ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年1月25日付 ]
2006-01-21(Sat) 20:13:58
01/01「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
02/02「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
03/08「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
04/07「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
05/12「アイム・ユア・マン」ワム
06/11「マイ・ホームタウン」ブルース・スプリングスティーン
07/09「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ
08/05「アイ・ミス・ユー」クライマックス
09/03「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
10/13「スパイス・ライク・アス」ポール・マッカートニー

11/16「ゲット・タフ~ナイルの宝石」ビリー・オーシャン
12/04「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
13/14「ゴー・ホーム」スティーヴィ・ワンダー
14/06「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
15/10「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ
16/17「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
17/23「恋は手さぐり」ホイットニー・ヒューストン
18/15「イッツ・オンリー・ラヴ」ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー
19/20「グッドバイ」ナイト・レンジャー
20/22「サイドウォーク・トーク」ジェリービーン

21/29「キリエ」Mr.ミスター
22/27「スウィーテスト・タブー」シャーデー
23/32「リヴィング・イン・アメリカ」ジェームス・ブラウン
24/18「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
25/33「ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン」ドリーム・アカデミー
26/31「ラヴ・ビザール」シーラE
27/26「フェイス・ザ・フェイス」ピート・タウンゼント
28/19「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
29/39「セーラ」スターシップ
30/40「サイレント・ランニング」マイク&ザ・メカニックス

31/34「エヴリシング・イン・マイ・ハート」コリー・ハート
32/36「シャイン・オン・TV」アーハ
33/28「セックス・アンド・ザ・ウェポン」パット・ベネター
34/38「ターザン・ボーイ」バルティモラ
35/24「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン
36/21「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
37/44「デジタル・ディスプレイ」レディ・フォー・ザ・ワールド
38/45「シークレット・ラヴァー」アトランティック・スター
39/48「ヒール・ネヴァー・ラヴ・ユー」フレディ・ジャクソン
40/52「王様の一日」トンプソン・ツインズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「デジタル・ディスプレイ」レディ・フォー・ザ・ワールド
(Digital Display / Ready For The World)

>プリンス色の強いファンクなナンバーは健在だが、プリンス一派ではない事を
あえてもう一度述べておきましょう。
とりあえずこれで“一発屋”からは回避出来たってワケなのだが、しぶとくもう一曲
ヒットを放ってくるとは思わなかった。(スミマセン)
最高位21位。
アルバム「Oh,シーラ」(Ready For The World)からの2ndシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F886%2F136886%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv40706

☆「シークレット・ラヴァー」アトランティック・スター
(Secret Lovers / Atlantic Starr)

>4年ぶりのトップ40ヒットとなる本作は、ヒットのツボをしっかりと
研究し尽くしたかのような良質のバラード。
最高位は3位。
コレが彼らの最高傑作になるかと思いきや、究極の完成品となるバラードを
数年後に満を持して発表してくるのであーる!
アルバム「フリーク・ア・リスティック」(As The Band Turns)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00004YLOR001003/

☆「ヒール・ネヴァー・ラヴ・ユー」フレディ・ジャクソン
(He'll Never Love You(Like I Do) / Freddie Jackson)

>アルバム「ロック・ミー・トゥナイト」(Rock Me Tonight)からの3rdシングルは、
やや陽気でアップテンポな作品。
最高位25位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000DQSO001001/

☆「王様の一日」トンプソン・ツインズ
(King For A Day / The Thompson Twins)

>神経質そうな前シングルからは一転して、ポップでキャッチーなナンバー。
まぁあまりこのような方向へ進んでしまうと“ワム”臭くなるので
注意が必要だが・・・。(^^;
最高位8位。
当時日本では、TVCMでも使用された。
アルバム「フューチャー・ディズ」(Here's To Future Days)からの2ndシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F495%2F481495%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv40405

★圏外83位★

☆「ボップ」ダン・シールズ
(Bop / Dan Seals)

>1948年テキサス州出身。
81年にコンビを解消したイングランド・ダン&ジョン・フォード・コリーの片割れ。
爽やかなポップ・ロックからカントリーの世界へと活躍の場を変え、
しばらくはナショナル・チャートからは消えていたのだが、本作が最高位42位まで上昇。
作品的にはあまりにも物静かすぎて、語るようなコトはないのかもしれないが
・・・正直よくココまで上昇出来たものだなぁ!(オイオイ)
ちなみに兄のジム・シールズは、81年に解散したシールズ&クロフツの片割れナリ。
アルバム"Won't Be Blue Anymore"からの地味ナンバー。(しつこい)
スポンサーサイト
音楽チャート1986年1月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1986年1月18日付 ]
2006-01-14(Sat) 13:17:27
01/03「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
02/01「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
03/02「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
04/04「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
05/05「アイ・ミス・ユー」クライマックス
06/06「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
07/08「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
08/12「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
09/10「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ
10/07「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ

11/13「マイ・ホームタウン」ブルース・スプリングスティーン
12/14「アイム・ユア・マン」ワム
13/19「スパイス・ライク・アス」ポール・マッカートニー
14/18「ゴー・ホーム」スティーヴィ・ワンダー
15/16「イッツ・オンリー・ラヴ」ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー
16/26「ゲット・タフ~ナイルの宝石」ビリー・オーシャン
17/20「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
18/22「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
19/11「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
20/25「グッドバイ」ナイト・レンジャー

21/09「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
22/28「サイドウォーク・トーク」ジェリービーン
23/31「恋は手さぐり」ホイットニー・ヒューストン
24/27「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン
25/23「パーフェクト・ウェイ」スクリッティ・ポリッティ
26/30「フェイス・ザ・フェイス」ピート・タウンゼント
27/33「スウィーテスト・タブー」シャーデー
28/29「セックス・アンド・ザ・ウェポン」パット・ベネター
29/39「キリエ」Mr.ミスター
30/17「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング

31/34「ラヴ・ビザール」シーラE
32/36「リヴィング・イン・アメリカ」ジェームス・ブラウン
33/38「ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン」ドリーム・アカデミー
34/35「エヴリシング・イン・マイ・ハート」コリー・ハート
35/15「エレクション・ディ」アーケイディア
36/37「シャイン・オン・TV」アーハ
37/21「スリーピング・バッグ」ZZトップ
38/40「ターザン・ボーイ」バルティモラ
39/54「セーラ」スターシップ
40/44「サイレント・ランニング」マイク&ザ・メカニックス


【ニューエントリーこめんと】

☆「セーラ」スターシップ
(Sara / Starship)

>当時、一人住まいを始めるため親父とともに下見に訪れた社宅で、
ラジオの入力感度を調べるため点けていた愛機の“クーガー”から流れて来たのが
この作品であった。
曲作りをすべて外注としたアルバム「フープラ」(Knee Deep In The Hoopla)からの
2ndシングルは、壮大なバラード。
前作に引き続き全米No.1の座をもぎ取った(1週)のには十二分にうなづける出来映えで、
思わずシングル盤も購入しました♪
しかし、"Sara"という曲名には名曲が多いようで、ホール&オーツ、
フリートウッド・マックにおいてもそのバラードとして持ちうる力を
遺憾なく発揮しているのは、ただの偶然なのでしょうか?(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002W3P001008/

☆「サイレント・ランニング」マイク&ザ・メカニックス
(Silent Running / Mike & The Mechanics)

>1950年イギリスはギルフォード出身であるジェネシスのベーシスト、
マイク・ラザフォードによるユニット。
85年に結成、95年に解散。
これまた壮大でメロディアスなエレポップに仕上がっており、決して同僚の
フィル・コリンズに負けないほどの才能を発揮しております。
ワタシとしましては、どちらかと申せばマイクの方に軍配を上げたい気もするが、
両者のアルバム購入数からすればイーヴンであろうかな。(^^;
最高位6位。
アルバム「マイク&ザ・メカニックス」(Mike & The Mechanics)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002IIG001001/
音楽チャート1986年1月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1986年1月11日付 ]
2006-01-07(Sat) 20:22:38
01/01「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
02/02「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
03/04「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
04/03「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
05/05「アイ・ミス・ユー」クライマックス
06/06「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
07/09「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ
08/11「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
09/07「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
10/13「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ

11/08「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
12/15「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
13/16「マイ・ホームタウン」ブルース・スプリングスティーン
14/20「アイム・ユア・マン」ワム
15/10「エレクション・ディ」アーケイディア
16/19「イッツ・オンリー・ラヴ」ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー
17/17「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング
18/22「ゴー・ホーム」スティーヴィ・ワンダー
19/24「スパイス・ライク・アス」ポール・マッカートニー
20/21「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン

21/12「スリーピング・バッグ」ZZトップ
22/23「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
23/14「パーフェクト・ウェイ」スクリッティ・ポリッティ
24/18「エマージェンシー」クール&ザ・ギャング
25/27「グッドバイ」ナイト・レンジャー
26/31「ゲット・タフ~ナイルの宝石」ビリー・オーシャン
27/28「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン
28/30「サイドウォーク・トーク」ジェリービーン
29/32「セックス・アンド・ザ・ウェポン」パット・ベネター
30/33「フェイス・ザ・フェイス」ピート・タウンゼント

31/36「恋は手さぐり」ホイットニー・ヒューストン
32/29「オブジェクト・オブ・マイ・デザイアー」スターポイント
33/38「スウィーテスト・タブー」シャーデー
34/37「ラヴ・ビザール」シーラE
35/39「エヴリシング・イン・マイ・ハート」コリー・ハート
36/44「リヴィング・イン・アメリカ」ジェームス・ブラウン
37/43「シャイン・オン・TV」アーハ
38/46「ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン」ドリーム・アカデミー
39/50「キリエ」Mr.ミスター
40/45「ターザン・ボーイ」バルティモラ


【ニューエントリーこめんと】

☆「リヴィング・イン・アメリカ」ジェームス・ブラウン
(Living In A America / James Brown)

>1933年サウスカロライナ州バーンウェル出身。
『ソウルの帝王』『ソウル・ファンクの父』などと賛辞の言葉を
欲しいままにしたスーパースター!
ワタシごとき初心者が、ベラベラと彼に対してコメントしても説得力に欠けます。(^^;
しかし、この約12年振りのトップ40ヒットだが、作者であるダン・ハートマンが
JBの魅力を最大限にまで引出した名作だと思う。
PVで熱唱するJBを観て、本気で「カッコイイ!」と感じたのは彼だけである。
まさに“♪コーフン ネーチャン!”だ!
最高位4位。
サントラ「ロッキー4~炎の友情」(Rocky Ⅳ)からのシングル・カット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000I9O3001001/

☆「シャイン・オン・TV」アーハ
(The Sun Always Shines On T.V. / A-ha)

>ファースト・シングルがいきなり全米の頂点に立った,彼らの待望となる2ndシングル。
前作同様スピード感のあるエレ・ポップなのだが、少々もたつくか?
最高位20位。
日本でもヒットしたとは言い難く、ゆえに一部の方々には“一発屋”の汚名を
受ける事となる。(^^;
アルバム「ハンティング・ハイ・アンド・ロウ」(Hunting High And Low)からの
2ndシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F402%2F76402%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン」ドリーム・アカデミー
(Life In A Northern Town / The Dream Academy)

>1985年イギリスで結成された3人組。
アコースティックなサウンドと美しいコーラスは、PVの影響もあってか
雪の降り積もった晴天の山々を思い浮かべてしまう。
ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアがプロデューサーの一員として
名を連ねているようだ。
最高位7位。
♪Hey Oh,Ma Ma Maのコーラス部分は日本でも有名であろうかな。(^^)
アルバム「ドリーム・アカデミー」(The Dream Academy)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000006YCO001001/

☆「キリエ」Mr.ミスター
(Kyrie / Mr. Mister)

>「霧へ」とハガキに記載して、ラジオ局にリクエストがよく舞い込んだ作品。(^^)
前作のシブさは影をひそめ、本作は軽快でアップテンポな仕上がりで聴いていて
非常に心地よさを感じる。
TV音楽番組でも演奏を披露したこともあり、「ブロークン・ウイングス」よりも
コチラの方が日本では人気が高いかも。
2週に渡りNo.1の座に立つ。
ちなみに「キリエ(Kyrie)」とはギリシャ語で、宗教用語らしい。
アルバム「ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド」(Welcome To The Real World)
からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002WBS001007/

☆「ターザン・ボーイ」バルティモラ
(Tarzan Boy / Baltimora)

>1957年北アイルランド出身の歌手、ジミー・マクシェーンによるユニット。
(日本のZARDみたいな感じかな)
タイトル通り、かの“ターザン”をモチーフとしており、楽しげなリズムに乗せて
例の雄たけびもしっかりと歌詞に含まれているのがナイス♪
最高位13位。
95年3月、バルティモラことジミー・マクシェーンは、27歳という若さでエイズにて永眠。
なお、この作品は93年に映画「ミュータント・ニンジャ・タートルズ3」の
挿入歌として使用され、最高位51位をマークしている。
アルバム「リヴィング・イン・ザ・バックグラウンド」(Living In The Background)
からのナンバー。

★圏外92位★

☆「ザ・スーパー・ボウル・シャッフル」シカゴ・ベアーズ・シャッフリン・クルー
(The Super Bowl Shuffle / Chicago Bears Shufflin' Crew)

>当時のアメリカン・フットボールチームのメンバーたちによる、賑やかなラップ調作品。
市販盤にクーポン券が添付されており、それを送付するとなにか特典があったと
記憶しているのだが、詳しくは判りません。(スミマセン)
チャート・アクションも尋常ではなく、92位→88位→84位→56位→41位→41位→
51位→63位→79位→圏外と、あたふたとした動きながらも
見事タッチダウン(ミリオン・セラー)を決める!(^^;
音楽チャート1986年1月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。