ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年2月24日付 ]
2005-07-24(Sun) 12:36:25
01/01「アイム・セクシー」ロッド・スチュワート
02/04「ファイア」ポインター・シスターズ
03/03「愛は魔術師」オリヴィア・ニュートンジョン
04/05「恋のサヴァイヴァル」グロリア・ゲイナー
05/02「Y.M.C.A.」ヴィレッジ・ピープル
06/19「哀愁のトラジディ」ビー・ジーズ
07/07「おしゃれフリーク」シック
08/08「溢れる愛」ニコレット・ラーソン
09/09「夜のしじまに」バリー・マニロウ
10/10「ダンスに夢中」レイフ・ギャレット

11/15「ヘヴン・ノゥズ」ドナ・サマー&ブルックリン・ドリームス
12/12「ガット・トゥ・ビー・リアル」シェリル・リン
13/13「シェイク・イット」イアン・マシューズ
14/14「ソウル・マン」ブルース・ブラザーズ
15/16「ノー・テル・ラヴァー」シカゴ
16/17「蒼い朝」フォリナー
17/18「ザ・ギャンブラー」ケニー・ロジャース
18/21「シェイク・ユア・グルーヴ」ピーチズ&ハーブ
19/20「愛は哀しみに秘めて」メリサ・マンチェスター
20/22「涙のダンシング・シューズ」ナイジェル・オルソン

21/06「勝利者たち」ホット・チョコレート
22/24「ときめきの彼方へ」ベイビーズ
23/27「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」ドゥービー・ブラザース
24/26「レイディ」リトル・リバー・バンド
25/25「ベイビー・アイム・バーニン」ドリー・パートン
26/28「風のシルエット」ボビー・コールドウェル
27/30「思い出にさようなら」アン・マレー
28/31「クレイジー・ラヴ」ポコ
29/33「悲しきサルタン」ダイアー・ストレイツ
30/23「失われた愛の世界」ビー・ジーズ

31/34「ダンスは止まらない」ゴンザレス
32/36「ストーミー」サンタナ
33/38「ラジオを聴いて」アル・スチュワート
34/39「ブルー・ジーンズ・ライフ」ニール・ダイアモンド
35/11「セプテンバー」アース・ウィンド&ファイア
36/40「ユー・メイク・ミー・フィール」シルヴェスター
37/42「メロウなふたり」スージー・クアトロ&クリス・ノーマン
38/44「ノック・オン・ウッド」エイミー・スチュワート
39/45「メイビー・アイム・ア・フール」エディ・マネー
40/32「マイ・ライフ」ビリー・ジョエル


【ニューエントリーこめんと】

☆「メロウなふたり」スージー・クアトロ&クリス・ノーマン
(Stumblin' In / Suzie Quatro & Chris Norman)

>1950年デトロイト出身の美人ロッカーと、イギリスはヨークシャー出身のバンド、
スモーキーのリード・ヴォーカリストとのコラボレーション。
イギリスではヒット・メーカーだったお二方だが、アメリカではさっぱり
(スモーキーは「アリスは恋人」(Living Next Door To Alice)が
スマッシュ・ヒット)・・・。
こうなりゃ同じレーベル同士、力を合わせて全米攻略だ!とばかりに
発表したミディアム・テンポの暖か味のある作品。
ロッカーのスージー嬢には少々物足りないナンバーかもしれないが、
見事最高位4位を記録!
でも、その後二人をトップ40内で見た者はいない・・・。
(ちなみにスモーキーは80年に解散)
アルバム"If You Knew Suzi"(邦題不明)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000032ZO001006/

☆「ノック・オン・ウッド」エイミー・スチュワート
(Knock On Wood / Amii Stewart)

>1956年ワシントン出身。
オリジナルは66年のソウル・ナンバーらしいのだが、本作はドラム音が
けたたましいバリバリのディスコ・サウンド。
ド派手なコスチュームで激しく歌い上げる彼女自身は、実はディスコ嫌いらしいが
嫌がらせの如く売れに売れ、チャートの頂点に上り詰める。
しかもダブル・ミリオンのオマケ付き♪
日本ではなぜかB面扱いされたものの、90年代には新録音ver.も発表され、
その人気は時代を超えた!?
ちなみにワタシは、♪ア~イ~ヤ~の合いの手でお馴染みだった
某漫才コンビをナゼか思い出して仕方がない。
同名アルバム(Knock On Wood)からの一発ヒット。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001QLR001001/

☆「メイビー・アイム・ア・フール」エディ・マネー
(Maybe I'm A Fool / Eddie Money)

>間延びしてハッキリしないミディアム・スローなロックだが、
間奏のサックスはなかなかイカス作品。
最高位22位。
ワタシの持っている彼のベスト盤には、この作品が収録されていないのが
なかなかイラつかせてくれる。(ウガー!)
アルバム「ライフ・フォー・ザ・テイキング」(Life for the Taking)からの
シングル・カット。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F617%2F126617%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv31125
スポンサーサイト
洋楽1979年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1979年2月17日付 ]
2005-07-17(Sun) 12:31:41
01/01「アイム・セクシー」ロッド・スチュワート
02/02「Y.M.C.A.」ヴィレッジ・ピープル
03/04「愛は魔術師」オリヴィア・ニュートンジョン
04/05「ファイア」ポインター・シスターズ
05/07「恋のサヴァイヴァル」グロリア・ゲイナー
06/06「勝利者たち」ホット・チョコレート
07/03「おしゃれフリーク」シック
08/10「溢れる愛」ニコレット・ラーソン
09/11「夜のしじまに」バリー・マニロウ
10/12「ダンスに夢中」レイフ・ギャレット

11/08「セプテンバー」アース・ウィンド&ファイア
12/14「ガット・トゥ・ビー・リアル」シェリル・リン
13/15「シェイク・イット」イアン・マシューズ
14/16「ソウル・マン」ブルース・ブラザーズ
15/17「ヘヴン・ノゥズ」ドナ・サマー&ブルックリン・ドリームス
16/18「ノー・テル・ラヴァー」シカゴ
17/20「蒼い朝」フォリナー
18/19「ザ・ギャンブラー」ケニー・ロジャース
19/29「哀愁のトラジディ」ビー・ジーズ
20/22「愛は哀しみに秘めて」メリサ・マンチェスター

21/24「シェイク・ユア・グルーヴ」ピーチズ&ハーブ
22/25「涙のダンシング・シューズ」ナイジェル・オルソン
23/09「失われた愛の世界」ビー・ジーズ
24/30「ときめきの彼方へ」ベイビーズ
25/27「ベイビー・アイム・バーニン」ドリー・パートン
26/31「レイディ」リトル・リバー・バンド
27/32「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」ドゥービー・ブラザース
28/33「風のシルエット」ボビー・コールドウェル
29/26「テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー」トーキング・ヘッズ
30/37「思い出にさようなら」アン・マレー

31/38「クレイジー・ラヴ」ポコ
32/23「マイ・ライフ」ビリー・ジョエル
33/47「悲しきサルタン」ダイアー・ストレイツ
34/40「ダンスは止まらない」ゴンザレス
35/13「ニューヨーク・グルーヴ」エース・フレーリー
36/42「ストーミー」サンタナ
37/39「ユー・キャン・ドゥ・イット」ドビー・グレイ
38/45「ラジオを聴いて」アル・スチュワート
39/46「ブルー・ジーンズ・ライフ」ニール・ダイアモンド
40/44「ユー・メイク・ミー・フィール」シルヴェスター


【ニューエントリーこめんと】

☆「悲しきサルタン」ダイアー・ストレイツ
(Sultan Of The Swing / Dire Straits)

>1977年ロンドンで結成。
スーパー・ギタリスト、マーク・ノップラー率いるバンドがアメリカでブレイク!
当時は彼らのこのレトロ感(?)あふれる、テクニカルなギターの調べに
戸惑ったものである。
最高位4位を記録したこのシングル邦題と同名タイトルアルバムは、
最高位2位まで上昇しその名を全米中に轟かせた。
でもワタシは、ナゼこのサウンドがアメリカで受けたのかが
さっぱり理解出来なかったのである。
95年に解散するものの、80年代にもう一花咲かせる事となる。
同名アルバム(Dire Straits)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00004Y6NW001006/

☆「ストーミー」サンタナ
(Stormy / Santana)

>1966年サンフランシスコ出身のスーパー・ギタリスト。
うーん、この時期こちらのギタリストはスランプ状態だったのでしょうか?
地味なフュージョンっぽい悪くはない作品なのだが、彼らしくないような気が・・・。
最高位32位。
アルバム「太陽の秘宝」(Inner Secrets)からのシングル・カット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000025EB001004/

☆「ラジオを聴いて」アル・スチュワート
(Song On The Radio / Al Stewart)

>アルバム「タイム・パッセージ」(Time Passages)からの2ndシングル。
やはりいつもの癒し系サウンドは健在で、シングルよりアルバムで
ロングなヴァージョンを聴いた方がよろしいでしょうなぁ♪
最高位29位は、チト低過ぎない?
蛇足だが、当時Stewartって名の日本語表示がロッドの場合“スチュワート”だったが、
アルの場合は“スチュアート”だったのはナゼ?(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00020HELG001011/

☆「ブルー・ジーンズ・ライフ」ニール・ダイアモンド
(Forever In Blue Jeans / Neil Diamond)

>カントリー・フレーバーを、たっぷりと含んだアコースティックなナンバー。
大ヒットとなった変則的な前シングルはイマイチだったが、
この作品には当時ハマってしまいシングルを購入して良く聴いたものだ。(^^)
最高位20位。
アルバム「愛のたそがれ」(You Don't Bring Me Flowers)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000025RD001003/

☆「ユー・メイク・ミー・フィール」シルヴェスター
(You Make Me Feel Mighty Real / Sylvester)

>テクノ・ディスコの2曲目となるトップ40ヒット。
最高位36位ながら記憶にはしっかりと刻まれているのは、
あの独特のカン高いヴォーカルのおかげか?
アルバム"Step II"(邦題不明)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000000XDD001002/

★圏外86位★

☆「人生」ジノ・ヴァネリ
(Wheels Of Life / Gino Vannelli)

>大ヒット「アイ・ジャスト・ワナ・ストップ」(I Just Wanna Stop)に続く
シングルとして期待したのだが、聞いた瞬間“あー、ダメだこりゃ”感が
漂ってしまうほど間延びした作品。
最高位78位は、もうしょうがないか。
アルバム「ブラザー・トゥ・ブラザー」(Brother to Brother)からの2ndシングル。

★圏外87位★

☆「ドント・ストップ・ミー・ナウ」クィーン
(Don't Stop Me / Queen)

>日本では大ヒットしたとてもスピード感のあるナンバーなのだが、
アメリカでは最高位86位というヒドイ扱い。
しかも、たったの3週でHot100からも消えている。
さらにナゾなのが、“ミュージック・ライフ誌”に掲載されていたHot100でも
タイトルに"Now"が無いのだが、これは一体・・・?
ただの誤植なんでしょうか??
アルバム「ジャズ」(Jazz)からの2ndシングル。


★圏外88位★

☆「少年の瞳を持った男」ケイト・ブッシュ
(Man With The Child In His Eyes / Kate Bush)

>“こいつは驚いた!まさかあのキンキン声を発する彼女の作品が、
アメリカン・チャートに入って来るとは!?”
これが当時の感想でした。(^^;
1958年イギリス・ケント出身。
16歳の時、ピンク・フロイドのデイヴ・ギルモアに見出された
天才美少女シンガー・ソングライター!
日本では既に「ローリン・ザ・ボール」がそれなりに知られており、
やや遅れてアメリカ初上陸を果たしたのだが、この地味な曲では全米制覇には
チト無理があるか。(Hot100に入ったのも奇跡!?)
最高位85位。
アルバム「天使と悪魔」(The Kick Inside)からのナンバー。
ちなみに、ワタシは彼女の作品を耳にすると、なぜか名作マンガ
「ガラスの仮面」のミュージカルな舞台が脳裏に浮かんで仕方がない────ッ!
洋楽1979年2月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1979年2月10日付 ]
2005-07-10(Sun) 12:26:29
01/03「アイム・セクシー」ロッド・スチュワート
02/02「Y.M.C.A.」ヴィレッジ・ピープル
03/01「おしゃれフリーク」シック
04/04「愛は魔術師」オリヴィア・ニュートンジョン
05/08「ファイア」ポインター・シスターズ
06/07「勝利者たち」ホット・チョコレート
07/10「恋のサヴァイヴァル」グロリア・ゲイナー
08/09「セプテンバー」アース・ウィンド&ファイア
09/05「失われた愛の世界」ビー・ジーズ
10/11「溢れる愛」ニコレット・ラーソン

11/14「夜のしじまに」バリー・マニロウ
12/12「ダンスに夢中」レイフ・ギャレット
13/13「ニューヨーク・グルーヴ」エース・フレーリー
14/15「ガット・トゥ・ビー・リアル」シェリル・リン
15/16「シェイク・イット」イアン・マシューズ
16/17「ソウル・マン」ブルース・ブラザーズ
17/18「ヘヴン・ノゥズ」ドナ・サマー&ブルックリン・ドリームス
18/19「ノー・テル・ラヴァー」シカゴ
19/23「ザ・ギャンブラー」ケニー・ロジャース
20/22「蒼い朝」フォリナー

21/21「ドント・ホールド・バック」シャンソン
22/24「愛は哀しみに秘めて」メリサ・マンチェスター
23/06「マイ・ライフ」ビリー・ジョエル
24/30「シェイク・ユア・グルーヴ」ピーチズ&ハーブ
25/33「涙のダンシング・シューズ」ナイジェル・オルソン
26/27「テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー」トーキング・ヘッズ
27/29「ベイビー・アイム・バーニン」ドリー・パートン
28/28「ホーム・アンド・ドライ」ジェリー・ラファティ
29/ー「哀愁のトラジディ」ビー・ジーズ
30/37「ときめきの彼方へ」ベイビーズ

31/36「レイディ」リトル・リバー・バンド
32/41「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」ドゥービー・ブラザース
33/38「風のシルエット」ボビー・コールドウェル
34/20「ホールド・ザ・ライン」トト
35/25「ウー・ベイビー・ベイビー」リンダ・ロンシュタット
36/26「愛のたそがれ」バーブラ・ストライザンド&ニール・ダイアモンド
37/49「思い出にさようなら」アン・マレー
38/48「クレイジー・ラヴ」ポコ
39/43「ユー・キャン・ドゥ・イット」ドビー・グレイ
40/47「ダンスは止まらない」ゴンザレス


【ニューエントリーこめんと】

☆「哀愁のトラジディ」ビー・ジーズ
(Tragedy / Bee Gees)

>無敵のパワーは並み居る他曲を蹴散らし、Hot100の29位に初登場!
ややハードでアップテンポな仕上がりとなったこの作品、
強敵グロリア・ゲイナーを押し退け2週トップの差に。
ダブル・ミリオンセラーを記録。
日本のテレビCMにも使用され、これでシングル5作品連続1位を記録!
まさに敵なし!!
アルバム「失われた愛の世界」(Spirits Having Flown)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00066N8JI001016/

☆「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」ドゥービー・ブラザース
(What A Fool Belives / Doobie Brothers)

>1970年カリフォルニアで結成。
中心人物がトム・ジョンストンからマイケル・マクドナルドへと
チェンジしたのはこの作品から。
アルバムでは「ある愚か者の場合」の邦題をも持つこの曲は、
マイケル・マクドナルドとケニー・ロギンスの共同作業により誕生。
独特なミディアムテンポのリズムに乗って、4年ぶりのNo.1ヒット(1週)に輝く。
そしてミリオン・セラー&グラミー賞も獲得と、新生ドゥービーの
新たなる旅が始まった。(82年までね(^^;)
アルバム「ミニット・バイ・ミニット」(Minute By Minute)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005NQJJ001014/

☆「思い出にさようなら」アン・マレー
(I Just Fall In Love Again / Anne Murray)

>じっくりと切実に歌い上げられる前作「辛い別れ」(You Needed Me)の
流れを汲んだ味わい深い作品。
もう少し強弱を含んでほしいと思うのだが、余計なお世話なのであろう。
でも、どうにも地味だ・・・。(^^;
最高位12位。
アルバム"New Kind Of Feeling"(邦題不明)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002TU5001011/

☆「クレイジー・ラヴ」ポコ
(Crazy Love / Poco)

>1968年ロサンゼルスで結成されたカントリー・ロックバンド。
ひょっとして初トップ40ヒットになるのかな?
とても美しいアコースティックなカントリー・ロック。
当時からワタシの大好きな作品でもある♪
アルバム「伝説」(Legend)を購入しようかどうか迷っている内に時が流れ
“廃盤”の憂き目に会い、結局ベスト盤を購入した思い出アリ。
(いや、それはそれで満足のいくものであったのだが)
最高位17位。
名曲だ!(^^)
84年に解散したものの80年代末に再結成され、トップ40ヒットを放つ。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002PAV001007/

☆「ユー・キャン・ドゥ・イット」ドビー・グレイ
(You Can Do It / Dobie Gray)

>1943年テキサス出身。
カントリー・フレーバーあふれる代表作「明日なきさすらい」(Drift Away)以来、
6年ぶりのトップ40ヒット。
アップ・テンポでロック調に仕上がったこちらの作品を先に知ったので、
ヒットから20数年後に初聞きした「明日なき~」との曲調の違いに
驚いたものである。(^^;
最高位37位。
アルバム"Midnight Diamond"(邦題不明)からのシングル・カット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005B1AY001015/

☆「ダンスは止まらない」ゴンザレス
(Haven't Stopped Dancing Yet / Gonzalez)

>71年結成。10人以上の大所帯じゃあなかったかな、このグループは?
(うろ覚えでスマヌ)
当時流行のディスコ・サウンドの一角なのだが、一部サンバのような
リズムも含まれており一発ヒットにしては記憶に残る作品である。
最高位26位。
86年解散。
アルバム"Haven't Stopped Dancing Yet"(邦題不明)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00006AFK3002018/

★圏外86位★

☆「愛する君に」トト
(I'll Supply The Love / Toto)

>デビュー第2弾シングルは、これまた生きの良いロックなのだが、
やや作りが荒っぽく単調だったか?
でもワタシは大好きなナンバーである。
このあたりでアルバム「宇宙の騎士」(Toto)を購入したかな。
最高位45位。

★圏外89位★

☆「愛の砦」サード・ワールド
(Now That We Found Love / Third World)

>1973年ジャマイカで結成。
日本では当時から人気が高かったレゲエ・バンド。
91年にヘヴィD.&ザ・ボーイズによって11位を記録した時には驚いたのだが、
オリジナルはオージェイズだったのね・・・。(知らなかった)
サード・ワールド・ヴァージョンも悪くないのだが、
時代とかみ合わなかったのか無念の最高位47位。
アルバム"Journey to Addis"(邦題不明)からの一品。
洋楽1979年2月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1979年2月3日付 ]
2005-07-03(Sun) 12:21:34
01/01「おしゃれフリーク」シック
02/03「Y.M.C.A.」ヴィレッジ・ピープル
03/04「アイム・セクシー」ロッド・スチュワート
04/06「愛は魔術師」オリヴィア・ニュートンジョン
05/02「失われた愛の世界」ビー・ジーズ
06/05「マイ・ライフ」ビリー・ジョエル
07/09「勝利者たち」ホット・チョコレート
08/11「ファイア」ポインター・シスターズ
09/10「セプテンバー」アース・ウィンド&ファイア
10/20「恋のサヴァイヴァル」グロリア・ゲイナー

11/13「溢れる愛」ニコレット・ラーソン
12/16「ダンスに夢中」レイフ・ギャレット
13/14「ニューヨーク・グルーヴ」エース・フレーリー
14/15「夜のしじまに」バリー・マニロウ
15/17「ガット・トゥ・ビー・リアル」シェリル・リン
16/18「シェイク・イット」イアン・マシューズ
17/19「ソウル・マン」ブルース・ブラザーズ
18/26「ヘヴン・ノゥズ」ドナ・サマー&ブルックリン・ドリームス
19/21「ノー・テル・ラヴァー」シカゴ
20/08「ホールド・ザ・ライン」トト

21/22「ドント・ホールド・バック」シャンソン
22/29「蒼い朝」フォリナー
23/24「ザ・ギャンブラー」ケニー・ロジャース
24/25「愛は哀しみに秘めて」メリサ・マンチェスター
25/07「ウー・ベイビー・ベイビー」リンダ・ロンシュタット
26/12「愛のたそがれ」バーブラ・ストライザンド&ニール・ダイアモンド
27/28「テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー」トーキング・ヘッズ
28/30「ホーム・アンド・ドライ」ジェリー・ラファティ
29/31「ベイビー・アイム・バーニン」ドリー・パートン
30/36「シェイク・ユア・グルーヴ」ピーチズ&ハーブ

31/32「シャッタード」ローリング・ストーンズ
32/33「愛は色褪せて」ローズ・ロイス
33/38「涙のダンシング・シューズ」ナイジェル・オルソン
34/23「プロミセス」エリック・クラプトン
35/37「ワン・ラスト・キッス」J.ガイルズ・バンド
36/39「レイディ」リトル・リバー・バンド
37/44「ときめきの彼方へ」ベイビーズ
38/43「風のシルエット」ボビー・コールドウェル
39/27「夜の果ての愛」ボブ・シーガー
40/41「愛のスリル」エグザイル


【ニューエントリーこめんと】

☆「ときめきの彼方へ」ベイビーズ
(Every Time I Think Of You / The Babys)

>1976年ロンドンで結成。
全編に渡って独特の哀愁に包まれたような作りは、前ヒット・シングルの
「イズント・イット・タイム」(Isn't It Time)の流れを汲んでいるような作品で、
これまたジョン・ウェイトのボーカルがなかなか聴かせてくれる。
最高位13位は「イズント~」と同じ記録なれど、これら2曲のヒット作だけで
ワタシにベスト盤を買わせるには十分な働きをしたようである。
81年に解散。
アルバム「ヘッド・ファースト」(Head First)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00008YJGK001009/

☆「風のシルエット」ボビー・コールドウェル
(What You Won't Do For Love / Bobby Caldwell)

>1951年ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。
この当時流行した、A.O.R.サウンドを代表するアーティストの一人でもある。
トップ40ヒットはこれ1曲のみだったのだが、その後の日本での人気は
なかなか衰えず、現在に至るまで来日しコンサートを開いているのはスゴイ!
最高位9位。
アルバム「イヴニング・スキャンダル」(What You Won't Do For Love)からの
シングル・カット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001PGZ001006/

☆「愛のスリル」エグザイル
(You Thrill Me / Exile)

>大ヒットを記録した前作に続くシングルなのだが、あきらかに
「キス・ユー・オール・オーヴァー」(Kiss You All Over)の劣化コピーのような
感は否めないか?
やっとこさ40位にチャート・インしたものの、次週にはHot100から
消え去るという離れ業(?)をやってのけることとなる。
これ以降彼らはトップ40では顔を見せる事はなくなり(カントリー・
チャートでは大活躍!)、トップ40ヒット最高位曲が1位と40位の2曲のみという
珍記録を打ち立てたのである。(^^;
アルバム"Mixed Emotions"(邦題「エグザイル」だったかな?)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000000CSY001003/

★圏外85位★

☆「フォー・ユー・アンド・アイ」10CC
(For You And I / 10CC)

>地味ながらもとても美しい作品で当時エアチェック・テープで良く聴いたのだが、
アメリカでシングル・カットされ、しかもわずか3週とはいえ
チャート・インしていたのには今回初めて知った。
最高位85位。
まぁ、妥当な順位でしょう。(^^;
アルバム「ブラッディ・ツーリスト」(Bloody Tourists)からの2ndシングル。
洋楽1979年2月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。