ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1978年2月11日付(無敵のビー・ジーズ、3連発目!) ]
2015-09-20(Sun) 19:12:26
01/01「ステイン・アライブ」ビー・ジーズ
02/02「ショート・ピープル」ランディ・ニューマン
03/05「愛の面影」アンディ・ギブ
04/04「伝説のチャンピオン」クィーン
05/06「素顔のままで」ビリー・ジョエル
06/08「ふれあい」ダン・ヒル
07/03「ベイビー・カム・バック」プレイヤー
08/10「愛のエモーション」サマンサ・サング
09/11「ダンス・ダンス・ダンス」シック
10/07「愛はきらめきの中に」ビー・ジーズ

11/09「胸につのる想い」ロッド・スチュワート
12/12「ヘイ・ディニー」ショーン・キャシディ
13/14「太陽の戦士」アース、ウィンド&ファイア
14/16「アイ・ゴー・クレイジー」ポール・デイビス
15/20「麗しのペグ」スティーリー・ダン
16/17「愛しのデザレ」ニール・ダイアモンド
17/19「悲しき願い」サンタ・エスメラルダ
18/28「レイ・ダウン・サリー」エリック・クラプトン
19/21「ホワッツ・ユア・ネーム」レーナード・スキナード
20/22「未知との遭遇のテーマ」ジョン・ウィリアムス

21/23「遙かなる旅路」フォリナー
22/24「ネイティブ・ニューヨーカー」オデッセイ
23/13「ターン・トゥ・ストーン」エレクトリック・ライト・オーケストラ
24/26「あの娘が標的」コモドアーズ
25/27「ファン・ファン・ファン」コン・ファンク・シャン
26/29「未知との遭遇のテーマ」ミーコ
27/33「サンダー・アイランド」ジェイ・ファーガソン
28/35「きらめきの序曲」アバ
29/31「ハッピー・アニヴァーサリー」リトル・リバー・バンド
30/30「ラヴリー・ディ」ビル・ウィザース

31/34「街角のセレナーデ」ウェット・ウィリー
32/76「恋のナイト・フィーヴァー」ビー・ジーズ
33/53「ワンダフル・ワールド」アート・ガーファンクルwithジェームス・テイラー&ポール・サイモン
34/38「あなたは最高」リタ・クーリッジ
35/39「フォーリン」ルブラン&カー
36/40「オールウェイズ・アンド・フォーエヴァー」ヒートウェイヴ
37/37「アイ・ラヴ・ユー」ドナ・サマー
38/51「愛とともに」ナタリー・コール
39/48「ジャック・アンド・ジル」レイディオ
40/43「ギャラクシー」ウォー


【ニューエントリーこめんと】

☆「恋のナイト・フィーヴァー」ビー・ジーズ
(Night Fever / Bee Gees)

>一大ブームを築いていたサントラ盤から、とどめの一撃とばかりに3曲目のシングルとしてカットされたギブ三兄弟によって生み出されたディスコ・ナンバー。前シングルがNo.1に輝いた週に颯爽と76位にニューエントリー後、翌週早くもトップ40一番人気でエントリー。その後スルスルと2位にまで上昇した処でミリオン・セラーの認定を受け、以降8週に渡り全米を制覇。チャートを後退していた前シングル&前々シングルを再浮上させるカリスマ性まで持ったこの作品は、最終的にはダブル・ミリオンにまで売り上げを伸ばすビッグ・ヒットへ。当然日本でも大ヒットし、まさにRSOレーベルの前に敵はナシ状態だったこの当時。

サントラ「サタデー・ナイト・フィーバー」(Saturday Night Fever)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ワンダフル・ワールド」アート・ガーファンクルwithジェームス・テイラー&ポール・サイモン
(Wonderful World / Art Garfunkel with James Taylor & Paul Simon)

>1941年ニューヨーク州出身のシンガー・ソングライター。本名アーサー・アイラ・ガーファンクル。
ソロ名義で3枚目となるアルバムからのトップ40ヒットは、60年サム・クックによるヒットのカバー。ゲストとしてジェームス・テイラーと元僚友であるポールサイモンが参加しているゴージャスなフォーク・ロックだが、チャート的には最高位17位と至って普通のヒット。正直ワタシには、当時同様聴いていてちと退屈でスミマセン。
ちなみに65年には、ハーマンズ・ハーミッツによるカバーがトップ5入りというビッグ・ヒットを記録している。

アルバム「ウォーターマーク」(Watermark)に収録。
【試聴はコチラ】
(サム・クックVer.)
(ハーマンズ・ハーミッツVer.)

☆「愛とともに」ナタリー・コール
(Our Love / Natalie Cole)

>1950年カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター。本名ステファニー・ナタリー・マリア・コール。
かのナット・キング・コールの実娘というより、当時の日本では「ミスター・メロディー」(Mr. Melody)のヒットでおなじみのお姉さんといったトコロであろうか。75年にメジャー・デビュー後、早くも5曲のトップ40ヒットとなったこのドラマチックでミディアム・スローなソウル・ナンバーは着実にチャートを上昇し、最高位10位とはいえミリオンを記録するビッグ・セラーはお見事。
ちなみに「ミスター~」は全米では最高位49位と、トップ40入りはならず。(涙)

アルバム「幸福(しあわせ)」(Thankful)に収録。
【試聴はコチラ】
「ミスター・メロディー」

☆「ジャック・アンド・ジル」レイディオ
(Jack & Jill / Raydio)

>1977年ミシガン州で結成されたファンク/R&Bグループ。
シンガー・ソングライター兼ギタリストのレイ・パーカーJr.を中心に活動を始めた彼らによる、1stトップ40ヒット。レイの制作による暖かみを感じさせるソフトなR&Bナンバーが、最高位8位まで上昇する成功を収める。以降この路線でトップ40ヒットを量産していく事となる。

アルバム「ジャック・アンド・ジル」(Raydio)に収録。
Raydio.jpg
↑怪しい素顔をさらさないジャケットは大正解!?(スミマセン)
【試聴はコチラ】

☆「ギャラクシー」ウォー
(Galaxy / War)

>1969年カリフォルニア州で結成されたファンク/ソウル・バンド。
元アニマルズのメンバーを中心として結成された彼らによる、12曲目となるトップ40ヒット。陽気なディスコ調ファンク・ロックだが、最高位39位と流行の波に乗れず撃沈。しかもラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム「ギャラクシー」(Galaxy)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外84位★

☆「カリフォルニア」デビー・ブーン
(California / Debby Boone)

>1956年ニュージャージー州出身のシンガー兼女優。本名デボラ・アン・ブーン。
映画の主題歌が破格のビッグ・ヒットという、親父さんであるパット・ブーンもびっくりってなデビューを果たした彼女による待望のシングル第二弾!…だったのだが、最高位50位をピーク後、一気に圏外へとチャート・アウトしているのはえげつない。

アルバム「カリフォルニアの恋人」(Midstream)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外94位★

☆「わたしは待てない」カーラ・ボノフ
(I Can't Hold On / Karla Bonoff)

>1951年カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。
リンダ・ロンシュタットの裏方を支えていた彼女による初のデビュー曲だったのだが、最高位76位と低迷。待望の初トップ40ヒットが生まれる4年後まで、「わたしは辛抱」だ。

アルバム「カーラ・ボノフ」(Karla Bonoff)に収録。
【試聴はコチラ】
スポンサーサイト
音楽チャート1978年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1978年2月4日付(アルバム、シングル共に絶好調!エリック・クラプトン) ]
2015-06-28(Sun) 19:41:12
01/03「ステイン・アライブ」ビー・ジーズ
02/02「ショート・ピープル」ランディ・ニューマン
03/01「ベイビー・カム・バック」プレイヤー
04/06「伝説のチャンピオン」クィーン
05/10「愛の面影」アンディ・ギブ
06/09「素顔のままで」ビリー・ジョエル
07/07「愛はきらめきの中に」ビー・ジーズ
08/11「ふれあい」ダン・ヒル
09/04「胸につのる想い」ロッド・スチュワート
10/17「愛のエモーション」サマンサ・サング

11/15「ダンス・ダンス・ダンス」シック
12/12「ヘイ・ディニー」ショーン・キャシディ
13/14「ターン・トゥ・ストーン」エレクトリック・ライト・オーケストラ
14/16「太陽の戦士」アース、ウィンド&ファイア
15/05「スリップ・スライディン・アウェイ」ポール・サイモン
16/18「アイ・ゴー・クレイジー」ポール・デイビス
17/19「愛しのデザレ」ニール・ダイアモンド
18/08「永遠への航海」スティクス
19/21「悲しき願い」サンタ・エスメラルダ
20/28「麗しのペグ」スティーリー・ダン

21/23「ホワッツ・ユア・ネーム」レーナード・スキナード
22/24「未知との遭遇のテーマ」ジョン・ウィリアムス
23/27「遙かなる旅路」フォリナー
24/26「ネイティブ・ニューヨーカー」オデッセイ
25/13「愛のほほえみ」ドリー・パート
26/29「あの娘が標的」コモドアーズ
27/30「ファン・ファン・ファン」コン・ファンク・シャン
28/45「レイ・ダウン・サリー」エリック・クラプトン
29/33「未知との遭遇のテーマ」ミーコ
30/32「ラヴリー・ディ」ビル・ウィザース

31/34「ハッピー・アニヴァーサリー」リトル・リバー・バンド
32/22「恋するデビー」デビー・ブーン
33/37「サンダー・アイランド」ジェイ・ファーガソン
34/38「街角のセレナーデ」ウェット・ウィリー
35/39「きらめきの序曲」アバ
36/36「夜空に輝く愛」レオ・セイヤー
37/40「アイ・ラヴ・ユー」ドナ・サマー
38/58「あなたは最高」リタ・クーリッジ
39/42「フォーリン」ルブラン&カー
40/43「オールウェイズ・アンド・フォーエヴァー」ヒートウェイヴ


【ニューエントリーこめんと】

☆「レイ・ダウン・サリー」エリック・クラプトン
(Lay Down Sally / Eric Clapton)

>1945年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサー。本名エリック・パトリック・クラプトン。
60年代にヤードバーズ、クリームといった大物バンドの一員として活躍後、70年からソロ名義でも活躍するようになった彼による5曲目となるトップ40ヒット。陽気なカントリー調のブルース・ロックが、最高位3位にまで上昇。絶好調RSOレーベルの一員として、ミリオン・セラーをも記録している。

アルバム「スローハンド」(Slowhand)に収録。
スローハンド

↑アルバムタイトル=彼のニックネームというのがイカしてますなぁ☆
【試聴はコチラ】

☆「あなたは最高」リタ・クーリッジ
(The Way You Do The Things You Do / Rita Coolidge)

>1945年テネシー州出身のシンガー・ソングライター。
64年テンプテーションズによるドゥーワップ・ソウルを、ソフトなポップへとアレンジしたナンバー。最高位20位。一枚のアルバムから3曲連続でカバー曲をシングル・カットし、それらがすべて大きなヒットを記録しているのは、第二のリンダ・ロンシュタットを目指していたのでありましょうか?
なおこの曲は85年にホール&オーツ(最高位20位)、90年にUB40(最高位6位)がカバーし、それぞれトップ40ヒットを記録している。

アルバム「ハイヤー・アンド・ハイヤー~みんな一人ぼっち」(Anytime...Anywhere)に収録。
【試聴はコチラ】
(テンプテーションズVer.)

☆「フォーリン」ルブラン&カー
(Falling / Leblanc & Carr)

>1951年マサチューセッツ州出身のシンガー・ソングライター、レニー・ルブランと、1950年フロリダ州出身のソングライター兼ミュージシャン兼プロデューサーのピート・カー(本名ジェシー・ウィラード・カー)による即席デュオ・ユニット。
87位でHot100に登場後、83位(★消)→81位→78位→70位→68位→100位→95位→88位→83位→71位(★再点灯)→正月休み→60位→56位(★消)→48位(★再々点灯)→42位、そしてこの週実に17週をかけてようやくトップ40入りという経歴を持つ、A.O.R.調のバラード・ナンバー。結果的にトップ40内滞在は10週の最高位13位というヒットをマークしたのだが、Hot100内滞在が28週となり、最高位以上に意外な記録を持つ一発ヒット曲。

アルバム「ミッドナイト・ライト」(Midnight Light)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「オールウェイズ・アンド・フォーエヴァー」ヒートウェイヴ
(Always & Forever / Heatwave)

>1975年ドイツで結成されたファンク/ディスコ・バンド。
前作のファンク/ディスコ・ナンバーにて大ヒットを記録後、今度は一転してチークタイム調のR&Bナンバーをトップ40内に送り込む事に成功。最高位こそ18位止まりとはいえ、Hot100内滞在21週というロング・ヒットだけではなく、ミリオン・セラーをも記録。さらには90年にホイッスル(最高位35位)、94年にはルーサー・ヴァンドロス(同58位)にカバーされ、名曲としてスタンダード化されているようだ。実際、近所の歯科医にて治療中、イージーリスニング調にアレンジされたこの曲が流れた時は驚いたものである。

アルバム「ブギー・ナイツ」(Too Hot To Handle)に収録。
【試聴はコチラ】
(ホイッスルVer.)
(ルーサー・ヴァンドロスVer.)


★圏外87位★

☆「ハリウッド」ボズ・スキャッグス
(Hollywood / Boz Scaggs)

>アップ・テンポ調の2ndシングルも最高位49位と、これまたトップ40入りを逃してしまったのだが、当時のお気に入りだった1stシングル(最高位58位)よりも上位を記録しているのが解せません。しかし、アルバムのセールスはそれなりの結果を遺しているのはさすが。

アルバム「ダウン・トゥー・ゼン・レフト」(Down Two Then Left)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外89位★

☆「スウィート・スマイル」カーペンターズ
(Sweet, Sweet Smile / Carpenters)

>かのジュース・ニュートンも制作に関わったポップ・ナンバーだったのだが、最高位44位と惜しくもトップ40入りならず。でも、日本ではしっかりとヒット曲として活躍しましたとさ。

アルバム「パッセージ」(Passage)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1978年2月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。