートなロックを
提供してまいります。
第一弾シングルでアルバムを購入させ、第二弾でライヴへ呼びこもうとする
高等なテクニックなのでありましょうか?
最高位28位。
アルバム「ダーティ・ワーク」(Dirty Work)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000000W66001001/

☆「ドリームス」ヴァン・ヘイレン
(Dreams / Van Halen)

>初代リード・ボーカリストが変更になっても、手応えのあるセールスを
記録したアルバム「5150」(5150)からの2ndシングル。
サミー・ヘイガーのボーカルが、バッチリとマッチした爽快な
ロック・ナンバーが最高位22位をマーク。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002L99001004/

☆「ホワット・シー・ウォンツ」バングルズ
(If She Knew What She Wants / Bangles)

>ド派手な大ヒットシングルの狭間に発表され、一見見落としそうになる作品なのだが
ワタシは大好きであります♪
最高位29位と記録的にはいまいちアピール出来なかったものの、
そのポップで爽やかなこの一品を見逃してはいけません!
ワタシにとっては、彼女たちが残した一連のヒット曲のベスト3に入る
傑作であろうかな☆(^^)
アルバム「シルバー・スクリーンの妖精」(Different Light)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00008PX8T001004/

☆「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
(Digging Your Scene / The Blow Monkeys)

>1981年イギリスで結成。
ドクター・ロバートを中心とした、ソウル系ポップ・バンドによる
アメリカでの一発ヒット。
しかしその完成度は非常に高く、当時から耳にする度になにか懐かしさを
感じさせてくれていた暖かい作品なのだが、現在もその感触には変わりはない。
全体的にトロピカルな雰囲気を持ち、サックスの音色がこれまた絶品♪
雑音混じりの短波放送から流れてきたら、さぞかし心地よいかも?(^^)
最高位14位。
90年代後半に解散したようだ。
アルバム「アニマル・マジック」(Animal Magic)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000006T0P001001/

☆「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
(Love Touch(Theme From "Legal Eagles" / Rod Stewart)

>当時、“昔のロッドが帰って来た!”というようなキャッチ・フレーズを
付けられていた作品だが、たしかに70年代あたりの面影を感じさせてくれる
落ち着いた雰囲気の曲。
ロバート・レッドフォード主演の映画「夜霧のマンハッタン」の主題歌でもある。
最高位は6位、個人的にはもう少し上昇して欲しかったかな。
2ndシングルに期待したのだが、残念ながらトップ40入りする力はなかったようだ。
アルバム「ロッド・スチュワート」(Rod Stewart)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000ALFYD001009/
音楽チャート1986年6月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1986年6月7日付(“本家”ジェネシスも絶好調!) ]
2006-06-03(Sat) 17:54:36
01/02「リヴ・トゥ・テル」マドンナ
02/03「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
03/01「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
04/05「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
05/06「ミラクル」マイク&ザ・メカニックス
06/04「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
07/07「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42
08/11「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
09/13「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
10/15「ディファレント・コーナー」ジョージ・マイケル

11/09「トゥ・ユアセルフ」ジャーニー
12/12「ムーヴ・アウェイ」カルチャー・クラブ
13/08「イズ・イット・ラヴ」Mr.ミスター
14/19「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
15/17「ナッシン・アット・オール」ハート
16/22「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
17/23「ウォナ・ビー・ア・カウボーイ」ボーイズ・ドント・クライ
18/25「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
19/10「恋するティーン・エイジャー」ジャネット・ジャクソン
20/14「ウエスト・エンド・ガールズ」ペット・ショップ・ボーイズ

21/16「バッド・ボーイ」マイアミ・サウンド・マシーン
22/26「スケアクロウ」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
23/29「ウィーン・コーリング」ファルコ
24/31「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ
25/20「ユア・ラヴ」アウトフィールド
26/18「テイク・ミー・ホーム」フィル・コリンズ
27/32「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
28/38「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
29/21「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
30/33「愛に誓いを」38スペシャル

31/24「恋におぼれて」ロバート・パーマー
32/39「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
33/42「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
34/43「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
35/40「ハート・マインド」GTR
36/37「ラヴ・パレード」ドリーム・アカデミー
37/45「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
38/28「聖女伝説」シンプル・マインズ
39/27「マザーズ・トーク」ティアーズ・フォー・フィアーズ
40/44「アウト・オブ・マインド」モデルズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
(Nasty / Janet Jackson)

>ややラップ風味のダンス・ナンバーを、アルバム「コントロール」(Control)から
第二弾シングルとして引っ張り出してきました。
ファルコにしろ、この当時には目新しい表現の音として注目を集めたのか、
最高位3位をマーク。
ジャネットの快進撃が、いよいよ本格的になってまいりました♪

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002GFE001002/

☆「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
(Danger Zone / Kenny Loggins)

>サントラおじさんとして久々の本領発揮!
1位にならなかったのが不思議なくらい(最高位2位)の、
ストレートなアメリカン・ロック。
映画はなんかイマイチだったが、サントラ盤の出来としてはヒット・シングルこそ
84年の「フットルース」(Footloose)ほど多くはなかったものの、
それと遜色のない出来映え!
当時はLPからCDへと切り替えの時期だったのだが、ワタシがラストとして購入した
“LPレコード”がこの「トップ・ガン」(Top Gun)だったと思う。
まぁ、独身時代に終止符を打ち、好き勝手にアルバムを購入出来なくなった
頃でもありますが・・・★(当然“それ”は現在も継続中)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000K2UX001001/

☆「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
(Invisible Touch / Genesis)

>バラ売り(?)が成功していた当時の彼らなのだが、集合しても
強いところを見せつけてくれました。
小気味良いアップ・テンポのロック・ナンバーがジェネシスとしては
初のNo.1を記録!(1週)
フィル・コリンズ臭が濃い(スミマセン)ベスト・セラーアルバム、
「インヴィジブル・タッチ」(Invisible Touch)からの先行シングル。
なお、ヘヴィ・メタファンの知り合いから当時、試聴用サンプルの“白カセ”を
もらったのがこのアルバムであったとさ。(毎度♪)

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F982%2F104982%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv60501

☆「アウト・オブ・マインド」モデルズ
(Out Of Mind Out Of Sight / Models)

>1978年オーストラリアはメルボルンで結成。
エアチェックの記憶はあれども、肝心の曲調をすっかりと忘れてしまっていた作品なのだが、
今回試聴してみればなかなかかっこいいロックではなかろうか。
まるで覚醒した同郷のインエクセスを彷彿とさせるような感じだ!
しかし、結成から約10年目にしてアメリカン・チャートにランクさせるほどの曲を
発表したのにも関わらず、87年には解散しているようだ。
メジャーなヒットを手にした事で、バンド内にいざこざでもあったのでしょうか?
なんか彼らが完成させたサウンドを、まるでインエクセスが引き継いだような気がして、
ちと“ムッ”っとしてしまうのは大人気ないか・・・?(^^;
最高位37位。
アルバム「アウト・オブ・マインド・アウト・オブ・サイト」(Out Of Mind Out Of Sight)
からのナンバー。
いつの日か、このアルバムは聴いてみたいものである。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000005KO9001004/
音楽チャート1986年6月チャートTB : 0CM : 6

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。