ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1983年1月29日付(カナダからの一発ヒット、サーガ) ]
2013-01-25(Fri) 13:08:31
01/01「ダウン・アンダー」メン・アット・ワーク
02/05「アフリカ」トト
03/04「セクシャル・ヒーリング」マーヴィン・ゲイ
04/03「ダーティ・ラウンドリー」ドン・ヘンリー
05/02「ガール・イズ・マイン」マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
06/06「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
07/07「あまねく愛で」パティ・オースティンwithジェームス・イングラム
08/08「ロック・ザ・カスバ」クラッシュ
09/12「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
10/11「ユー・アンド・アイ」エディ・ラビット&クリスタル・ゲイル

11/13「恋はあせらず」フィル・コリンズ
12/14「二人の愛は」リトル・リバー・バンド
13/09「ミッキー」トニー・ベイジル
14/17「グッディ・トゥ・シューズ」アダム・アント
15/16「ハート・トゥ・ハート」ケニー・ロギンス
16/23「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
17/27「パス・ザ・ダッチー」ミュージカル・ユース
18/20「アレンタウン」ビリー・ジョエル
19/19「ハンド・トゥ・ホールド・オン・トゥ」ジョン・クーガー
20/21「ユー・ガット・ラッキー」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

21/25「ドライヴィング・ミー・クレイジー」サミー・ヘイガー
22/22「ラヴ・イン・ストアー」フリートウッド・マック
23/29「オール・ライト」クリストファー・クロス
24/31「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
25/26「ハート・オブ・ザ・ナイト」ジュース・ニュートン
26/10「ハートブレイカー」ディオンヌ・ワーウィック
27/34「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
28/35「ユー・アー」ライオネル・リッチー
29/30「ショック・ザ・モンキー」ピーター・ガブリエル
30/32「ホワット・アバウト・ミー」ムーヴィング・ピクチャーズ

31/33「スペース・エイジ・ラヴ・ソング」フロック・オブ・シーガルス
32/46「チェイン・ギャング」プリテンダーズ
33/36「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング
34/15「グロリア」ローラ・ブラニガン
35/37「バッド・ボーイ」レイ・パーカーJr.
36/初「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
37/47「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
38/42「さよならのページ」リンダ・ロンシュタット
39/43「オン・ザ・ルーズ」サーガ
40/40「プット・イット・イン・ア・マガジン」ソニー・チャールズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「チェイン・ギャング」プリテンダーズ
(Back On The Chain Gang / The Pretenders)

>メンバーの紅一点、クリッシー・ハインド作によるアコースティックなポップ・ナンバー。トップ40入りにまで8週を要したものの、最高位5位と彼ら最大のヒット曲として記録を残している。

アルバム「情熱のロックン・ロード」(Learning To Crawl)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「愛・ひととき」ケニー・ロジャース&シーナ・イーストン
(We've Got Tonight / Kenny Rogers & Sheena Easton)

>78年ボブ・シーガーによるロック・バラード(最高位13位)を、デヴィッド・フォスターとケニーによるプロデュースでシーナ嬢をゲストに迎え、美しきデュエット・バラードとしてHot100内初登場36位。そしてオリジナルを上回る最高位6位をマーク。当時はオリジナル・バージョンのイメージがあまりにも強かったためか違和感が非常に強く、21位→9位というジャンプアップを見せた時は「なんでやねん!?」と不満すら漏らす始末。でも、現在ではちゃっかり楽しんでおりますよ。

アルバム「愛・ひととき」(We've Got Tonight)に収録。
【試聴はコチラ】
(ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド)

☆「ビリー・ジーン」マイケル・ジャクソン
(Billie Jean / Michael Jackson)

>彼がスーパースターの座を決定付けさせたのは、おそらくこのポップなR&B調ダンス・ナンバーではなかろうか。PVによるクールなダンスも当時の注目度が高く、23位→6位という大ジャンプ後も4位→1位と上位陣を簡単に蹴散らし、7週連続No.1という快挙を樹立。ミリオン・セラーをもマークしたこの作品以降、マイケル旋風が世界中を駆け抜ける事となる。

アルバム「スリラー」(Thriller)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「さよならのページ」リンダ・ロンシュタット
(I Knew You When / Linda Ronstadt)

>65年ビリー・ジョー・ロイヤルによるヒットのカバー。歌唱力は相変わらずバツグンなれど、肝心の楽曲に物足りなさを感じさせてしまったためか、最高位37位と低迷。これが最後のトップ40ヒットとなっちゃうのかと思いきや…。

アルバム「ゲット・クローサー」(Get Closer)に収録。
【試聴はコチラ】
(ビリー・ジョー・ロイヤル)

☆「オン・ザ・ルーズ」サーガ
(On The Loose / Saga)

>1977年カナダで結成されたロック・バンド。
とても斬新なハード・ポップ・ロックという当時からのイメージは、現在も進行中な一発ヒット。最高位26位とはいえその印象度は凄まじく、悩み続けたあげくヒットから約30年後にアルバムを入手し、ようやく“満足”をゲット。(あっはっは)

アルバム「ワールズ・アパート」(Worlds Apart)に収録。
Worlds Apart
↑こちらのジャケット・バージョンを所望したかったのだが、残念ながら…。
【試聴はコチラ】


★圏外86位★

☆「ニュー・フロンティア」ドナルド・フェイゲン
(New Frontier / Donald Fagen)

>最高位70位と、チャート的にはアレだったのだが、このライト感覚なポップさはまさに日本人好みな一曲ではなかろうか。しっかりとスティーリー・ダン色も楽しめるのは、やっぱお見事ですな。

アルバム「ナイトフライ」(The Nightfly)に収録。
【試聴はコチラ】
スポンサーサイト
音楽チャート1983年1月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1983年1月22日付(脅威の初登場!クリストファー・クロスだが…) ]
2013-01-18(Fri) 13:22:01
01/01「ダウン・アンダー」メン・アット・ワーク
02/02「ガール・イズ・マイン」マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
03/03「ダーティ・ラウンドリー」ドン・ヘンリー
04/05「セクシャル・ヒーリング」マーヴィン・ゲイ
05/07「アフリカ」トト
06/04「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
07/08「あまねく愛で」パティ・オースティンwithジェームス・イングラム
08/09「ロック・ザ・カスバ」クラッシュ
09/06「ミッキー」トニー・ベイジル
10/10「ハートブレイカー」ディオンヌ・ワーウィック

11/12「ユー・アンド・アイ」エディ・ラビット&クリスタル・ゲイル
12/16「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
13/15「恋はあせらず」フィル・コリンズ
14/14「二人の愛は」リトル・リバー・バンド
15/11「グロリア」ローラ・ブラニガン
16/17「ハート・トゥ・ハート」ケニー・ロギンス
17/19「グッディ・トゥ・シューズ」アダム・アント
18/18「ルック・オブ・ラヴ」ABC
19/20「ハンド・トゥ・ホールド・オン・トゥ」ジョン・クーガー
20/23「アレンタウン」ビリー・ジョエル

21/21「ユー・ガット・ラッキー」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
22/22「ラヴ・イン・ストアー」フリートウッド・マック
23/25「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
24/24「アイ・ドゥ」J.ガイルズ・バンド
25/27「ドライヴィング・ミー・クレイジー」サミー・ヘイガー
26/29「ハート・オブ・ザ・ナイト」ジュース・ニュートン
27/31「パス・ザ・ダッチー」ミュージカル・ユース
28/13「夜の街へ」ジョー・ジャクソン
29/初「オール・ライト」クリストファー・クロス
30/32「ショック・ザ・モンキー」ピーター・ガブリエル

31/35「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
32/34「ホワット・アバウト・ミー」ムーヴィング・ピクチャーズ
33/37「スペース・エイジ・ラヴ・ソング」フロック・オブ・シーガルス
34/53「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
35/49「ユー・アー」ライオネル・リッチー
36/43「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング
37/40「バッド・ボーイ」レイ・パーカーJr.
38/38「夜明けのふたり」エア・サプライ
39/39「メモリー」バリー・マニロウ
40/42「プット・イット・イン・ア・マガジン」ソニー・チャールズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「オール・ライト」クリストファー・クロス
(All Right / Christopher Cross)

>80年のグラミー賞5部門を独占し、81年にはアカデミー歌曲賞をもゲットというあのハイトーン・ボイス・シンガーによる、待望となる2ndアルバムからの自作1stシングルが、いきなりHot100内29位に初登場!もう全米No.1間違いなし、と思われる要素が完璧なほど整ってはいたのだが、その仰々しいイントロに騙されずに楽曲に耳を傾けてみると、明らかに既存のヒット曲を焼きなおしたようなA.O.R.ナンバーで、29位→23位→19位→16位→16位→16位→12位→12位→12位(最高位)→19位...と、結果的にはトップ10入りにも至らない凡庸なヒット曲に…。それでも、実は歌っていたお方はこんなお姿でしたぁ☆という顔バレにも関わらず、当時の日本ではそれなりのヒット曲として評価を得ている。

アルバム「アナザー・ページ」(Another Page)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」デュラン・デュラン
(Hungry Like The Wolf / Duran Duran)

>1978年イギリスで結成されたロック・バンド。
ある意味で代表曲のひとつであろう「プラネット・アース」(Planet Earth)をかつて耳にした時、「あ~、ダメだコイツら…」と勝手にダメだししていたワタシでしたが、そんな彼らの作品がトップ40デビューを果たし、「そんなバカな!?」とめっちゃ失礼な感情を抱いていたあの当時。(スミマセン) 全米進出を目論んで制作されたようなそのスピーディーでポップなこのロック・ナンバーは、カルチャー・クラブの「君は完璧さ」とテール・トゥ・ノーズのまんまチャートを上昇し続け、最高位3位という大成功を記録。この後、ヒット・メーカーへと大成長していく彼らですが、この作品は彼らの代表曲として常にベスト3内に居座る曲としてワタシの心に残る事となるのであーる。(見事な掌返し)

アルバム「リオ」(Rio)に収録。
Rio.jpg
↑彼らの最高傑作は、ひょっとしたらコレかも?
【試聴はコチラ】
(プラネット・アース)

☆「ユー・アー」ライオネル・リッチー
(You Are / Lionel Richie)

>ソロへ転向後、実質的にアーティストとしての才能が評価されるかもしれない2ndシングルなのだが、その壁を軽々とクリアしていったようにも感じとれるポップなR&Bナンバー。最高位4位と、絶好調は留まる事を知らず。

アルバム「ライオネル・リッチー」(Lionel Richie)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「トワイライト・ゾーン」ゴールデン・イヤリング
(Twilight Zone / Golden Earring)

>1961年オランダで結成されたロック・バンド。
約9年ぶり、2曲目となるトップ40ヒット。80年マンハッタン・トランスファーに同名異曲のヒットが存在するのだが、こちらの作品は不気味さの中にカッコ良さも存在するポップ・ロックとして仕上がっている。最高位は10位、そしてHot100内滞在27週という見事なロング・ヒットを記録している。

アルバム「トワイライト・ゾーン」(Cut)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「プット・イット・イン・ア・マガジン」ソニー・チャールズ
(Put It In A Magazine / Sonny Charles)

>1940年インディアナ州出身のソウル・シンガー。本名チャールズ・ヘムフィル。
元チェックメイツ・リミテッドのメンバーとして活躍した彼による、ソロ名義での唯一となるトップ40ヒット。メロウなR&Bナンバーが、最高位40位をマーク。なお現在は、スティーヴ・ミラー・バンドの一員として活躍中のようだ。

アルバム"The Sun Still Shines"に収録。
【試聴はコチラ】



★圏外88位★

☆「ハレルヤ・ハリケーン」ウェザー・ガールズ
(It's Raining Men / Weather Girls)

>1977年アメリカにてツー・トンズ・オブ・ファンとして結成された女性ボーカル・デュオ。
パワフルなツイン・ボーカルが奏でるダンス系ポップ・ナンバーなれど、その巨体を全米では最高位46位まで引き上げるのが精一杯だったか。(スミマセン) 当時日本では、人気バラエティ番組「欽どこ」にゲスト出演するくらい人気を博し、その後も複数のアーティストにカバーされるスタンダード・ナンバーとして愛されているようだ。

アルバム「シャンプー・マン」(Success)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年1月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1983年1月15日付(ブリティッシュ・インヴェイジョン一番手!?カルチャー・クラブ) ]
2013-01-11(Fri) 16:52:38
01/04「ダウン・アンダー」メン・アット・ワーク
02/02「ガール・イズ・マイン」マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
03/03「ダーティ・ラウンドリー」ドン・ヘンリー
04/01「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
05/05「セクシャル・ヒーリング」マーヴィン・ゲイ
06/06「ミッキー」トニー・ベイジル
07/12「アフリカ」トト
08/13「あまねく愛で」パティ・オースティンwithジェームス・イングラム
09/14「ロック・ザ・カスバ」クラッシュ
10/11「ハートブレイカー」ディオンヌ・ワーウィック

11/07「グロリア」ローラ・ブラニガン
12/15「ユー・アンド・アイ」エディ・ラビット&クリスタル・ゲイル
13/08「夜の街へ」ジョー・ジャクソン
14/16「二人の愛は」リトル・リバー・バンド
15/17「恋はあせらず」フィル・コリンズ
16/21「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
17/20「ハート・トゥ・ハート」ケニー・ロギンス
18/18「ルック・オブ・ラヴ」ABC
19/22「グッディ・トゥ・シューズ」アダム・アント
20/23「ハンド・トゥ・ホールド・オン・トゥ」ジョン・クーガー

21/26「ユー・ガット・ラッキー」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
22/25「ラヴ・イン・ストアー」フリートウッド・マック
23/29「アレンタウン」ビリー・ジョエル
24/24「アイ・ドゥ」J.ガイルズ・バンド
25/31「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
26/09「ロックタウンは恋の街」ストレイ・キャッツ
27/37「ドライヴィング・ミー・クレイジー」サミー・ヘイガー
28/10「トゥルーリー」ライオネル・リッチー
29/32「ハート・オブ・ザ・ナイト」ジュース・ニュートン
30/30「レッツ・ゴー・ダンシン」クール&ザ・ギャング

31/52「パス・ザ・ダッチー」ミュージカル・ユース
32/35「ショック・ザ・モンキー」ピーター・ガブリエル
33/33「二人だけのバラード」タヴァレス
34/34「ホワット・アバウト・ミー」ムーヴィング・ピクチャーズ
35/49「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
36/36「愛の想い出」キム・カーンズ
37/40「スペース・エイジ・ラヴ・ソング」フロック・オブ・シーガルス
38/38「夜明けのふたり」エア・サプライ
39/42「メモリー」バリー・マニロウ
40/45「バッド・ボーイ」レイ・パーカーJr.


【ニューエントリーこめんと】

☆「パス・ザ・ダッチー」ミュージカル・ユース
(Pass The Dutchie / Musical Youth)

>1979年イギリスで結成されたレゲエ・バンド。
マイティ・ダイアモンズによる"Pass The Kouchie"のカバーにてトップ40デビュー。とてもキャッチーなポップ・レゲエ・ナンバーで、快調にチャート上昇を続けていたものの、結果的に最高位は10位。一発屋だったとはいえ、♪ぱ~すどちぱにれっつあんさい ひざこぞう♪ といういいかげんな歌詞で口ずさむのが、当時からのデフォなり。(おいおい)

アルバム「ユース・オブ・トゥディ」(The Youth Of Today)に収録。
【試聴はコチラ】
(マイティ・ダイアモンズ・バージョン)

☆「君は完璧さ」カルチャー・クラブ
(Do You Really Want To Hurt Me / Culture Club)

>1981年ロンドンで結成されたポップ・バンド。
バンドの中心人物であるボーイ・ジョージによる、その奇抜なファッションとルックス(特にデカイ頭)からして当時は明らかに“イロモノ”扱いしていたワタシでしたが、デュラン・デュランの「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」をお供に最高位2位にまで到達する頃には、その中性的なボーカルと美しいメロディ・ラインが脳裏にこびり付くという結果に。しかし、そのデカ頭が信用ならなかったのか、まだまだアルバム購入にまでは至らず。

アルバム「ミステリー・ボーイ」(Kissing To Be Clever)に収録。
Kissing To Be Clever
↑で、結局はアルバム買ってないのよね…★
【試聴はコチラ】

☆「メモリー」バリー・マニロウ
(Memory / Barry Manilow)

>ミュージカル「キャッツ」の主題歌として日本でも有名なナンバーのカバー。。壮大なバラードなれども、バリー人気に陰りが見えた頃に発表されたためか、最高位39位とチャート的には不発。しかし、82年に先行発表されたバーブラ・ストライサンドのカバー(最高位52位)を上回る成績は、やっぱお見事。

アルバム「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」(Here Comes The Night)に収録。
【試聴はコチラ】
(バーブラ・ストライサンド・バージョン)
(ミュージカル「キャッツ」バージョン)

☆「バッド・ボーイ」レイ・パーカーJr.
(Bad Boy / Ray Parker Jr.)

>ソロ名義トップ40ヒット3曲目も、楽曲としては決して悪くはないのだが、最高位35位と前作同様不発。いよいよ前途が怪しくなってきた彼のたどり着く道は、果たして…!?(う~む、ワザとらしい?)

アルバム「グレイテスト・ヒッツ」(Greatest Hits)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外83位★

☆「アイ・キャント・スタンド・スティル」ドン・ヘンリー
(I Can't Stand Still / Don Henley)

>最高位48位と、アルバム・タイトル・トラックがトップ40入りを逃すドジっぷり(スミマセン)ですが、ちょっと重めのポップ・ナンバーとはいえなかなか聴かせる一品だと思いますよ、あたしゃ。

アルバム「アイ・キャント・スタンド・スティル」(I Can't Stand Still)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年1月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1983年1月8日付(2ndヒットも好調!ストレイ・キャッツ) ]
2013-01-04(Fri) 17:12:40
01/01「マンイーター」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
02/03「ガール・イズ・マイン」マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー
03/04「ダーティ・ラウンドリー」ドン・ヘンリー
04/08「ダウン・アンダー」メン・アット・ワーク
05/07「セクシャル・ヒーリング」マーヴィン・ゲイ
06/02「ミッキー」トニー・ベイジル
07/05「グロリア」ローラ・ブラニガン
08/06「夜の街へ」ジョー・ジャクソン
09/09「ロックタウンは恋の街」ストレイ・キャッツ
10/10「トゥルーリー」ライオネル・リッチー

11/12「ハートブレイカー」ディオンヌ・ワーウィック
12/14「アフリカ」トト
13/17「あまねく愛で」パティ・オースティンwithジェームス・イングラム
14/15「ロック・ザ・カスバ」クラッシュ
15/16「ユー・アンド・アイ」エディ・ラビット&クリスタル・ゲイル
16/18「二人の愛は」リトル・リバー・バンド
17/20「恋はあせらず」フィル・コリンズ
18/19「ルック・オブ・ラヴ」ABC
19/11「イッツ・レイニング・アゲイン」スーパートランプ
20/22「ハート・トゥ・ハート」ケニー・ロギンス

21/30「月に吠える」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・バレット・バンド
22/25「グッディ・トゥ・シューズ」アダム・アント
23/24「ハンド・トゥ・ホールド・オン・トゥ」ジョン・クーガー
24/26「アイ・ドゥ」J.ガイルズ・バンド
25/27「ラヴ・イン・ストアー」フリートウッド・マック
26/28「ユー・ガット・ラッキー」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
27/13「シャドウ・オブ・ザ・ナイト」パット・ベネター
28/21「愛と青春の旅立ち」ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
29/37「アレンタウン」ビリー・ジョエル
30/31「レッツ・ゴー・ダンシン」クール&ザ・ギャング

31/43「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
32/36「ハート・オブ・ザ・ナイト」ジュース・ニュートン
33/33「二人だけのバラード」タヴァレス
34/34「ホワット・アバウト・ミー」ムーヴィング・ピクチャーズ
35/35「ショック・ザ・モンキー」ピーター・ガブリエル
36/38「愛の想い出」キム・カーンズ
37/39「ドライヴィング・ミー・クレイジー」サミー・ヘイガー
38/40「夜明けのふたり」エア・サプライ
39/23「ミッシング・ユー」ダン・フォーゲルバーグ
40/42「スペース・エイジ・ラヴ・ソング」フロック・オブ・シーガルス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ストレイ・キャット・すとらっと」ストレイ・キャッツ
(Stray Cat Strut / Stray Cats)

>ネオ・ロカビリー第二弾は、前作ほどのノリは薄まったものの、玄人ウケしそうなリズムが受けたのか最高位3位まで上昇。でも、ワタシにはちょっとニガテなタイプのロカビリーかなぁ。なお、現在邦題は「気取りやキャット」に変更されているようだ。

アルバム「ビルト・フォー・スピード」(Built For Speed)に収録。
Stray Cats
↑まっ、ベスト盤一枚持っていれば満足ですな♪
【試聴はコチラ】

☆「スペース・エイジ・ラヴ・ソング」フロック・オブ・シーガルス
(Space Age Love Song / A Flock Of Seagulls)

>1stトップ40ヒット同様、スペイシーなサウンド作りなテクノ・ポップ。最高位30位だったとはいえ、様子見中だったアルバム購入を決定させた一曲である。Hot100内滞在18週というのもなかなか立派。

アルバム「テレコミュニケーション」(A Flock Of Seagulls)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1983年1月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。