ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年9月28日付 ]
2005-09-24(Sat) 11:32:55
01/01「マネー・フォー・ナッシング」ダイアー・ストレイツ
02/02「チェリッシュ」クール&ザ・ギャング
03/06「フリーダム」ワム
04/05「ドント・ルーズ・マイ・ナンバー」フィル・コリンズ
05/09「Oh,シーラ」レディ・フォー・ザ・ワールド
06/10「ドレス・ユー・アップ」マドンナ
07/13「テイク・オン・ミー」アーハ
08/03「セント・エルモス・ファイア」ジョン・パー
09/14「すべてをあなたに」ホイットニー・ヒューストン
10/15「ロンリー・オール・ナイト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ

11/17「ダンシング・イン・ザ・ストリート」ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ
12/04「孤独のヒーロー」ティナ・ターナー
13/07「ポップ・ライフ」プリンス&ザ・レヴォリューション
14/11「デア・ミー」ポインター・シスターズ
15/24「パート・タイム・ラヴァー」スティーヴィ・ワンダー
16/23「アラウンド・ユア・ハート」スティング
17/08「パワー・オブ・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
18/19「クライ」ゴドレー&クレーム
19/25「C-I-T-Y」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
20/29「アイム・ゴーイン・ダウン」ブルース・スプリングスティーン

21/12「インヴィンシブル」パット・ベネター
22/37「マイアミ・ヴァイスのテーマ」ヤン・ハマー
23/16「フリーウェイ・オブ・ラヴ」アレサ・フランクリン
24/30「ラヴィング・エヴリ・ミニット」ラヴァーボーイ
25/26「明日へのステップ」ジョン・ウェイト
26/20「スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム」モトリー・クルー
27/18「オンリー・ヒューマン」ビリー・ジョエル
28/39「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」ティアーズ・フォー・フィアーズ
29/31「ザ・ウェイ・ユー・ドゥ~マイ・ガール」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
30/35「フォー・イン・ザ・モーニング」ナイト・レンジャー

31/38「プレイハウス・ダウン」ポール・ヤング
32/28「アイ・ガット・ユー・ベイブ」UB40
33/22「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」ユーリズミックス
34/40「サンセット・グリル」ドン・ヘンリー
35/21「想い出のサマー」ブライアン・アダムス
36/41「ビー・ニア・ミー」ABC
37/44「ワン・ナイト・ラヴ・アフェア」ブライアン・アダムス
38/43「朝までダンス」フーターズ
39/46「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」グレン・フライ
40/45「シスコはロック・シティ」スターシップ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ビー・ニア・ミー」ABC
(Be Near Me / ABC)

>83年に発表された2ndアルバム「ビューティ・スタッブ」(Beauty Stab)の
商業的失敗により、もはや彼らともこれでお別れか?と思われたのだが
見事に復活を果たす!
久々に耳にしたおしゃれなロック、う~んABCサウンドだ♪
最高位9位。
PVのマイク・コードのパースがスゴイ。(^^)
アルバム「ハウ・トゥ・ビー・ジリオネア」(How To Be A Zillionaire)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001FD5001002/

☆「ワン・ナイト・ラヴ・アフェア」ブライアン・アダムス
(One Night Love Affair / Bryan Adams)

>アルバム「レックレス」(Reckless)からの5枚目(!)のシングルとなる本作は、
アルバム冒頭を飾る軽快なロック・ナンバー。
最高位13位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002GGU001001/

☆「朝までダンス」フーターズ
(And We Dance / The Hooters)

>1978年フィラデルフィアで結成。
マンドリンとメロディカ(鍵盤ハーモニカ)を主体とした音作りに着手した
風変わりなバンド。
スピード感のある爽快感バツグンのロック♪
当時はワタシ、彼らのサウンドの虜になりました。(^^)
最高位21位はチト低いと思うのだが・・・?
アルバム「眠れぬ夜」(Nervous Night)からの2ndシングル。
(なぜこの曲を1stシングルにしなかったのだろうか?謎だ・・・(^^;)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002636001001/

☆「ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ」グレン・フライ
(You Belong To The City / Glenn Frey)

>渋い・・・!
実に渋く、ハードボイルド臭がプンプンする秀作である。
サックスの響きにグレンのボーカルが非常にマッチし、最高位2位をマーク。
アルバム「マイアミ・ヴァイス」(Miami Vice)からのナンバー。
“ビバリー・ヒルズ・コップ”といい、刑事物に彼の歌声は不可欠か?(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00004YLO4001003/

☆「シスコはロック・シティ」スターシップ
(We Built This City / Starship)

>ジェファーソン・エアプレイン時代からのオリジナル・メンバーだった
ポール・カントナーが脱退した事により、バンド名からジェファーソンが取り除かれ
“スターシップ”が誕生したのが1984年。
楽曲はすべて外注に頼ったのが功を奏したのか、80年代を代表するポップな
ロック・ナンバーがこれまた誕生!
しかもエアプレイン以来18年目にして、初めて全米の頂点に立つ(2週)。
以降90年の解散まで、心に残る良質のロックを我々に提供してくれたのが非常に嬉しい♪
アルバム「フープラ」(Knee Deep In The Hoopla)からの1stシングル。
なおこの作品は、現在もサンフランシスコを象徴する曲として地元でも
愛されているようだ。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002W8Q001001/
スポンサーサイト
音楽チャート1985年9月チャートTB : 1CM : 4
  [ 1985年9月21日付 ]
2005-09-17(Sat) 14:00:07
01/03「マネー・フォー・ナッシング」ダイアー・ストレイツ
02/04「チェリッシュ」クール&ザ・ギャング
03/01「セント・エルモス・ファイア」ジョン・パー
04/02「孤独のヒーロー」ティナ・ターナー
05/06「ドント・ルーズ・マイ・ナンバー」フィル・コリンズ
06/08「フリーダム」ワム
07/09「ポップ・ライフ」プリンス&ザ・レヴォリューション
08/05「パワー・オブ・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
09/15「Oh,シーラ」レディ・フォー・ザ・ワールド
10/14「ドレス・ユー・アップ」マドンナ

11/13「デア・ミー」ポインター・シスターズ
12/10「インヴィンシブル」パット・ベネター
13/17「テイク・オン・ミー」アーハ
14/18「すべてをあなたに」ホイットニー・ヒューストン
15/19「ロンリー・オール・ナイト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
16/07「フリーウェイ・オブ・ラヴ」アレサ・フランクリン
17/25「ダンシング・イン・ザ・ストリート」ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ
18/12「オンリー・ヒューマン」ビリー・ジョエル
19/20「クライ」ゴドレー&クレーム
20/16「スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム」モトリー・クルー

21/11「想い出のサマー」ブライアン・アダムス
22/24「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」ユーリズミックス
23/27「アラウンド・ユア・ハート」スティング
24/31「パート・タイム・ラヴァー」スティーヴィ・ワンダー
25/28「C-I-T-Y」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
26/29「明日へのステップ」ジョン・ウェイト
27/21「うれしはずかしシェイム・オン」モーテルズ
28/32「アイ・ガット・ユー・ベイブ」UB40
29/36「アイム・ゴーイン・ダウン」ブルース・スプリングスティーン
30/33「ラヴィング・エヴリ・ミニット」ラヴァーボーイ

31/35「ザ・ウェイ・ユー・ドゥ~マイ・ガール」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
32/22「シャウト」ティアーズ・フォー・フィアーズ
33/23「ネヴァー・サレンダー」コリー・ハート
34/26「一日の生命」ハワード・ジョーンズ
35/41「フォー・イン・ザ・モーニング」ナイト・レンジャー
36/34「ノー・ルッキン・バック」マイケル・マクドナルド
37/48「マイアミ・ヴァイスのテーマ」ヤン・ハマー
38/44「プレイハウス・ダウン」ポール・ヤング
39/49「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」ティアーズ・フォー・フィアーズ
40/42「サンセット・グリル」ドン・ヘンリー


【ニューエントリーこめんと】

☆「フォー・イン・ザ・モーニング」ナイト・レンジャー
(Four In The Morning(I Can't Take Anymore) / Night Ranger)

>アルバム「セヴン・ウィッシーズ」(7 Wishes)からの2ndシングルなのだが、
なんかイマイチぱっとしないロック・ナンバー。
最高位もぱっとしない19位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002O26001003/

☆「マイアミ・ヴァイスのテーマ」ヤン・ハマー
(Miami Vice Theme / Jan Hammer)

>1948年チェコスロバキア・プラハ出身のキーボード・プレイヤー。
全米で大ヒットしたアクション刑事TVドラマ“マイアミ・ヴァイス”の主題歌。
アクション・ドラマのテーマらしくスピード感と緊張感に包まれた
インスト・ナンバー。
見事全米チャートの頂点に立つ(1週)!
このドラマは日本でも放映されたのだが、反応はイマイチであった・・・。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002O4W001001/

☆「プレイハウス・ダウン」ポール・ヤング
(I'm Gonna Tear Your Playhouse Down / Paul Young)

>大成功を収めた前作とは打って変わって、今回はハードに攻めてまいりました。
しっとりと聴かせるだけではなく、オレはこのような作品もイケるンだぜ!と
ばかりの自己アピール作か?(^^)
最高位13位。
ワタシはこの曲を聞くと光線銃で悪党どもを打ちまくるゲーム
“バーチャ・コップ”を思い出して仕方がありません!
アルバム「シークレット・オブ・アソシエイション」(Secret Of Association)
からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000009CYY001004/

☆「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」ティアーズ・フォー・フィアーズ
(Head Over Heels / Tears For Fears)

>2作連続No.1に輝いたシングルに続けとばかりに、アルバム「シャウト」
(Songs From The Big Chair)から第3弾目の登場だぁ!
・・・正直ワタシは、この頃にはもう彼らのウラ声には
お腹イッパイでありました。(^^;
最高位3位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000JR29001007/

☆「サンセット・グリル」ドン・ヘンリー
(Sunset Grill / Don Henley)

>完成度の高かったアルバム「ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト」
(Building The Perfect Beast)から4枚目のシングル。
重厚なメロデイ・ラインにドンの渋いボーカルが重なる一品。
最高位22位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000000OPC001009/

★圏外73位★

☆「ボーン・イン・イーストL.A.」チーチ&チョン
(Born In East L.A. / Cheech & Chong)

>1947年ロサンゼルス出身“チーチ”ことチーチ・マリンと、
1938年カナダ出身“チョン”ことトミー・チョンによるコメディアン・コンビに
よるパロディ作品。
元曲はもちろん“ボス”のアレ。
歌詞内容は不法入国者を歌ったものらしく、87年には同名の映画まで
完成させている。
とことんボスを“食い物”にしているのがスゴイ。
しかもこのシングルは日本盤が発売されていたのには、さらに驚かされる!(^^;
アルバム"Get Out Of My Room"(邦題不明つーか、なんちゅうタイトル!)
からのナンバー。
音楽チャート1985年9月チャートTB : 1CM : 13
  [ 1985年9月14日付 ]
2005-09-10(Sat) 13:57:33
01/01「セント・エルモス・ファイア」ジョン・パー
02/03「孤独のヒーロー」ティナ・ターナー
03/06「マネー・フォー・ナッシング」ダイアー・ストレイツ
04/07「チェリッシュ」クール&ザ・ギャング
05/02「パワー・オブ・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
06/08「ドント・ルーズ・マイ・ナンバー」フィル・コリンズ
07/04「フリーウェイ・オブ・ラヴ」アレサ・フランクリン
08/12「フリーダム」ワム
09/10「ポップ・ライフ」プリンス&ザ・レヴォリューション
10/11「インヴィンシブル」パット・ベネター

11/05「想い出のサマー」ブライアン・アダムス
12/09「オンリー・ヒューマン」ビリー・ジョエル
13/15「デア・ミー」ポインター・シスターズ
14/17「ドレス・ユー・アップ」マドンナ
15/18「Oh,シーラ」レディ・フォー・ザ・ワールド
16/16「スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム」モトリー・クルー
17/21「テイク・オン・ミー」アーハ
18/23「すべてをあなたに」ホイットニー・ヒューストン
19/25「ロンリー・オール・ナイト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
20/24「クライ」ゴドレー&クレーム

21/22「うれしはずかしシェイム・オン」モーテルズ
22/13「シャウト」ティアーズ・フォー・フィアーズ
23/14「ネヴァー・サレンダー」コリー・ハート
24/26「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」ユーリズミックス
25/33「ダンシング・イン・ザ・ストリート」ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ
26/19「一日の生命」ハワード・ジョーンズ
27/32「アラウンド・ユア・ハート」スティング
28/34「C-I-T-Y」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
29/30「明日へのステップ」ジョン・ウェイト
30/20「ホワット・アバウト・ラヴ」ハート

31/43「パート・タイム・ラヴァー」スティーヴィ・ワンダー
32/38「アイ・ガット・ユー・ベイブ」UB40
33/42「ラヴィング・エヴリ・ミニット」ラヴァーボーイ
34/36「ノー・ルッキン・バック」マイケル・マクドナルド
35/44「ザ・ウェイ・ユー・ドゥ~マイ・ガール」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
36/48「アイム・ゴーイン・ダウン」ブルース・スプリングスティーン
37/37「ドゥ・ユー・ウォント・クライング」カトリーナ&ザ・ウェイヴス
38/27「ミステリィ・レイディ」ビリー・オーシャン
39/28「セット・ゼム・フリー」スティング
40/40「スパニッシュ・エディ」ローラ・ブラニガン


【ニューエントリーこめんと】

☆「パート・タイム・ラヴァー」スティーヴィ・ワンダー
(Part-Time Lover / Stevie Wonder)

>通算27枚目(?)のアルバム「イン・スクエア・サークル」(In Square Circle)
からの先行シングルは、シュープリームスの「恋はあせらず」
(You Can't Hurry Love)からヒントを得て生まれた作品らしい。
アップ・テンポで一気に聴かせてしまう力を持った曲なのだが、
彼の作品にしてはナニか物足りなさを感じてしまうかなぁ。
でも1週だけとはいえ、トップの座に立ったのはお見事!

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00006JSS8001020/

☆「ラヴィング・エヴリ・ミニット」ラヴァーボーイ
(Lovin' Every Minute Of It / Loverboy)

>明るく軽めのロックと、重苦しさむんむんのロックを使い分ける
カナディアン・バンドの通算4枚目の同名アルバム(Lovin' Every Minute Of It)
からの1stシングルがチャート・インしてきた。
さてさて、曲調としましては“後者”に値するかな?
ワタシはどちらも好きですが。(^^;
PVオープニングに登場するへっぽこバンドの演奏する「それ行けウィークエンド」は
必見か!?
最高位9位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000026WK001004/

☆「ザ・ウェイ・ユー・ドゥ~マイ・ガール」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(The Way You Do The Things You Do ~ My Girl / Daryl Hall & John Oates)

>元々ソウルフルな音楽を提供していたデュオが、閉鎖されていた
ニューヨークのソウル・ミュージックの殿堂“アポロ・シアター”
新装オープンでのこけら落としとして行われたライヴ演奏を
シングルにもってきた。
もちろんテンプテーションズでお馴染みのナンバーのメドレーなのだが、
今は亡きエディ・ケンドリックスとデヴィッド・ラフィンの二人も
参加している。
好調を維持し続けていたホール&オーツにとっては“箸休め”的な
シングルだったかもしれないが、はたしてこの後これが吉と出るか、
凶と出るか!?
最高位20位。
アルバム「ライヴ・アット・ジ・アポロ」(Hall & Oates Live At The Apollo)
からのナンバー。

☆「アイム・ゴーイン・ダウン」ブルース・スプリングスティーン
(I'm Goin' Down / Bruce Springsteen)

>発表以来、1年以上もの間アルバム・チャートのトップ10内に
居座り続けるモンスター・アルバム、「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」
(Born In The U.S.A.)から6枚目のシングル様のお出ましだぁ!(やれやれ)
淡々としたストレートなロックだが、当時のボスの勢いを物語るかのように
最高位9位とこれまたトップ10ヒットを記録。
ちなみにこの時点でのアルバムのセールスは700万枚以上!
まさに無敵街道まっしぐらである!!
ジョン・キャファティが目立てないワケだ・・・。(^^;
シングルを6枚もカットしていながらB面は未発表曲をカプリングさせ
続けているのは、ボスからファンへの思いやりなのかな。
ちなみに日本では、このシングル盤にはナニか特典(オマケ)が
付いていたと思うのだが・・・?
シングルを売ろうとするレコード会社も必死だったようだ。(大きなお世話?)

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F194%2F146194%5F1%5F09%2Easx%3Fobj%3Dv40412
80年代の音楽1985年9月チャートTB : 0CM : 4
  [ 1985年9月7日付 ]
2005-09-03(Sat) 11:37:13
01/02「セント・エルモス・ファイア」ジョン・パー
02/01「パワー・オブ・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
03/04「孤独のヒーロー」ティナ・ターナー
04/03「フリーウェイ・オブ・ラヴ」アレサ・フランクリン
05/05「想い出のサマー」ブライアン・アダムス
06/10「マネー・フォー・ナッシング」ダイアー・ストレイツ
07/08「チェリッシュ」クール&ザ・ギャング
08/11「ドント・ルーズ・マイ・ナンバー」フィル・コリンズ
09/09「オンリー・ヒューマン」ビリー・ジョエル
10/13「ポップ・ライフ」プリンス&ザ・レヴォリューション

11/12「インヴィンシブル」パット・ベネター
12/14「フリーダム」ワム
13/06「シャウト」ティアーズ・フォー・フィアーズ
14/07「ネヴァー・サレンダー」コリー・ハート
15/16「デア・ミー」ポインター・シスターズ
16/17「スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム」モトリー・クルー
17/23「ドレス・ユー・アップ」マドンナ
18/26「Oh,シーラ」レディ・フォー・ザ・ワールド
19/20「一日の生命」ハワード・ジョーンズ
20/15「ホワット・アバウト・ラヴ」ハート

21/28「テイク・オン・ミー」アーハ
22/25「うれしはずかしシェイム・オン」モーテルズ
23/31「すべてをあなたに」ホイットニー・ヒューストン
24/29「クライ」ゴドレー&クレーム
25/30「ロンリー・オール・ナイト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
26/27「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」ユーリズミックス
27/24「ミステリィ・レイディ」ビリー・オーシャン
28/18「セット・ゼム・フリー」スティング
29/19「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」ポール・ヤング
30/37「明日へのステップ」ジョン・ウェイト

31/21「ドナは今」デバージ
32/42「アラウンド・ユア・ハート」スティング
33/47「ダンシング・イン・ザ・ストリート」ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ
34/39「C-I-T-Y」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
35/22「ユー・スピン・ミー・アラウンド」デッド・オア・アライヴ
36/40「ノー・ルッキン・バック」マイケル・マクドナルド
37/41「ドゥ・ユー・ウォント・クライング」カトリーナ&ザ・ウェイヴス
38/44「アイ・ガット・ユー・ベイブ」UB40
39/38「テイク・ユー・ホーム」リサ・リサ&カルト・ジャムwithフル・フォース
40/43「スパニッシュ・エディ」ローラ・ブラニガン


【ニューエントリーこめんと】

☆「アラウンド・ユア・ハート」スティング
(Fortress Around Your Finger / Sting)

>ソロ第二弾シングルの今作は、それなりにドラマティックな展開を
見せてくれる一品。
でもナゼかソロ作品となるとパンチ不足な感じを受けてしまうのは
単なる気のせい?(^^;
最高位8位。
アルバム「ブルー・タートルの夢」(Dream Of The Blue Turtles)からの
ナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002GFA001010/

☆「ダンシング・イン・ザ・ストリート」ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイ
(Dancing In The Street / Mick Jagger & David Bowie)

>どのような経緯でこの大物二人のコラボが派生したのかは
知らないのだが、ネーミングがミックの方が先にクレジットされているのは、
デヴィッドが一歩後ろに引いた感じを受けますな。(^^;
82年にヴァン・ヘイレンがカヴァーして以来のトップ40ヒットとなる
この作品、マーサ&ヴァンデラスが64年に発表したスタンダード・ナンバー
である。
野獣(?)と美男子のコラボ、PVでもお互いなかなかカッコ良かった♪
(カッコ良さの着眼点は、大幅に違うが・・・)
最高位7位。
シングルとして単独で発表された作品のようだ。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00006JYI7002011/

☆「ドゥ・ユー・ウォント・クライング」カトリーナ&ザ・ウェイヴス
(Do You Want Crying / Katrina And The Waves)

>前作よりややハードさを増し、暑苦しさが前面に出過ぎてしまった
ためかあまり良い結果が残せなかった。
最高位37位。
アルバム「ウォーキング・オン・サンシャイン」(Katrina And The Waves)
からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000024R45001003/

☆「アイ・ガット・ユー・ベイブ」UB40
(I Got You Babe / UB40)

>ソニー&シェールが64年に発表した作品をカヴァー。
プリテンダーズのリード・ボーカリストであるクリッシー・ハインド嬢も
ナゼか参加しており、ひょうひょうとしたレゲエに色を添えている。
う~ん、なんかいいカンジ♪(^^)
最高位28位。
アルバム「バガリディム」(Little Baggriddim)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005176I001001/

☆「スパニッシュ・エディ」ローラ・ブラニガン
(Spanish Eddie / Laura Branigan)

>残念ながら記憶にありません。(スマヌ)
最高位40位。
アルバム「ホールド・ミー」(Hold Me)からの1stシングル。
2004年8月、脳動脈瘤のため死去。享年47。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002J4M001004/
80年代の音楽1985年9月チャートTB : 0CM : 4

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。