ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年9月25日付(スティーヴ・ペリーとの共演!ケニー・ロギンス) ]
2012-09-21(Fri) 15:19:00
01/02「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
02/04「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
03/01「素直になれなくて」シカゴ
04/03「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
05/05「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
06/09「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
07/12「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
08/18「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン
09/08「青春の傷あと」ジョン・クーガー
10/11「恋の魔法使い」ドナ・サマー

11/10「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー
12/14「風のマジック」アメリカ
13/13「愛の詩」ケニー・ロジャース
14/15「ブルー・アイズ」エルトン・ジョン
15/21「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
16/16「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
17/17「時へのロマン」エイジア
18/20「ファンシー」ジャーメイン・ジャクソン
19/22「ホールド・オン」サンタナ
20/25「恋するタッチ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ

21/26「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ
22/24「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
23/23「ホット・イン・ザ・シティ」ビリー・アイドル
24/27「ビッグ・ファン」クール&ザ・ギャング
25/29「ジャンプ・トゥ・イット」アレサ・フランクリン
26/30「グロリア」ローラ・ブラニガン
27/36「やさしくしてね」ジュース・ニュートン
28/28「涙のハート・ビート」ランディ・マイズナー
29/31「愛と幻の世界」キム・カーンズ
30/33「メイク・ビリーヴ」トト

31/34「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」ギャップ・バンド
32/07「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
33/35「恋人」グレン・フライ
34/43「サンライズ・パーティ」ケニー・ロギンスwithスティーヴ・ペリー
35/46「愛のジプシー」フリートウッド・マック
36/39「冷たい仕打ち」スティール・ブリーズ
37/37「抱きしめて」トニー・ケイン
38/38「OH!ジュリー」バリー・マニロウ
39/51「ハート・アタック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
40/40「レット・イット・ビー・ミー」ウィリー・ネルソン


【ニューエントリーこめんと】

☆「サンライズ・パーティ」ケニー・ロギンスwithスティーヴ・ペリー
(Don't Fight It / Kenny Roggins with Steve Perry)

>ケニー自身と、ジャーニーのリード・ボーカリストであるスティーヴによる共同作。このポップで爽快なロック・ナンバーのトップ10ヒットは確実かと思われたのだが、どこに至らぬ点があったのか解らぬまま最高位17位という結果に…。30年後の現在でも、それはナゾのままであーる。

アルバム「ハイ・アドヴェンチャー」(High Adventure)に収録。
High Adventure
↑シングル・ヒットは多かったのだが、アルバムとしての完成度はちょっと…。
【試聴はコチラ】

☆「愛のジプシー」フリートウッド・マック
(Gypsy / Fleetwood Mac)

>スティーヴィー・ニックス制作曲。スティーヴィーが持つ独特の妖艶さが、楽曲にも表現されたようなポップ・ナンバー。しかし最高位12位と、惜しくもトップ10には届かず。

アルバム「ミラージュ」(Mirage)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ハート・アタック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
(Heart Attack / Olivia Newton-John)

>39位→13位というビッグなジャンプ・アップには「フィジカル」級のヒット再び!?かと思われたが、それなりにインパクトのある曲調だったものの全体的に単調過ぎたためか、結果的には最高位3位止まり。逆にその派手なチャート・アクションに疑問が残るってか?

アルバム「O・N・J・グレイテスト・ヒッツVol.2」(Olivia's Greatest Hits Vol.2)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外76位★

☆「リボン・イン・ザ・スカイ」スティーヴィー・ワンダー
(Ribbon In The Sky / Stevie Wonder)

>最高位54位と、トップ40ヒットとはならなかったものの、81年の「レイトリー」(Lately)同様なかなか聴かせる傑作ではなかろうか。

アルバム「ミュージックエイリアム」(Stevie Wonder Original Musiqarium I)に収録。
【試聴はコチラ】
スポンサーサイト
音楽チャート1982年9月チャートTB : 0CM : 0
  [ 1982年9月18日付(アメリカン・ハード・ポップ、スティール・ブリーズ) ]
2012-09-14(Fri) 14:37:46
01/01「素直になれなくて」シカゴ
02/03「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
03/02「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
04/04「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
05/06「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
06/05「さよならロンリー・ラヴ」エア・サプライ
07/07「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
08/08「青春の傷あと」ジョン・クーガー
09/14「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
10/10「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー

11/12「恋の魔法使い」ドナ・サマー
12/15「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
13/13「愛の詩」ケニー・ロジャース
14/18「風のマジック」アメリカ
15/21「ブルー・アイズ」エルトン・ジョン
16/17「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
17/19「時へのロマン」エイジア
18/20「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン
19/09「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
20/24「ファンシー」ジャーメイン・ジャクソン

21/25「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
22/27「ホールド・オン」サンタナ
23/23「ホット・イン・ザ・シティ」ビリー・アイドル
24/28「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
25/29「恋するタッチ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
26/30「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ
27/36「ビッグ・ファン」クール&ザ・ギャング
28/31「涙のハート・ビート」ランディ・マイズナー
29/33「ジャンプ・トゥ・イット」アレサ・フランクリン
30/34「グロリア」ローラ・ブラニガン

31/35「愛と幻の世界」キム・カーンズ
32/32「バリー・ガール(娘17、売春盛り)」フランク&ムーン・ザッパ
33/37「メイク・ビリーヴ」トト
34/38「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」ギャップ・バンド
35/39「恋人」グレン・フライ
36/40「やさしくしてね」ジュース・ニュートン
37/42「抱きしめて」トニー・ケイン
38/41「OH!・ジュリー」バリー・マニロウ
39/52「冷たい仕打ち」スティール・ブリーズ
40/45「レット・イット・ビー・ミー」ウィリー・ネルソン


【ニューエントリーこめんと】

☆「抱きしめて」トーニー・ケイン
(Holdin' On / Tane Cain)

>1958年カリフォルニア州出身の女優兼シンガー。現在の名はトーニー・マクルーア。
当時はジャーニーのメンバーであるジョナサン・ケインの奥方だった彼女が、唯一トップ40ヒットとして遺したポップ・ナンバー。最高位37位。翌年の83年、アンサー・ソングとして「時への誓い」(Faithfully)をジョナサンがジャーニーのヒット曲として発表している。

アルバム「抱きしめて」(Tane Cain)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「OH!・ジュリー」バリー・マニロウ
(Oh Julie / Barry Manilow)

>82年シェイキン・スティーヴンスによる全英No.1ヒットのカバー。トップ40入りまで8週を要する異常事態が発生したバリー氏ですが、新たな方向性を求めた結果がこのライトなポップ・ソングのカバーだったかもしれないのだが、明らかに迷走気味か…。いかなるベスト盤にも収録されないこの作品の最高位は38位。ちなみに、バリーのヒットといえば「コパカバーナ」という日本では、たまたま聞いた「オール・ジャパン・ポップ20」でちゃっかりトップ20入りしていたのを知り、ちょっとムカついいたあの当時。

アルバム「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」(Here Comes The Night)に収録。
【試聴はコチラ】
(シェイキン・スティ-ヴンス・バージョン)

☆「冷たい仕打ち」スティール・ブリーズ
(You Don't Want Me Anymore / Steel Breeze)

>カリフォルニア州で結成されたロック・バンド。
バンド名からしてハード・ロックかと思いきや、ハードなポップ・ロックを提供してくれた彼らですが、初ヒットとしては十分及第点となるであろう最高位16位をマークしている。

アルバム「カリフォルニア・ブリーズ」(Steel Breeze)み収録。
Steel Breeze
↑とっつき易いが飽きるのも早そうだったので、当時アルバム入手は見送り…。
【試聴はコチラ】

☆「レット・イット・ビー・ミー」ウィリー・ネルソン
(Let It Be Me / Willie Nelson)

>オリジナルは55年ジルベール・ベコーによって歌われたシャンソン・ナンバー「Je t'appartiens(神の思いのままに)」。60年にエヴァリー・ブラザーズによって英語歌詞で歌われ、以降スタンダード化していったじっくりと聴かせる味わい深い作品。最高位は3週連続の40位。

アルバム「青い影」(Always On My Mind)に収録。
【試聴はコチラ】
(ジルベルト・ベコー・バージョン)
(エヴァリー・ブラザーズ・バージョン)
(竹内まりや&山下達郎バージョン)
音楽チャート1982年9月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1982年9月11日付(復活?アレサ・フランクリン) ]
2012-09-07(Fri) 15:29:35
01/03「素直になれなくて」シカゴ
02/02「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
03/01「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
04/11「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
05/05「さよならロンリー・ラヴ」エア・サプライ
06/06「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
07/04「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
08/07「青春の傷あと」ジョン・クーガー
09/09「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
10/10「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー

11/08「ヴァケーション」ゴー・ゴーズ
12/12「恋の魔法使い」ドナ・サマー
13/13「愛の詩」ケニー・ロジャース
14/14「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
15/15「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
16/16「アメリカン・ミュージック」ポインター・シスターズ
17/17「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
18/20「風のマジック」アメリカ
19/21「時へのロマン」エイジア
20/24「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン

21/23「ブルー・アイズ」エルトン・ジョン
22/22「アンド・アイム・テリング・ユー・ アイム・ノット・ゴーイング」ジェニファー・ホリディ
23/26「ホット・イン・ザ・シティ」ビリー・アイドル
24/27「ファンシー」ジャーメイン・ジャクソン
25/28「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
26/18「キープ・ザ・ファイア・バーニン」REOスピードワゴン
27/30「ホールド・オン」サンタナ
28/31「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
29/32「恋するタッチ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
30/37「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ

31/35「涙のハート・ビート」ランディ・マイズナー
32/34「バリー・ガール(娘17、売春盛り)」フランク&ムーン・ザッパ
33/59「ジャンプ・トゥ・イット」アレサ・フランクリン
34/39「グロリア」ローラ・ブラニガン
35/51「愛と幻の世界」キム・カーンズ
36/64「ビッグ・ファン」クール&ザ・ギャング
37/41「メイク・ビリーヴ」トト
38/42「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」ギャップ・バンド
39/53「恋人」グレン・フライ
40/47「やさしくしてね」ジュース・ニュートン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ジャンプ・トゥ・イット」アレサ・フランクリン
(Jump To It / Aretha Franklin)

>1942年テネシー州出身のソウル/ゴスペル系女性シンガー・ソングライター兼ピアニスト。本名アレサ・ルイス・フランクリン。
ルーサー・ヴァンドロスによるバック・アップを受けた、6年ぶりとなるトップ40ヒット。その名は知ってはいたがワタシにとって初体験となった彼女の作品は、このパワフルなソウル系ダンス・ナンバー。でも、当時の感想は最高位24位同様、ちょっと微妙…。本格的な復活を迎えるのは、3年後の85年からである。

アルバム「ジャンプ・トゥ・イット」(Jump To It)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「愛と幻の世界」キム・カーンズ
(Voyeur / Kim Carnes)

>“Voyeur=窃視症”というワケで、楽曲が不気味ならばサスペンス・ドラマ風仕立てのPVもさらに不気味という納涼ソング。(?) 最高位4週連続の29位と、こちらもなんかちょっと不気味だが、邦題が『出歯亀』なら、日本でもヒットしたかも?

アルバム「愛と幻の世界」(Voyeur)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ビッグ・ファン」クール&ザ・ギャング
(Big Fun / Kool & The Gang)

>彼ららしさが発揮された陽気でファンキーなナンバー。...64位→36位→27位といったビッグ・ジャンプを見せ付けてくれたものの、結果的に最高位は21位止まり。既存のヒット曲の焼き直しっぽさが感じられるのは、やっぱチャートにも影響するようで…。

アルバム「アズ・ワン」(As One)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「メイク・ビリーヴ」トト
(Make Believe / Toto)

>結果的には大ヒット曲に前後を挟まれるような形になってしまった軽快なポップ・ロックだが、ワタシは最高位30位以上の評価を与えたいッス。少なくともトップ10ヒットを記録した4thシングルよりもいいと思うのだが…。

アルバム「Ⅳ」(Toto Ⅳ)に収録。
TOTO IV
↑この曲を聴いてアルバム入手に至ったワタシ☆
【試聴はコチラ】

☆「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」ギャップ・バンド
(You Dropped A Bomb On Me / The Gap Band)

>これまた彼ららしさが詰め込まれたポップでファンキーな作品。同じファンク・ナンバーでも上記のクール&ザ・ギャングよりいいと思うのだが、チャート的には最高位31位と下回ったものの、5週連続定位置という粘りを発揮。

アルバム「アーリー・イン・ザ・モーニング」(Gap Band Ⅳ)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「恋人」グレン・フライ
(The One You Love / Glenn Frey)

>かつての同胞であるドン・ヘンリーがもたついている間に、二曲目となるトップ40ヒットを提供。まったりとしたサックスが効いたスロー・バラードが、最高位15位まで上昇。

アルバム「ノー・ファン・アラウンド」(No Fun Aloud)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「やさしくしてね」ジュース・ニュートン
(Break It To Me Gently / Juice Newton)

>62年ブレンダ・リーによるヒットをカバー。こちらも...36位→27位→15位とトップ5ヒットは確実!と思わせるようなチャートアクションを披露してくれた良質のポップ・ナンバーだが、最高位11位とトップ10にも届かず。

アルバム「愛のサンシャイン」(Quiet Lies)に収録。
【試聴はコチラ】
(ブレンダ・リー・バージョン)
音楽チャート1982年9月チャートTB : 0CM : 2
  [ 1982年9月4日付(驚愕のトップ40ヒット!?フランク&ムーン・ザッパ) ]
2012-08-31(Fri) 15:22:59
01/03「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
02/01「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
03/05「素直になれなくて」シカゴ
04/04「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
05/06「さよならロンリー・ラヴ」エア・サプライ
06/11「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
07/02「青春の傷あと」ジョン・クーガー
08/08「ヴァケーション」ゴー・ゴーズ
09/09「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
10/10「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー

11/14「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
12/12「恋の魔法使い」ドナ・サマー
13/13「愛の詩」ケニー・ロジャース
14/15「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
15/18「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
16/16「アメリカン・ミュージック」ポインター・シスターズ
17/17「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
18/07「キープ・ザ・ファイア・バーニン」REOスピードワゴン
19/19「オンリー・ザ・ロンリー」モーテルズ
20/23「風のマジック」アメリカ

21/24「時へのロマン」エイジア
22/22「アンド・アイム・テリング・ユー・ アイム・ノット・ゴーイング」ジェニファー・ホリディ
23/26「ブルー・アイズ」エルトン・ジョン
24/29「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン
25/25「キッズ・イン・アメリカ」キム・ワイルド
26/28「ホット・イン・ザ・シティ」ビリー・アイドル
27/30「ファンシー」ジャーメイン・ジャクソン
28/33「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
29/20「ロザーナ」トト
30/34「ホールド・オン」サンタナ

31/35「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
32/37「恋するタッチ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
33/21「失業ロック」ゲイリー・U.S.・ボンズ
34/41「バリー・ガール(娘17、売春盛り)」フランク&ムーン・ザッパ
35/39「涙のハート・ビート」ランディ・マイズナー
36/36「サムデイ・サムウェイ」マーシャル・クレンショウ
37/43「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ
38/38「レット・ミー・ゴー」レイ・パーカーJr.
39/44「グロリア」ローラ・ブラニガン
40/40「ラヴ・オア・レット・ミー・ビー・ロンリー」ポール・デイヴィス


【ニューエントリーこめんと】

☆「バリー・ガール(娘17、売春盛り)」フランク&ムーン・ザッパ
(Valley Girl / Frank & Moon Zappa)

>1940年メリーランド州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名フランク・ヴィンセント・ザッパ。
全盛期には、一ヶ月にアルバム一枚分の楽曲を制作するという奇才ぶりを発揮した彼による、唯一のトップ40ヒット。当時14歳だった長女・ムーンをメイン・ボーカリスト(?)に迎え、ラップ風のおしゃべりを摩訶不思議なロック・サウンドで彩ったシュールなナンバーが、最高位32位を記録。とんでもな邦題が有名な彼の作品群ですが、この作品も御多分に漏れず凄まじいのだが、アルバムが数ヵ月後に再発された時には邦題が「えー、うっそぉ、ホントー?」へと変化している。当時「リクエストコーナー」にて石田豊氏がこの曲を紹介する時、題名を「娘17~」って紹介するかどうかドキドキしていたのですがそこは国営放送、原題を口にし、ちょっと残念…。(おいおい)。
93年12月、前立腺癌のため逝去。享年52。

アルバム「フランク・ザッパの〇△口」(Ship Arriving Too Late To Save A Drowning Witch)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ
(I Ran / A Flock Of Seagulls)

>1979年イギリスで結成されたニューウェイブ系エレポップ・バンド。
このスペイシーでスピーディーなエレポップ・ロックを一聴するだけで、この作品の持つ魅力の虜にされそうだが、意外とチャート・イン9週目にてようやくのトップ40入り。その後、快調に上昇速度を上げて上位を伺ったのだが、結果的には9位止まりだったのが悔やまれまれるか。それでもHot100滞在22週というロング・ヒットを記録している。

アルバム「テレコミュニケイション」(A Flock Of Seagulls)に収録。
A Flock Of Seagulls
↑2ndシングル曲を吟味した後に入手したのだが、アルバムとしての完成度はイマイチだったかなぁ。
【試聴はコチラ】

☆「グロリア」ローラ・ブラニガン
(Gloria / Laura Branigan)

>1957年ニューヨーク州出身のシンガー・ソングライター兼女優。本名ローラ・アン・ブラニガン。
そのパワフルな歌声に併せるように制作されたかのような、チカラみなぎるポップ・ナンバー。この作品もチャート・イン9週目にトップ40入りし、その後着実にチャート街道を歩み続け、最終的にはなんとあと一歩で頂上という最高位2位まで上昇。その後も緩やかな後退をし続け、Hot100内滞在36週という超ロング・ヒットをもマーク。ミリオン・セラーをも獲得している。アメリカの人気TVドラマ「白バイ野郎パンチ&ボビー」の1エピソードにて重要な役柄で出演し、この歌を披露した影響も大きかったのかも?
04年8月、脳動脈瘤にて逝去。享年48。

アルバム「グロリア」(Branigan)に収録。
【試聴はコチラ】


★圏外79位★

☆「マシーナリー」シーナ・イーストン
(Machinery / Sheena Easton)

>日本では当時CMで使用されたためそれなりに有名な1曲かもしれないが、全米で支持を受けるにはもう一工夫が欲しかったポップ・ナンバー。最高位57位。

アルバム「マシーナリー」(Madness, Money & Music)に収録。
【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年9月チャートTB : 0CM : 0

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。