ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1984年1月28日付(三十路過ぎてからノリノリのデビュー!シンディ・ローパー) ]
2014-01-24(Fri) 11:53:48
01/01「ロンリー・ハート」イエス
02/03「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
03/04「トーキング・イン・ユア・スリープ」ロマンティックス
04/06「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
05/05「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
06/08「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
07/02「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
08/09「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー
09/07「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
10/12「ザッツ・オール」ジェネシス

11/14「忘れじのローラ」クリストファー・クロス
12/13「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
13/11「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
14/16「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
15/10「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
16/17「ホリディ」マドンナ
17/15「ザ・カーリー・シャッフル」ジャンプン・ザ・サドル
18/22「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
19/24「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
20/34「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン

21/25「情熱のロックン・ロード」プリテンダーズ
22/33「ロックバルーンは99」ネーナ
23/31「アラウンド・ユア・フィンガー」ポリス
24/27「歓喜の調べ」ジェイムス・イングラム&マイケル・マクドナルド
25/28「ソー・バッド」ポール・マッカートニー
26/26「ベイビー・アイ・ライド」デボラ・アレン
27/36「ノーバディ・トールド・ミー」ジョン・レノン
28/18「時のささやき」デバージ
29/21「涙のラスト・レター」バリー・マニロウ
30/19「愛は消えても」38スペシャル

31/45「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
32/38「センド・ミー・アン・エンジェル」リアル・ライフ
33/35「ナイトバード」スティーヴィー・ニックス
34/30「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト」ジェフリー・オズボーン
35/32「サイン・オブ・ファイア」フィクス
36/37「リメンバー・ザ・ナイト」モーテルズ
37/48「ニュー・ムーン・オン・マンディ」デュラン・デュラン
38/50「メタル・ヘルス」クワイエット・ライオット
39/41「ザ・ドリーム」アイリーン・キャラ
40/54「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」ヒューイ・ルイス・&ザ・ニュース


【ニューエントリーこめんと】

☆「ハイスクールはダンステリア」シンディ・ローパー
(Girl Just Want To Have Fun / Cyndi Lauper)

>1953年ニューヨーク州出身のシンガー・ソングライター兼女優。本名シンシア・アン・ステファニー・ローパー。
カルチャー・クラブの女性ソロ版ってなイメージがあった当時だったのだが、このトップ40デビュー曲もご他聞にもれず80'sポップの見本のような明るさと楽しさに満ちあふれたダンス・ナンバー。トップ40入り後は一気に加速状態に入り、首位を伺う所まで攻め込んだものの惜しくも2位に甘んじる。洋楽はカーペンターズ以降女性ボーカル物のアルバムには手を出していなかった当時のワタシでしたが、このミリオン・セラー曲にはかなり惹かれるモノを感じ、後続のシングルに期待を馳せたのだが…。

アルバム「N.Y.ダンステリア」(She's So Unusual)に収録。
Shes So Unusual
↑多種多様なポップスの詰め合わせは、カルチャー・クラブ以上!?
【試聴はコチラ】

☆「ニュー・ムーン・オン・マンディ」デュラン・デュラン
(New Moon On Monday / Duran Duran)

>ちょっとあっさりとした感じを受けるポップ・ロックなのだが、やはりそれなりの完成度を秘めた一曲。最高位10位と、しっかりトップ10入りを果たしているのは、当時のアーティスト・パワーというヤツなのかも。

アルバム「セブン&ザ・ラグド・タイガー」(Seven And The Ragged Tiger)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「メタル・ヘルス」クワイエット・ライオット
(Bang Your Head (Metal Health) / Quiet Riot)

>全米No.1アルバムからの2ndシングルは、オリジナル曲での勝負にて最高位31位まで上昇。トップ5ヒットを記録した前カバー・シングルに、決して引けを取らないくらいライヴで映えそうなハードロック・ナンバー。

アルバム「メタル・ヘルス~ランディ・ローズに捧ぐ~」(Metal Health)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ザ・ドリーム」アイリーン・キャラ
(The Dream / Irene Cara)

>映画「D.C.キャブ」の挿入歌。残念ながら映画の存在も知らなければ、最高位37位にまで上昇したこの陽気なポップ・ナンバーの記憶もなし。今回改めて試聴してみると、日本ではCMを通じて大ヒットを記録したテリー・デサリオの「オーバーナイト・サクセス」(Overnight Success)に似てないかい?(おいおい)

アルバム「フラッシュ・ダンス~ホワット・ア・フィーリン」(What A Feelin')に収録。
【試聴はコチラ】
(オーバーナイト・サクセス)

☆「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」ヒューイ・ルイス・&ザ・ニュース
(I Want A New Drug / Huey Lewis and The News)

>彼らの本領が全米で発揮されたのが、この飾り気のない骨太なロックン・ロール・ナンバーからであろう。最高位6位と、この時点で最大のヒットをマークし、アルバム売り上げに大きく貢献していく作品でもある。さらには、某映画の挿入歌に盗作疑惑を持ちかける存在として君臨する事ともなるオマケ付き。

アルバム「スポーツ」(Sports)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外87位★

☆「反逆のアイドル」ビリー・アイドル
(Rebel Yell / Billy Idol)

>アルバムからの1stシングルながらも最高位は46位とトップ40入りは逃しているものの、彼のライヴでは欠かせないであろうハイテンションなロック・ナンバー。シングルでの快進撃は、次の2ndリリースからであーる。

アルバム「反逆のアイドル」((Rebel Yell)に収録。
【試聴はコチラ】

★圏外94位★

☆「テンダー・イヤーズ」ジョン・キャファティ&ビーバー・ブラウン・バンド
(Tender Years / John Cafferty & Beaver Brown Band)

>前Hot100ヒットではエディ&ザ・クルーザーズ名義だったのだが、この作品からは本名(?)にてクレジットされてのチャートインだったのだが、最高位は78位止まり。前作同様トップ40ヒットとして蘇えるのは、もうちょっと先なのじゃ。(なんのこっちゃ)

サントラ「エディ・アンド・ザ・クルーザーズ」(Eddie & The Cruisers)に収録。
【試聴はコチラ】
スポンサーサイト
音楽チャート1984年1月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1984年1月21日付(ドイツ語バージョンでの大ヒット!ネーナ) ]
2014-01-17(Fri) 13:17:32
01/02「ロンリー・ハート」イエス
02/01「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
03/09「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
04/06「トーキング・イン・ユア・スリープ」ロマンティックス
05/07「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
06/08「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
07/05「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
08/13「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
09/10「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー
10/03「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

11/04「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
12/17「ザッツ・オール」ジェネシス
13/22「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
14/21「忘れじのローラ」クリストファー・クロス
15/16「ザ・カーリー・シャッフル」ジャンプン・ザ・サドル
16/20「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
17/25「ホリディ」マドンナ
18/24「時のささやき」デバージ
19/23「愛は消えても」38スペシャル
20/12「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ローリング・ストーンズ

21/18「涙のラスト・レター」バリー・マニロウ
22/26「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
23/11「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
24/28「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
25/34「情熱のロックン・ロード」プリテンダーズ
26/36「ベイビー・アイ・ライド」デボラ・アレン
27/35「歓喜の調べ」ジェイムス・イングラム&マイケル・マクドナルド
28/31「ソー・バッド」ポール・マッカートニー
29/29「ゴールド」スパンダー・バレエ
30/30「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト」ジェフリー・オズボーン

31/44「アラウンド・ユア・フィンガー」ポリス
32/32「サイン・オブ・ファイア」フィクス
33/42「ロックバルーンは99」ネーナ
34/47「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
35/41「ナイトバード」スティーヴィー・ニックス
36/初「ノーバディ・トールド・ミー」ジョン・レノン
37/38「リメンバー・ザ・ナイト」モーテルズ
38/40「センド・ミー・アン・エンジェル」リアル・ライフ
39/39「イン・ザ・ムード」ロバート・プラント
40/14「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル


【ニューエントリーこめんと】

☆「アラウンド・ユア・フィンガー」ポリス
(Wrapped Around Your Finger / The Police)

>アルバムからの4thシングルなれど、まだまだ高クォリティで味わい深いポップ・ロックが楽しめるとはねぇ。最高位8位にも十分頷けるし、PVがまた完成度高し。

アルバム「シンクロニシティ」(Synchronicity)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ロックバルーンは99」ネーナ
(99 Luftballones / Nena)

>1960年ドイツ出身の女性シンガー・ソングライター兼ミュージシャン兼女優を代表としたロック・バンド。本名ガブリエル・スザンヌ・ケルナー。
軽快なロックのリズムに乗せ、ゲルマン美女による母国語で歌われた反戦歌。12位→4位というジャンプ・アップを見せた時は、“一気に行っちゃうか!?”と思わされたのだが、惜しくも最高位2位止まり。結果的にはHot100内にチャートインした唯一のヒット曲だったのだが、ネーナ嬢がムダ毛の処理を行っていない衝撃度同様、日本でもそれなりのヒットを記録。 

アルバム「プラスティック・ドリームス」(Nena)に収録。
【試聴はコチラ】
(英語バージョン)

☆「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
(Jump / Van Halen)

>“1984年はオレたちの年!”とばかりに発表されたアルバムからの1stシングル。そのタイトル通り、47位→34位→20位→11位→5位→2位と大ジャンプを繰り返した後、連続5週間に渡り全米を席巻するビッグ・ヒットを記録し、ミリオン・セラーをもゲットというハジけっぷりを披露!エディによるギタープレイのみならず、キーボード捌き(白鍵のみ?)も堪能出来る彼らの代表作として現在も受け継げられているロック・ナンバー。
余談ですが、85年の元旦、地元の山頂にて初日の出用のウォークマンBGMとして“1984~ジャンプ”を選択した自分に酔いしれたあの当時。(遠い目)

アルバム「1984」(1984)に収録。
1984.jpg
↑アルバムはNo.1に届いていないという、当時のアルバム・チャートの激戦区といったら…!
【試聴はコチラ】

☆「ナイトバード」スティーヴィー・ニックス
(Nightbird / Stevie Nicks)

>アルバムからの3rdシングルとあってか、地味で記憶に残りづらいポップ・ナンバー。最高位33位と、チャート的にも不発気味。

アルバム「ワイルド・ハート」(The Wild Heart)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ノーバディ・トールド・ミー」ジョン・レノン
(Nobody Told Me / John Lennon)

>ジョンがアルバム「ダブル・ファンタジー」の次作アルバム用にと、生前に形として遺していた未発表作品のひとつ。「ダブル~」からのシングル・ヒットのように洗練こそされてはいないものの、彼らしい持ち味が発揮されたポップ・ナンバーではなかろうか。最高位は5位。ライターこそジョンの名義がクレジットされているものの、プロデュース名には"Not Listed"と記名されているのがちと物悲しい。

アルバム「ミルク・アンド・ハニー」(Milk And Honey)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年1月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1984年1月14日付(またまたオージーからの新旋風、リアル・ライフ) ]
2014-01-10(Fri) 13:52:34
01/01「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
02/04「ロンリー・ハート」イエス
03/02「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
04/03「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
05/05「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
06/06「トーキング・ユア・スリープ」ロマンティックス
07/07「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
08/08「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
09/13「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
10/15「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー

11/10「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー
12/09「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ローリング・ストーンズ
13/17「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
14/11「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル
15/12「愛の嵐」パット・ベネター
16/21「ザ・カーリー・シャッフル」ジャンプン・ザ・サドル
17/22「ザッツ・オール」ジェネシス
18/18「涙のラスト・レター」バリー・マニロウ
19/14「メイジャー・トム」ピーター・シリング
20/24「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.

21/30「忘れじのローラ」クリストファー・クロス
22/26「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
23/23「愛は消えても」38スペシャル
24/25「時のささやき」デバージ
25/27「ホリディ」マドンナ
26/38「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
27/16「ポイズン・マインド」カルチャー・クラブ
28/39「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
29/32「ゴールド」スパンダー・バレエ
30/31「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト」ジェフリー・オズボーン

31/34「ソー・バッド」ポール・マッカートニー
32/33「サイン・オブ・ファイア」フィクス
33/20「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット
34/37「情熱のロックン・ロード」プリテンダーズ
35/45「歓喜の調べ」ジェイムス・イングラム&マイケル・マクドナルド
36/36「ベイビー・アイ・ライド」デボラ・アレン
37/19「シンクロニシティ2」ポリス
38/41「リメンバー・ザ・ナイト」モーテルズ
39/40「イン・ザ・ムード」ロバート・プラント
40/42「センド・ミー・アン・エンジェル」リアル・ライフ


【ニューエントリーこめんと】

☆「歓喜の調べ」ジェイムス・イングラム&マイケル・マクドナルド
(Yah Mo Be There / James Ingram with Michael McDonald)

>名プロデューサーであるクィンシー・ジョーンズの秘蔵っ子として育て上げられた彼による、記念すべきソロ・デビュー・アルバムからのトップ40ヒット。しかし、ソロ名義とはいえwithとしてマイケル・マクドナルドという大物が同行しており、完全なソロでのトップ40ヒットとは言えないかもしれないものの、その軽快なリズムとソウルフルなツイン・ボーカルがバッチリとマッチしているR&Bナンバー。最高位19位というやや低めな評価を受けている気がするのは、歌詞内容がちと宗教色濃い目なため?

アルバム「ユア・ナイト」(It's Your Night)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「リメンバー・ザ・ナイト」モーテルズ
(Remember The Night / The Motels)

>最高位36位とはいえ、アンニュイな楽曲(?)でしかトップ40ヒットを放てないという噂(?)を払拭するには打ってつけな、普通にポップなナンバー。ゆえにその存在感が結構大きい一曲、かも?

アルバム「可愛い泥棒たち」(Little Robbers)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「センド・ミー・アン・エンジェル」リアル・ライフ
(Send Me An Angel / Real Life)

>1980年オーストラリアで結成されたニューウェイヴ系エレポップ・バンド。ちょっとオージー版ユーリズミックスっぽさを感じさせるのだが、独特のゾクゾク感はコチラの方がツボにきたあの当時。最高位こそ29位とはいえ、その存在感を十分にアピール出来たであろう不気味な雰囲気を備え持つポップ・ナンバー。なお、89年には新バージョンとして再発され、最高位26位とオリジナル・バージョンを上回るヒットを記録している。

アルバム「ハートランド」(Heartland)に収録。
Heartland.jpg
↑ワタシとしては、「勝者、初期バージョン!」ですな☆
【試聴はコチラ】
(新バージョン)
音楽チャート1984年1月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1984年1月7日付(軽快な一発ヒット、シャノン) ]
2014-01-03(Fri) 17:55:49
01/01「セイ・セイ・セイ」ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン
02/02「セイ・イット・イズント・ソゥ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/03「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」デュラン・デュラン
04/04「ロンリー・ハート」イエス
05/08「運命のいたずら」オリヴィア・ニュートン・ジョン
06/12「トーキング・ユア・スリープ」ロマンティックス
07/10「想い出のステップ」マシュー・ワイルダー
08/11「ブルースはお好き?」エルトン・ジョン
09/09「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」ローリング・ストーンズ
10/05「オール・ナイト・ロング」ライオネル・リッチー

11/06「アップタウン・ガール」ビリー・ジョエル
12/07「愛の嵐」パット・ベネター
13/17「カーマは気まぐれ」カルチャー・クラブ
14/14「メイジャー・トム」ピーター・シリング
15/21「ランニング・ウィズ・ザ・ナイト」ライオネル・リッチー
16/13「ポイズン・マインド」カルチャー・クラブ
17/22「ジョアンナ」クール&ザ・ギャング
18/23「涙のラスト・レター」バリー・マニロウ
19/16「シンクロニシティ2」ポリス
20/15「カモン・フィール・ザ・ノイズ」クワイエット・ライオット

21/32「ザ・カーリー・シャッフル」ジャンプン・ザ・サドル
22/27「ザッツ・オール」ジェネシス
23/25「愛は消えても」38スペシャル
24/28「I・STILL・ 愛してる」レイ・パーカーJr.
25/26「時のささやき」デバージ
26/29「ピンク・ハウス」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
27/31「ホリディ」マドンナ
28/19「ホワイ・ミー」アイリーン・キャラ
29/18「アイランド・イン・ザ・ストリーム」ケニー・ロジャーズ&ドリー・パートン
30/38「忘れじのローラ」クリストファー・クロス

31/33「ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト」ジェフリー・オズボーン
32/34「ゴールド」スパンダー・バレエ
33/35「サイン・オブ・ファイア」フィクス
34/49「ソー・バッド」ポール・マッカートニー
35/20「インナ・ビッグ・カントリー」ビッグ・カントリー
36/39「ベイビー・アイ・ライド」デボラ・アレン
37/43「情熱のロックン・ロード」プリテンダーズ
38/42「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
39/44「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
40/40「イン・ザ・ムード」ロバート・プラント


【ニューエントリーこめんと】

☆「ソー・バッド」ポール・マッカートニー
(So Bad / Paul McCartney)

>バラードとしてはあまりにも地味な作品だったためか、最高位も23位と地味な位置に定着。PVではリンゴ・スターが出演していて、当時はそちらの方に驚いたものである。

アルバム「パイプス・オブ・ピース」(Pipes Of Peace)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「情熱のロックン・ロード」プリテンダーズ
(Middle Of The Road / The Pretenders)

>メンバーの死といった、バンド内での不幸を乗り越え発表された3rdアルバムからの1stシングル。それらの憂いを吹き飛ばすかのような勢いを、まるで楽曲に詰め込んだかのようなロック・ナンバー。最高位こそ19位とはいえ、アルバムに対して興味を持たせるには十分なポテンシャルを秘めた作品であろうかな。

アルバム「情熱のロックン・ロード~プリテンダーズⅢ」(Learning To Crawl)に収録。
Learning To Crawl
↑いやいや、良作でひしめく傑作アルバムですよ♪
【試聴はコチラ】

☆「レット・ザ・ミュージック・プレイ」シャノン
(Let The Music Play / Shannon)

>1958年ワシントンD.C.出身のシンガー。本名シャノン・ブレンダ・グリーン。
ノリのいいラテン系ダンス・ポップ・ナンバーを引っさげてのトップ40デビュー。最高位8位という好成績を残したのだが、残念ながら一発ヒットで終了。

アルバム「レット・ザ・ミュージック・プレイ」(Let The Music Play)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「イノセント・マン」ビリー・ジョエル
(An Innocent Man / Billy Joel)

>アルバム・タイトル曲なれど、シングル・カットされなければ単なるアルバムに収録された一曲として見逃してしまいそうなほど地味なナンバー。それでも全米では最高位10位と、トップ10ヒットにまで成長しているのにはお国柄による好みの相違かも。
余談ですが、当時の某週刊少年マンガにて、“ヤツを昆虫人間、イノセント・マンに変えてやれ!”なんて誤植(勘違い?)セリフがあったのですが、近年の時事ネタとして、某元都知事を“イノセント知事”と称した記事は、誤字じゃあなくて明らかに皮肉っしょ、アレは★(最高ッス!)

アルバム「イノセント・マン」(An Innocent Man)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1984年1月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。