ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年12月28日付 ]
2005-12-25(Sun) 21:02:41
01/01「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
02/03「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
03/04「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
04/08「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
05/07「アイ・ミス・ユー」クライマックス
06/09「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
07/02「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
08/05「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
09/12「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ
10/06「エレクション・ディ」アーケイディア

11/16「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
12/10「スリーピング・バッグ」ZZトップ
13/14「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ
14/11「パーフェクト・ウェイ」スクリッティ・ポリッティ
15/17「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
16/32「マイ・ホームタウン」ブルース・スプリングスティーン
17/20「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング
18/19「エマージェンシー」クール&ザ・ギャング
19/23「イッツ・オンリー・ラヴ」ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー
20/25「アイム・ユア・マン」ワム

21/22「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
22/26「ゴー・ホーム」スティーヴィ・ワンダー
23/24「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
24/28「スパイス・ライク・アス」ポール・マッカートニー
25/13「ネヴァー」ハート
26/15「シスコはロック・シティ」スターシップ
27/30「グッドバイ」ナイト・レンジャー
28/29「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン
29/27「オブジェクト・オブ・マイ・デザイアー」スターポイント
30/36「サイドウォーク・トーク」ジェリービーン

31/39「ゲット・タフ~ナイルの宝石」ビリー・オーシャン
32/35「セックス・アンド・ザ・ウェポン」パット・ベネター
33/38「フェイス・ザ・フェイス」ピート・タウンゼント
34/18「フーズ・ズーミン・フー」アレサ・フランクリン
35/21「ラップ・ハー・アップ」エルトン・ジョン
36/42「恋は手さぐり」ホイットニー・ヒューストン
37/44「ラヴ・ビザール」シーラE
38/46「スウィーテスト・タブー」シャーデー
39/43「エヴリシング・イン・マイ・ハート」コリー・ハート
40/31「レイ・ユア・ハンズ」トンプソン・ツインズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「恋は手さぐり」ホイットニー・ヒューストン
(How Will I Know / Whitney Houston)

>大スターへの階段を登り始めた彼女にとって、もはやシングル・チャートの頂点ごとき
仕留めるのにはもう造作もない事か?(^^;
聴かせる作品から一転、アップテンポなナンバーを3枚目のシングルに持ってきたが、
全米の大衆には受け入れられたようだ。
2週トップに輝く。
アルバム「そよ風の贈り物」(Whitney Houston)から。
この作品は当時、シングル・カットされる以前にエアチェック・テープで
よく聴いていたのを思い出す。
マドンナにしろ、ホイットニーにしろ、大物アーティストが誕生していく過程に出会えたのは
いい体験だったかもしれませんなぁ♪(^^)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002VCQ001006/

☆「ラヴ・ビザール」シーラE
(A Love Bizarre / Sheila E.)

>もう彼女の時代は終わっていたと思っていたところに、思いがけずのヒットに
チト驚かされました。(スミマセン)
しかしこの“プリンス系ファンク”は、正直もう食傷気味だったので、
最高位11位という好記録にもいまいち目立たない気がしてならない。
ポインター・シスターズの「デア・ミー」のような感じか?(^^;
アルバム「ロマンス1600」(Romance 1600)からの1stシングル。

☆「スウィーテスト・タブー」シャーデー
(The Sweetest Taboo / Sade)

>“さで”が2枚目のニュー・アルバムを完成させ、ご挨拶にとばかりに
ニュー・シングルをトップ40に送り込んで参りました。
デビュー作同様、アダルトな夜を彩るようなサウンドでございます。
当時はやっぱニガテ系の作品だったのだが、イヤでもアダルトな世代に
突入してしまったワタシにも心地よくお耳に届いて参りますよ。(^^;
最高位5位。
アルバム「プロミス」(Promise)からのナンバー。
お小遣いの使用を計画的にして、ベスト盤を購入する時期が来たのかもなぁ・・・。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000051XX9001002/

☆「エヴリシング・イン・マイ・ハート」コリー・ハート
(Everything In My Heart / Corey Hart)

>やはり彼の持ち味が発揮される作品は、このようなバラード系のナンバーだと思うのだが、
いかがでしょうか?
最高位は30位と低迷したものの、記憶に残る一品である。
アルバム「ボーイ・イン・ザ・ボックス」(Boy In The Box)からの3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000DRBP001004/
スポンサーサイト
音楽チャート1985年12月チャートTB : 0CM : 5
  [ 1985年12月21日付 ]
2005-12-17(Sat) 22:27:08
01/03「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
02/01「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
03/04「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
04/07「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
05/02「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
06/06「エレクション・ディ」アーケイディア
07/09「アイ・ミス・ユー」クライマックス
08/14「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
09/12「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
10/08「スリーピング・バッグ」ZZトップ

11/13「パーフェクト・ウェイ」スクリッティ・ポリッティ
12/16「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ
13/05「ネヴァー」ハート
14/18「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ
15/10「シスコはロック・シティ」スターシップ
16/19「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
17/22「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
18/11「フーズ・ズーミン・フー」アレサ・フランクリン
19/21「エマージェンシー」クール&ザ・ギャング
20/23「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング

21/20「ラップ・ハー・アップ」エルトン・ジョン
22/26「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
23/28「イッツ・オンリー・ラヴ」ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー
24/27「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
25/37「アイム・ユア・マン」ワム
26/32「ゴー・ホーム」スティーヴィ・ワンダー
27/25「オブジェクト・オブ・マイ・デザイアー」スターポイント
28/31「スパイス・ライク・アス」ポール・マッカートニー
29/30「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン
30/33「グッドバイ」ナイト・レンジャー

31/15「レイ・ユア・ハンズ」トンプソン・ツインズ
32/44「マイ・ホームタウン」ブルース・スプリングスティーン
33/29「愛にドゥ・イット」シーナ・イーストン
34/17「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」グレン・フライ
35/40「セックス・アンド・ザ・ウェポン」パット・ベネター
36/43「サイドウォーク・トーク」ジェリービーン
37/24「シスターズ・アー・ドゥーイン・イット」ユーリズミックス&アレサ・フランクリン
38/42「フェイス・ザ・フェイス」ピート・タウンゼント
39/45「ゲット・タフ~ナイルの宝石」ビリー・オーシャン
40/38「サン・シティ」アーティスト・ユナイテッド・アゲインスト・アパルトヘイト


【ニューエントリーこめんと】

☆「マイ・ホームタウン」ブルース・スプリングスティーン
(My Hometown / Bruce Springsteen)

>超ベスト・セラーアルバム「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」(Born In The U.S.A.)からの
なんと7枚目のシングル・カットが、勢い良く一番人気でトップ40入りしてまいりました。
アルバムのラストを飾っていたスローなナンバーで、まるで消え入りそうな歌声が
なんとも眠気を誘う。
最高位6位は、いくらなんでも高過ぎると思うのだが!?
なお、この時点でもアルバムは79週間トップ10内をキープし、8位をマーク。
売上げ枚数は1千万枚(!)を超えてる。
たしかに完成度の高いアルバムだったが、ワタシはあまり聴き込まなかったような
記憶が・・・。(^^;

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F194%2F146194%5F1%5F12%2Easx%3Fobj%3Dv40412

☆「サイドウォーク・トーク」ジェリービーン
(Sidewalk Talk / Jellybean)

>1959年ニューヨーク州サウスブロンクス出身のプロデューサー兼ミックス・エンジニア。
本名はジョン・ベニテス。
マドンナの初期代表作のミックスを担当した頃からマドンナとはいい仲だったようで、
今作はプロデュースを彼が行ないマドンナが作品を提供している。
二人が蜜月時代だったのがこの頃か?(^^;
ジェリービーン名義でのトップ40ヒットはコレ1曲だったのだが、
作品としてはややパンチ力に欠けたダンス・ナンバーってトコか?
最高位18位。
84年作のミニ・アルバム"Wotupski!?!"からのヒット。

☆「フェイス・ザ・フェイス」ピート・タウンゼント
(Face The Face / Pete Townshend)

>フーのギタリストでリーダー的存在だった彼の、2枚目となるソロ・トップ40ヒット。
アップ・テンポで独特なリズム感を持ったこの作品、ナゼかフィル・コリンズの
「恋はあせらず」(Can't Hurry Love)を思い出してしまう。(^^;
最高位26位。
アルバム「ホワイト・シティ」(White City-A Novel)からのナンバー。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F603%2F181603%5F1%5F13%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ゲット・タフ~ナイルの宝石」ビリー・オーシャン
(When The Going Gets Tough(Jewel Of The Nile Theme) / Billy Ocean)

>好みの問題なのだが、いつもスルーしがちな彼の一連のヒット作品では、
ワタシのお気に入りな1曲となっている陽気なミディアム・テンポ作。
最高位2位。
サントラ「ナイルの宝石」(Jewel Of The Nile)からの1曲だが、
サントラ盤の売上げは不調・・・!

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000004VW001001/
音楽チャート1985年12月チャートTB : 0CM : 6
  [ 1985年12月14日付 ]
2005-12-10(Sat) 16:02:42
01/01「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
02/02「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
03/05「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
04/09「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
05/04「ネヴァー」ハート
06/07「エレクション・ディ」アーケイディア
07/11「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
08/10「スリーピング・バッグ」ZZトップ
09/13「アイ・ミス・ユー」クライマックス
10/03「シスコはロック・シティ」スターシップ

11/08「フーズ・ズーミン・フー」アレサ・フランクリン
12/14「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
13/15「パーフェクト・ウェイ」スクリッティ・ポリッティ
14/16「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
15/12「レイ・ユア・ハンズ」トンプソン・ツインズ
16/17「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ
17/06「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」グレン・フライ
18/19「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ
19/23「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
20/20「ラップ・ハー・アップ」エルトン・ジョン

21/21「エマージェンシー」クール&ザ・ギャング
22/27「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
23/31「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング
24/18「シスターズ・アー・ドゥーイン・イット」ユーリズミックス&アレサ・フランクリン
25/28「オブジェクト・オブ・マイ・デザイアー」スターポイント
26/32「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
27/33「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
28/37「イッツ・オンリー・ラヴ」ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー
29/35「愛にドゥ・イット」シーナ・イーストン
30/38「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン

31/41「スパイス・ライク・アス」ポール・マッカートニー
32/44「ゴー・ホーム」スティーヴィ・ワンダー
33/40「グッドバイ」ナイト・レンジャー
34/22「マイアミ・ヴァイスのテーマ」ヤン・ハマー
35/25「パート・タイム・ラヴァー」スティーヴィ・ワンダー
36/24「ユー・アー・マイ・レイディ」フレディ・ジャクソン
37/45「アイム・ユア・マン」ワム
38/39「サン・シティ」アーティスト・ユナイテッド・アゲインスト・アパルトヘイト
39/26「ワン・オブ・ザ・リヴィング」ティナ・ターナー
40/46「セックス・アンド・ザ・ウェポン」パット・ベネター


【ニューエントリーこめんと】

☆「スパイス・ライク・アス」ポール・マッカートニー
(Spies Like Us / Paul McCartney)

>TVで放映された時に何度も観ようと心掛けたものの、いつも序盤で
飽きてしまった同名コメディ映画の主題歌。
コメディらしくちょいとお遊びが入ったようなテンポながらも、
全体的にはややハードな仕上がりとなっている。
最高位7位。
現在はポールのソロ・アルバム「プレス・トゥ・プレイ」(Press To Play)に
収録されているようだ。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000005RPV001014/

☆「ゴー・ホーム」スティーヴィ・ワンダー
(Go Home / Stevie Wonder)

>ミディアム・テンポで淡々としたスティーヴィ節を聞かせてくれる作品だが、
このテのナンバーはやっぱり日本では全く受けません。(^^;
最高位10位。
アルバム「イン・スクエア・サークル」(In Square Circle)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001AJI001008/

☆「アイム・ユア・マン」ワム
(I'm Your Man / Wham!)

>いきなり単独シングルとしてチャートに登場してきた、お馴染みの爽やかさ炸裂の
ポップ・ナンバー。
最高位3位。
86年に発表される中途半端な感じをナゼか受けてしまうラスト・アルバム、
「エッジ・オブ・ヘヴン」(Music From The Edge Of Heaven)に収録。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000266C001003/

☆「セックス・アンド・ザ・ウェポン」パット・ベネター
(Sex As A Weapon / Pat Benatar)

>実に彼女らしいノリノリのロックなのだが、いかんせん「インヴィンシブル」
(Invincible)の影が大きくちらつくのが少々ネックか?(^^;
最高位28位。
アルバム「セヴン・ザ・ハード・ウェイ」(Seven The Hard Way)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00094AT4O001017/
音楽チャート1985年12月チャートTB : 0CM : 4
  [ 1985年12月7日付 ]
2005-12-03(Sat) 14:00:28
01/03「ブロークン・ウイングス」Mr.ミスター
02/01「セパレート・ライヴス」フィル・コリンズ&マリリン・マーティン
03/02「シスコはロック・シティ」スターシップ
04/05「ネヴァー」ハート
05/12「セイ・ユー、セイ・ミー」ライオネル・リッチー
06/04「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」グレン・フライ
07/08「エレクション・ディ」アーケイディア
08/07「フーズ・ズーミン・フー」アレサ・フランクリン
09/09「パーティ・オール・ザ・タイム」エディ・マーフィ
10/10「スリーピング・バッグ」ZZトップ

11/11「アライヴ・アンド・キッキング」シンプル・マインズ
12/06「レイ・ユア・ハンズ」トンプソン・ツインズ
13/16「アイ・ミス・ユー」クライマックス
14/21「スモール・タウン」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
15/19「パーフェクト・ウェイ」スクリッティ・ポリッティ
16/27「愛のハーモニー」ディオンヌ&フレンズ
17/25「トゥナイト・シー・カムズ」カーズ
18/24「シスターズ・アー・ドゥーイン・イット」ユーリズミックス&アレサ・フランクリン
19/28「ウォーク・オブ・ライフ」ダイアー・ストレイツ
20/26「ラップ・ハー・アップ」エルトン・ジョン

21/31「エマージェンシー」クール&ザ・ギャング
22/14「マイアミ・ヴァイスのテーマ」ヤン・ハマー
23/33「トーク・トゥ・ミー」スティーヴィ・ニックス
24/20「ユー・アー・マイ・レイディ」フレディ・ジャクソン
25/18「パート・タイム・ラヴァー」スティーヴィ・ワンダー
26/15「ワン・オブ・ザ・リヴィング」ティナ・ターナー
27/34「バーニング・ハート」サヴァイヴァー
28/29「オブジェクト・オブ・マイ・デザイアー」スターポイント
29/13「ビー・ニア・ミー」ABC
30/17「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」ティアーズ・フォー・フィアーズ

31/35「ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ」スティング
32/36「コンガ」マイアミ・サウンド・マシーン
33/37「フレンド・オブ・マイン」クラレンス・クレモンス&ジャクソン・ブラウン
34/22「ソウル・キッス」オリヴィア・ニュートン・ジョン
35/39「愛にドゥ・イット」シーナ・イーストン
36/23「セント・エルモス・ファイア~愛のテーマ」デヴィッド・フォスター
37/44「イッツ・オンリー・ラヴ」ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー
38/40「エヴリバディ・ダンス」タ・マラ&ザ・シーン
39/42「サン・シティ」アーティスト・ユナイテッド・アゲインスト・アパルトヘイト
40/49「グッドバイ」ナイト・レンジャー


【ニューエントリーこめんと】

☆「イッツ・オンリー・ラヴ」ブライアン・アダムス&ティナ・ターナー
(It's Only Love / Bryan Adams/Tina Turner)

>PVでは、ティナ・ターナーのライヴにブライアンがゲストとして登場し、
この曲をプレイしていたがシングル・アルバムともに音源はスタジオ録音のようだ。
最高位15位。
アルバム「レックレス」(Reckless)からの6枚目のシングルとはいえ、
それなりのクオリティを保っているのがスゴイ。
来たるニュー・アルバムに大きく期待したいトコロだったのだが・・・。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000BEZPBE001011/

☆「サン・シティ」アーティスト・ユナイテッド・アゲインスト・アパルトヘイト
(Sun City / Artists United Against Apartheid)

>南アフリカにおけるアパルトヘイト(人種隔離政策)に抗議するため、
世界中の名だたるアーティスト達によって制作された作品。
ジャズ・ロック・ソウル・ラップ他、各ジャンルから複数のアーティストが参加したのだが、
最高位は38位と奮わず。
曲調としてはライヴで乗れそうなリズムなのだが、政治色が濃すぎたのがネックになったか?
アルバム「サン・シティ」(Sun City)からのカット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002Z7F001001/

☆「グッドバイ」ナイト・レンジャー
(Goodbye / Night Ranger)

>アルバムのラストを飾ったバラード・ナンバーなのだが、そのタントル名通り
彼らのラスト・トップ40ヒットとなってしまったのがなんとも悲しい・・・。
最高位17位。
アルバム「セヴン・ウィッシーズ」(7 Wishes)からの3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002O26001010/

★圏外86位★

☆「ゴー」エイジア
(Go / Asia)

>大物ミュージシャンが勢ぞろいしたスーパー・バンドにも、その人気に陰りが訪れたようだ。
いつもの仰々しい(Go Goしい?)ナンバーなれど、そのメロディ・ラインは単調なりィ!
"A"で始まり、"A"で終了する単語探しに夢中になりすぎ、作品作りが
疎かになってしまったか?(^^;
最高位46位。
アルバム「アストラ」(Astra)からの1stシングルだが、ちなみにアルバムの最高位は67位。
・・・飽きられちゃったようですなぁ。
音楽チャート1985年12月チャートTB : 0CM : 2

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。